超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

渋谷駅

地上約230m!11月1日オープンした『渋谷スカイ』の展望台からの眺めと夕焼け(2019.11.1)

渋谷スクランブルスクエア

 2019年11月1日にオープンした「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)です。



渋谷スクランブルスクエア

 フロア構成は地下2階〜地上14階が商業施設、15階が産業交流施設、17階〜45階がオフィスフロア、そして45階と屋上が展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」となります。途中フロアの14階が展望台のチケットカウンターで今回は混雑を避けるため、展望台予約者は2階からエレベーターで直接14階への移動でした。



渋谷スクランブルスクエア

 ところで低層部のこの部分。変形のオーロラビジョンとなっていました。この形を活かした映像を作るのはクリエイターの腕の見せどころですね。ところで、オーロラビジョンって三菱電機の製品名なんですね。ここはどこのメーカーかはわかりませんが、宅急便のように一般名詞のような扱いになっているので問題はないでしょう。



渋谷スカイのチケットカウンターフロア

 14階の「渋谷スカイ」のチケットカウンターフロアです。天井が鏡張りでこのように面白い写真が撮れる場所でした。



渋谷スカイのチケットカウンターフロアからの眺め

 渋谷のスクランブル交差点もこのように見えました。平日のため人はちょっと少ない気がします。ただ、この前日はハロウィンだったのでそのときは凄かったようですね。



渋谷スカイのチケットカウンターフロアからの眺め

 渋谷に最近新しく建設された(建設中)のビルもいい感じに見える場所でした。



渋谷スカイからの眺め

 ここからは展望台からの眺めで、同じビル群を「渋谷スカイ」の屋上から見た様子です。



渋谷スカイから見たパークコート渋谷ザ タワー

 「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)すらも見下ろす高さです。



渋谷スカイからの眺め

 広角で見るとこのように代々木公園の先に新宿の超高層ビル群が見えました。



渋谷スカイからの眺め

 ガラッと生まれ変わる宮下公園も眼下にありました。



渋谷スカイからの眺め

 六本木ヒルズ方面に続く国道246号線と首都高もキレイ見えました。ここの首都高を都心方面に行くと六本木ヒルズに向かって行く感じですが、逆方向だと「渋谷スクランブルスクエア」に向かって走る感じになりますね。



渋谷スカイからの眺め

 「東京タワー」です。今のところ東京タワーを隠すような超高層ビル計画はありませんが、第2六本木ヒルズとも呼ばれている計画が始動すると隠れる可能性もあります。



渋谷スカイからの眺め

 「東京スカイツリー」です。この日は晴れてはいましたが視界が悪かったです。次は視界の良い日に行ってみたいです。



渋谷スカイからの眺め

 このように近い場所はキレイに見えましたがちょっと離れるとどんどん見え方が濁っていきます。



渋谷スカイから見た国立競技場

 新国立競技場にズームです。オーロラビジョンの試験点灯らしき様子も見えました。



渋谷スカイから見た渋谷フクラス

 もうすぐオープンする「渋谷フクラス」(地上19階、高さ103.31m)です。屋上広場の様子を見ることもできました。こちらも早く行ってみたい場所です。



渋谷スカイから見た渋谷ヒカリエ

 高さ230mは渋谷のシンボル的なビルだった「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)もこのように見下ろす高さとなります。



渋谷スカイから見た渋谷ストリーム

 もちろん「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)も見下ろすことができます。



渋谷スカイから見た渋谷ストリーム

 オフィスフロア部にはGoogleが入居するためロゴが付いています。



渋谷スカイから見た(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 そして「渋谷ストリーム」の隣には「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地現場です。ここには地上39階、高さ179.97mと地上29階、高さ133.00mの超高層2棟が建設されます。



渋谷スカイから見た(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ドンキホーテによる「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)の建設地です。あまり良い撮影スポットがない場所でしたがここからはバッチリ見えます。



渋谷スカイのヘリポート

 屋上はヘリポートとなっており六本木ヒルズとは違って普通に歩き回れます。ここは5tのヘリまで着陸できるようです。



渋谷スカイに蛾

 その屋上には割りと虫がいて、ハンモックに行ったら隣の人の足に蛾が止まっていました。外国人の方でしたが撮影OKもらっています。



渋谷スカイから見た夕焼け

 そして夕焼けです。



渋谷スカイから見た夕焼け

 視界が悪かったのでこのときはまだわからなかったのですが…



渋谷スカイから見た夕焼け

 太陽が沈む本当の直前になって富士山が浮かび上がりました。今日あたりにダイヤモンド富士のような気がしますが天気が…無理ですかね。



渋谷スカイから見た夕焼け
 最後はお気に入りの1枚。屋上に行くエスカレーターの隣の階段です。手すりのガラス(アクリル版?)の面に夕焼けが反射して地平線が伸びてキレイでした。階段の手摺もいい感じです。

 この後始まる夜景は昨日のブログに載せているのでそちらをご覧ください。

 「渋谷スカイ」の入場料はWEBチケットが1800円(大人)、当日窓口チケットは2000円(大人)となっています。ただし、11月はWEBチケットのみの販売となっており当日券の販売は12月からとなっています。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月1日

地上約230m!昨日オープンした渋谷の新名所『渋谷スカイ』の展望台から夜景を撮影してきました!(2019.11.1)

 昨日、2019年11月1日にオープンした「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)の最上部にある展望台「渋谷スカイ」に行ってきました。昨日は平日だったため午後半休を取得しての訪問でした。15時からのチケットを予約していたので明るい時間帯の写真もありますが今回は夜景編です。



渋谷スカイから東京タワー夜景

 まずはみんな大好き「東京タワー」です。足元が少し「六本木ヒルズ レジデンス」に隠れていますがほぼ全景が見えました。



渋谷スカイから見た夜景

 都心方面は「東京スカイツリー」と「東京タワー」が同時に見えました。



渋谷スカイから東京スカイツリー夜景

 その「東京スカイツリー」は東京駅周辺の超高層ビル群の背後に見えました。



渋谷スカイから羽田空港方面の夜景

 恵比寿、目黒、大崎方面です。背後に見える光の列は羽田空港に着陸する飛行機の列です。



渋谷スカイから見下ろした渋谷ストリームの夜景

 同じ場所から足元を見るとGoogleが入居する「渋谷ストリーム」が眼下に見えますが、地上36階、高さ約180mもある超高層ビルです。それをこうして見下ろすことで「渋谷スクランブルスクエア」の高さ約230mを実感できます。



渋谷スカイから品川方面の夜景

 品川方面です。



渋谷スカイから国立競技場方面の夜景

 新国立競技場もほぼ全体が見える場所でした。



渋谷スカイから新宿方面の夜景

 新宿方面です。反射が酷いです。普段は自力で反射光を修正できないときはボツにしていますが、今回は反射光の修正なしで載せておきます。



渋谷スカイから見た渋谷の夜景

 渋谷駅周辺です。中央手前は「東急プラザ」や「GMO」のオフィスが入る「渋谷フクラス」(地上19階、高さ103.31m)です。



渋谷スカイから見た渋谷の夜景

 中央手前が「渋谷パルコ」(地上19階、高さ100m)で、右上が「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)です。



渋谷スカイから見た渋谷の夜景

 ビル名にも入っている「渋谷スクランブル交差点」です。ここから10月31日のハロウィンの混雑を見てみたかったです。



渋谷スカイのサーチライトの演出

 「渋谷スカイ」の屋上ではサーチライトを使った演出がありました。



渋谷スカイのサーチライトの演出

 最初の方にウネウネと動いて…



渋谷スカイのサーチライトの演出

 最後はこのように真上に光が伸びていきます。自分のスマホの時計を見ていた感じでは毎時29分、59分に動き出し、0分、30分頃に真上を向き、そのまま5分継続して終了といった感じがしました。六本木ヒルズが照射テストを見たときはどうなんだろうと思っていましたが、ここから見るサーチライトはとてもキレイでした。

 「渋谷スカイ」の入場料はWEBチケットが1800円(大人)で、当日窓口チケットは2000円(大人)となっています。ただし、11月はWEBチケットのみの販売となっており当日券の販売は12月からとなっています。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月1日

11月1日オープン!高さ約230m「渋谷スクランブルスクエア」をグルっと一周撮影!

渋谷スクランブルスクエア

 11月1日にオープンする渋谷で最も高い超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)です。昨日、報道陣に公開され色々なニュースで取り上げられていたので見た人も多いかと思いますが、当ブログは個人運営のため残念ながら行けていないので色々な場所から撮影した写真を載せていきます。

 これはビル名にも入っている渋谷のスクランブル交差点から撮影しました。いつもどういった順で載せるか悩むのですが今回は撮った順に載せていきます。



渋谷スクランブルスクエア

 北側から撮影。足元のドームは東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事で青山側にホームが移動します。



SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE

 「渋谷スクランブルスクエア」は英語だと「SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE」と書きます。



渋谷スクランブルスクエア

 正確には「渋谷スクランブルスクエア第鬼(東棟)」で、今後はこの右側に第挟の中央棟(地上10階、高さ約61m)と西棟(地上13階、高さ約76m)が2027年度の開業予定で建設されます。渋谷駅の工事はまだまだ終わりません。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷クロスタワー」の広場から見た「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)です。左がGoogleが入る「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)で、右が「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)です。



渋谷スクランブルスクエア

 青学近くの渋谷二丁目の交差点から撮影。



渋谷スクランブルスクエア

 明治通りを恵比寿側に行った場所にある歩道橋から見た様子です。フロア構成は地下2階〜地上14階が商業施設、15階が産業交流施設、17階〜45階がオフィスフロア、そして45階と屋上が展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」となります。途中フロアの14階が展望台のチケットカウンターとなります。




渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷東口歩道橋」から見上げてみました。気になる展望台の「渋谷スカイ」の入場料はWEBチケットは1800円(大人)、当日窓口チケットは2000円(大人)となっており、11月はWEBチケットのみとなっています。当日券の販売は12月からとなります。

 注意事項を見ると屋上は三脚禁止になっているので屋上以外は三脚がOKなんですかね。見た感じだと六本木ヒルズの展望台と同じような制度のようです。



渋谷スクランブルスクエア

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地越しに撮影。手前には地上39階、高さ179.97mの超高層ビルが建設されるので今だけの光景です。



渋谷スクランブルスクエア

 架替え工事が行われている「渋谷西口歩道橋」から撮影。右奥に見えるのが5枚目の写真を撮った「渋谷クロスタワー」(地上32階、高さ131m)です。



渋谷スクランブルスクエア

 道玄坂にある「東急百貨店前」の交差点からはこうして道路の先にそびえ立って見えます。



渋谷スクランブルスクエア

 明治通りを原宿方面に行った場所にある歩道橋から撮影。早く展望台に行ってみたいですね。11月某日の展望台チケットを購入済みなのであとはその日が晴れることを祈るのみです。ところで買ったチケットのメールは埋もれてしまっていそうな…探さないと(^^;)



渋谷方面の夕焼け

 別の日に六本木ヒルズの展望台から撮影した渋谷方面の夕焼けです。



渋谷の超高層ビル群と夕日

 渋谷の超高層化はまだまだ続きます。



渋谷スクランブルスクエア方面の夜景

 そして夜景です。「渋谷スクランブルスクエア」の屋上からサーチライトのような照明照射が行われていました。何かの演出の試験点灯だと思いますが真上だけではなく色々な方向に照射されていました。開業後はどんな演出をするんでしょうね?





 画質は悪いですがスマホで動画も撮ってみました。来週の金曜日にオープンです。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月1日

高さ約230mの「渋谷スクランブルスクエア」の開業日は2019年11月1日(金)に決定!展望台は2000円で11月は完全予約制!

渋谷スクランブルスクエア

 渋谷で建設中の超高層ビル「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)の開業日が2019年11月1日(金)に決定しました。

 フロア構成は14階・45階〜屋上が展望施設の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」、17階〜45階がオフィスフロア、15階が産業交流施設の「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」、地下2階〜14階が商業施設となります。また、3階、7階、12階にはイベントスペースが設置されます。

 商業施設には全212店のショップ&レストランが出店します。内訳は物販125店、食物販57店、飲食28店、サービス2店となっており、12階、13階がレストランフロア「FOODIES SCRAMBLE(フーディーズ スクランブル)」となります。

▼渋谷スクランブルスクエア公式HP
https://www.shibuya-scramble-square.com/



渋谷スクランブルスクエア

 個人的には最も気になる、2019年で一番楽しみにしていた展望施設「渋谷スカイ」です。14階がチケットカウンターとなり、45階、46階が屋内展望施設、スーベニアショップ、カフェ、として屋上が展望空間となります。屋上展望空間は約2,500屐屋内展望施設が約3,000屬箸覆辰討り、入場料は税込み2000円で営業時間は9時〜23時(最終入場22時)となっています。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷スカイ」の11月分の入場チケットは完全予約制となっており、9月1日(日)からの予約受付となっています。展望台には天気の良い日に登りたいですが11月は運任せとなりそうです。



渋谷スクランブルスクエア

 ここからは2019年7月6日にあちこちから撮影した「渋谷スクランブルスクエア」を載せていきます。これは「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」越しに見た様子です。既存ビルの解体が進みこのような超高層ビル群が見られるようになりました。右がGoogleが入居する「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)、中央奥が「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)です。



渋谷スクランブルスクエア



渋谷スクランブルスクエア



渋谷スクランブルスクエア


渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷スクランブルスクエア」は正確には第鬼(東棟)で、今後は手前で第挟として地上10階、地下2階、高さ約61mの中央棟、地上13階、地下5階、高さ約76mの西棟の建設が始まります。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷のスクランブル交差点から撮影。



渋谷スクランブルスクエア

 明治通りを原宿方面に行った場所にある歩道橋から撮影。このように道路の先に超高層ビルがある光景は大好きです。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷スクランブルスクエア」にズームです。手前にまたもう一つ歩道橋が見えていますが…



渋谷スクランブルスクエア

 その歩道橋から見た光景です。これくらい遠くから見た方が格好いい気がします。



渋谷スクランブルスクエア

 宮益坂下交差点から撮影。手前は東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事です。



東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事

 「渋谷ヒカリエ」から見下ろした東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事です。左には歩行者通路がありオープン前の「渋谷スクランブルスクエア」の一部を通ることができます。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月1日

2019年11月に展望台(2000円)も開業する高さ約230m「渋谷スクランブルスクエア」の建設状況(2019.5.18)

渋谷スクランブルスクエア

 六本木ヒルズのスカイデッキから見た渋谷の超高層ビル群です。中央の一番高い超高層ビルが「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)で2019年11月に開業が決定しています。



渋谷スクランブルスクエア
フロア構成図[出展:JR東日本]

 フロア構成は地下2階〜地上14階が商業施設、15階が産業交流施設、17階〜45階がオフィスフロア、そして45階と屋上が展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」となります。あべのハルカスのように途中フロアの14階が展望台のチケットカウンターとなります。

 展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」は45階、46階の屋内が約3000屬撚鮎紊約2500屬箸なりの広さが確保されています。入場料は2000円(税込み)で高いという意見もありますが、他の展望台と比べると妥当な価格設定かと思います。



渋谷スクランブルスクエア
屋上展望空間と中目黒方面の眺望イメージ[出展:JR東日本]

 屋上部分は完成予想図を見る限りではヘリポート部分も自由に歩けるようになるようです。そのヘリポートは少し高くなっておりそこは座ったりできるようです。見た感じでは写真も撮りやすそうな展望台なので今からオープンが楽しみです。



渋谷スクランブルスクエア

 六本木ヒルズからの写真は5月12日の撮影でしたが、ここからは5月18日に撮影した「渋谷スクランブルスクエア」の様子を載せていきます。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷東口歩道橋」から見た低層部です。低層部のガラスカーテンウォールは斜めの模様が入っています。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷川と「渋谷スクランブルスクエア」です。



渋谷スクランブルスクエア

 既存ビルの解体工事が行われている「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」越しに見た様子です。



渋谷スクランブルスクエア

 セルリアンタワーの隣から撮影。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷マークシティの隣から撮影。



渋谷スクランブルスクエア

 道玄坂の東急百貨店前の交差点から撮影。ここは「渋谷スクランブルスクエア」を見る好きなスポットの一つです。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷区役所の15階から撮影。新しくできる展望台から隣の「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)を見下ろすことできるようになります。



渋谷スクランブルスクエア

 最上部にズームです。この角に屋上に行くエスカレーターなどが設置されます。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷駅から原宿方面に行ったところにある歩道橋から撮影。ここも「渋谷スクランブルスクエア」を見る好きなスポットの一つです。道路の先に超高層ビルがそびえ立つ姿はいいですよね。



渋谷スクランブルスクエア

 近くから見上げてみました。足元では東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事が行われています。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷ヒカリエ」から見下ろすとこのような感じです。以前は銀座線の車両が走っているのが見えましたが今はもう見えなくなりました。その隣の通路は「渋谷ヒカリエ」と「渋谷スクランブルスクエア」を繋ぐ通路でこの部分は既に開放されています。



渋谷スクランブルスクエア

 せっかくなので架替えが行われた東口の歩道橋です。歩道橋自体は広々となって良かったのですが階段が容量不足な感じです。ただ「渋谷スクランブルスクエア」がオープンすれば、そちらに人が流れると思うので容量不足に感じるのは今だけですかね。

 ところで家に帰って写真を整理しているときに気がついたのですが、名称にも入っているスクランブル交差点から撮るのをすっかり忘れていました。そこから撮るのを忘れるのかと自分でもビックリです(笑)

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク