超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

王子飛鳥山ザ・ファースト

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンスの建設状況(2015年10月11日)

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 王子駅前で建設中のタワーマンション「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」(地上29階、最高高さ97.86m)と「東京スカイツリー」です。「北とぴあ」の17階にある無料展望ロビーから撮影しました。

 そろそろ外観は完成しているかと思ったのですが、まだ工事用エレベーターがあり、そしてネットで覆われていました。次に撮影に行くときには外観が完成しているかと思います。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 王子駅前から見た「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。ここはJR王子駅の北口前のバスターミナルがある場所で、マンションまではそこそこ歩くように見えると思いますが、マンションのすぐ近くにはJR王子駅の南口があり、そこからは徒歩1分の距離です。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 上の写真にも写っていた歩道橋から見た「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。右下は都電荒川線です。王子は東京メトロ南北線の駅もあり、JR、メトロ、都電の3路線を使うことが出来ます。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 近くから見上げてみました。駅前ですがお店は北口に集中しているので静かな場所です。

■王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンスの物件概要■
名称:王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
計画名称:(仮称)王子駅前計画 新築工事
所在地:東京都北区堀船1丁目1番3(地番)
用途:共同住宅(分譲)
総戸数:285戸(タワー棟:230戸、レジデンス棟:55戸)
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.36m(最高高さ97.86m)
敷地面積:4,194.57(全体)
建築面積:925.96(タワー棟)
延床面積:21,545.21(タワー棟)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
建築主(売主):近鉄不動産、京阪電鉄不動産、長谷工コーポレーション
設計:長谷工コーポレーション
施工:長谷工コーポレーション
工期:2013年12月16日着工〜2016年1月上旬竣工予定(タワー棟)
入居:2016年3月下旬予定(タワー棟)

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンスの建設状況(2015年7月10日撮影)

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 JR王子駅の南口から徒歩1分の場所で建設中のタワーマンション「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」(地上29階、最高高さ97.86m)です。撮影した7月10日時点で28階部分の建設が始まっていました。上棟までもう少しです。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 王子駅前の歩道橋から見た「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。右下に見える電車は都電荒川線です。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 バスターミナルもある王子駅の北口前から見た「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。駅前からはかなり存在感のあるタワーマンションとなっていました。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 「北とぴあ」の17階にある無料展望ロビーから見た「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。すぐ隣に複数の線路がありますが、これは東北・上越新幹線、京浜東北線、東北本線です。停車するのは京浜東北線だけですが、タワーマンションに住んで思うことは車でも何でもいいので動きがある景色の方が飽きがきません。ここは色々な電車が頻繁に通るので飽きのこない景色が楽しめるかと思います。

 話は変わって左端に薄っすらと見えているのは東京スカイツリーです。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 そんな東京スカイツリーから昨日撮影した「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。超高倍率で撮影しているので近くに感じますが、実際は結構な距離があります。右端に見えているのが「北とぴあ」です。

■王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンスの物件概要■
名称:王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
計画名称:(仮称)王子駅前計画 新築工事
所在地:東京都北区堀船1丁目1番3(地番)
用途:共同住宅(分譲)
総戸数:285戸(タワー棟:230戸、レジデンス棟:55戸)
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.36m(最高高さ97.86m)
敷地面積:4,194.57(全体)
建築面積:925.96(タワー棟)
延床面積:21,545.21(タワー棟)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
建築主(売主):近鉄不動産、京阪電鉄不動産、長谷工コーポレーション
設計:長谷工コーポレーション
施工:長谷工コーポレーション
工期:2013年12月16日着工〜2016年1月上旬竣工予定(タワー棟)
入居:2016年3月下旬予定(タワー棟)

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンスの建設状況(2015年1月12日撮影)

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 JR王子駅南口のすぐ近くで建設中のタワーマンション「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」(地上29階、最高高さ97.86m)です。4階まで建設が進み今は5階部分を建設していました。

 タワー&レジデンスという名称になっていますが、この駅に近い側がタワー棟で、左に見切れているのがレジデンス棟となっています。タワー棟は総戸数230戸で2016年1月上旬竣工予定。入居開始は2016年3月下旬予定となっています。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 こちらがレジデンス棟です。地上7階、高さ20.84m(最高高さ21.44m)で、総戸数は55戸。2014年10月下旬に完成していますが、入居開始は2015年3月下旬予定となっています。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 JR王子駅の北口側にある歩道橋から見た「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。右下に見えるのは都電荒川線の王子駅前駅です。この撮影方向とは反対側の地下には東京メトロ南北線の王子駅もあります。このように王子は3路線利用可能です。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
 「北とぴあ」の無料展望室から見た「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」です。既にマンション本体が見えるようになっていました。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンスと東京スカイツリー
 少し広角で見るとこの通り。「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」からは東京スカイツリーがキレイに見えそうです。スカイツリーの右側のごちゃっとしたビル群は、日暮里、浅草、錦糸町などのビルやマンションが重なって見えています。

王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス 建築計画のお知らせ
 「王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス」の建築計画のお知らせです。

■王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンスの物件概要■
名称:王子飛鳥山 ザ・ファースト タワー&レジデンス
計画名称:(仮称)王子駅前計画 新築工事
所在地:東京都北区堀船1丁目1番3(地番)
用途:共同住宅(分譲)
総戸数:285戸(タワー棟:230戸、レジデンス棟:55戸)
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.36m(最高高さ97.86m)
敷地面積:4,194.57(全体)
建築面積:925.96(タワー棟)
延床面積:21,545.21(タワー棟)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
建築主(売主):近鉄不動産、京阪電鉄不動産、長谷工コーポレーション
設計:長谷工コーポレーション
施工:長谷工コーポレーション
工期:2013年12月16日着工〜2016年1月上旬竣工予定(タワー棟)
入居:2016年3月下旬予定(タワー棟)


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク