超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

浜松町

地上47階、高さ約190mタワマン「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体状況(2020.6.6)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 浜松町駅近くに建設されるタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)の完成予想図です。低層部のガラスカーテンウォール部より上が住宅フロアだと思われますが、住宅部の一番下のフロアでも周辺の雑居ビルより高さがありそうに見えます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 このように低層部は公益施設や事務所となり、中高層部が約400戸の住宅フロアで計画されています。公益施設は港区の施設「(仮称)文化芸術ホール」が計画されており、600席程度の大ホールや100席程度の小ホールなどで構成されます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 配置図の上部に描かれているB棟は既に完成している「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)で、右下のA-3棟は数日前のブログに載せた建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)です。A-3棟はバスターミナルとなります。各棟とはペデストリアンデッキで接続される計画となっています。

 また、敷地の南側と西側には歩道状空地や広場、公園が整備予定となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所は浜松町駅前の「浜松町駅西口地区計画」の中で南西角に位置する地区で、JR「浜松町」駅、東京モノレール「浜松町」駅、都営浅草線「大門」駅、都営大江戸線「大門」駅の4路線がすぐ近くという立地になっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した浜松町駅方面です。赤い網掛けをした部分が「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。超高層ビル4棟が密集して並ぶことになるので南と西側以外はほぼ景色のないタワーマンションとなりそうです。西側には東京タワーがすぐ近くに見え立地のため眺望的には西側の部屋が一番人気となりそうですね。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2020年6月6日に撮影した現地の様子です。現地では既存ビルの解体工事が行われています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 雑居ビルが複数建ち並んでいましたが、道路沿いのビルはまとめて解体するようで解体用足場で全体が覆われています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ここから見上げると左には「日本生命浜松町クレアタワー」、右には建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」が見えます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ここだけ足場が組まれていませんでした。ここから徒歩1分くらいのところに職場があった時代があり、解体中のビルにあったお店でご飯を食べたこともあったなぁーとか当時を思い出します。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 解体工期は2020年2月20日〜2021年2月19日までで全12棟が鹿島建設によって解体されます。また、建築計画のお知らせはまだ見当たりませんでした。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:住宅、事務所、公益施設、店舗等
総戸数:約400戸
階数:地上47階、地下3階
高さ:約190m
地区面積:約0.7ha
延床面積:約74,170
事業者:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設
工期:2020年1月着工〜2026年3月の竣工予定

上棟!高さ約197m「世界貿易センタービルディング南館 」の建設状況(2020.6.6)

世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅前で建設中の超高層オフィスビル「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)です。建設地からは少し離れた金杉橋南交差点から撮影しました。高さ200m近い超高層ビルだけあってあちこちから見えます。



世界貿易センタービルディング南館

 既に最上階まで達しており見た感じでは塔屋まで建設が進んで上棟しているように見えます。



世界貿易センタービルディング南館

 ガラスカーテンウォールを使ったシンプルなデザインですが、これだけの高さとなるとシンプルなデザインでも格好いいです。



世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅の出入り口前から見上げて撮影。さすがに足元は画角に入り切りません。



世界貿易センタービルディング南館

 その足元ではオフィスロビーに繋がると思われる階段が整備中でした。



世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅からは遠い側にエスカレーターが設置されていました。普通は駅に近い側にエスカレーターを設置だと思いますが、ここはオフィスロビーと浜松町駅が接続されることになるんでしょうね。



世界貿易センタービルディング南館

 そのエスカレーター側から見上げて撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅近くが職場だった時代もあるので、浜松町駅周辺がどんどん変化して行く様子に感慨深いものがあります。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)と「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)の間から撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 JRの高架越しに撮影。やっぱりこれくらいの高さになるとどこから撮っても絵になりますね。



世界貿易センタービルディング南館

 「汐留芝離宮ビルディング」のデッキから撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 デッキを下りたところからの広場から見てもなかなかいい感じでした。茶色の「世界貿易センタービル」はこれから解体され、高さ約200mの超高層ビルへと建て替えが行われます。



世界貿易センタービルディング南館

 東京タワーから見た「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)です。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービルディング南館」の手前ではタワーマンションとなる「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)が計画されており現地では既存ビルの解体工事が始まっています。



世界貿易センタービルディング南館 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)

浜松町ビジネスマンションの建替え!地上18階単身向けマンション「(仮称)海岸一丁目マンション建替計画」の現地の様子(2020.2.22)

浜松町ビジネスマンション

 あちこちで再開発が行われいる竹芝の空撮です。この中で赤い網掛けをした建物「浜松町ビジネスマンション」(地上9階、1973年竣工)が建替えられることになりました。建て替え後の規模は地上18階、地下1階、延べ5250屬如(仮称)海岸一丁目マンション建替計画」として三井不動産レジデンシャルによって建て替えが行われます。

 場所はゆりかもめ「竹芝」駅のすぐ近くで、隣には今朝のブログに載せた建設中の「東京ポートシティ竹芝レジデンスタワー」(地上18階、最高高さ70m)があります。



浜松町ビジネスマンション

 「浜松町ビジネスマンション」です。見た感じは大きなマンションではありませんが12.11屬1Rが大多数を占め総戸数では162戸と結構な戸数があります。



浜松町ビジネスマンション

 ここのマンションには一時期友人が住んでいたのでちょっとした思い入れがあります。当時、その友人は建替えしたくても所有者が全国に散らばっているのでまとめるのは無理では?みたいなことを言っていましたが、無事に建替えられることになったようです。

 下に載せている建築計画でも単身者向け共同住宅となっているので、建て替え後も1Rだらけのマンションになるのかもしれません。



(仮称)海岸一丁目マンション建替計画 建築計画のお知らせ

 名称が訂正されていますが、以前は「(仮称)浜松町ビジネスマンション建替計画」となっていました。その他は特に変更はありません。

■物件概要■
仮称:(仮称)海岸一丁目マンション建替計画(単身向け共同住宅)
所在地:東京都港区海岸一丁目20番6
用途:集合住宅
階数:地上18階、地下1階
高さ:59.95m(最高64m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:596.78
建築面積:330.00
延床面積:5250.00
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:久米設計
施工者:未定
工期:2021年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

既存ビルの解体工事着手!高さ約190m、地上47階建てタワマン「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2020.2.29)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 浜松町駅のすぐ近くに建設されるタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)の完成予想図です。

 浜松町駅前では「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)が建設中だったり、現在の「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)が高さ約200mの超高層ビルへ建替えが計画されたりと再開発が進んでいますが、ここもその駅前再開発の一つです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 低層部は公益施設や事務所となり、中高層部が約400戸の住宅フロアとなります。この公益施設は港区の施設で600席程度の大ホールや100席程度の小ホールなどで構成される「(仮称)文化芸術ホール」が計画されています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 配置図上のB棟は既に完成している「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)、A-3棟は建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)のことで、A-3棟はバスターミナルとなります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」は「浜松町駅西口地区地区計画(誼篭)」の南西角に位置しており、JR浜松町駅や東京モノレール浜松町駅、都営線の大門駅のすぐ近くです。将来的にはそれぞれの地区はペデストリアンデッキで接続される計画となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2019年12月14日にヘリから撮影した「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。超高層4棟密集して並ぶことになるので南と西側以外は開けた景色のないタワーマンションとなりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2020年2月22日に「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の展望室から見下ろした「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。計画地の中央部分は既に更地になっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2020年2月29日に撮影した「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。既存ビルの解体用足場の設置作業が始まっていました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 解体工期は2020年2月20日〜2021年2月19日で鹿島建設によって解体工事が行われます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 見た感じでは稼働している既存ビルはなさそうだったので、全体を足場で覆って一気に解体するのかもしれません。最後に解体工事のお知らせを載せますが、全12棟をまとめたお知らせとなっていました。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 南西角地から撮影。見ての通り大きな通りには面していない場所です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ここから見上げると「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)と建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)が見えます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」側から撮影。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 この隙間から入ってところに上から見たときにあった更地部分があります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。当初予定ではビル本体は2020年1月工事着手、2026年3月の建物竣工予定だったため2月に解体工事着手はほぼスケジュール通りということになりそうです。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:住宅、事務所、公益施設、店舗等
総戸数:約400戸
階数:地上47階、地下3階
高さ:約190m
地区面積:約0.7ha
延床面積:約74,170
工期:2020年1月着工〜2026年3月の竣工予定

塔屋建設中!高さ約197m「世界貿易センタービルディング南館 」の建設状況(2020.2.22)

世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅前で建設中の超高層オフィスビル「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)です。「旧芝離宮恩賜庭園」から撮影しました。



世界貿易センタービルディング南館

 これは「旧芝離宮恩賜庭園」に入ってすぐの場所から見た様子です。



世界貿易センタービルディング南館

 園内には梅が咲いていたので一緒に撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 場所は変わって周辺を歩きながら撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)の低層棟部分の屋上から撮影。この撮影地は「(仮称)芝浦一丁目計画」として地上45階、高さ232.55mと地上47階、高さ232.55mの巨大なツインタワーへと建て替えられます。



世界貿易センタービルディング南館

 こちらは「東京ガス本社ビル」(地上27階、高さ116m)のデッキ部分から撮影。目の前には東京モノレールが通っています。このモノレールの駅舎も建替えられるはずですが、どういった手順で建て替えを行うんでしょうね。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の展望室から撮影した「世界貿易センタービルディング南館」です。ここの展望室から見える範囲がどんどん狭まっていますが、この展望室がある「世界貿易センタービル」も高さ約200mの超高層ビルへ建替えられるためこの展望室もいずれ閉鎖となります。再開発後の超高層ビルに展望室が設置されるような話は今のところ耳にしていません。



世界貿易センタービルディング南館

 撮影時は塔屋の建設中でした。鉄骨むき出しの姿も好きでしたが次回訪問時にはガラスカーテンウォールの取り付けがほぼ終わっていそうです。



世界貿易センタービルディング南館

 撮影日は古くなって2019年12月28日に東京タワーから見た「世界貿易センタービルディング南館」です。トップデッキに行くエレベーターホールから撮りました。



世界貿易センタービルディング南館

 そしてトップデッキから見た様子です。海抜250m地点ともなると見下ろす高さとなります。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービルディング南館」にズームです。このときの階数は不明ですがまだ塔屋の建設が始まる前です。そのため現在はもう少し高くなっています。



世界貿易センタービルディング南館

 塔屋部分にズームです。タワークレーンの運転席の背後が東京オリンピックで使用される「有明体操競技場」で、左に見切れているのがバレーボールと車椅子バスケットボールの会場となる「有明アリーナ」です。



世界貿易センタービルディング南館

 最後は2020年2月1日に自宅マンションから撮影した「世界貿易センタービルディング南館」です。左にはソフトバンクの本社となる「東京ポートシティ竹芝」(地上40階、高さ208.83m)もほぼ完成したりとここからの景色も随分と変わってきています。

■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク