超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

溜池山王

国際赤坂ビル建替え!積水ハウスと日本生命保険が地上32階、高さ約160mの超高層ビルを建設へ!

赤坂国際ビルの空撮

 溜池山王駅のすぐ上で解体中の「国際赤坂ビル」(地上20階、高さ76.4m)の空撮です。2019年11月30日に撮影しました。

 本日の日刊建設工業新聞に掲載された記事によると、解体後の跡地には「(仮称)赤坂二丁目計画」として地上32階、地下3階、高さ約160m、延べ約7.3万屬猟狭眩悒咼襪魴設するとのことです。

 事業主は積水ハウスと日本生命保険、基本設計は日建設計、実施設計、施工者は未定ですが2021年度着工、2024年度の竣工を目指すとのことです。「国際赤坂ビル」の解体工事は大成建設が行っているのでそのまま大成建設が施工者になるかと思います。

 場所は東京メトロ南北線、銀座線「溜池山王」駅のすぐ上で、東京メトロ千代田線「赤坂」駅や「国会議事堂」駅も徒歩圏です。また、目の前の超高層ビルは「山王パークタワー」(地上44階、最高高さ194.45m)で、その右側に見えるヘリポートのある低層の建物は首相官邸です。そして左上には国会議事堂も見えています。そんな立地のため目の前の交差点には常に警察官がいるような場所です。

▼日刊建設工業新聞(2020年1月7日)
積水ハウスら/国際赤坂ビル建替(東京都港区)/延べ7・3万平米、21年度着工へ



赤坂の空撮

 周辺を少し広角で撮影。写真左下あたりが「赤坂」駅となります。



赤坂の空撮

 空撮をもう1枚。写真右下に大きな駐車場があるのがわかるでしょうか?ここは「赤坂ツインタワー」の跡地で森トラストによって「(仮称)赤坂二丁目プロジェクト」(地上43階、高さ210m)が建設されます。



(仮称)赤坂二丁目計画の空撮

 少し遠くから撮影。矢印を付けた場所が「(仮称)赤坂二丁目計画」の建設地です。

 赤坂や隣の虎ノ門はどんどん超高層化が進んで超高層ビル群が拡大していますが、まだまだ表に出ていない計画も色々ありそうな場所です。



赤坂国際ビル

 解体が始まる前の「国際赤坂ビル」です。もっといい写真があったと思うのですが探すのは諦めました(^^;)まだ完成予想図は見たことがないのでどういったデザインの超高層ビルになるんでしょうね?完成予想図を見てみたいです。

■物件概要■
計画名:(仮称)赤坂二丁目計画
所在地:東京都港区赤坂2丁目4-5
用途:事務所、商業、クリニック、駐車場(約150台)
階数:地上32階、地下3階
高さ:約160m
敷地面積:5,994
延床面積:約7.3万
建築主:積水ハウス、日本生命保険
基本設計:日建設計
設計者:未定
施工者:未定
工期:2021年度着工〜2024年度竣工予定

解体される地上20階「国際赤坂ビル」の解体工事準備状況(2019.3.16)

国際赤坂ビル
 数年前の撮影ですが赤坂、永田町方面の空撮です。この中で左下の赤色の網掛けをしているビルが「国際赤坂ビル」(地上20階、高さ76.4m)で解体の準備が始まりました。

国際赤坂ビル
 昨日撮影した「国際赤坂ビル」です。解体工事の発注者は積水ハウス、解体工事の施工者は大成建設で解体工期は2019年2月1日〜2020年5月15日までとなっています。

国際赤坂ビル
 場所は「溜池山王」駅のすぐ上で敷地内に駅への出入口があります。また、少し地下通路を歩くことになりますが「国会議事堂前」駅にも繋がっています。

国際赤坂ビル
 この写真右端の部分が仮囲い設置の真っ最中でした。

国際赤坂ビル
 建設通信新聞の記事によると、日生が持ち分の50%を取得しており積水ハウスと日生の両社で建替え事業の具体化に取り組むとのことでまだ詳細は決定していないようです。

 右後ろに見えているのが道路を渡ったところに建つ「山王パークタワー」(地上44階、最高高さ194.45m)で、ここまでの規模は敷地的に無理だと思いますが駅直結の好立地のため超高層ビルに建て替えとなるかと思います。

国際赤坂ビル 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。ところでこのように地上20階となっていますが目視では18階までしかありません。たぶん塔屋が2階ありそれを含めた数値かと思います。

高さ約205m!竣工した「赤坂インターシティ AIR」の様子(2017.9.3)

赤坂インターシティAIR
 赤坂一丁目の「溜池山王」駅直結の超高層ビル「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。2017年8月31日に竣工し9月7日に竣工式が執り行われました。グランドオープンは9月29日の予定です。

▼新日鉄興和不動産:ニュースリリース(2017年9月8日)
赤坂・虎ノ門エリアの新たなランドマーク 『赤坂インターシティAIR(エア)』が竣工 9月29日(金)グランドオープン

赤坂インターシティAIR
 同方向の低層部です。

赤坂インターシティAIR
 見る角度によってはスマートな超高層ビルにも見えます。

赤坂インターシティAIR
 同方向の敷地内には東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅の出入口が整備されました。9月3日の撮影時点で使用開始されていました。

赤坂インターシティAIR
 低層部です。

赤坂インターシティAIR

赤坂インターシティAIR
 敷地内の緑地面積は約5,000崢兇發旅さがあります。緑化率50%以上です。

赤坂インターシティAIR
 その緑地の中には低層の商業施設棟もあります。

赤坂インターシティAIR
 水辺も整備されています。この場所で後ろを見ると撮影禁止のアメリカ大使館がありますが、この辺りからなら普通にアメリカ大使館の写真が撮れそうです(笑)

赤坂インターシティAIR
 「赤坂インターシティ AIR」を見上げて見ました。緑地側低層部の5階〜12階は総戸数52戸の都心型賃貸住宅「赤坂 AIR レジデンス」となっています。この戸数でも共用施設としてミーティングルームやフィットネスルームがあり、そして5階にはゲストルームもあります。

 ちなみに現時点で賃貸に出ている部屋を見ると、6階、1LDK+LOFT、58.54屐月額41万円〜5階、3LDK+LOFT、112.98屐月額82万円となっていました。

赤坂インターシティAIR
 いつもの汐見坂から撮影。この道路の左側では「ホテルオークラ東京 新本館」(地上38階、高さ188.65m)、右側では「新虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)が建設中です。
■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目8番1号
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年8月31日竣工
開業:2017年9月29日グランドオープン予定

高さ約205m「赤坂インターシティ AIR」の建設状況(2017.4.30)

赤坂インターシティAIR
 赤坂一丁目で建設中の超高層ビル「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。タワークレーンも撤去され低層部以外の外観は既に完成しています。これは北側となる溜池交差点から撮影しました。

赤坂インターシティAIR
 南西側から撮影。見る角度によって印象の変わる超高層ビルです。

赤坂インターシティAIR
 南東側の汐見坂から撮影。

赤坂インターシティAIR
 東側の虎ノ門交差点から撮影。ここから見ると外堀通りの先に「赤坂インターシティ AIR」が見えます。

赤坂インターシティAIR
 近くから見上げてみました。

赤坂インターシティAIR
 手前のこの部分は住宅部分で同じビルの一部です。

赤坂インターシティAIR
 低層部です。この辺りはまだ工事中です。

赤坂インターシティAIR
 ビルの東側です。低層の商業施設、緑地や水辺が整備されます。

 背後に見える黄色のビルは「赤坂インターシティ」(地上29階、高さ134.77m)です。「赤坂インターシティ AIR」の「AIR」を省略すると隣のビルを指してしまいます。

赤坂インターシティAIR
 六本木ヒルズの展望台からの眺めです。中央の超高層ビルが「赤坂インターシティ AIR」です。高さ200m超えの超高層ビルでもこの中だとそれほど目立ちませんね。

赤坂インターシティAIR 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年8月31日竣工予定

高さ約205m「赤坂インターシティ AIR」の建設状況(2017.2.11)

赤坂インターシティ AIR
 赤坂一丁目地区で建設中の「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)です。これは溜池交差点から撮影ですが、この角度から見るのが一番大きく見える気がします。

赤坂インターシティ AIR
 六本木一丁目駅方面に移動した場所から撮影。直方体のビルではないので角度を帰ると板状の超高層ビルにも見えます。

赤坂インターシティ AIR
 この角度から見るのが一番細く見えます。ところでここは住所的には赤坂ですが最寄り駅は溜池山王駅となります。ちょうどこの角地に溜池山王駅に繋がる地下通路も整備されます。

赤坂インターシティ AIR
 反対側から撮影。手前は住宅棟部分で別の建物にも見えますが同じビルの一部です。

赤坂インターシティ AIR
 汐見坂から撮影。ここから見る姿が個人的に好きです。

赤坂インターシティ AIR
 低層部です。

赤坂インターシティ AIR
 こちらは敷地内に建つ独立した低層棟です。

赤坂インターシティ AIR 緑地詳細図
 仮囲いに貼られている緑地詳細図です。なかなか広い緑地が整備されますが、隣のアメリカ大使館をこの緑地から撮影禁止とは知らずに撮る人が出てきそうです(笑)

■赤坂インターシティ AIRの物件概要■
名称:赤坂インターシティ AIR
計画名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区赤坂一丁目5 番(一部)、6番、8番、9番(一部)
用途:事務所・共同住宅・集会施設・店舗など
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:205.08m
構造:鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造(制震構造)
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:16,088.32
建築面積:7,130.00
延床面積:178,328.01
建築主:赤坂一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:新日鉄興和不動産
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2014年9月9日着工〜2017年8月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク