超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

渋谷ヒカリエ

「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」都市計画決定!2020年に開業へ

 渋谷駅桜丘口地区再開発準備組合東急不動産が都市再生特別措置法に基づく都市再生特別地区の都市計画提案を行っていましたが、2014年6月16日に東京都が都市計画決定をしたと発表がありました。また、同日、渋谷区において市街地再開発等の都市計画決定もしています。

▼東急不動産(ニュースリリース)
2014年6月16日:渋谷駅桜丘口地区再開発計画における都市計画の決定について(PDF)

▼建設通信新聞
2014年6月17日:都、区が都計決定/延24万屐20年開業目指す/渋谷駅桜丘口地区再開発

 これは渋谷駅周辺の再開発プロジェクトの一つ「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」で、渋谷駅の横を通る246号線の南側、山手線の西側一帯の約1.7ヘクタールが計画地となっています。事業協力者としては地権者でもある東急不動産が参画しており、コンサルタント業務は日建設計、都市環境研究所が担当し、デザインアドバイザーを古谷誠章氏が務めています。今後は2020年の開業に向けて本組合設立など事業が進められて行きます。

渋谷駅桜丘口地区再開発計画のイメージパース
東京不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画のイメージパース

 「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」のイメージパースです。左端が「A1棟」(地上36階、高さ約180m)、中央が「A2棟」(地上15階、高さ約90m)で起業支援施設なども配置されますがオフィスがメインとなります。そして右端が「B棟」(地上32階、高さ約150m)で高層階が分譲マンション、低中層階が外国人向けのサービスアパートメント、生活支援施設などとなります。また、このイメージパースには描かれていませんが教会が入る「C棟」(地上4階、高さ約30m)もあります。

□計画概要
名称:(仮称)渋谷駅桜丘口地区(桜丘町1地区)開発計画
事業主体:渋谷駅桜丘口地区再開発準備組合
所在:東京都渋谷区桜丘町1番地、2番地、3番地、及び4番地、8番地の各地内、他
用途:事務所、店舗、住宅、生活支援施設、起業支援施設、教会、駐車場等
敷地面積:約17,000
延床面積:約241,400
開業予定:2020年頃

■A街区概要
用途:事務所、店舗、起業支援施設、駐車場等
敷地面積:約8,070
延床面積:約174,800
階数(A1棟):地上36階、地下5階
階数(A2棟):地上15階、地下4階
高さ(A1棟):約180m
高さ(A2棟):約90m

■B街区概要
用途:住宅、事務所、店舗、生活支援施設、駐車場等
敷地面積:約8,510
延床面積:約65,900
階数:地上32階、地下2階
高さ:約150m

■C街区概要
用途:教会等
敷地面積:約420
延床面積:約700
階数:地上4階、地下1階
高さ:約30m

渋谷駅桜丘口地区再開発計画の配置図
東京不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画の配置図

 各棟の配置はこのようになります。中央には新しく道路も整備されます。左端に「西口国道デッキ」と書かれていますが、ここに国道246号線を横断するデッキが整備される予定となっています。また、図の左上に「JR線南口改札口・東西通路」と書かれていますが、ここにはJR線を横断するデッキが整備される予定となっています。

渋谷駅周辺の再開発計画の完成イメージ
東京不動産ニュースリリースより渋谷駅周辺の完成イメージ

 渋谷駅桜丘口地区も描かれた渋谷駅周辺全体の完成イメージです。屋上がL字型に見えるのが「渋谷駅桜丘口地区再開発計画 A1棟」で、その右側が「渋谷駅桜丘口地区再開発計画 B棟」です。カラーで描かれている建物で完成済みは左端の「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)のみで他はこれから建設されます。

渋谷駅周辺の空撮
 これは今年2月の渋谷駅周辺の空撮です。「渋谷駅地区」には地上46階、高さ228.3mの超高層ビルなどが建設され、「渋谷駅南街区」には地上32階、高さ169.35mのオフィスやホテルが入る複合ビルなど複数棟のビルが建設されます。そして「道玄坂街区」には地上18階、高さ110mの商業施設やオフィスが入る複合施設が建設されます。これに加えて今回都市計画決定した「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」もあるので渋谷駅周辺は大きく変わります。


超高層ビビル4日本編2」発売中です。よろしくお願いします〜。

人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

渋谷駅前に地上18階、高さ110mの複合ビル「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」

渋谷駅方面の空撮
 最近再開発で話題になることが多い渋谷ですが、渋谷駅前の「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合の設立が、本日4月18日に認可されると東京都より発表がありました。
 場所は渋谷駅の東側で現在「東急プラザ 渋谷」がある場所です。数日前にブログに載せた地上43階、高さ230mの「渋谷駅地区駅街区開発計画」は、この空撮写真の矢印より先の「渋谷ヒカリエ」の目の前あたりです。

▼東京都:2014年4月17日
道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合の設立認可について

東急プラザ 渋谷 「東急プラザ 渋谷」です。解体後の跡地の再開発「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」は地上18階、高さ約110mで中層階が商業施設、高層階がオフィスフロアとなる複合ビルが建設されます。1階の一部には羽田、成田の両空港と直通となるバスターミナルも整備されます。

渋谷ヒカリエから見た渋谷駅方面
 「渋谷ヒカリエ」から見た渋谷駅方面です。中央奥に「TOKYU PLAZA」の文字が見える場所が「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」です。ただ、手前の旧東急東横線渋谷駅の解体工事を行っている場所に「渋谷駅地区駅街区開発計画」のメインとなる地上43階、高さ230mの超高層ビルが建設されるので、「渋谷ヒカリエ」から「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」が見えることはなさそうです。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
東京都HPより道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図

 「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。ガラスカーテンウォールで覆われた、角部分が特徴的な建物になりそうです。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の断面図
東京都HPより道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の断面図

 「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の断面図です。最上階に店舗とありますが、ここはきっとレストランフロアなんでしょうね。「産業進出支援施設」の隣に屋上緑化が見えますが、ここには出られないんですかね?新規のビルは展望施設があるかどうかが毎回気になります。

■道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
事業名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:業務施設、商業施設、駐車場等
階数:地上18階、地下4階
高さ:約110m
敷地面積:約3,330
延床面積:約58,900
事業協力者:東急不動産
基本設計:日建設計
コンサルタント:日建設計、タウンプランニングパートナー
デザインアーキテクト:手塚建築研究所
特定業務代行者:清水建設
権利変換計画認可:2015年3月予定
工事着手:2016年1月予定
建物竣工:2019年3月予定
総事業費:約465億円


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

渋谷駅移設など渋谷駅周辺の大規模再開発状況(2014年4月12日)

渋谷駅周辺の空撮
 2ヶ月くらい前の渋谷駅周辺の空撮です。渋谷駅周辺では複数の大規模再開発が進行中ですが、4月14日にJR東日本からJR渋谷駅改良工事の準備工事着手についてのプレスリリースがありました。現在、埼京線の渋谷駅のホームは空撮写真に名前を入れたところにありますが、これを山手線の渋谷駅(渋谷駅地区駅街区開発計画の文字の下あたり)に移設して並列化します。また、山手線ホームの1面2線化、コンコースの拡大、バリアフリーの拡充、東西を横断する自由通路の整備、国道246号拡幅にあわせた橋梁の架け替え等も計画されています。本体工事着手は2015年度を目指しており、明日17日からは作業ヤードの整備など本体工事に向けた準備がはじります。

 埼京線の渋谷駅が移設されてくる山手線ホームがあるあたりは「渋谷駅地区駅街区開発計画」という再開発が行われており、地上46階、高さ230mの超高層ビルなどが建設されます。また、埼京線渋谷駅の右側では「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」という再開発があり、地上36階、高さ約180mの超高層オフィスビルや、地上32階、高さ約150mのタワーマンションなどが計画されています。そして埼京線渋谷駅の左側では「(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト」が進行中で、地上32階、高さ169.35mのオフィスやホテルが入る複合ビルなどが建設されます。他にも渋谷駅前では「渋谷駅地区 道玄坂街区開発計画」もあります。

渋谷駅地区駅街区開発計画
 「渋谷ヒカリエ」から見た「東急百貨店東横店」と「東横線旧渋谷駅」の解体工事です。こちらは4月12日撮影で最新の解体状況です。解体中の「東急百貨店東横店」に線路が見えますがこれは東京メトロの銀座線です。

銀座線渋谷駅のホーム移設
 その銀座線はどうなるかと言うと、銀座線の両隣に建設中の橋脚がありますがこの場所にホームが移設されます。東急東横線の渋谷駅は地下に移設され、埼京線の渋谷駅は山手線の隣に移設され、銀座線の渋谷駅は渋谷ヒカリエ側に移設されます。東横線が地下化されわかりにくくなった渋谷駅ですが、これからの工事が全て完了したら使いやすくなるんですかね?それとも今度はまた何か移設工事がはじまるのか…渋谷駅は迷宮化しています(^^;)

渋谷駅地区駅街区開発計画
 こちらの「東横線旧渋谷駅」があった場所は地上46階、高さ230mの超高層ビルが建設されます。この「渋谷駅地区駅街区開発計画」はこれだけではなく、JR渋谷駅を超えたあたりまで再開発され、地上10階、高さ約61mの中央棟、地上13階、高さ約76mの西棟が建設されます。地上46階建ての超高層ビルは東棟で2020年開業予定、中央棟、西棟は2027年開業予定となっています。少なくてもあと13年は何かしら工事が行われています。

渋谷駅地区駅街区開発計画
 地上から見た「渋谷駅地区駅街区開発計画」です。しばらくは解体工事が続くと思われます。

渋谷駅地区駅街区開発計画
 「東横線旧渋谷駅」の解体工事です。4年間だけ東横線沿線の住民だったのでこの渋谷駅はよく使いました。始発駅だったので疲れているときは1本見逃すなどすれば座って帰れたのですが、今は地下化され副都心線直通となり、ホームまでは遠くなり、始発待ちも出来なくなり、かなり不便になりました。

■渋谷駅地区駅街区開発計画の物件概要■
名称:渋谷駅地区駅街区開発計画
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地・24番地、渋谷道玄坂一丁目1番地、渋谷区道玄坂二丁目1番地 他
用途:物販店舗、飲食店舗、事務所、駅施設、駐車場等
階数:地上46階、地下7階
高さ:高さ230m
敷地面積:15,275
建築面積:18,300
延床面積:270,000
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計:日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発
施工:未定
工期:2014年6月1日着工〜2028年3月末完了予定

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
 東横線の線路跡地などの再開発「(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト」です。この辺りは地上32階、高さ169.35mとなるB-1棟が建設されます。高層階がオフィス、中層階がホテルとなります。他にもこの周辺には中低層の複数のビルが建設されます。

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
 中を覗いてみました。まだ解体工事は続きそうです。

■(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟の物件概要■
建築物の名称:(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
所在地:東京都渋谷区渋谷3丁目49-1ほか
用途:事務所、ホテル、店舗等
階数:地上32階、地下5階
高さ:169.35m
敷地面積:4,774.52
建築面積:4,195.09
延床面積:106,063.00
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
建築主:東京急行電鉄
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:未定
工期:2014年10月1日着工〜2018年3月末日完了予定

渋谷駅周辺の空撮
 最後にもう一度渋谷駅周辺の空撮です。現在わかっている再開発が全て完了するのは10年以上先ですが、渋谷駅周辺は今と全く別の街に生まれ変わります。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

東京ベイシティタワーの建設状況(2013年末)

東京ベイシティタワー
田町駅から徒歩13分、芝浦4丁目で建設中のタワーマンション
東京ベイシティタワー」(地上30階、最高高さ99.97m)です。

ちょうど30階くらいでしょうか?
30階ならば残りは塔屋を組んで上棟ですね。

それにしても見ての通りスマートなためか伸びるのは早かったです。
建築計画が出てから工事が始まるまでは長かったですけどね。

一時期は現地に「シティタワー芝浦」の看板が出ていたこともありましたが
名前を「東京ベイシティタワー」に変えて今に至っています。

東京ベイシティタワー
新港南橋」から見た「東京ベイシティタワー」です。

左の大きな三角形のタワーマンションは
キャピタルマークタワー」(地上47階、高さ167.31m)です。

右端のタワーマンションは賃貸専用のマンションで
ベルファース芝浦タワー」(地上30階、高さ99.95m)です。
建物の大きさは「東京ベイシティタワー」と同じくらいです。

ホテル グランパシフィック LE DAIBAから見た芝浦のマンション群
ホテル グランパシフィック LE DAIBA」(地上30階、高さ113.31m)
の29階から見た芝浦方面のタワーマンション群です。

左端の建設中のタワーマンションが「東京ベイシティタワー」ですが
芝浦アイランド」など巨大なタワーマンション群の隣ではあまり存在感がありませんね。
場所が違えばランドマークになれる高さなんですけどね。

ホテル グランパシフィック LE DAIBAから見た東京ベイシティタワー
東京ベイシティタワー」にズームです。
視界から「芝浦アイランド」などがなくなれば存在感が一気に増します。

背後に見えるタワーマンションは白金高輪駅前に建つ
白金タワー」(地上42階、最高高さ141.9m)です。

さらに左後ろに見えるのが渋谷駅前に建つ
渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)です。

東京ベイシティタワーの物件概要■
名称:東京ベイシティタワー
計画名:(仮称)芝浦4丁目計画
所在地:東京都港区芝浦4丁目4番22
用途:共同住宅
総戸数:171戸
階数:地上30階、塔屋1階、地下1階
高さ:高さ95.99m(最高高さ99.97m)
敷地面積:1,729.05
建築面積:715.80
延床面積:15,792.68
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
建築主:住友不動産
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2014年7月15日〜2014年12月31日予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」都市再生特別地区を提案!高さ180mのオフィスや高さ150mの住宅など

渋谷ヒカリエから見た渋谷駅桜丘口地区再開発計画方面
昨日、東急不動産から東京都知事に対して都市再生特別措置法に基づく
渋谷駅桜丘口地区再開発計画」の都市計画提案を行ったと発表がありました。

これは「渋谷ヒカリエ」からの眺めですがちょうどこの方角が
渋谷駅桜丘口地区再開発計画」の計画地方面です。

総延床面積約241,400屬了務所・商業・住宅などを建設する計画で
歩行者デッキなどで渋谷駅と繋がる巨大な再開発です。

▲東急不動産:ニュースリリース(2013年12月19日)
渋谷駅桜丘口地区再開発計画に関する都市計画の提案について(PDF)

渋谷駅周辺の空撮
渋谷駅周辺の空撮です。
白い枠の中が「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」です。
他の渋谷駅周辺の再開発も名称だけ入れてみました。

A街区のA-1棟は地上36階、高さ約180mのオフィスビル
B街区には地上32階、高さ約150mのタワーマンションが建設されます。
各街区の計画概要は以下の通りとなっています。

計画概要
事業主体:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発準備組合
所在:東京都渋谷区桜丘町1番地、2番地、3番地、及び4番地、8番地の各地内、他
用途:事務所、店舗、住宅、生活支援施設、起業支援施設、教会、駐車場等
敷地面積:約17,000
延床面積:約241,400
開業予定:2020年頃

A街区概要
用途:事務所、店舗、起業支援施設、駐車場等
敷地面積:約8,070
延床面積:約174,800
階数:A1棟 地上36階、地下5階
   A2棟 地上15階、地下4階
高さ:A1棟 約180m
   A2棟 約90m

B街区概要
用途:住宅、事務所、店舗、生活支援施設、駐車場等
敷地面積:約8,510
延床面積:約65,900
階数:地上32階、地下2階
高さ:約150m

C街区概要
用途:教会等
敷地面積:約420
延床面積:約700
階数:地上4階、地下1階
高さ:約30m

渋谷駅桜丘口地区再開発計画方面
渋谷駅桜丘口地区再開発計画」の現地です。
今はまだ既存建物が建っています。

渋谷駅桜丘口地区再開発計画の完成予想図
出典:東急不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画の完成予想図

左が地上36階、高さ約180mのA-1棟
右が地上32階、高さ約150mのB棟です。

B棟の高層階は住宅、中低層階は事務所やサービスアパートメントとなります。

この完成予想図は格好いいですね。
普段は再開発情報が出るとそのURLをツイートする程度ですが
昨日は思わず完成予想図もツイートしてしまいました。

最新情報を見つけ次第ツイッターでツイートしていますので
もしよろしければフォローしてください。
フォロー返しはしていませんが(^^;)
@bluestylecom

渋谷駅桜丘口地区再開発計画の断面図
出典:東急不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画の断面図

歩行者デッキで渋谷駅に繋がります。
また、地下駐車場を繋いで地下車路ネットワークの整備も行われます。

渋谷駅桜丘口地区再開発計画の計画地図
出典:東急不動産ニュースリリースより渋谷駅桜丘口地区再開発計画の計画地図

計画地はJR沿いでJRの線路を挟んだ隣では
(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト」の再開発が行われています。

恵比寿ガーデンプレイスから見た渋谷駅方面の眺め
恵比寿ガーデンプレイス」から見た渋谷駅方面です。
東京オリンピック2020の頃には全然違う景色になっています。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。