アルファグランデ千桜タワー
 都営新宿線の岩本町駅のすぐ近くで建設中の「アルファグランデ千桜タワー」(地上25階、最高高さ88.2m)です。一番近い最寄り駅は岩本町駅ですが、他にも秋葉原駅、神田駅が徒歩5分圏内といった立地です。

 ここの建設地の大部分は旧千桜小学校跡地であり千代田区との一体複合開発となります。そのため2088年5月30日までの定期借地権が付いたマンションとなり毎月地代を払う必要があります。千代田区により条件が付けられ、相場よりも格安の価格が期待されたマンションでしたが蓋を開けてみればそうでもなく今でも先着順で分譲中です。

アルファグランデ千桜タワー
 最初の写真は北東側からの撮影でしたがこちらは南東側から撮影。撮影時で8階部分の建設中でした。工程表通りに進んでいるならば、現在は9階部分の工事が行われており月末には10階まで達します。ちなみに8階以上が分譲住戸となります。3〜7階は非分譲フロアで1、2階は事務所・店舗フロアとなります。

アルファグランデ千桜タワー
 北西側から撮影。右側の既存ビル群も同マンションの敷地で解体されます。また、この方向のマンション角地にはミニスーパーのまいばすけっとが出店予定となっています。

アルファグランデ千桜タワー
 このように一部のビルの解体が始まっていました。ビルマニア視点から行くとこれらビルが解体されると「アルファグランデ千桜タワー」本体が撮影しやすくなるので良かったです。

■アルファグランデ千桜タワーの物件概要■
名称:アルファグランデ千桜タワー
計画名:(仮称)神田東松下町プロジェクト
所在地:東京都千代田区神田東松下町22番地外
用途:共同住宅、店舗、事務所
総戸数:276戸(事業協力者住戸27戸、非分譲住戸65戸含む)
階数:地上25階、地下0階
高さ:83.1m(最高部高さ88.2m)
構造:鉄筋コンクリート造・免震構造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭基礎
敷地面積:3,428.28
建築面積:1,414.15
延床面積:26,968.33
建築主:スターツコーポレーション
設計者:山下設計・大成建設
施行者:スターツCAM・大成建設共同企業体
工期:2015年4月15日着工〜2018年5月15日竣工予定
入居:2018年7月下旬予定
存続期間:2088年5月30日まで ※期間満了時に更地に復元して返還