超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業

総戸数1247戸!地上45階巨大タワマン「白金ザ・スカイ」の建設状況(2019.10.5)

白金ザ・スカイ

 現地看板を撮影した白金で建設中のタワーマンション「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。2019年11月中旬から販売開始予定で売主は東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社です。

 看板にも書いてありますが山手線内側で1247戸(非分譲住戸477戸)という巨大な分譲のタワーマンションで最上階には5億円超えの部屋も用意されます。低層階の1LDK(約35屐砲任眥效渦舛鰐500万円で価格は5500万円前後となるようで2LDKだと億超えが基本となります。



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 場所は白金高輪駅から東京タワー側に徒歩3分の距離です。ただ、徒歩3分と言っても駅の入り口から改札まではちょっと距離があります。



白金ザ・スカイ

 東棟が高層棟で地上45階、高さ156.10m、西棟が中層棟で地上19階、左の医療施設等となっている場所が低層棟となります。建設地の北側には首都高と古川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われ、水辺のプロムナードとして歩行者専用道路として整備されます。また、現在敷地南側には狭い路地がありますが同再開発によって拡幅されます。また、その道路沿いには商業施設も入ります。



白金ザ・スカイ

 首都高下から見た高層棟側の「白金ザ・スカイ」の建設地です。背後に見える超高層は左が「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)で右が「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

 白金のタワーマンションと言えばこの「白金タワー」でしたが、ここの「白金ザ・スカイ」を含めて3棟のタワーマンションが建設中で、さらに他にもタワマン計画があるため将来的には山手線内側で最大と言ってもいいタワマン群が誕生します。



白金ザ・スカイ

 低層棟側から見た建設地です。東西に伸びた細長い敷地となっています。



白金ザ・スカイ

 西側から撮影。



白金ザ・スカイ

 中が見えたのでズームです。



白金ザ・スカイ

 中をガッツリ覗ける場所もないのでしばらくはこういった光景が続きそうです。



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

公式サイトオープン!地上45階「白金ザ・スカイ」の建設状況(2019.5.26)

白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 白金高輪駅の北側へ徒歩3分、首都高の手前に建設されるタワーマンション「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。

 「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」として工事が進められていましたが公式HPが開設され名称は「白金ザ・スカイ」となりました。

▼白金ザ・スカイの公式HP
https://www.shirokane-sky.jp/



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 売主は東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルで総戸数1247戸(非分譲住戸477戸含む)という巨大なタワーマンションとなります。



白金ザ・スカイ
敷地配置図[出展:公式HP]

 東棟が高層棟で地上45階、高さ156.10mとなります。西棟が中層棟で地上19階、左の医療施設等となっている場所が低層の建物となります。建設地の北側には古川という川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われており、再発後は水辺のプロムナードとして歩行者専用道路が整備されます。また、敷地南側に狭い路地がありますが同再開発によって拡幅されます。



白金ザ・スカイ
商業ファサード完成予想CG[出展:公式HP]

 低層部の完成予想図です。



白金ザ・スカイ
商業ファサード完成予想CG[出展:公式HP]

 1階部分には商業施設も整備されます。店頭上部には屋根があり雨の日でも傘を差さずに歩けるのはいいですね。



白金ザ・スカイ
川側歩行者通路完成予想[出展:公式HP]

 南側の道路に面した側は街路樹が並ぶ「樹木のプロムナード」、古川側は「水辺のプロムナード」が整備されます。



白金ザ・スカイ
東側エントランス完成予想CG[出展:公式HP]

 白金高輪駅に近い側にエントランスが設けられます。



白金ザ・スカイ

 昨日、5月26日に撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。この角地がエントランスとなります。



白金ザ・スカイ

 左後ろに見える建物は「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。「白金アエルシティ」と呼ばれる複合施設で白金高輪駅直結となっています。



白金ザ・スカイ

 首都高下から見た建設地です。



白金ザ・スカイ

 現地作業予定では内装解体、外部足場組立、地上・地下躯体解体、下水道工事、仮設事務所設置となっていました。仮設事務所は東側(最初の写真側)に設置されるようです。



白金ザ・スカイ

 地上躯体解体工事が行われている「西原病院」です。



白金ザ・スカイ

 西側から見た様子です。古川の護岸整備も行われているので景色がかなり変わりそうです。



白金ザ・スカイ

 このゲートのところには道路があったのですが廃道となっています。



白金ザ・スカイ

 仮囲いの中を覗くとまだ道路がありました。



白金ザ・スカイ

 こちらの角地に病院が入る低層のビルが建設されます。



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。2023年3月下旬には入居開始予定となっています。販売開始は2019年10月下旬予定ですが一般の会社員には手が出せない価格帯になりそうですね。ただ、専有面積23.94屬良屋もあるようなので独身貴族ならチャンスがありそうです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

地上45階「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体状況(2019.2.23)

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 白金高輪駅から北側に少し行った場所に建設される「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。3棟構成で右から順に地上45階、地下1階、高さ156.1mの高層棟、地上19階、地下1階の中層棟1、地上4階、地下1階の中層棟2となっています。

 建築主は「白金一丁目東部北地区市街地再開発組合」で参加組合員として東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルが参画する総戸数約1241戸のタワーマンションとなります。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 建設地の北側には古川や明治通りの上を通る首都高目黒線があります。同再開発と連携して古川の護岸整備も行われおり古川沿いには歩行者専用道路も整備されます。また、敷地南側には狭い道路がありますが同再開発によって拡幅されます。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 このように東西に横長の敷地となっています。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 近くの歩道橋から見た「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の高層棟方面です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 横から見た様子です。手前側が高層棟の建設地になります。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 仮囲いの中です。計画地の真ん中にも道路がありましたが去年の11月5日に閉鎖されています。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 南側の道路沿いから見た様子です。この道路が幅10mに拡幅されます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 計画地中央あたりでは西原病院がまだ残っていました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 他にも建物が1棟残っていました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 敷地西側から見た様子です。右側に見えるのは白金高輪駅直結の「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 まだ解体されずに残っている西原病院です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 病院としてまだ稼働しているようでした。4月1日が着工予定日ですが先に高層棟から建設が始まりそうです。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:約1241戸
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,652.20
延べ面積:134,710.00
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林組(代表施工者)・長谷工コーポレーションJV
工期:2019年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

建築計画のお知らせ設置!地上45階「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体状況(2018.10.28)

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 白金一丁目に建設されるタワーマンション「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。地上45階、地下1階、高さ156.1mの高層棟、地上19階、地下1階の中層棟1、地上4階、地下1階の中層棟2の3棟で構成で総延べ13万4710屬箸覆蠅泙后A躙与瑤鰐1241戸という大規模再開発です。

 建築主は「白金一丁目東部北地区市街地再開発組合」で参加組合員として東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルが参画しています。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 敷地北側には古川という川がありその川沿いには歩行者専用道路も整備されます。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
広場イメージ[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 高層棟と中層棟1の間にはこういった広場も整備されます。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合]

 建設地は白金高輪駅から北側に行った場所で北側には古川や首都高目黒線があります。ここから先、北側にはしばらく大きな建物はないので都心方面は開けた眺望となりそうです。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。現在は既存建物の解体工事が行われています。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 左後ろに見えるのは白金高輪駅前の「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 古川です。右上に見切れているのが首都高目黒線です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 現在は計画地の真ん中に道路が通っていますがこの道路はなくなります。その代わりに計画地南側の細い道路が広く整備されます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 解体工事はかなり進んでいます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 ただこのようにまだまだ既存建物は残っています。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 計画地を北西側から見た様子です。右奥に見える「白金タワー」よりも大きなタワーマンションとなります。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 計画地内にはこのように大きな更地も増えてきました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 着工は2019年4月の予定で竣工は2023年3月の予定です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 現地の様子1枚目を中から見た様子です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 そこから路地を見るとこのような感じです。この道路が整備され拡幅されます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 現地では建築計画のお知らせも設置されています。

■物件概要■
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:約1241戸
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,652.20
延べ面積:134,710.00
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林組(代表施工者)・長谷工コーポレーション
工期:2019年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルからソウルの63ビルです。完成当時はアジアで一番高い超高層ビルでした。

地上45階「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」既存ビル解体状況(2018.3.24)

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:建設通信新聞]

 白金に建設されるタワーマンション「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の完成イメージパース図です。地上45階、地下1階、高さ160mの高層棟、地上19階、地下1階の中層棟1、地上4階、地下1階の中層棟2の3棟構成、総延べ約13万4500屬虜導発で、住宅戸数は約1241戸が計画されています。

 建築主は「白金一丁目東部北地区市街地再開発組合」で参加組合員として東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルが参画しています。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 建設地は白金高輪駅から北側に行った場所で、首都高目黒線沿いの東西に長い敷地となっています。首都高の下は吉川という川となっており、その川沿いには歩行者専用道路が整備されます。


白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。このように既存ビルの解体工事が始まっています。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 この「旧リオテックビル」は先行解体地区となっていたので、他の既存建物の解体はもっと遅れて始まるかと思っていたのですが既に解体工事が始まっていました。ということで、適当に載せていきます。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 左後ろに見えるタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。ここのタワーマンションが建つと東京タワー方面の眺望に影響が出そうです。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 バリバリ解体工事が行われていました。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 背後に見えるのが首都高目黒線です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 計画地の北西角です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 低層部の壁解体中。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 計画地の南西角です。

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業

白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
 南側はこのように細い道路となっていますが、再開発後は広い道路に拡幅されます。

■物件概要■
計画名:白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目各地内
用途:住宅、生活利便施設(子育て支援施設・店舗等)、工場(権利者用)
総戸数:約1241戸
階数:地上45階、地下1階
高さ:約160m
地区面積:約1.7ha
敷地面積:約11,087
建築面積:約6,652
延床面積:約134,500
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
事業協力者:長谷工コーポレーション
参加組合員:東京建物・長谷工コーポレーション・住友不動産・野村不動産・三井不動産レジデンシャル

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク