超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

渋谷

タワークレーン設置!高さ100m「渋谷パルコ」の建替計画の建設状況(2018.2.17)

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
完成メージと用途計画[出典:パルコ]

 「渋谷パルコ」の建替計画「宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業」(地上19階、高さ100m)の完成イメージと用途計画です。地下1階〜地上8階が店舗、地上7〜9階が劇場、地上10階、12〜18階がオフィスフロアとなります。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 「宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。施工者が竹中工務店とわかるシルバーのマストのタワークレーンが設置されていました。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 タワークレーン1基ということはないと思うので、少なくてももう1基は設置されると思います。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 高さは100mでそこまで高くはありませんが、この辺りは高台なので遠方からはもうちょっと高く見えるかもしれません。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 仮囲いには「アートウォール」として大友克洋氏の代表作『AKIRA(アキラ)』の色々なシーンが描かれています。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 「渋谷ヒカリエ」から「日本アムウェイ本社ビル」の手前にタワークレーンが見えるようになっていました。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区宇田川町
用途:店舗、事務所、劇場、集会場、展示場
階数:地上19階、塔屋1階、地下3階
高さ:100m
敷地面積:5,385.95
建築面積:4,700
延床面積:64,000
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、コンクリート充填鋼管構造、鉄骨造
基礎工法:直接基礎
建築主:パルコ
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2017年5月1日着工〜2019年10月31日竣工予定

渋谷区新庁舎・新渋谷公会堂・住宅棟の建設状況(2018.1.7)

渋谷区新庁舎
 「渋谷ヒカリエ」から撮影した建設中の「渋谷区新庁舎」(地上15階、高さ70.46m)です。見た感じでは既に上棟していそうです。

(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト
 現地から撮影。建設地は「渋谷区庁舎」と「渋谷公会堂」の建て替えで「(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト」として「渋谷区新庁舎」の他に「新渋谷公会堂」と39階建ての住宅棟も建設中されます。

(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 配置図
(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 配置図[出典:渋谷区]

 このような配置となります。一つ上の写真はこの配置図だと右上から見た様子です。


渋谷区新庁舎
 NHK側から見た「渋谷区新庁舎」です。15階には区民ホールが設置され展望スペースも設けられる予定となっています。

 この新庁舎の手前が「(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟」(地上39階、最高高さ143.08m)の建設地です。

(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟
 ここは三井不動産レジデンシャルのタワーマンションで渋谷区と70年の定期借地権が設定されています。この借地権の権利金を無償とする代わりに三井不動産レジデンシャルが「渋谷区新庁舎」と「新渋谷公会堂」を無償で建設し譲渡する契約となっています。

(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟 立面図
住宅棟 立面図[出典:渋谷区]

 住宅棟の立面図を見ると角はガラスカーテンウォールで、上部が広がって見えるようなデザインとなりそうです。


(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟 断面図
住宅棟 断面図[出典:渋谷区]

 断面図を見ると共用施設は20階あたりに設置されるようです。


新渋谷公会堂
 建設中の「新渋谷公会堂」です。

新渋谷公会堂
 敷地ギリギリに建設されますが北側には広場が整備されます。

■住宅棟の物件概要■
計画名:(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟
所在地:東京都渋谷区宇田川町28番49,28番79,96番3
用途:共同住宅
総戸数:505戸
階数:地上39階、地下3階
高さ:136.50m(最高高さ143.08m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,565.00
建築面積:1,690
延床面積:60,420
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:日本設計
施工者:未定
工期:2016年6月上旬着工〜2020年5月下旬竣工予定

■新庁舎棟(庁舎・公会堂)の物件概要■
計画名:(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト新庁舎棟(庁舎・公会堂)
所在地:東京都渋谷区宇田川町28番20,28番80,96番1,96番2
用途:区役所、公会堂
階数:地上15階、地下2階
高さ:71.24m
構造:鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:7,853
建築面積:4,486.10
延床面積:42,000.49
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:日本設計
施工者:東急建設
工期:2016年9月1日着工〜2019年5月末竣工予定

渋谷スクランブルスクエア(地上47階、高さ約230m)の建設状況(2018.1.7)

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷で最高層となる超高層ビル「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)です。渋谷駅から見て北側(原宿側)にある歩道橋から撮影しました。まだ高さは半分くらいかと思いますがかなり目立つようになってきました。

渋谷スクランブルスクエア
 こちらは道玄坂にある東急百貨店前の交差点から撮影。こういったところから見た方が存在感が増します。

渋谷スクランブルスクエア
 セルリアンタワーと繋がる首都高を渡る歩道橋から撮影。もうすぐ「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ約182.5m)が「渋谷スクランブルスクエア」に隠れて見えなくなります。

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷のスクランブル交差点から撮影。将来的にこの辺りは再開発によって大きく生まれ変わります。

渋谷スクランブルスクエア
 「渋谷ヒカリエ」の11階から撮影。

渋谷スクランブルスクエア
 9階に移動するとガラスカーテンウォールの取り付けが始まっている低層部も見えます。

渋谷スクランブルスクエア
 ちなみに11階のフロアからはこのように建設中の「渋谷スクランブルスクエア」が正面に見えます。景色はなくなってしまいましたがこれはこれで迫力があります。

渋谷スクランブルスクエア
 「渋谷ヒカリエ」前から見上げた様子です。まだまだ高くなります。

渋谷スクランブルスクエア
 東口側の歩道橋から撮影。撮影場所の歩道橋は「渋谷東口歩道橋の掛け替え工事」が行われており大きく変わります。

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷警察署前あたりから撮影。大きなビルとなるので全体を撮るにはこの辺りからが良さそうです。

渋谷スクランブルスクエア
渋谷スクランブルスクエア[出典:東急電鉄]

 フロア構成はこのように地下2階〜地上14階が都市型商業施となり、中高層階が総賃貸面積約73,000屬離魯ぅ哀譟璽疋フィスとなります。そして屋上も含めた最上部は屋外展望施となります。

渋谷スクランブルスクエア
展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定

高さ230m「渋谷スクランブルスクエア」の建設状況(2017.12.2)

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷駅街区で建設中の「渋谷スクランブルスクエアSHIBUYA SCRAMBLE SQUARE)」(地上47階、高さ229.705m)です。どんどん鉄骨が組まれていっており目立つようになってきました。

渋谷スクランブルスクエア
 「渋谷ヒカリエ」から撮影。

渋谷スクランブルスクエア
 ガラスカーテンウォールの取り付けも進んでいます。完成予想図からはわかりませんでしたが斜線が入ったデザインとなるようです。

渋谷スクランブルスクエア
 そのガラスの設置作業です。作業員の大きさと比べるとかなりの高さがあるのがわかります。

渋谷スクランブルスクエア
 東口側の交差点から撮影。低層部の地下2階〜地上14階が商業施設、中層部から高層部は総賃貸面積約73,000屬離フィスフロアとなり、そして屋上も含めた最上部は展望台となります。

渋谷スクランブルスクエア
 少し恵比寿側に移動して撮影。ガラスカーテンウォール取り付けられていない場所がありますが、デザイン的に何かまだありそうですね。

渋谷スクランブルスクエア
 渋谷のスクランブル交差点からも目立つようになってきました。左の「渋谷ヒカリエ」よりも高くなります。

渋谷スクランブルスクエア
 西口側の歩道橋から撮影。

渋谷スクランブルスクエア
 右がgoogleが入居する「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)です。「渋谷スクランブルスクエア」がその高さを抜くのはいつ頃になるんでしょうね。渋谷で最も高い超高層ビルとなります。

渋谷スクランブルスクエア
 ドン・キホーテが地上28階、高さ130mの超高層ホテル「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」を建設することがつい最近判明しましたが、そのドンキホーテに隣接する交差点から見た「渋谷スクランブルスクエア」です。このような感じで色々な場所から見えるようになりそうです。

渋谷東口歩道橋の掛け替え工事
 おまけで「渋谷東口歩道橋の掛け替え工事」です。どんどん歩道橋の通れる場所が変わっていますが着々と工事は進んでいます。

東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事
 「東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事」です。こちらも着々と工事は進んでいます。

■物件概要■
名称:渋谷スクランブルスクエア
計画名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎後方:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定

ドン・キホーテが渋谷店跡地に地上28階、高さ130mのホテル「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」建設へ!

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
 2017年5月7日に近隣への移転のため閉店した「ドン・キホーテ渋谷店」です。ここを含む一帯でドン・キホーテが「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、高さ130m、延べ41,800)を建設することとなりました。同開発は店舗、事務所、ホテルからなる複合施設でホテルは300室の予定となっています。工期は2019年1月7日〜2022年4月30日を予定しています。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画の空撮
 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地の空撮です。「文化村通り」に面している箇所は敷地全体から見ると少しだけですが、奥に入った場所が計画地のメインで敷地面積5,737屐1,735坪)という広大な敷地となっています。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 開発計画地
 解体工事説明会開催のお知らせに添付されていた開発計画地の地図です。建設地は「東急百貨店本店」のすぐ近くで、右下にある渋谷駅からもそれなりに近い場所です。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
 「文化村通り」に面している箇所は先程の「ドン・キホーテ渋谷店」跡地とこの中央の2棟だけです。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
 「ドン・キホーテ渋谷店」跡地の裏側あたりです。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
 空撮をした約1年前は駐車場となっていましたが今は閉鎖され広大な空き地となっています。渋谷駅から徒歩数分の場所とは思えない光景です。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
 この辺りははじめて来たのですが渋谷にこんな場所があったんですね。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
 「文化村通り」から「道玄坂」に抜ける道沿いです。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
 その上はタイムズの駐車場となっています。このようにかなりの場所が既に建物はありません。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 挟 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。年明けの2018年1月9日から2019年2月28日までの工期で熊谷組によって計11棟の解体工事が行われます。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 計画説明会
 計画説明会開催のお知らせです。ホテル等建築・変更計画概要に掲載されていない概要があるので載せておきます。

(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 ホテル等建築・変更計画概要
 ホテル等建築・変更計画概要です。地上28階となっていますが建築基準法上では27階建てとなります。傾斜地では一番高いところを1階として申請することが多いです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル(300室)、駐車場、駐輪場
階数:地上28階、地下1階
高さ:130m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:5,737
建築面積:3,800
延床面積:41,800
建築主:ドンキホーテホールディングス
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:未定
工期:2019年1月7日着工〜2022年4月30日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。