超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

竹芝

高層階ホテルは『メズム東京、オートグラフコレクション』に!高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.8.10)

竹芝の超高層ビル群

 レインボーブリッジから撮影した竹芝の超高層ビル群です。左の一番高い超高層ビルが昨日のブログに載せた「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。1棟だけでもこうして群を抜いて高いビルがあるとスカイラインがいい感じになりますね。



ウォーターズ竹芝

 1枚目の超高層ビル群の右側にズームです。中央の他より少しだけ高いビルが「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。

 1階〜4階はJR東日本グループのアトレが運営する商業施設、5〜14階はオフィスフロア、そして16階〜26階はJR東日本グループの日本ホテルが運営する265室のホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」となります。



ウォーターズ竹芝

 近くから見上げて撮影。日本ホテルと言えばメトロポリタンシリーズなどが有名ですが、ここはオリジナルブランドの「メズム東京、オートグラフ コレクション」となります。また、マリオット・インターナショナルによる独自性や個性を基準に厳選された高級ホテルのコレクション「オートグラフ コレクション」に加盟します。日本のホテルとしては2軒目とのことです。



ウォーターズ竹芝

 こちらと反対側には「浜離宮恩賜庭園」があるので広大な庭を借景できる立地です。



ウォーターズ竹芝

 こちら側は東京都心側となりますが汐留の超高層ビルが建ち並び、そして今後は浜松町の再開発も進んで来るので、そこまで色々は見えないかもしれません。ホテルは2020年4月の開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 隣では劇場棟が建設中で劇団四季の四季劇場[春]・[秋]が入ります。劇場棟の1〜3階は商業施設となり劇場は2〜6階部分となります。左奥の色が違う色のネットで覆われている建物は10階建ての駐車場棟です。劇場棟は挟として他よりは少し遅れての開業となりますが2020年内を予定されています。

 同再開発の建設地は芝弥生会館、JR東日本社宅、アートセンター四季劇場(春・秋)などの跡地で建築主はJR東日本です。



ウォーターズ竹芝

 浜離宮恩賜庭園側以外はあまり抜けた視界のない場所ですが、こうして道路の先に見えるこの場所から見るのがお気に入りです。



ウォーターズ竹芝

 最後に「貿易センタービル」の展望台から見た「ウォーターズ竹芝」です。こうして一部だけ見ることができます。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル(メズム東京、オートグラフコレクション)、事務所、劇場、店舗、駐車場
総客室数:265室
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

ソフトバンクの新本社!高さ約209m「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2019.8.10)

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 「レインボーブリッジ」から撮影した竹芝で建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。背後に見える汐留の超高層ビル群よりも海に近い位置でこの高さは迫力があります。その汐留にある「東京汐留ビルディング」(地上37階、高さ173.2m)に入るソフトバンクの本社がここに移転してきます。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 少し近付いて撮影。大雑把に言うと超高層部は三角形となっているので見る角度によって印象が変わるビルとなっています。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 「世界貿易センタービル」から見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。展望台は高ければ高いほどいいというわけでもなく、これくらいの高さから見ると超高層ビル群のスカイラインが凹凸となっていい感じに見えます。ここが正にそれに当てはまる場所で同ビルを見るにはちょうど良い高さかと思います。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 目の前には「芝離宮恩賜庭園」があり庭のように見下ろせる立地となっています。まだ写真左側には竹芝駅から浜松町駅まで繋がるペデストリアンデッキが整備中です。



(仮称)竹芝地区開発計画

 そこそこ高さのあるペデストリアンデッキなので完成が楽しみです。



(仮称)竹芝地区開発計画

 首都高上空部分には屋根も付いていました。この屋根は浜松町駅側まで取り付けられるのでかね?もう少し工事の様子を見守らないとわかりません。



(仮称)竹芝地区開発計画

 「芝離宮恩賜庭園」越しに見たペデストリアンデッキです。そのペデストリアンデッキからは「芝離宮恩賜庭園」や周辺の超高層ビル群を眺められるようになると思うので先程も書きましたが本当に完成が楽しみです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 JR浜松町駅近くから見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。



(仮称)竹芝地区開発計画

 まだ未使用の汐留から続くペデストリアンデッキと同再開発によるペデストリアンデッキがちょうど交差する部分ですがこの先がありません。同再開発は来年の5月31日竣工予定ですがそれまでに完成するんですかね。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 首都高越しに撮影。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 首都高を超えたところで同再開発ビルにペデストリアンデッキが接続されます。一旦このビルを経由してゆりかもめ「竹芝」駅に接続するようになります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 目の前から見上げた「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。ここから見ると板状のビルに見えますが…



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 少し移動すると直方体のビルにも見えます。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 低層部の海側(竹芝駅側)は階段状のスキップテラスとなります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 この辺りは一般の人も行ける場所となるはずなのでここも完成が楽しみな場所の一つです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 ただ、周辺にはビルが建ち並んでいるので視界の良い眺望はなさそうです。また、右奥に見える建設中のビルが同再開発の住宅棟です。



(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

 その住宅棟で賃貸マンションとなる「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)です。一般賃貸住宅、サービスアパートメント、シェアハウスの3種類からなる賃貸住宅で計画されており1R〜3LDKの住戸プランとなる予定です。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 最後はもう一度レインボーブリッジから見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。たぶん東京で最も海に近い高さ200m超えの超高層ビルです。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 たまに航空法とは関係なく高さを制限して高さを揃えようとする地域がありますが、このように凸凹したスカイラインの方が迫力が増して景観も良くなっていると思います。これは自分が超高層ビルが好きなだけで一般的な感覚と違うだけですかね。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

解体用足場設置中!地上32階「イトーピア浜離宮建替え計画」の現地の様子(2019.8.10)

イトーピア浜離宮建替え計画
完成予想図[出展:東京建物]

 東京建物による「イトーピア浜離宮」の建替え「イトーピア浜離宮建替え計画」(地上32階、高さ118.60m)の完成予想図です。ゆりかもめ「竹芝」駅のすぐ近くで、JR「浜松町」駅も徒歩圏の立地です。



イトーピア浜離宮

 「世界貿易センタービル」の展望室から見た「イトーピア浜離宮」です。



イトーピア浜離宮

 解体用の足場の設置が始まっていました。



イトーピア浜離宮

 既に解体工事が行われているようにも見えますが、重機がいるのは隣の鈴江コーポレーションのビルで地上7階、高さ40.15mのビルに建替えが行われます。



イトーピア浜離宮

 現地から撮影した「イトーピア浜離宮」です。地上14階、高さ48.9m、1979年竣工です。



イトーピア浜離宮

 背後の超高層ビルはソフトバンクの本社となる「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。



イトーピア浜離宮

 右の道路の奥に見えるのは「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。周辺の再開発も合わせて竹芝は大きく変わりそうですね。



イトーピア浜離宮建替え計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:イトーピア浜離宮建替え計画
所在地:東京都港区海岸1丁目19番1
用途:共同住宅・店舗・保育所
総戸数:422戸
階数:地上32階、地下1階
高さ:118.60m(最高118.60m)
敷地面積:2,820.88
建築面積:1,128.01
延床面積:29,875.20
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:イトーピア浜離宮管理組合
設計者:松田平田設計
施工者:未定
工期:2020年3月1日着工〜2023年7月31日竣工予定

ソフトバンクの本社となる高さ約209m「(仮称)竹芝地区開発計画」の建設状況(2019.6.08)

(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 「世界貿易センタービル」の展望室から撮影した竹芝で建設中の「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)です。現在「東京汐留ビルディング」(地上37階、高さ173.2m)にソフトバンクの本社がありますがここに移転してきます。



(仮称)竹芝地区開発計画

 同再開発で個人的に楽しみにしているのが浜松町駅まで繋がるこのペデストリアンデッキです。芝離宮恩賜庭園の隣を通るため眺めが良さそうです。



(仮称)竹芝地区開発計画

 このように首都高の上を通るので高さもそれなりにあります。この部分を見る限りでは屋根付きのペデストリアンデッキとなるようです。



(仮称)竹芝地区開発計画

 地上から見るとこのような感じです。



(仮称)竹芝地区開発計画

 浜松町駅側はここまでしか建設が進んでいませんが…


(仮称)竹芝地区開発計画

 現地で撮影した完成予想図を見るとJR浜松町駅の上を通ってモノレール側まで繋がる計画となっています。詳細は不明ですがJR浜松町駅にも行けそうな感じとなっています。



(仮称)竹芝地区開発計画

 首都高側です。



(仮称)竹芝地区開発計画

 首都高の上空を超えて「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」に繋がります。そしてこのビルを経由してゆりかもめの「竹芝」駅まで行くことができるようになります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 その首都高越しに見た「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。低層部以外は外観は完成しています。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 都立芝商業高校のグランド越しに撮影。もし、自分がここの学生だったら毎日撮っていたと思います(笑)



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 向きによってデザインが異なり、そして三角形の形をしているため見る角度によって印象が全然違います。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 竹芝ふ頭のデッキから撮影。目の前の青い高架がゆりかもめです。


(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 ゆりかもめ「竹芝」駅の改札横から撮影。目の前のタワークレーンは賃貸マンションとなる「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)です。



(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

 このように駅の真横ですがここと同じ高さの部屋はカーテンを開けれないですね。



(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)

 現在は5階程度まで建設が進んでいます。一般賃貸住宅、サービスアパートメント、シェアハウスの3種類からなる賃貸住宅で計画されており1R〜3LDKの住戸プランとなる予定です。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 道路を挟んだこのすぐ隣では「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」の低層部が建設中で、階段状となるスキップテラスの形も見えるようになっていました。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 ここから見上げるとこのように板状に見えますが…



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 角度を変えて見ると箱型の形状に見えます。先程も書きましたが三角形のビルのため、見る角度によってこのように大きく見た目が変わります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 日の出駅近くから見た竹芝の超高層ビル群です。「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」が群を抜いて高いのがわかります。



(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)

 少し陸側に行ったところにある運河に映る「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」です。高さ200m超えのため川面に映る範囲も広くなって画になります。



竹芝

 最後は「カレッタ汐留」から見た竹芝の超高層ビル群です。先週載せた「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)と今回の「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)が竹芝の超高層ビル群に加わり一気に賑やかになりました。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,682.51
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定

ホテルは『メズム東京、オートグラフコレクション』に決定!高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.6.8)

ウォーターズ竹芝

 竹芝で建設中の「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。カレッタ汐留の46階無料展望室から撮影しました。手前の庭園は旧浜離宮恩賜庭園で、建設地は芝弥生会館、JR東日本社宅、アートセンター四季劇場(春・秋)などの跡地で建築主はJR東日本です。



ウォーターズ竹芝

 高層棟の1階〜4階はJR東日本グループのアトレが運営する商業施設となり、16階〜26階はJR東日本グループの日本ホテルが運営する265室のホテルとなります。ホテルはメトロポリタンシリーズになるかと思っていたのですがオリジナルブランドの「メズム東京、オートグラフ コレクション」に名称が決定しています。また、マリオット・インターナショナルと提携し「オートグラフ コレクション」に加盟します。

 「オートグラフ コレクション」はマリオット社による独自性や個性を基準に厳選された高級ホテルのコレクションで日本のホテルとしては2軒目、アジア太平洋地域では9軒目のホテルとなります。日本の1軒目は「ザ・プリンス さくらタワー東京」です。



ウォーターズ竹芝

 高層棟の隣には劇場棟と駐車場棟の建物の形が見えてきました。建設地は劇団四季のアートセンター四季劇場[春]・[秋]があった場所で再び四季劇場[春]・[秋]として復活します。



ウォーターズ竹芝

 地上から見た劇場棟です。ゆりかもめの高架のすぐ隣です。劇場棟の1〜3階は商業施設となり劇場は2〜6階部分となります。左奥が10階建ての駐車場棟です。



ウォーターズ竹芝

 近くから見上げた高層棟です。



メズム東京、オートグラフ コレクション

 「メズム東京、オートグラフ コレクション」にズームです。ところで名称の「、」は正式名称の一部なんですかね?「、」が名称に入っている建物は軽く考えてみても他に思い当たりません。2020年4月の開業予定です。



ウォーターズ竹芝

 竹芝駅側から撮影。



ウォーターズ竹芝

 このように両側に超高層ビルが建っているので、ホテルとしては旧浜離宮恩賜庭園側がメインとなりそうです。



ウォーターズ竹芝
イメージパース[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝
断面図(フロア構成)[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝
配置図[出展:JR東日本]



ウォーターズ竹芝 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル(メズム東京、オートグラフコレクション)、事務所、劇場、店舗、駐車場
総客室数:265室
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク