超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

浜松町

空撮あり!高さ約197m「世界貿易センタービルディング南館 」の建設状況(2019.12.15)

世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅前で建設中の「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)のヘリからの空撮です。2019年12月14日に撮影しました。



世界貿易センタービルディング南館

 背後の茶色のビルが「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)で将来的には高さ約200mの超高層ビルへ建て替えられます。



世界貿易センタービルディング南館

 建設中の「世界貿易センタービルディング南館」がA3棟で、「世界貿易センタービル」の建て替え後のビルがA1棟となります。A1棟とA3棟の間にはA2棟が建設されますが、現在と同じくバスターミナルなどが入る低層の建物となります。



世界貿易センタービルディング南館

 周辺の超高層ビルも含めて少し広角で見た様子です。汐留から超高層ビル群が続いています。

 「世界貿易センタービルディング南館」の左側には「港区立文化芸術ホール」も入るタワーマンション「浜松町二丁目C地区再開発市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)が建設されます。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービルディング南館」と芝浦側です。右にある運河沿いの超高層ビルは「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)で「(仮称)芝浦一丁目計画」として地上45階、高さ232.55mと地上47階、高さ232.55mの巨大なツインタワーへと建て替えられます。



世界貿易センタービルディング南館

 空撮の翌日、2019年12月15日に「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の展望室から撮影した「世界貿易センタービルディング南館」です。



世界貿易センタービルディング南館

 今ならこうして正面に鉄骨剥き出しの状態を見ることができます。なかなか見られない光景です。



世界貿易センタービルディング南館

 地上から見上げた「世界貿易センタービルディング南館」です。



世界貿易センタービルディング南館

 大きな通りには面していないのでJRの線路を超えるなどしないと良い撮影場所はありません。



世界貿易センタービルディング南館

 写真だと伝わらないかもしれませんが、こうして近くから見上げるのもなかなかの迫力です。



世界貿易センタービルディング南館

 左側の低層のビルがある場所が「浜松町二丁目C地区再開発市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)の建設地で、まだ解体工事のお知らせ等は見つけることができませんでしたが、店舗などの引っ越し作業が着々と進んでいます。



世界貿易センタービルディング南館

 反対側から撮影。上棟まではもう少しですかね。



世界貿易センタービルディング南館

 鉄骨が組まれるペースは早いので上棟する日はすぐに来そうです。



世界貿易センタービルディング南館

 少し離れた場所から撮影。この規模になると周辺を移動しているとこうしてひょっこり姿が見えたりもします。



世界貿易センタービルディング南館

 それにしても鉄骨剥き出しの姿はいいですね〜。鉄骨は超高層ビルの個人的な萌えポイントです。

■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)

高さ約197m「世界貿易センタービルディング南館(業務棟) 」の建設状況(2019.10.20)

世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 浜松町駅前で建設中の超高層ビル「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)です。「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の展望台から撮影しました。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 近いうちに背後に見えるタワーマンション「クレストプライムタワー芝」(地上39階、高さ131.9m、2007年竣工)が見えなくなりそうです。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 展望台内で少し場所を変えて撮影。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 左後ろの中央が凹んでいるビルが「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)で、数日前のブログに載せた「(仮称)芝浦一丁目計画」(S棟:地上45階、高さ232.55m、N棟:地上47階、高さ232.55m)という巨大なツインタワーの建設地となります。

 超高層ビルが新たな超高層ビルに建て替えられる時代になってきています。この撮影している「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)も高さ約200mの超高層ビルへ建て替えられます。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 最上部にズームです。小さなエアコン付きのプレハブ小屋もありました。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 地上から撮影。狭い路地にしか面していないので近くから全体を撮影するのは超広角のレンズじゃないと難しそうです。話題のiPhone11なら広角レンズも付いているようなので撮れるのかもしれません。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 低層部ではガラスカーテンウォールの取り付けも始まっています。今までの「世界貿易センタービル」の面影は全くない近代的な超高層ビルとなります。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 いつもブログに書いていますがこのまだ鉄骨剥き出しの状態が好きです。建設中にしか見られない光景です。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 晴海客船ターミナルから見た「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」です。まだ埋もれている感じですがタワークレーンの先よりも高くなるのでもう少しで存在感が増しそうです。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
外観イメージ[出典:JR東日本]

 完成予想図です。中央が「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」でその右が現在ある「世界貿易センタービル」の建て替え後の姿です。そして左は「港区立文化芸術ホール」が入るタワーマンション「浜松町二丁目C地区再開発市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)で、浜松町駅前が超高層ビル群へと生まれ変わります。


■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)

高さ232.55mツインタワー「(仮称)芝浦一丁目計画」の建築計画のお知らせが設置!

(仮称)芝浦一丁目計画
イメージパース[出典:野村不動産ホールディングス]

 芝浦一丁目で計画されている大規模再開発「(仮称)芝浦一丁目計画」の完成予想図です。左が鬼として先に建設されるS棟で地上45階、高さ232.55m、右が挟として後から建設されるN棟で地上47階、高さ232.55mという巨大なツインタワーが誕生します。

 右側のB棟がある場所には「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)が建っており、その解体もあるのでツインタワーとして完成するのは2031年と10年以上先となります。

 同再開発の敷地となる「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」はNREG東芝不動産が保有しており、その隣のカートレイン乗降場跡地を東日本旅客鉄道が保有しています。この2社が建築主となりますが、NREG東芝不動産は野村不動産グループということもあり野村不動産も同再開発に参画しています。



(仮称)芝浦一丁目計画
計画断面イメージ[出典:野村不動産]

 両棟の低層部には商業施設が入り中層部はオフィスフロアとなります。そしてS棟の高層部はホテル、N棟の高層部は住宅フロアとなります。



(仮称)芝浦一丁目計画
配置図[出典:野村不動産]

 建設地の北は首都高、東は芝浦運河、西はJR各線やモノレール、そして南にはツインタワーのオフィスビル「シーバンス」(地上24階、高さ106m)があります。



(仮称)芝浦一丁目計画
位置図[出典:野村不動産]

 このように浜松町駅がメインの最寄り駅となりますが、この位置図の右下にあるゆりかもめの「日の出」駅の方が近いです。



(仮称)芝浦一丁目計画
イメージパース[出典:野村不動産]

 少し古い完成予想図です。最新の完成予想図との違いはオフィスフロア部の黒い縦線くらいで大きな変更はないように見えます。



(仮称)芝浦一丁目計画
イメージパース[出典:野村不動産]

 両棟の間には大きな広場「(仮称)セントラルプラザ」が整備され、芝浦運河沿いには水上テラスも整備される計画となっています。



(仮称)芝浦一丁目計画
イメージパース[出典:内閣府]

 また、芝浦運河沿いには商業と一体となった船着場や照らすも整備されます。正直、今のこの辺りは地味な場所ですがこの再開発が終わると大きくイメージが変わりそうです。



(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事 建築計画 建築計画のお知らせ

 そんな「(仮称)芝浦一丁目計画」ですが現地には建築計画のお知らせが設置されました。地上45階、高さ232.55mとなる鬼S棟は2021年9月1日着工予定で清水建設が施工者となっています。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 建設地となる「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)です。この右側に低層棟がありますがそこが鬼S棟の建設地となります。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 この「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」は将来解体され挟N棟に建て替えが行われます。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 解体時期はわかりませんがこの中央が凹んだ特徴的なデザインを見られるのはあと5年くらいでしょうか?まだ解体まで何年もあるとは思いますが見納めとなります。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 鬼S棟が建設されるのはこの商業施設が入る低層棟部分となります。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 駐車場の出入り口もありますがこういった施設は閉鎖となるんですかね。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 解体工事のお知らせはまだ見当たりませんでしたがいつから解体工事が始まるんでしょうね?



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 この低層棟の上部はこのような広場となっています。



浜松町ビルディング(東芝ビルディング)

 レインボーブリッジからの景色です。右側で建設中のビルがソフトバンクの本社となる地上40階、高さ208.83mの超高層ビルですが、それよりも高いツインタワー「(仮称)芝浦一丁目計画」が将来出現します。レインボーブリッジやお台場から東京湾越しに見る東京の景色が大きく変わりそうです。

■物件概要■
計画名:(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事 建築計画
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1 他51筆
用途:事務所、商業施設、ホテル、住宅、駐車場
階数:地上45階、地下3階(鬼S棟)
階数:地上47階、地下3階(挟N棟)
高さ:232.55m
構造:SRC造、S造、RC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:40,104.74
建築面積:29,800
延床面積:549,869.65
建築主:NREG東芝不動産、東日本旅客鉄道
設計者:槇総合計画事務所、清水建設
施工者:清水建設(鬼工事)、未定(挟工事)
工期:2021年9月1日着工〜2031年3月1日竣工予定
入居:2021年1月下旬予定

高さ197m「世界貿易センタービルディング南館(業務棟) 」の建設状況(2019.8.10)

世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 浜松町駅前の大規模再開発「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)です。「世界貿易センタービル」の展望台から撮影しました。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 高さ200m近くとなるビルとしては1フロアが小さめな超高層ビルとなります。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 少し離れた場所から撮影。こうして鉄骨だけの状態は個人的に好きです。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 浜松町駅前は「浜松町二丁目4地区」とも呼ばれA街区、B街区、C地区があります。現在建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)と右側の「世界貿易センタービル 本館」(地上40階、高さ162.59m)がA街区で、本館も高さ約200mの超高層ビルへ建て替えが行われます。

 B街区が中央の「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)で一足先に完成しています。その左がC地区で低層部に「港区立文化芸術ホール」が入るタワーマンション「浜松町二丁目C地区再開発市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)が計画されています。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 近くから見上げた様子です。建設地は大通りに面していないので間近から見上げる感じとなります。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 低層部ではガラスカーテンウォールの取り付けも始まっていました。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 高さ200m級の超高層ビルとしては接する道路が日本で一番狭いかもしれません。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 バスターミナル越しにも見えるようになってきました。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 汐留方面から撮影。もう少し建設が進むともっと色々な場所から見えるようになりそうです。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 この「世界貿易センタービル」は解体されて高さ200mの超高層ビルへと建て替えが行われます。超高層ビルの建て替えも時代ですね。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟) 建築計画のお知らせ

■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)

高さ約197m「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」の建設状況(2019.06.08)

世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 浜松町駅前で建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)です。「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の展望台から撮影しました。タワークレーン2基で鉄骨を組み始めています。

 撮影に使った展望台のある「世界貿易センタービル 本館」も高さ約200mの超高層ビルに建替えが行われますが、右下の区画では低層部に「港区立文化芸術ホール」が入るタワーマンション「浜松町二丁目C地区再開発市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)が計画されています。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 高さ200m級の超高層オフィスビルとしては薄い超高層ビルとなりそうです。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 隣の高架は東京モノレールです。浜松町駅周辺は「浜松町二丁目4地区」として再開発が行われていますが、東京モノレールの「浜松町」駅も新しくなる予定です。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 地上から撮影した「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」です。左奥に顔を出しているのが「世界貿易センタービル」で解体され高さ200m程度の超高層ビルに建替えが行われます。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)

 まだ鉄骨が組まれ始めたばかりで低いですがこれからは一気に高くなって行くかと思います。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
外観イメージ[出典:JR東日本]

 このようにガラスカーテンウォールの板状の超高層オフィスビルとなります。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
外観イメージ[出典:JR東日本]

 「旧芝離宮恩賜庭園」から見た完成予想図です。右側が「世界貿易センタービル 本館」の建て替え後の姿です。以前の茶色のビルの面影は一切ありません。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
位置図[出典:JR東日本]

 建設地はJR「浜松町」駅のすぐ隣で都営地下鉄の「大門」駅もすぐ近くです。浜松町駅周辺は雑居ビルが多い場所ですが他にも水面下では再開発話しがあったりするんですかね?交通の便が良い場所のため再開発の余地はまだまだありそうな場所です。



世界貿易センタービルディング南館(業務棟) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。A棟と言っても本館のA1棟、ターミナルのA2棟、南館のA3棟があります。A棟の階数、高さは南館の数値として扱っていますがもしかしたら本館の数値かもしれません。

■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク