超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

渋谷

高さ約180m「渋谷ストリーム」の建設状況(2017.7.17)

渋谷ストリーム
 渋谷駅南街区で建設中の「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)です。「恵比寿ガーデンプレイスタワー」(地上39階、高さ167m)の38階エレベーターホールから撮影しました。

渋谷ストリーム
 近くの「渋谷ヒカリエ」(地上34階、高さ約182.5m)と同じくらいの高さとなるのでそろそろ上棟でしょうか。何ヶ月後かわかりませんが、今後は背後に昨日のブログに載せた「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)が見えてきます。

渋谷ストリーム
 近くから撮影。数値以上の高さ感があります。建設地は地下化された東急東横線の高架跡地です。

渋谷ストリーム
 目の前の歩道橋から撮影。フロア構成は大雑把に1〜3階が商業施設、9〜13階が約180室のシティホテル(ホテルロビーは4階)、14階〜35階がオフィスフロア(5階がオフィスロビー)となります。

渋谷ストリーム
 「渋谷ヒカリエ」前から撮影。形は普通の箱型ですが特徴的な外観が目を引きます。

渋谷ストリーム
 高層部にズームです。

渋谷ストリーム
 「渋谷ヒカリエ」とは反対側、渋谷駅の西口側から撮影。

渋谷ストリーム
 今はなかなか目立っていますがその右側では「渋谷駅桜丘口地区再開発計画」があり、地上36階、高さ約180mのA1棟、地上15階、高さ約90mのA2棟、そして分譲マンションやサービスアパートメントとなる地上32階、高さ約150mのB棟が建設されます。渋谷駅周辺は大きく変わります。

■渋谷ストリームの物件概要■
名称:渋谷ストリーム
計画名:(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
所在地:東京都渋谷区渋谷3丁目49-1ほか
用途:事務所、ホテル、店舗等
階数:地上36階、地下4階
高さ:179.95m(最高高さ179.95m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,774.52
建築面積:4,304.11
延床面積:約116,700
建築主:東京急行電鉄
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体(東急建設・大林組)
工期:2015年8月上旬着工〜2018年7月末日竣工予定
開業:2018年秋予定

高さ約230m「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の建設状況(2017.7.17)

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷駅街区で建設中の位超高層ビル「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」(地上47階、高さ229.705m)です。渋谷ヒカリエの9階から撮影しました。着々と鉄骨が組まれて行っています。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 地上から撮影。少し離れたところからでも見えるようになってきました。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 渋谷ヒカリエ前から撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 近くの歩道橋から撮影。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 その歩道橋を移動して首都高越しに撮影。伸びはじめたばかりでまだまだ高くなります。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
 首都高の下には地下化された東横線跡地の高架がありましたが、歩道橋として生まれ変わる再整備の工事が始まっていました。

渋谷東口歩道橋の掛け替え工事
 そしてそのすぐ近くでは「渋谷東口歩道橋の掛け替え工事」も行われています。渋谷駅周辺は超高層ビルが建つだけではなく、こうした人の導線も変わることとなります。

渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の完成予想図[出典:東急電鉄]

 「渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)」の低層部は商業施設、中高層部がオフィスフロアとなり、そして最上部に展望台が設置されます。


渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の展望施設イメージ図[出典:東急電鉄]

 展望台はこのように屋上にも行ける作りで2020年東京五輪までにはオープン予定です。2020年東京五輪までに完成する超高層ビルの中で個人的にはここが一番楽しみです。

■渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)の物件概要■
名称:渋谷駅街区開発計画鬼(東棟)
所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目23番地 外
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場等
階数:地上47階、地下7階
高さ:229.706m(最高高さ229.706m)
敷地面積:15,275.55
建築面積:18,216.49
延床面積:275,854.61屐陛貪錣鰐174,000屐
構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎後方:直接基礎、一部杭基礎
建築主:東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄
設計者:渋谷駅周辺整備共同企業体(日建設計、東急設計コンサルタント、ジェイアール東日本設計事務所、メトロ開発)
デザインアーキテクト:日建設計、隈研吾建築都市設計事務所、SANAA事務所
施工者:渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体(東急建設、大成建設)
工期:2014年6月1日着工〜2019年度竣工予定
開業:2019年度予定

高さ約180m「渋谷ストリーム」の建設状況(2017.6.11)

渋谷ストリーム
 渋谷駅南街区で建設中の「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)です。主要なフロア構成は1〜3階が商業施設、9〜13階が約180室のシティホテル(ホテルロビーは4階)、14階〜35階がオフィスフロア(5階がオフィスロビー)となります。

渋谷ストリーム
 高層部を見ると高さ100mのラインが表示されていました。窓部分に○階の表示はよく見かけますが高さラインは初めてみました。わかりやすくていいですね。ちなみにスカイツリーの建設中も高さの標識がありましたが、あれは低層部に「現在のタワーの高さ」として掲示されていました。

渋谷ストリーム
 色々反射していますが渋谷ヒカリエの9階から撮影。まだ高くなります。

渋谷ストリーム
 近くの歩道橋から撮影。建設地は地下化された東急東横線跡地です。

渋谷ストリーム
 恵比寿側に移動して撮影。

渋谷ストリーム
 低層部です。この写真だとわかりにくいですが手前は別の建物です。

(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト D棟
 その「(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト D棟」です。建築計画のお知らせだと地上2階、地下2階の通路等となっています。

 このD棟と「渋谷ストリーム」の間には渋谷川があり、清流復活水を活用した「壁泉」と呼ばれる水景施設の整備により再生されます。さらに広場と約600mの遊歩道も整備されます。

渋谷ストリーム
 セルリアンタワーに繋がる歩道橋から見た「渋谷ストリーム」です。かなり目立つようになってきました。渋谷駅周辺では複数の超高層ビル建設が続いているので新たな超高層ビル群が誕生するのが楽しみです。

■渋谷ストリームの物件概要■
名称:渋谷ストリーム
計画名:(仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
所在地:東京都渋谷区渋谷3丁目49-1ほか
用途:事務所、ホテル、店舗等
階数:地上36階、地下4階
高さ:179.95m(最高高さ179.95m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,774.52
建築面積:4,304.11
延床面積:約116,700
建築主:東京急行電鉄
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体(東急建設・大林組)
工期:2015年8月上旬着工〜2018年7月末日竣工予定
開業:2018年秋予定

高さ約107m「(仮称)南平台プロジェクト」の建設状況(2017.6.11)

(仮称)南平台プロジェクト
 渋谷駅から首都高(246号線)沿いに三軒茶屋方面に行った場所に建設される「(仮称)南平台プロジェクト」(地上21階、高さ106.90m)の完成予想図です。現地看板を撮影しました。1フロア約530坪となる板状のオフィスビルとなります。

(仮称)南平台プロジェクト
(仮称)南平台プロジェクト 完成予想図[出典:公式HP]

 公式HPに掲載されている反対側から見た完成予想図です。超高層オフィスビルとしては珍しく各フロアにグリーンテラスが設けられます。そして屋上にはスカイラウンジも設置されます。こういったリフレッシュ出来そうな共用施設があるオフィスビルもいいですね。


(仮称)南平台プロジェクト

(仮称)南平台プロジェクト

(仮称)南平台プロジェクト
 セルリアンタワーに繋がる歩道橋から撮影した「(仮称)南平台プロジェクト」です。敷地内を覗ける場所はここくらいしか見当たりません。

(仮称)南平台プロジェクト
 目の前から撮影。

(仮称)南平台プロジェクト
 建設地は「新南平台東急ビル」「南平台東急ビル(東急スカイラインアパートメンツ)」「渋谷TODビル」「広井ビル」の跡地で東西に長細い敷地です。

(仮称)南平台プロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)南平台プロジェクトの物件概要■
計画名:(仮称)南平台プロジェクト
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目31番1
用途:事務所、集会所、飲食店、駐車場
階数:地上21階、塔屋1階、地下1階
高さ:106.90m
構造:S造一部SRC造
敷地面積:4,128.33
建築面積:2,612.16
延床面積:46,954.00
建築主:一般社団法人道玄坂121
設計者:清水建設・東急設計コンサルタント設計共同企業体
施工者:清水建設
工期:2016年7月1日着工予定〜2019年3月31日竣工予定

渋谷パルコの建替え計画「宇田川町14・15地区再開発事業」の建設状況(2017.6.11)

AKIRA
 大友克洋氏の代表作『AKIRA(アキラ)』から金田と金田のバイクです。現在、渋谷パルコの建て替え工事が行われていますが、その仮囲いに「アートウォール」として5月17日から描かれています。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 建替え中の渋谷区役所方面へ続く公園通り沿いから見るとこのような感じで角地に描かれています。現地で確認していませんが左側の細い道を入っていた場所にも描かれているようです。今は第1弾ですが第2弾以降もあるようです。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 勤労福祉会館前交差点から見た様子です。渋谷パルコの地上部の解体は終わっているようで、この跡地には「宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業」として地上19階、高さ100mの店舗、事務所、劇場からなる複合ビルが建設されます。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
 敷地内です。5月17日に地鎮祭を執り行い着工しています。ただ、解体工期は2018年11月30日までとなっているので、建設工事と地下部の解体工事は同時に行われるようです。

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業

宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
完成メージと用途計画[出典:パルコ]

 最新の完成予想図が建て替えに関するニュースリリースに掲載されています。以前とはオフィス部のデザインなどが変更になっていますが、全体のイメージは大きく変更はありません。

 フロア構成は地下1階〜地上8階が店舗、地上7〜9階が劇場、地上10階、12〜18階が事務所となっています。


宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業(渋谷パルコ建替え計画)の物件概要■
計画名:宇田川町14・15地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区宇田川町
用途:店舗、事務所、劇場、集会場、展示場
階数:地上19階、塔屋1階、地下3階
高さ:100m
敷地面積:5,385.95
建築面積:4,700
延床面積:64,000
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、コンクリート充填鋼管構造、鉄骨造
基礎工法:直接基礎
建築主:パルコ
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2017年5月1日着工〜2019年10月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。