超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

白金高輪

白金高輪駅徒歩1分!地上35階「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」が2019年8月に着工!

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
完成予想図[出展:R.E.port]

 高輪一丁目で計画されているタワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)が2019年8月に着工すると大和ハウス工業より発表がありました。

 建設地は東京メトロ南北線、都営三田線「白金高輪」駅から徒歩1分の場所で「パシフィック高輪マンション」と「トーア第2高輪マンション」の共同建替え事業となります。隣接する3敷地を含めた敷地面積2,047.66屬紡个靴瞳築面積は829.44屐延べ面積29,823.698屬巴肋35階、地下3階、総戸数284戸のタワーマンションとなります。

 住宅部の専有面積は29.73屐117.15屐間取りは1R〜4LDKで大和ハウス工業が取得する保留床は分譲マンションとして販売されます。建替え前の戸数は両棟合わせて156戸ですが地権者住宅が何戸になるかの記載はありませんでした。

 建築主は高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合で参加組合員として大和ハウス工業が参画しています。企画・基本設計はHOU一級建築士事務所、設計・監理は西松建設、東京設計コンサルタントJV、施工者は西松建設、2023年1月の竣工、2023年3月の引渡し予定となっています。

※各面積の数値は5月26日に時点の現地建築計画のお知らせの値を優先しています。

▼日経新聞:プレスリリース(大和ハウス工業:2019年7月29日)
大和ハウス、「高輪一丁目共同建替計画施行再建マンション」の工事着工



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 2019年5月26日に撮影した「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地です。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 こちらは建替えが報道されてすぐの2013年8月11日の建設地です。左が「トーア第2高輪マンション」(地上11階、総戸数93戸、1979年竣工)、右が「パシフィック高輪マンション」(地上11階、総戸数63戸、1970年竣工)です。

 この当時は地上37階、高さ147.14mで2015年6月1日着工、2018年4月30日の竣工予定で計画されていました。それが少し規模縮小となり4年ほど遅れて着工となります。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 仮囲いの中です。約2ヶ月前の撮影なので今はまた違った感じとなっているかと思います。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 桜田通り沿いから撮影。奥に見えているのは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)と「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。また、この撮影場所の背後は三菱地所レジデンスによるタワーマンション「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設地となっています。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 近くの歩道橋から撮影。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 この少し見えている部分が「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地となります。

 同日に「白金ザ・スカイ」(地上45階、高さ156.10m)の着工のニュースがありましたが、白金高輪駅周辺では他にも複数のタワーマンションが計画されており、将来的には巨大なタワーマンション群が誕生します。立地的にファミリー向けの大半は億超えとなるかと思いますが普通にどんどん売れてしまうんですかね。周りにそういった物件を購入できる人がいないので別世界といった感じです。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107-1,107-11外
用途:共同住宅、店舗
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:135.64m(最高部高さ135.64m)
敷地面積:2,047.66
建築面積:829.44
延べ面積:29,823.698
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
参加組合員:大和ハウス工業
設計者:西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体
施工者:西松建設
工期:2019年2月20日着工〜2022年11月30日竣工予定

公式サイトオープン!地上45階「白金ザ・スカイ」の建設状況(2019.5.26)

白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 白金高輪駅の北側へ徒歩3分、首都高の手前に建設されるタワーマンション「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。

 「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」として工事が進められていましたが公式HPが開設され名称は「白金ザ・スカイ」となりました。

▼白金ザ・スカイの公式HP
https://www.shirokane-sky.jp/



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 売主は東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルで総戸数1247戸(非分譲住戸477戸含む)という巨大なタワーマンションとなります。



白金ザ・スカイ
敷地配置図[出展:公式HP]

 東棟が高層棟で地上45階、高さ156.10mとなります。西棟が中層棟で地上19階、左の医療施設等となっている場所が低層の建物となります。建設地の北側には古川という川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われており、再発後は水辺のプロムナードとして歩行者専用道路が整備されます。また、敷地南側に狭い路地がありますが同再開発によって拡幅されます。



白金ザ・スカイ
商業ファサード完成予想CG[出展:公式HP]

 低層部の完成予想図です。



白金ザ・スカイ
商業ファサード完成予想CG[出展:公式HP]

 1階部分には商業施設も整備されます。店頭上部には屋根があり雨の日でも傘を差さずに歩けるのはいいですね。



白金ザ・スカイ
川側歩行者通路完成予想[出展:公式HP]

 南側の道路に面した側は街路樹が並ぶ「樹木のプロムナード」、古川側は「水辺のプロムナード」が整備されます。



白金ザ・スカイ
東側エントランス完成予想CG[出展:公式HP]

 白金高輪駅に近い側にエントランスが設けられます。



白金ザ・スカイ

 昨日、5月26日に撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。この角地がエントランスとなります。



白金ザ・スカイ

 左後ろに見える建物は「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。「白金アエルシティ」と呼ばれる複合施設で白金高輪駅直結となっています。



白金ザ・スカイ

 首都高下から見た建設地です。



白金ザ・スカイ

 現地作業予定では内装解体、外部足場組立、地上・地下躯体解体、下水道工事、仮設事務所設置となっていました。仮設事務所は東側(最初の写真側)に設置されるようです。



白金ザ・スカイ

 地上躯体解体工事が行われている「西原病院」です。



白金ザ・スカイ

 西側から見た様子です。古川の護岸整備も行われているので景色がかなり変わりそうです。



白金ザ・スカイ

 このゲートのところには道路があったのですが廃道となっています。



白金ザ・スカイ

 仮囲いの中を覗くとまだ道路がありました。



白金ザ・スカイ

 こちらの角地に病院が入る低層のビルが建設されます。



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。2023年3月下旬には入居開始予定となっています。販売開始は2019年10月下旬予定ですが一般の会社員には手が出せない価格帯になりそうですね。ただ、専有面積23.94屬良屋もあるようなので独身貴族ならチャンスがありそうです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

白金高輪駅近くに新規タワマン!23階建てタワマンに建替「(仮称)日興パレス建替計画」の建設地の様子(2019.3.10)

(仮称)日興パレス建替計画
 数年前の白金高輪駅周辺の空撮です。2週間くらい前のブログで白金高輪駅周辺の再開発情報を載せましたがさらに2箇所の再開発が判明ました。左下の水色の網掛け部分と右上のピンク色の網掛け部分です。一覧にすると以下の再開発が進行中、または計画中です。

黄色:白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業(地上45階、高さ156.1m、2023年3月)
赤色:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度)
水色:(仮称)日興パレス建替計画(地上23階、最高高さ80.14m、2023年9月)
青色:(仮称)高輪一丁目共同建替計画(地上35階、高さ135.64m、2022年11月)
緑色:(仮称)港区高輪1丁目計画(地上26階、最高高さ96.63m、2022年3月)
ピンク:三田五丁目西地区市街地再開発(マンションを中心とした施設を検討中)

また網掛けしていない既に完成していない部分としては以下があります。
・白金タワー(地上42階、高さ141.9m、2005年11月)
・NBFプラチナタワー(地上26階、高さ116.35m、2005年11月)
・プレイス白金ブライトレジデンス(地上20階、高さ59.95m、2005年6月)
・グローリオ白金高輪(地上19階、高さ59.89m、2004年1月)
・レキシントン・スクエア白金高輪(地上21階、高さ72.04m、2006年2月)
・高輪コミュニティーぷらざ(シティハイツ高輪)(地上18階、高さ60.8m、1995年)

上記以外でも、右側の網掛けしていない部分の「白金高輪駅前東地区」では「白金高輪駅前東地区まちづくり協議会」が発足しています。白金高輪駅周辺は山手線内側で最大のタワーマンション群となりそうです。

(仮称)日興パレス建替計画
 空撮では水色の網掛けをした「(仮称)日興パレス建替計画」(地上23階、最高高さ80.14m)です。その名の通り「日興パレス白金」の建替です。最近は単体でのタワーマンションへの建替が増えてきました。

(仮称)日興パレス建替計画
 着工は2020年10月1日、竣工は2023年9月30日予定です。

(仮称)日興パレス建替計画
 場所は「プレイス白金ブライトレジデンス」(地上20階、高さ59.95m)の南側です。

(仮称)日興パレス建替計画
完成予想図[出展:NEXT ARCHITECT & ASSOCIATES]

 設計を担当するNEXT ARCHITECT & ASSOCIATESのHPに外観など「(仮称)日興パレス建替計画」の詳細な情報が掲載されていました。総戸数92戸の免震のタワーマンションとなります。


(仮称)日興パレス建替計画 建築計画
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)日興パレス建替計画
所在地:東京都港区白金一丁目343番1
用途:共同住宅
総戸数:92戸
階数:地上23階、塔屋1階、地下1階
高さ:77.09m(最高高さ80.14m)
敷地面積:1,614.97
建築面積:822.25
延床面積:9,999.37
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎及び直接基礎
建築主:日興パレス白金マンション建替組合
設計者:NEXT ARCHITECT & ASSOCIATES
施工者:未定
工期:2020年10月1日着工〜2023年9月30日竣工予定


三田五丁目西地区
 おまけで「三田五丁目西地区」の様子です。

三田五丁目西地区
 こちらは詳細が出たらまた撮りに行こうと思います。

地上26階「(仮称)港区高輪1丁目計画」の建設状況(2019.2.23)

(仮称)港区高輪1丁目計画
 昨日のブログにも載せた3年数ヶ月前に撮影した白金高輪駅上空の空撮です。色を付けた場所ではタワーマンションが計画されており、右下の緑色を付けた場所では三菱地所レジデンスによる「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設が始まっています。

黄:白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業(地上45階、高さ156.1m、2023年3月)
赤:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度)
青:(仮称)高輪一丁目共同建替計画(地上35階、高さ135.64m、2022年11月)
緑:(仮称)港区高輪1丁目計画(地上26階、最高高さ96.63m、2022年3月)

色を付けた場所の概要は上記の通りで「(仮称)港区高輪1丁目計画」がまず最初に竣工する予定となっています。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 近くの歩道橋から見た「(仮称)港区高輪1丁目計画」の建設地です。既存ビルの解体は終わっており既に着工しています。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 背後の高台でも別のマンションが建設中です。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 白金高輪駅周辺では複数のタワーマンションが建設されますが、どういった部分で各マンションは勝負するんでしょうね?購入する方もどういったところを決め手にして買うんでしょうね?もしこの辺りのタワマンをどこでも買えるだけの経済力があれば、自分ならば部屋からの眺望最優先で選びます。

(仮称)港区高輪1丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。建築計画のお知らせが設置された当初より工期が半年以上後ろにずれています。また建築面積、延べ面積も少しだけ修正されています。

■物件概要■
計画名称:(仮称)港区高輪1丁目計画
所在地:東京都港区高輪一丁目110番1,112番110
用途:共同住宅
総戸数:164戸
階数:地上26階、地下1階
高さ:90.00m(最高高さ96.63m)
敷地面積:2,000.14
建築面積:836.15
延床面積:17,781.40
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:三菱地所レジデンス
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2019年1月下旬着工〜2022年3月下旬竣工予定

地上40階「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.2.23)

白金高輪駅周辺の空撮
 ちょっと古いですが3年半くらい前の白金高輪駅周辺の空撮です。白金高輪駅周辺では複数のタワーマンション計画があり、黄色の網掛けをした場所に「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ156.1m)、青の網掛けをした場所に「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)、緑の網掛けをした場所に「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)が建設されます。

 そして赤の網掛けをした場所では「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ約140m)が計画されています。

 写真中央は「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)と「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)で白金高輪駅の超高層と言えばこの2棟でしたが、数年後には新たなタワーマンション群が誕生することになります。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:港区]

 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。既に公開期間は過ぎてしまいましたが港区の環境アセスのページで公開されていました。この完成予想図では「白金タワー」が小さく感じる大きさのタワーマンションが計画されています。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:港区]

 敷地内には工場棟もあります。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:港区]

 場所は白金高輪駅から徒歩5分くらいでしょうか。かなり大きな再開発となります。事業主は白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合で2021年度に着工、2025年度の竣工を予定しています。


白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。着工予定はまだ先のため今はどの建物も普通に稼働しています。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 この白金宿舎が再開発地で一番の面積がありそうです。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 奥には「白金タワー」が見えています。

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
 ここが白金高輪駅周辺の最後のタワーマンションになるのか…他にも表に出ていない計画があるのか…しばらく白金高輪には撮影で通うことになりそうです。

■物件概要■
名称:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区白金一丁目及び三丁目
用途:住宅、商業・生活利便施設、工場、駐車場
総戸数:約900戸
階数:地上40階
高さ:約140m
敷地面積:約12,200
建築面積:約5,700
延べ面積:約100,000
建築主:白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク