超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

渋谷駅地区駅街区開発計画

高さ約230m「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の建設状況(2017.7.17)

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷駅街区で建設中の位超高層ビル「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)です。渋谷ヒカリエの9階から撮影しました。着々と鉄骨が組まれて行っています。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 地上から撮影。少し離れたところからでも見えるようになってきました。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷ヒカリエ前から撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 近くの歩道橋から撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 その歩道橋を移動して首都高越しに撮影。伸びはじめたばかりでまだまだ高くなります。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 首都高の下には地下化された東横線跡地の高架がありましたが、歩道橋として生まれ変わる再整備の工事が始まっていました。

渋谷東口歩道橋の掛け替え工事
 そしてそのすぐ近くでは「渋谷東口歩道橋の掛け替え工事」も行われています。渋谷駅周辺は超高層ビルが建つだけではなく、こうした人の導線も変わることとなります。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の完成予想図[出典:東急電鉄]

 「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の低層部は商業施設、中高層部がオフィスフロアとなり、そして最上部に展望台が設置されます。


渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

 展望台はこのように屋上にも行ける作りで2020年東京五輪までにはオープン予定です。2020年東京五輪までに完成する超高層ビルの中で個人的にはここが一番楽しみです。

■渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の物件概要■
名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎後方:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定

高さ約230m「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の建設状況(2017.6.11)

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷ヒカリエの9階から撮影した「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)です。9階からだと目線よりも高い位置まで鉄骨が組まれました。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷ヒカリエ前から撮影。目視で現在10階まで鉄骨が組まれています。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 近くの歩道橋から撮影。まだまだ高くなります。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 少し恵比寿側に移動した場所から撮影。徐々に遠くからも目立つようになって来ています。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 セルリアンタワーに繋がる歩道橋から撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 背後の「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ約182.5m)よりも50m近く高い超高層ビルになるので、ヒカリエはすっぽり隠れてしまいそうです。展望台も併設される超高層ビルなので完成が楽しみです。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の完成予想図[出典:東急電鉄]

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。今回は物件概要の後にも記事は続きます。

■渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の物件概要■
名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.705m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎後方:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定



東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事

東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事
 「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の隣で建設中の「東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事」です。写真奥が現在の銀座線の渋谷駅ですが手前側に約130mほど移設されます。完成は2019年度の予定です。



渋谷東口歩道橋の掛け替え工事

渋谷東口歩道橋の掛け替え工事
 おまけで「渋谷東口歩道橋の掛け替え工事」です。大きくなった歩道橋の一部が徐々に姿を現してきました。

渋谷東口歩道橋の掛け替え工事
 既存の歩道橋から撮影。

渋谷東口歩道橋の掛け替え工事
歩道橋の完成イメージ[出典:国土交通省 関東地方整備局]

 将来的にはこのよな歩道橋に生まれ変わります。


完成イメージ図
歩道橋の完成イメージ[出典:国土交通省 関東地方整備局]

 そして西口側も大きな歩道橋が整備され、渋谷駅を超えて繋がるようになります。渋谷駅周辺は大改造中です。

高さ約230m「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の建設状況(2017.5.16)

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷ヒカリエから撮影した「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)です。着々と鉄骨が組まれて行っており、この場所から見上げるようになるのも時間の問題になってきました。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 地上から撮影。下から見るとまだまだで、上から見た方が大きく感じます。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 近くの歩道橋から撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 首都高越しに撮影。高さ約230mの超高層ビルを写すには超広角のレンズを使うかこれくらい離れないと無理そうです。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 セルリアンタワーあたりから撮影。まだまだ低いですが一気に鉄骨が組まれて行くかと思います。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷ヒカリエにある模型を撮影。中央が「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」で低層部が商業施設、中高層部がオフィスフロア、そして最上部の屋内と屋外に展望台が設置されます。渋谷ヒカリエの地上34階、高さ約182.5mよりも50m近く高い超高層ビルで、2020年東京五輪の頃には渋谷の新しいランドマークとなっています。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

 展望台はこのように階段やエスカレーターで屋上にも行けるようになり、360度の景色を楽しめるようになります。2020年までに色々な超高層ビルが完成しますが、展望台のあるこのビルが個人的には一番楽しみです。


渋谷駅街区開発計画鬼(東棟) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の物件概要■
名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎後方:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定

高さ約230m「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の建設地の状況(2017.4.16)

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷ヒカリエから撮影した渋谷駅前の大規模再開発「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)です。どんどん鉄骨が組まれていっていますが、3基目のタワークレーンも設置されていました。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 地上から撮影。まだここに高さ約230mの超高層ビルが建つような感じはしません。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 近くの歩道橋から撮影。低層部は商業施設、中高層部はオフィスフロア、そして最上部の屋内と屋外に展望台が設置されます。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 歩道橋を移動して首都高越しに撮影。高さ230mになる頃にはこの辺りから撮影しないとカメラに入りきれないかと思います。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 明治通りから撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 セルリアンタワー前の歩道橋から撮影。左の「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ約182.5m)の前が「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)の建設地です。右側で建設中のビルは数日前のブログに載せた「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)です。こういった場所に高さ約230mの超高層ビルはかなりの存在感となりそうです。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の完成予想図[出典:東急電鉄]

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

■渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の物件概要■
名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.705m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎後方:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定

高さ約230m「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の建設状況(2017.1.29)

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷駅前の大規模再開発「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)です。渋谷ヒカリエから撮影しました。低層部の鉄骨がどんどん組まれています。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 隣では東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事も行われています。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 地上から撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 近くの歩道橋から撮影。左端に少しだけ歩道橋が見切れていますがこの部分は閉鎖されていました。また再び通れるようになるのかは不明です。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 首都高越しに見た「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」です。今は首都高が邪魔ですが高さ約230mとなるので、完成時にはここから撮影しても首都高がそれほど気にならないかもしれません。

渋谷駅周辺の将来模型
 ヒカリエに展示されている渋谷駅周辺の再開発後の模型です。リニューアルされてまた再び展示されていました。今の渋谷駅前は「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ約182.5m)がランドマーク的な存在となっていますが、「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)が完成するとランドマークが入れ替わります。

渋谷駅周辺の将来模型
 周辺の超高層ビルよりも頭一つ飛び抜けて高く、その高さを活かして屋上などに展望台も設置されます。2020年の東京五輪前には完成予定です。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の完成予想図[出典:東急電鉄]

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

■渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の物件概要■
名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.705m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:276,010.18屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。