超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

浜離宮恩賜庭園

劇場棟には劇団四季!高さ120m「ウォーターズ竹芝」の建設状況(2019.3.9)

ウォーターズ竹芝
 竹芝で建設中の「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)です。今まで「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」と呼んできましたが、先月、名称が『WATERS takeshibaウォーターズ竹芝)』 に決定したことが発表されています。

ウォーターズ竹芝
 「ウォーターズ竹芝」は横長の敷地で2020年4月に鬼として高層棟と駐車場棟が開業します。挟として2020年内に高層棟と駐車場棟の間に劇場棟が開業します。劇場棟は劇団四季のアートセンター四季劇場[春]・[秋]があった場所で再び四季劇場[春]・[秋]となります。既存の「自由劇場」を含めて劇場が3館となります。

ウォーターズ竹芝
 浜離宮恩賜庭園から見た「ウォーターズ竹芝」です。

ウォーターズ竹芝
 海側は竹芝の超高層ビルが建ち並んでいますが浜離宮恩賜庭園側は遮る建物もなく素晴らしい眺望となりそうです。

ウォーターズ竹芝
 低層部の1階〜4階はアトレが運営する商業施設、中層部の5階〜14階はオフィス、そして高層部の16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。また、この場所には広場・テラスが整備されます。

 アトレも日本ホテルもJR東日本のグループ会社で、日本ホテルは「ホテルメトロポリタン」シリーズ、「ホテルメッツ」シリーズ等で知られています。ここのホテルは「メトロポリタン」シリーズになるかと思います。

ウォーターズ竹芝
 反対側の竹芝ふ頭公園から見た「ウォーターズ竹芝」です。既に最上階まで達しています。

ウォーターズ竹芝
 建設地はゆりかもめの高架沿いです。

ウォーターズ竹芝
 駐車場棟の建設も進んでいます。

ウォーターズ竹芝
 ゆりかもめ「日の出」駅から見た「ウォーターズ竹芝」です。

ウォーターズ竹芝
イメージパース[出展:JR東日本]


ウォーターズ竹芝
断面図(フロア構成)[出展:JR東日本]


ウォーターズ竹芝
配置図[出展:JR東日本]


ウォーターズ竹芝 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ウォーターズ竹芝
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

最上階到達!地上26階「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の建設状況(2018.1.13)

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 浜離宮恩賜庭園の目の前で建設中の「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」(地上26階、高さ120m)です。1階〜4階が商業施設、5階〜14階がオフィス、そして16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。

 日本ホテルはJR東日本グループのフラッグシップホテル会社で「ホテルメトロポリタン」シリーズ、「ホテルメッツ」シリーズがあります。ここのホテルは「メトロポリタン」シリーズになるかと思います。また、商業施設はJR東日本グループのアトレが運営します。人通りはそれほど多くなくJRの駅前でもない場所で集客できるのか注目です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の建設地は芝弥生会館、JR東日本社宅、アートセンター四季劇場(春・秋)などの跡地でゆりかめも沿いの横長の敷地で、高層棟の隣で建設中の劇場棟には再び劇団四季が入ります。

 右側で建設中の大きな超高層ビルは昨日のブログに載せた「(仮称)竹芝地区開発計画」(地上40階、高さ208.83m)です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 その「(仮称)竹芝地区開発計画」の業務棟と住宅棟の間から見た「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 最寄り駅となるゆりかもめ「竹芝」駅前から見た様子です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 目の前から撮影。最上階の26階まで鉄骨が組まれています。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 ゆりかめもの高架越しに見た様子です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 ここに入るホテルからはどんな景色なんでしょうね。浜離宮恩賜庭園側の部屋が高いとかあるんですかね。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 高さ35mの駐車場棟です。隣の劇場棟は高さ45mなのでこれよりも高くなります。

竹芝
 約1ヶ月前にフジテレビの球体展望室から見た竹芝の超高層ビル群です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」にズームです。撮影時は23階まで建設が進んでいました。最上階でも海はあまり見えなさそうな感じですが、ここは1枚目の写真の通り浜離宮恩賜庭園の目の前なのでメインの眺望はそちら側ですね。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
イメージパース[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
配置図[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
断面図[出典:JR東日本]

■物件概要■
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

地上26階「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の建設状況(2018.10.8)

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 竹芝で建設中の複合ビル「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」(地上26階、高さ120m)です。芝弥生会館、JR東日本社宅などの跡地で1階〜4階が商業施設、5階〜14階がオフィス、そして16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。

 その右側の「アートセンター四季劇場(春・秋)」の跡地も同再開発の敷地で、こちらには再び劇団四季が入る劇場棟が建設されます。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 建設地は「浜離宮恩賜庭園」南側でゆりかもめ「竹芝」駅の近くですがJR「浜松町」駅も徒歩圏です。このようにJRの駅からはちょっと離れた場所ですが建築主はJR東日本で商業施設はアトレが運営します。そして日本ホテルはホテルメトロポリタンシリーズなどを運営するJR東日本のホテルチェーンです。

 写真右側で建設中のビルは「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)で一気に竹芝の超高層ビル密度が高くなっています。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 「世界貿易センタービル」から見た同方向です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 ビルの隙間に見えるのが「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」です。姿を隠しているビルは「浜離宮インターシティ(スカイハウス浜離宮)」(地上25階、高さ116.15m)でこれと同じくらいの高さとなります。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 ここからは地上から撮影。ゆりかめもめの高架と「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 すぐ近くから撮影。ちょうどゆりかもめが通り過ぎるところでした。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 まだ半分くらいの高さだと思いますがゆりかもめの高架越しでも絵になるようになってきました。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 撮影時点では13階まで建設が進んでいました。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 竹芝ふ頭側から見た様子です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 個人的に竹芝は正直ちょっと地味な感じがありましたが、これからの再開発で一気にイメージが変わりそうです。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 最後は地上32階、高さ118.60mのタワーマンションへ建替えられる「イトーピア浜離宮」横の道路から撮影。道路の先に見える超高層は好きな光景ですが、最上階まで達しするとなかなかの見栄えかと思います。

■物件概要■
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販でよろしくお願いします!そんな中から1枚。インチョンの仁川松島セントラルパークに面した超高層ビル群の一本入った場所の光景です。いい感じです。

地上37階「パークコート浜離宮ザ タワー」の建設状況(2018.10.8)

パークコート浜離宮ザ タワー
 東京タワーのトップデッキから見た「パークコート浜離宮ザ タワー」(地上37階、最高高さ139.90m)です。今はまだ青い養生ネットで覆われているので目立っています。

 背後の緑地はマンション名にも使用されている「浜離宮恩賜庭園」です。マンションから浜離宮までの間には道路、JRの線路、ゆりかもめ、公園、首都高しかないので眺望は安泰です。逆側の東京タワー側も今のところ超高層計画は耳にしたことがないので今は安泰です。

パークコート浜離宮ザ タワー
 最上部にズームです。共用施設として屋上にはスカイウォークガーデンが設置されますが、その整備もほぼ完了しているように見えます。

パークコート浜離宮ザ タワー
 場所を変えて東京タワーの翌日に「世界貿易センタービル」の展望台から見た「パークコート浜離宮ザ タワー」です。

パークコート浜離宮ザ タワー
 汐留方面へ続くデッキから撮影。

パークコート浜離宮ザ タワー
 「アクティ汐留」と「東京ツインパークス」の間から撮影。

パークコート浜離宮ザ タワー
 こちらは汐留のデッキから撮影。

パークコート浜離宮ザ タワー
 ここからは近くから見上げてグルっと一周です。

パークコート浜離宮ザ タワー

パークコート浜離宮ザ タワー

パークコート浜離宮ザ タワー
 この手前の部分はオフィス棟となっています。

パークコート浜離宮ザ タワー
 このように低層部もだいぶ見えるようになってきました。外観が完成するまでもう少しです。

パークコート浜離宮ザ タワー
 最後にもう一度東京タワーからの眺めです。超高層空白地帯があるので気持ちの良い眺めです。右側の浜松町駅前では再開発が続いていますが、山手線内側で見えている範囲でそこ以外で超高層計画を耳にしたことがありません。でも、きっと水面下では色々な計画の話があるんでしょうね。

■物件概要■
名称:パークコート浜離宮 ザ タワー
計画名:浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物
所在地:東京都港区浜松町一丁目3、4、5番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:563戸(販売総戸数335戸、事業協力者戸数228戸含む、他に店舗3戸、事務所6戸)
階数:地上37階、塔屋2階、地下1階
高さ:132.67m(最高高さ139.90m)
敷地面積:5,162.36
建築面積:3,142.33
延床面積:65,716.86
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、中間免震構造)
基礎工法:杭基礎
建築主:浜松町一丁目地区市街地再開発組合
売主:三井不動産レジデンシャル
設計者:アール・アイ・エー
施工者:清水建設
工期:2015年2月末日着工〜2019年7月下旬竣工予定
入居:2019年9月下旬予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販でよろしくお願いします!そんな中から1枚。ソウルのタワーマンションです。海外に行くとこういった色のタワマンは多いですが日本では見かけないですね。

地上26階「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」の建設状況(2018.8.11)

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 「浜離宮恩賜庭園」南側の竹芝で建設中の「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」(地上26階、高さ120m)です。「アートセンター四季劇場(春・秋)」や芝弥生会館、JR東日本社宅などの跡地の再開発でホテルや劇場などとなります。

 この鉄骨が組まれているのが高層棟でその背後、この写真だと左端あたりに劇場棟が建設されます。劇場棟には再び劇団四季の劇場となります。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 高層棟は1階〜4階が商業施設、5階〜14階がオフィス、そして16階〜26階が日本ホテルが運営する265室(予定)のホテルとなります。日本ホテルは建築主のJR東日本のホテルチェーンでホテルメトロポリタンシリーズなどで知られています。ここも『ホテルメトロポリタン』ブランドになるものと思われます。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 建築主はJR東日本ということもあり商業施設はアトレが運営します。JR駅直結ではない立地でどのように集客するのか注目です。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 手前はゆりかもめの高架です。右側に行くと徒歩数分でゆりかもめ「竹芝」駅があります。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 そんな竹芝駅前から見た「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画」です。竹芝の超高層ビル群が立ち並んでいますが、浜離宮側は遮る建物がないので目の前に浜離宮恩賜庭園が見えるホテルとなります。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
 竹芝駅から近づくとこのように見えます。2020年6月30日竣工予定のためオリンピック前には開業するものと思われます。

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
イメージパース[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
配置図[出典:JR東日本]

(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
断面図[出典:JR東日本]

■物件概要■
計画名:(仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画
所在地:東京都港区海岸一丁目22番1の一部、22番4
用途:ホテル、事務所、劇場、店舗、駐車場
階数:地上26階、地下2階(A棟:高層棟)
高さ:120m(A棟:高層棟)
敷地面積:23,030
建築面積:14.260屐粉存建物含む面積:15,660屐
延床面積:102,560屐粉存建物含む面積:105,560屐
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本建築設計事務所
施工者:清水建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク