超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

渋谷スクランブルスクエア

高さ約230mの「渋谷スクランブルスクエア」の開業日は2019年11月1日(金)に決定!展望台は2000円で11月は完全予約制!

渋谷スクランブルスクエア

 渋谷で建設中の超高層ビル「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)の開業日が2019年11月1日(金)に決定しました。

 フロア構成は14階・45階〜屋上が展望施設の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」、17階〜45階がオフィスフロア、15階が産業交流施設の「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」、地下2階〜14階が商業施設となります。また、3階、7階、12階にはイベントスペースが設置されます。

 商業施設には全212店のショップ&レストランが出店します。内訳は物販125店、食物販57店、飲食28店、サービス2店となっており、12階、13階がレストランフロア「FOODIES SCRAMBLE(フーディーズ スクランブル)」となります。

▼渋谷スクランブルスクエア公式HP
https://www.shibuya-scramble-square.com/



渋谷スクランブルスクエア

 個人的には最も気になる、2019年で一番楽しみにしていた展望施設「渋谷スカイ」です。14階がチケットカウンターとなり、45階、46階が屋内展望施設、スーベニアショップ、カフェ、として屋上が展望空間となります。屋上展望空間は約2,500屐屋内展望施設が約3,000屬箸覆辰討り、入場料は税込み2000円で営業時間は9時〜23時(最終入場22時)となっています。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷スカイ」の11月分の入場チケットは完全予約制となっており、9月1日(日)からの予約受付となっています。展望台には天気の良い日に登りたいですが11月は運任せとなりそうです。



渋谷スクランブルスクエア

 ここからは2019年7月6日にあちこちから撮影した「渋谷スクランブルスクエア」を載せていきます。これは「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」越しに見た様子です。既存ビルの解体が進みこのような超高層ビル群が見られるようになりました。右がGoogleが入居する「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)、中央奥が「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)です。



渋谷スクランブルスクエア



渋谷スクランブルスクエア



渋谷スクランブルスクエア


渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷スクランブルスクエア」は正確には第鬼(東棟)で、今後は手前で第挟として地上10階、地下2階、高さ約61mの中央棟、地上13階、地下5階、高さ約76mの西棟の建設が始まります。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷のスクランブル交差点から撮影。



渋谷スクランブルスクエア

 明治通りを原宿方面に行った場所にある歩道橋から撮影。このように道路の先に超高層ビルがある光景は大好きです。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷スクランブルスクエア」にズームです。手前にまたもう一つ歩道橋が見えていますが…



渋谷スクランブルスクエア

 その歩道橋から見た光景です。これくらい遠くから見た方が格好いい気がします。



渋谷スクランブルスクエア

 宮益坂下交差点から撮影。手前は東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事です。



東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事

 「渋谷ヒカリエ」から見下ろした東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事です。左には歩行者通路がありオープン前の「渋谷スクランブルスクエア」の一部を通ることができます。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月1日

2019年11月に展望台(2000円)も開業する高さ約230m「渋谷スクランブルスクエア」の建設状況(2019.5.18)

渋谷スクランブルスクエア

 六本木ヒルズのスカイデッキから見た渋谷の超高層ビル群です。中央の一番高い超高層ビルが「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)で2019年11月に開業が決定しています。



渋谷スクランブルスクエア
フロア構成図[出展:JR東日本]

 フロア構成は地下2階〜地上14階が商業施設、15階が産業交流施設、17階〜45階がオフィスフロア、そして45階と屋上が展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」となります。あべのハルカスのように途中フロアの14階が展望台のチケットカウンターとなります。

 展望台の「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」は45階、46階の屋内が約3000屬撚鮎紊約2500屬箸なりの広さが確保されています。入場料は2000円(税込み)で高いという意見もありますが、他の展望台と比べると妥当な価格設定かと思います。



渋谷スクランブルスクエア
屋上展望空間と中目黒方面の眺望イメージ[出展:JR東日本]

 屋上部分は完成予想図を見る限りではヘリポート部分も自由に歩けるようになるようです。そのヘリポートは少し高くなっておりそこは座ったりできるようです。見た感じでは写真も撮りやすそうな展望台なので今からオープンが楽しみです。



渋谷スクランブルスクエア

 六本木ヒルズからの写真は5月12日の撮影でしたが、ここからは5月18日に撮影した「渋谷スクランブルスクエア」の様子を載せていきます。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷東口歩道橋」から見た低層部です。低層部のガラスカーテンウォールは斜めの模様が入っています。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷川と「渋谷スクランブルスクエア」です。



渋谷スクランブルスクエア

 既存ビルの解体工事が行われている「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」越しに見た様子です。



渋谷スクランブルスクエア

 セルリアンタワーの隣から撮影。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷マークシティの隣から撮影。



渋谷スクランブルスクエア

 道玄坂の東急百貨店前の交差点から撮影。ここは「渋谷スクランブルスクエア」を見る好きなスポットの一つです。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷区役所の15階から撮影。新しくできる展望台から隣の「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ182.48m)を見下ろすことできるようになります。



渋谷スクランブルスクエア

 最上部にズームです。この角に屋上に行くエスカレーターなどが設置されます。



渋谷スクランブルスクエア

 渋谷駅から原宿方面に行ったところにある歩道橋から撮影。ここも「渋谷スクランブルスクエア」を見る好きなスポットの一つです。道路の先に超高層ビルがそびえ立つ姿はいいですよね。



渋谷スクランブルスクエア

 近くから見上げてみました。足元では東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事が行われています。



渋谷スクランブルスクエア

 「渋谷ヒカリエ」から見下ろすとこのような感じです。以前は銀座線の車両が走っているのが見えましたが今はもう見えなくなりました。その隣の通路は「渋谷ヒカリエ」と「渋谷スクランブルスクエア」を繋ぐ通路でこの部分は既に開放されています。



渋谷スクランブルスクエア

 せっかくなので架替えが行われた東口の歩道橋です。歩道橋自体は広々となって良かったのですが階段が容量不足な感じです。ただ「渋谷スクランブルスクエア」がオープンすれば、そちらに人が流れると思うので容量不足に感じるのは今だけですかね。

 ところで家に帰って写真を整理しているときに気がついたのですが、名称にも入っているスクランブル交差点から撮るのをすっかり忘れていました。そこから撮るのを忘れるのかと自分でもビックリです(笑)

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月

地上47階「渋谷スクランブルスクエア」が2019年11月に開業決定!展望台の入場料は2000円に!

渋谷スクランブルスクエア

 渋谷駅直結の「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)の第鬼(東棟)が2019年11月に開業が決定したと各社よりリリースが出ました!展望台や商業施設の情報も同時に発表となり公式サイトもオープンしています。

▼JR東日本:ニュースリリース(2019年4月10日)
渋谷スクランブルスクエア第鬼(東棟)、11月開業決定

▼渋谷スクランブルスクエアの公式HP
https://www.shibuya-scramble-square.com/



渋谷スクランブルスクエア
フロア構成図[出展:JR東日本]

 個人的に一番気になる展望台は「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」という名称で14階がチケットカウンター、45階、46階の屋内(約3000)と屋上(約2500)が展望台となります。入場料は2000円(税込み)とのことです。ニュースリリースの内容をそのままコピペすると…

『「SHIBUYA SKY」は、数多くのプロジェクトで世界的な注目を集めるクリエイティブ集団・株式会社ライゾマティクスの、“ライゾマティクスデザイン” 部門を演出プランナーとして採用します。展望施設を空間装置ととらえ、その入口から出口までを一貫した体験ストーリーで演出。渋谷上空でしか見ることができない眺望体験と空間演出の融合によって、想像力を刺激し、既存の展望施設の概念を超える新しい体験を作り出します。』

とのことです。個人的には展望台には余計な演出は一切排除して純粋に景色が楽しめるのが一番だと思っていますが、ここはどんな感じになるんでしょうね?眺望を邪魔する演出にならないかと不安はありますが、眺望イメージを見る限りでは普通に楽しめそうな感じとなっています。

 商業施設の「渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン」は約32,000屬旅さで地下2階〜地上14階に位置しています。3階、7階、12階の計3ヶ所にはイベントスペースも設置されます。

 産業交流施設の「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」 は約2600屬旅さで15階に位置しています。会員制の施設で2019年7月から会員の募集を行うとのことです。

 オフィスフロアは総賃貸面積約73,000屐基準階面積最大約2,900屐別870坪)で17階〜45階に位置しています。このうち5フロアにサイバーエージェントが入居することが以前発表されています。


渋谷スクランブルスクエア
屋上展望空間と中目黒方面の眺望イメージ[出展:JR東日本]

 イメージ図を見るとヘリポート部分も自由に歩ける屋上となるようです。緑の部分は芝生になっているようにも見えます。



渋谷スクランブルスクエア
屋上展望空間の眺望イメージ[出展:JR東日本]

 展望台はこのようにかなりの広さがあります。三脚の使用可否は不明ですが、このイメージ図通りになると三脚がなくても夜景撮影ができそうな感じです。



渋谷スクランブルスクエア

 「東京タワー」から見た「渋谷スクランブルスクエア」です。「東京タワー」からこれだけ見えるということは逆に「東京タワー」もしっかり見えるということになります。ただ、「六本木ヒルズ レジデンス」に少し被りそうな気もします。



渋谷スクランブルスクエア

 「六本木ヒルズ」から見た「渋谷スクランブルスクエア」方面の夜景です。「展望施設のSHIBUYA SKY」から見る夜景はどんな感じになるんでしょうね?令和元年に竣工する物件ではここが一番楽しみです。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年11月

高さ約230m「渋谷スクランブルスクエア」の建設状況(2019.3.2)

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷で建設中の「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)です。高さ約230mの超高層ビルとなると近くで見上げるよりもこうして少し離れて見る方が好きです。こうして離れた場所から撮影できるスポットがあって良かったです。

渋谷スクランブルスクエア
 近くから見上げました。手前の足元は東京メトロ銀座線「渋谷」駅の移設工事です。

渋谷スクランブルスクエア
 この角部分には「渋谷ヒカリエ」と繋ぐ通路があり、もう通れるようになっています。そのため帰りに行ってみようと思っていたのですが…すっかり忘れてしまってまだ行けていません(^^;)

渋谷スクランブルスクエア
 首都高越しに見上げた「渋谷スクランブルスクエア」です。

渋谷スクランブルスクエア
 こちらは「渋谷ストリーム」から。

渋谷スクランブルスクエア
 恵比寿側にある歩道橋から見た様子です。14階までの低層部が約3万屬両Χ隼楡澆如中高層部がオフィスフロアとなります。そして最上部には屋上にも出られる展望台が設置されます。

渋谷スクランブルスクエア
 既に展望台部分の建設が始まっています。どういった景色が見られるのか今から楽しみです。

渋谷スクランブルスクエア
 西口の歩道橋から首都高越しに撮影。

渋谷スクランブルスクエア
 こうして道玄坂の東急百貨店前の交差点から見る「渋谷スクランブルスクエア」は結構好きです。

渋谷スクランブルスクエア
 この角に屋上展望台に行く階段やエスカレーターが設置されます。

渋谷スクランブルスクエア
 ビル名の一部にもなっている渋谷のスクランブル交差点から見た「渋谷スクランブルスクエア」です。

渋谷スクランブルスクエア
 低層部は面白いデザインとなっています。

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷区役所の15階から見た「渋谷スクランブルスクエア」です。オフィスフロアの5フロアにサイバーエージェントの入居が発表されていますが、他にどんな企業が入居するんでしょうね?

渋谷スクランブルスクエア
 「恵比寿ガーデンプレイスタワー」からの眺めです。「渋谷スクランブルスクエア」の手前は「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)でGoogleの入居が決定しています。今後も色々なIT企業が渋谷に集まりそうな感じがしますね。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定

最上階建設中!高さ約230m「渋谷スクランブルスクエア」の建設状況(2018.12.29)

渋谷スクランブルスクエア
 「キャロットタワー」から見た渋谷で建設中の「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)です。「東京スカイツリー」と並んで見えました。

渋谷スクランブルスクエア
 2018年最後のブログはどこにしようか迷ったのですが、日本で建設中の超高層ビルにおいて2018年で最も最高到達点が高いということで「渋谷スクランブルスクエア」を選びました。ここは最上部や屋上に展望台が設置されるため、2020年の東京五輪までに完成する超高層ビルの中で一番楽しみにしています。

渋谷スクランブルスクエア
 「恵比寿ガーデンプレイスタワー」からも撮影しました。手前の特徴的な外観のビルは「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)です。

渋谷スクランブルスクエア
 このように高さ180mのビルが手前にあってもしっかりと高層部が見えます。最上階の47階部分の鉄骨を組んでいるところでした。

渋谷スクランブルスクエア
 「六本木ヒルズ 森タワー」から見た「渋谷スクランブルスクエア」です。ここにできる展望台から逆に六本木ヒルズを見るとどのような感じなんでしょうね。完成が待ち遠しいです。

渋谷スクランブルスクエア
 ここからは現地で撮影した「渋谷スクランブルスクエア」です。

渋谷スクランブルスクエア
 目の前では「渋谷東口歩道橋の掛け替え工事」が行われており、再開発ビルだけではなく渋谷の街が新しく生まれ変わっている真っ最中です。

渋谷スクランブルスクエア
 これから再開発が始まる「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」(地上39階、高さ179.97m)の計画地越しに撮影。渋谷が超高層ビルの街に生まれ変わります。

渋谷スクランブルスクエア
 首都高越しに見てももう首都高はそれほど気になりません。

渋谷スクランブルスクエア
 道玄坂の東急百貨店前の交差点から撮影。個人的に「渋谷スクランブルスクエア」を見るのに好きなスポットです。

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷のスクランブル交差点から撮影。

渋谷スクランブルスクエア
 14階までが約3万屬両Χ隼楡漾△修両紊クリエイティブ・コンテンツ産業のイノベーションを促進する交流施設、さらに上がオフィスフロア、そして最上部には屋上にも出られる展望台が設置されます。

渋谷スクランブルスクエア
 こういった超高層ビルはちょっと離れた場所から見るのが格好いいですね。

渋谷スクランブルスクエア
 遠くから見た方が高さを実感できます。以上、今年最後のブログでした。2019年も当ブログをよろしくお願い致します!

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から釜山の超高層ビル群です。ビル群と言っても大部分が住宅です。真ん中の他よりちょっと小さいのがホテルだったと思います。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク