超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

白金

空撮あり!地上45階タワーマンション「白金ザ・スカイ」の建設状況(2019.12.8)

白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 白金高輪駅からと徒歩3分の位置で建設中の「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。

 東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社が売主で総戸数1247戸(非分譲戸数477戸含む)という巨大な分譲のタワーマンションです。



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 既に分譲中で次は2020年1月中旬から第1期4次の販売開始予定となっています。家族で住むような部屋は基本的には億ションで最上階の45階には5億円超えの部屋もありました。



白金ザ・スカイ 敷地配置図
敷地配置図[出展:公式HP]

 右側の東棟が地上45階、高さ156.10m、左の西棟が地上19階、そして左端には医療施設等となります。

 また、建設地の北側には首都高と古川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われ、水辺のプロムナードとして歩行者専用道路として整備されます。そして敷地南側には狭い路地がありますが同再開発によって拡幅され、その道路沿いには商業施設も入る計画となっています。



白金ザ・スカイ エントランス
完成予想図[出展:公式HP]

 2層吹き抜けとなっているエントランスです。ホテルのような佇まいです。



白金ザ・スカイ スカイラウンジ
完成予想図[出展:公式HP]

 東棟の27階部分には2層吹き抜けのスカイラウンジが設置されます。東京タワーなど東京都心を望むことができます。



白金ザ・スカイ オーナズスイート
完成予想図[出展:公式HP]

 「白金ザ・スカイ」には4つのゲストルームがありますが、これは東棟の27階に設置されるオーナーズスイートです。



白金ザ・スカイ オーナズスイート
完成予想図[出展:公式HP]

 そのオーナーズスイートには部屋の方までガラス張りのビューバスも設置されます。



白金ザ・スカイ 西棟ゲストルーム・ウエスト1
完成予想図[出展:公式HP]

 こちらは西棟の19階に設置されるゲストルーム・ウエスト1です。



白金ザ・スカイ 西棟スカイテラス
完成予想図[出展:公式HP]

 西棟の屋上にはこのようなスカイテラスも設置されます。



白金ザ・スカイ パーティールーム
完成予想図[出展:公式HP]

 西棟の19階にはルーフテラスを備えたパーティルームも設置されます。



白金ザ・スカイ ルーフテラス
完成予想図[出展:公式HP]

 こういったところにお呼ばれしてみたいものです。



白金ザ・スカイ

 2019年11月30日にヘリから撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。首都高沿いの横長の敷地となっています。



白金ザ・スカイ

 左は「白金アエルシティ」で「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)の2棟の超高層が建っていまです。白金と言えばこの2棟がランドマーク的存在でしたが、今後はこの「白金ザ・スカイ」も含めて複数のタワーマンションが建設されるので、どれがランドマークというのはなくなり白金と言えばタワーマンション群となりそうです。

 最寄り駅となる「白金高輪」駅はこの写真左下の道路の地下あたりにあります。



白金ザ・スカイ

 2019年4月1日着工、2022年12月下旬竣工予定となっています。地上部の建設が始まるのはまだまだ先になりそうです。



白金ザ・スカイ

 2019年12月8日に現地から撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。



白金ザ・スカイ

 長細い敷地を端から端まで歩くと結構な距離があります。2013年6月17日の長谷工コーポレーションのプレスリリースでは2019年には供用開始でしたが、これだけの規模をまとめるには予定通りには行かないものなんでしょうね。



白金ザ・スカイ

 敷地の「白金高輪」駅側は細い路地しかないので今は撮影スポットが限られる再開発です。



白金ザ・スカイ

 最後に空撮をもう1枚。地上部の建設が始まれば首都高越しなど色々な場所から撮影できるようになるかと思います。こういった空撮が一番ですがお金がかかりますからね(^^;)



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

地上40階、高さ約140m、約900戸「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の参加組合員幹事企業に東急不動産!

白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東急不動産]

 白金高輪駅近くで計画されている「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の検討を進めている「白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合」が実施した参加組合員幹事企業募集において参加組合員幹事企業に東急不動産が選定されたと発表がありました。同時に特定業務代行者として大成建設に決定したことも判明しています。

 今回のニュースリリースでは規模は未定となっていましたが、港区の環境アセスのページで公開されていた資料では地上40階、高さ約140m、延床面積約100,000屐¬900戸となっていました。

▼東急不動産ホールディングス:ニュースリリース(2019年10月30日)
〜大規模再開発が進む白金高輪エリアの新たな街づくり〜
「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」に参画
約3,300屬旅場を備える、住宅・商業・工場等の複合再開発




白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東急不動産]

 区域面積約1.6haの敷地に地域最大級の空地となる約3,300屬旅場の整備も目標となっています。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:港区]

 こちらは港区の環境アセスのページで公開されたときの完成予想図です。ディテールは異なりますが大きく変化はないように思います。左に形だけ描かれているタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)で、両棟を比べるとかなり巨大なタワーマンションになることがわかります。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:港区]

 敷地北東角は地権者向けと思われる工場敷地となっています。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東急不動産]

 「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の建設地は「白金タワー」などがある「白金アエルシティ」の西隣です。

 北側の「白金一丁目東部北地区」となっている場所は「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m、総戸数1247戸)の建設地で、他にも白金高輪駅周辺では「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ135.64m、総戸数280戸)、「ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m、総戸数164戸)の3棟のタワーマンションが現在建設中です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 約4年前の白金高輪駅周辺の空撮です。赤い網掛けをした部分が「白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。何棟以上が揃えばタワーマンション群と呼べるのか問題もありますが…将来の白金高輪駅周辺に出現するタワーマンション群は日本で一番平均坪単価の高いタワーマンション群となりそうですね。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 以前に載せた写真と同じですが同再開発事業の建設地予定地です。見た感じではこの白金宿舎が区域内で一番大きな施設です。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 白金宿舎越しに「白金タワー」も見えます。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 区域内にはまだまだ現役で行けそうな建物もありました。



白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業

 今回のニュースリリースでは竣工時期は未定となっていましたが、以前の情報では2021年度着工〜2025年度竣工予定となっています。ところで東急不動産ということで名称は「ブランズタワー白金高輪」か「ブランズタワー白金」あたりになりそうですね。

■物件概要■
事業名:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区白金1丁目の一部
用途:住宅、商業・生活利便施設、工場、駐車場
総戸数:約900戸
階数:地上40階
高さ:約140m
敷地面積:約12,200
建築面積:約5,700
延べ面積:約100,000
建築主:白金一丁目西部中地区市街地再開発準備組合
参加組合員:東急不動産(幹事企業)
特定業務代行者:大成建設
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

総戸数1247戸!地上45階巨大タワマン「白金ザ・スカイ」の建設状況(2019.10.5)

白金ザ・スカイ

 現地看板を撮影した白金で建設中のタワーマンション「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。2019年11月中旬から販売開始予定で売主は東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社です。

 看板にも書いてありますが山手線内側で1247戸(非分譲住戸477戸)という巨大な分譲のタワーマンションで最上階には5億円超えの部屋も用意されます。低層階の1LDK(約35屐砲任眥效渦舛鰐500万円で価格は5500万円前後となるようで2LDKだと億超えが基本となります。



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 場所は白金高輪駅から東京タワー側に徒歩3分の距離です。ただ、徒歩3分と言っても駅の入り口から改札まではちょっと距離があります。



白金ザ・スカイ

 東棟が高層棟で地上45階、高さ156.10m、西棟が中層棟で地上19階、左の医療施設等となっている場所が低層棟となります。建設地の北側には首都高と古川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われ、水辺のプロムナードとして歩行者専用道路として整備されます。また、現在敷地南側には狭い路地がありますが同再開発によって拡幅されます。また、その道路沿いには商業施設も入ります。



白金ザ・スカイ

 首都高下から見た高層棟側の「白金ザ・スカイ」の建設地です。背後に見える超高層は左が「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)で右が「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

 白金のタワーマンションと言えばこの「白金タワー」でしたが、ここの「白金ザ・スカイ」を含めて3棟のタワーマンションが建設中で、さらに他にもタワマン計画があるため将来的には山手線内側で最大と言ってもいいタワマン群が誕生します。



白金ザ・スカイ

 低層棟側から見た建設地です。東西に伸びた細長い敷地となっています。



白金ザ・スカイ

 西側から撮影。



白金ザ・スカイ

 中が見えたのでズームです。



白金ザ・スカイ

 中をガッツリ覗ける場所もないのでしばらくはこういった光景が続きそうです。



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工コーポレーション、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

地上26階「ザ・パークハウス 高輪タワー」の公式サイトオープンしました!

ザ・パークハウス 高輪タワー
完成予想図[出展:公式HP]

 白金高輪駅から徒歩2分の位置で建設中の「ザ・パークハウス 高輪タワー」(地上26階、最高高さ96.63m)の完成予想図です。公式HPがオープンして完成予想図や概要が公開されました。

 売主は三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産の3社となる制震構造のタワーマンションで、総戸数は164戸、間取りは1LDK〜3LDKで専有面積は41.69屐164.64屐2020年1月下旬から販売開始予定です。竣工は2021年10月で2022年1月下旬から入居開始予定となっています。

▼ザ・パークハウス 高輪タワー 公式HP
https://www.mecsumai.com/tph-takanawatower/



ザ・パークハウス 高輪タワー
完成予想図[出展:公式HP]

 マンション前の歩道空地には植栽が配置されます。



ザ・パークハウス 高輪タワー
完成予想図[出展:公式HP]

 四季折々の表情で彩られる植栽となります。



ザ・パークハウス 高輪タワー
現地案内図[出展:公式HP]

 このように白金高輪駅のすぐ近くで、多少距離はありますが泉岳寺駅も使えます。そして来春開業予定のJR山手線新駅の「高輪ゲートウェイ」駅もギリギリ徒歩圏となりそうです。



ザ・パークハウス 高輪タワー
立地概念図[出展:公式HP]

 白金高輪駅まで徒歩2分の距離ですが2番出口に行くには歩道橋を渡る必要があります。ただ2番出口から入ると改札のすぐ近くに出ます。また、歩道橋を使わない1番出口は改札までは距離があります。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 ちょっと古いですが5月26日に撮影した「ザ・パークハウス 高輪タワー」の建設地です。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 ちょっと前のブログに載せた「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)の背後が「ザ・パークハウス 高輪タワー」の建設地です。そのためこちら向きの部屋は最上階でも開けた視界とはなりません。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 建設地は桜田通り沿いで背後には丘がありマンションが建設中です。ただ、タワーではないので高層階ならば眺望の心配はなさそうです。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 撮影時は構台架設、一次掘削、解体が行われていました。撮影から2ヶ月半くらい経っているので今はもっと工事が進んでいます。



ザ・パークハウス 高輪タワー

 白金高輪駅の2番出口に行く歩道橋から撮影。低層階はマンションに囲まれた立地となります。



白金高輪駅周辺の空撮

 ところで白金高輪駅周辺のタワーマンションと言えば「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)でしたが、現在「ザ・パークハウス 高輪タワー」も含めて3箇所でタワーマンションが建設中です。そしてさらに3箇所でタワーマンションが計画されています。場所的に高層階のファミリータイプならば億超えは確実で、これだけ建てても需要ってあるの?と思ってしまいますが、自分の周りにそういった富裕層がいないだけで普通に売れてしまうんでしょうね。経済的事情により自分の検討対象にはなりませんが、どこが一番人気となるんでしょうね?

▼竣工済み
・白金タワー(地上42階、高さ141.9m、2005年11月)
・NBFプラチナタワー(地上26階、高さ116.35m、2005年11月、オフィスビル)

▼着工済み
・緑色:ザ・パークハウス 高輪タワー(地上26階、最高高さ96.63m、2021年10月)
・黄色:白金ザ・スカイ(地上45階、高さ156.1m、2023年3月)
・青色:(仮称)高輪一丁目共同建替計画(地上35階、高さ135.64m、2022年11月)

▼未着工:建築計画のお知らせ設置済み
・水色:(仮称)日興パレス建替計画(地上23階、最高高さ80.14m、2023年9月)

▼計画中
・赤色:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度)
・ピンク:三田五丁目西地区市街地再開発(マンションを中心とした施設を検討中)

 このように将来的には白金高輪駅周辺は巨大なタワーマンション群となります。



ザ・パークハウス 高輪タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ザ・パークハウス 高輪タワー
計画名称:(仮称)港区高輪1丁目計画
所在地:東京都港区高輪一丁目110番1,112番110
用途:共同住宅
総戸数:164戸
階数:地上26階、地下1階
高さ:90.00m(最高高さ96.63m)
敷地面積:2,000.79
建築面積:836.15
延床面積:17,781.40
構造:鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2019年1月下旬着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年1月下旬予定

白金高輪駅徒歩1分!地上35階「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」が2019年8月に着工!

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
完成予想図[出展:R.E.port]

 高輪一丁目で計画されているタワーマンション「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)が2019年8月に着工すると大和ハウス工業より発表がありました。

 建設地は東京メトロ南北線、都営三田線「白金高輪」駅から徒歩1分の場所で「パシフィック高輪マンション」と「トーア第2高輪マンション」の共同建替え事業となります。隣接する3敷地を含めた敷地面積2,047.66屬紡个靴瞳築面積は829.44屐延べ面積29,823.698屬巴肋35階、地下3階、総戸数284戸のタワーマンションとなります。

 住宅部の専有面積は29.73屐117.15屐間取りは1R〜4LDKで大和ハウス工業が取得する保留床は分譲マンションとして販売されます。建替え前の戸数は両棟合わせて156戸ですが地権者住宅が何戸になるかの記載はありませんでした。

 建築主は高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合で参加組合員として大和ハウス工業が参画しています。企画・基本設計はHOU一級建築士事務所、設計・監理は西松建設、東京設計コンサルタントJV、施工者は西松建設、2023年1月の竣工、2023年3月の引渡し予定となっています。

※各面積の数値は5月26日に時点の現地建築計画のお知らせの値を優先しています。

▼日経新聞:プレスリリース(大和ハウス工業:2019年7月29日)
大和ハウス、「高輪一丁目共同建替計画施行再建マンション」の工事着工



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 2019年5月26日に撮影した「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地です。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 こちらは建替えが報道されてすぐの2013年8月11日の建設地です。左が「トーア第2高輪マンション」(地上11階、総戸数93戸、1979年竣工)、右が「パシフィック高輪マンション」(地上11階、総戸数63戸、1970年竣工)です。

 この当時は地上37階、高さ147.14mで2015年6月1日着工、2018年4月30日の竣工予定で計画されていました。それが少し規模縮小となり4年ほど遅れて着工となります。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 仮囲いの中です。約2ヶ月前の撮影なので今はまた違った感じとなっているかと思います。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 桜田通り沿いから撮影。奥に見えているのは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)と「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)です。また、この撮影場所の背後は三菱地所レジデンスによるタワーマンション「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設地となっています。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 近くの歩道橋から撮影。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画

 この少し見えている部分が「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の建設地となります。

 同日に「白金ザ・スカイ」(地上45階、高さ156.10m)の着工のニュースがありましたが、白金高輪駅周辺では他にも複数のタワーマンションが計画されており、将来的には巨大なタワーマンション群が誕生します。立地的にファミリー向けの大半は億超えとなるかと思いますが普通にどんどん売れてしまうんですかね。周りにそういった物件を購入できる人がいないので別世界といった感じです。



(仮称)高輪一丁目共同建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107-1,107-11外
用途:共同住宅、店舗
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:135.64m(最高部高さ135.64m)
敷地面積:2,047.66
建築面積:829.44
延べ面積:29,823.698
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
参加組合員:大和ハウス工業
設計者:西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体
施工者:西松建設
工期:2019年2月20日着工〜2022年11月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク