虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業

 「六本木ヒルズ」から撮影した「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」方面の眺めです。写真中央あたりに東京タワーに迫る高さの超高層ビルが建設されます。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業

 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」の建設地にズームです。既存ビルの解体工事が行われていますがかなり解体工事が進んだことがわかります。来週の8月1日が着工予定となっています。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
イメージパース[出典:内閣府]

 六本木ヒルズとは反対の愛宕グリーンヒルズ側から見た完成予想図です。

A街区:地上64階、地下5階、高さ325.11m、延べ460,248.32
B-1街区:地上64階、地下5階、高さ262.81m、延べ185,227.65
B-2街区:地上54階、地下5階、高さ237.20m、延べ168,797.93

といった規模となります。特にA街区の完成時には高さ日本一の超高層ビルとなります。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
断面図[出典:内閣府]

 A街区(地上64階、高さ325.11m)の大部分はオフィスフロアとなりますが高層部は住宅フロアとなります。もちろん住宅フロアとしては日本一の高さとなります。

 B-1街区(地上64階、高さ262.81m)は低層部の一部がオフィスフロアとなりますが、住宅メインのタワーマンションとなります。タワマンと複合ビルの定義は定かではありませんが、個人的にはA街区は複合ビル、B-1街区はタワーマンションだと思っています。個人的な感覚での定義でいくとB-1街区が日本一高いタワーマンションとなります。

B-2街区(地上54階、高さ237.20m)は低層部にホテルが入るタワーマンションとなります。他が凄すぎてインパクトに欠けますが、タワーマンションとしてはB-1街区に次いで日本2位の高さとなります。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
配置図[出典:内閣府]

 森ビルと言えば○○ヒルズですが、ここは以前商標ウォッチというサイトに掲載された情報によると「虎ノ門麻布台ヒルズ」略して「虎麻ヒルズ」となることが濃厚となっています。また、A街区の建設地は麻布郵便局の跡地で日本郵便が関わっているため「森タワー」ではなく「JPタワー」、または「JP森タワー」「森JPタワー」となるかもしれません。

 また、配置図からわかるとおりB-1街区は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅に近く、C街区は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅に近い東西に広がる敷地となっています。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業
歩行者ネットワークイメージ[出典:内閣府]

 その「六本木一丁目」駅と「神谷町」駅は距離も高低差もかなりありますが、同再開発によってこの図のように東西歩行者通路(地下)で繋がります。乗り換え用としては距離があり過ぎますが、両駅に直結となるのはかなり大きいです。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区

 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 A街区」(地上64階、高さ325.11m)の建設地です。高台側がA街区のビル本体の建設地です。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区

 数ヶ月前までは「麻布郵便局」の建物を見ることができましたが、現在は地上部の解体は終わり六本木一丁目や虎ノ門方面の超高層ビル群が見えるようになっています。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区

 「麻布郵便局」は低層の建物でしたが、背後に大きな建物がなかったため景色がかなり変わっています。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。高さが325.24mから325.11mに微妙に修正されています。他にも建築面積、延べ面積にも修正が入っています。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 A街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目314番3外
用途:共同住宅・事務所・店舗・各種学校・駐車場等
階数:地上64階、地下5階
高さ:325.11m(最高325.11m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎(一部場所打ちコンクリート杭基礎)
敷地面積:24,104.21
建築面積:15.662.94
延床面積:460,248.82
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区

 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-2街区」(地上54階、高さ237.20m)の建設地方面です。谷となっている場所が建設地です。以前はマンションや小さな戸建てがありましたが大部分の解体が終わっていました。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区

 一部舗装されている場所がありましたが駐車場など何かの一時的利用する場所かと思います。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-2街区 建築計画のお知らせ

 B-2街区の建築計画のお知らせです。建築面積、延べ面積に修正が入っています。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-2街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目12番、13番外
用途:共同住宅・ホテル・店舗・集会場・駐車場等
階数:地上54階、地下5階
高さ:237.20m(最高237.20m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,467.87
建築面積:8.203.07
延床面積:168,797.93
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

 「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業 B-1街区」(地上64階、高さ262.81m)の建設地方面です。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

 六本木一丁目駅側から見たB-1街区の建設地です。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

 数ヶ月前までは計画地内を歩くことができたのですが今は廃道となり閉鎖されています。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区

 仮囲いから中を覗いた様子です。解体工事が行われているのがわかります。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 B-1街区 建築計画のお知らせ

 B-1街区の建築計画のお知らせです。こちらは数値に変化はありませんでした。

■物件概要■
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-1街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目32番6外
用途:共同住宅・事務所・店舗・保育所・駐車場等
階数:地上64階、地下5階
高さ:262.81m(最高262.81m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,648.39
建築面積:6.311.38
延床面積:185,227.65
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:三井住友建設
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C街区

虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C街区

 C街区方面です。C街区はC-1街区からC-4街区まであり低層の商業施設などが建設されます。超高層ではないのでC街区としてまとめて載せます。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C街区

 一部はこのように既存ビルの解体工事が進み更地が出現していましたが、まだ解体が行われていない建物は多数ありました。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C街区

 神谷町駅側ももちろん道路は封鎖されています。次に通り抜けできるのは完成後となります。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C街区

 近くのオランダヒルズに繋がる歩道橋から撮影。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 C街区

 歩道橋の目の前のビルの解体が進めばここからも計画地を見渡すことができそうです。



虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業

 霊友会の建物横にあった計画地を見渡せる急な坂がある場所も封鎖されています。



神谷町プレイス

神谷町プレイス

 再開発中の仮店舗と思われる「(仮称)神谷町計画(虎ノ門麻布台仮店舗)新築工事」(地上3階、高さ9.98m)です。神谷町プレイス駐輪場の看板があったので施設名は「神谷町プレイス」でしょうか?



神谷町プレイス

 建物は完成して店舗の整備が始まっていました。ここからも再開発の様子を見ることができそうです。