超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

泉ガーデンタワー

地上29階「六本木一丁目計画」の既存ビル解体状況(2016.3.5)

六本木一丁目計画
 住友不動産によるタワーマンション「六本木一丁目計画」(地上29階、最高高さ102.88m)の計画地です。現在は超高級賃貸マンション「ホーマットガバナー」の解体工事が行われていますが、地上部の解体はほぼ終わっているようでした。

六本木一丁目計画
 少し移動してもう1枚。右後ろの緑色のビルは「泉ガーデンタワー」(地上45階、高さ216m)で、この泉ガーデンタワーは東京メトロ南北線の六本木一丁目駅に直結しています。

パークコート六本木ヒルトップ
 また、南隣には「パークコート六本木ヒルトップ」(地上27階、高さ106.4m)が建っています。これと同じくらいのタワーマンションが建つこととなります。タワーマンションや超高層ビルに囲まれた立地なので開けた眺望はなさそうな場所ですが、場所的に超高級マンションになるのは確定事項かと思います。

六本木一丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。以前にも同じようなことを書きましたが、建築主が住友不動産のビル開発部となっていいるので分譲になるのか賃貸になるのかはよくわかりません。

■六本木一丁目計画の物件概要■
計画名:六本木一丁目計画
所在地:東京都港区六本木1丁目105
用途:共同住宅
階数:地上29階、塔屋1階、地下3階
高さ:高さ97.18m(最高高さ102.88m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎:現場打ちコンクリート杭
敷地面積:2,044.42
建築面積:781.59
延床面積:18,640.11
建築主:住友不動産 ビル開発部
設計者:UG都市建築
施工者:未定
工期:2016年2月29日着工〜2019年4月30日竣工予定

【新規】地上29階「六本木一丁目計画」の建設地の様子(2016.1.16)

六本木一丁目計画の空撮
 去年の10月の六本木一丁目駅周辺の空撮です。この中の名称を入れた場所に新しいタワーマンション計画「六本木一丁目計画」(地上29階、最高高さ102.88m)が出ました。

 建設地は「パークコート六本木ヒルトップ」(地上27階、高さ106.4m)の北側で、解体中の超高級賃貸マンション「ホーマットガバナー」の跡地になります。「泉ガーデンタワー」(地上45階、高さ216m)と「アークヒルズ 仙石山森タワー」(地上47階、最高高さ206.69m)に挟まれた場所であり、周辺のマンションは超高級マンションばかりです。分譲になるのか賃貸になるのかはわかりませんが、超高級マンションになるのは間違いない立地です。

六本木一丁目計画
 昨日撮影した「六本木一丁目計画」の建設地です。現在は「ホーマットガバナー」の解体工事が行われています。

ホーマットガバナー 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。工期は今年の3月31日までとなっていますが、2月29日から地下解体も含めて着工予定となっています。

六本木一丁目計画
 少し移動してもう1枚。近いうちに地上部の解体は終わりそうです。

六本木一丁目計画
 反対側の泉ガーデンから撮影。

パークコート六本木ヒルトップ
 数年後には「パークコート六本木ヒルトップ」の隣に少しだけ低い「六本木一丁目計画」が建つことになります。

六本木一丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。ツイッターでコメントもありましたが、建築主が住友不動産のビル開発部となっています。ビル開発部って分譲なんですかね?賃貸なんですかね?

■六本木一丁目計画の物件概要■
計画名:六本木一丁目計画
所在地:東京都港区六本木1丁目105
用途:共同住宅
階数:地上29階、塔屋1階、地下3階
高さ:高さ97.18m(最高高さ102.88m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎:現場打ちコンクリート杭
敷地面積:2,044.42
建築面積:781.59
延床面積:18,640.11
建築主:住友不動産 ビル開発部
設計者:UG都市建築
施工者:未定
工期:2016年2月29日着工〜2019年4月30日竣工予定

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮と建設状況(2015年1月下旬撮影)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の空撮です。今までは「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」としていましたが、公式サイトが「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」としてオープンしているのでこちらの名称を使用します。

 タワークレーン4基で建設中の大きなビルが業務棟で地上40階、高さ230.06mとなります。隣のタワークレーンが1基だけある場所が地上27階、高さ109.05mの賃貸住宅棟となります。

 巨大な超高層オフィスビルだと思っていましたが、隣に建つ同じ住友不動産の「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)と比べるとそこまで大きく見えないものですね。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 別角度からもう1枚。建設地は谷町ジャンクションのすぐ近くで、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅と直結となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 空撮の前日に現地から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の業務棟です。

 1階が4層吹き抜けのエントランス、5階、6階がカンファレンスセンター、7〜24階がオフィスフロア、25階が免震フロア、26階がスカイロビー、27階が機械室、28〜40階がオフィスフロアとなります。地下部は店舗や駐車場となり、地下3階から六本木一丁目駅に直結となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 この円形の鉄骨部分が1階の4層吹き抜けのエントランス部分となるようです。前の写真を見てわかる通り円形の鉄骨はエントランス部分だけのようです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 年末に撮影に行ったときはまだタワークレーンはありませんでしたが、今は住宅棟部分にもタワークレーンが設置されています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 ここに建設される住宅棟は賃貸マンションとなりますが、立地、周辺相場、新築、大規模再開発、タワーマンションといったことを考えると、本物のお金持ちにしか縁がないマンションになるのは確実です。

六本木・虎ノ門・赤坂の空撮
 最後に六本木、虎ノ門、赤坂全体の空撮です。

 このように超高層ビル、タワーマンションが多数建ち並んでいますが、この空撮の中では一番高い超高層ビルとなります。ただ、この左の方にはさらに高い東京ミッドタウン、六本木ヒルズがあります。

 ところで、公式サイトを見ると施工者が大成・大林建設共同企業体となっていました。建築計画のお知らせでは大林組だったのが途中で大成建設に変更になっています。ただ、着工したときのリリースでは大成・大林建設共同企業体となっていたので、大成建設が代表の共同企業体ということなのかもしれませんね。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

高さ約230m「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2014年8月上旬)

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
 東京メトロ南北線の「六本木一丁目駅」直結となる大規模再開発「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」です。前回載せたときは6月15日の撮影でしたが、今回は8月2日の撮影です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)です。免震+制振ハイブリット構造の超高層オフィスビルが建設されます。「旧日本IBM本社ビル」や「旧六本木プリンスホテル」などの跡地です。

 地下5階とかなり深く傾斜地のためどこが1階となるのかよくわかりません。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟の断面図
六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 業務棟の断面図[出典:住友不動産ニュースリリース]

 断面図を見ても現在どの部分なのかはわかりません。プロが見ればわかるんですかね?

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 少しズームです。このザ・建設現場といった感じがいいですねー。この建築現場を中で見たらは迫力がありそうです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。1K〜4LDKの住友不動産による賃貸のタワーマンションが建設されます。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業のプレハブ事務所
 上の住宅棟の写真にも写っていたプレハブ事務所です。3階建てですが高さ的には5階くらいはありそうです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業のモックアップ
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 業務棟」のモックアップがありました。高速道路を挟んだ隣の「泉ガーデンタワー」と同じような色のガラスです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業北街区
 今まで一度も撮影していませんでしたが「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業北街区」です。地上3階、地下1階、高さ20mの店舗・事務所が建設されます。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の建築計画のお知らせ
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区」の建築計画のお知らせです。またまた高さが低くなりました。建築計画が掲示された当初は業務棟の高さが249.20m、住宅棟が115.00mでしたが、途中で業務棟の高さが242.00mとなり、そして今回は業務棟が230.06m、住宅棟が109.05mと両棟ともさらに低くなりました。最近話題の渋谷駅の「渋谷駅街区開発計画 東棟」(地上46階、高さ228.30m)よりはまだ高いですが、249mと掲示されていた時代があったので今の230mは残念です。あとは延べ面積は変わらずですが建築面積が減っています。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44.46
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月着工〜2016年5月31日竣工予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

高さ242m「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2014年6月中旬)

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 六本木一丁目駅直結となる大規模再開発「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」です。「旧日本IBM本社ビル」や「旧六本木プリンスホテル」などの跡地の再開発です。

 手前の広い敷地が「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 業務棟」で地上40階、高さ242mの超高層オフィスビルが建設されます。免震+制振ハイブリット構造、非常用発電機実装、広場の整備などBCP対策もされます。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 こちらの坂を登ったところの狭い敷地は「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 住宅棟」で地上27階、高さ115mの賃貸のタワーマンションが建設されます。間取りは1K〜4LDKとなるようです。「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」は住友不動産による再開発なので、住友不動産の高級賃貸マンション「ラ・トゥールシリーズ」になると予想しています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
 撮影場所は今年オープンした「アークヒルズ サウスタワー」(地上20階、最高高さ109.9m)の屋上(平日は13時半〜17時、土日祝は10時〜17時開放)ですが、「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」の先には「六本木ヒルズ」が見えます。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
 ということで、「六本木ヒルズ」の屋上スカイデッキから見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
住友不動産ニュースリリースより六本木三丁目東地区の完成イメージ図

 左が現在建っている住友不動産のオフィスビル「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)で、右が「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業 業務棟」です。当初は「泉ガーデンタワー」と同じようなデザインで発表されていましたが、このデザインに落ち着いたようです。ただ、ガラスカーテンウォールの色は同じような色になりそうです。

▼住友不動産:ニュースリリース(2013/10/28)
「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」着工

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の建築計画
 そう言えば住友不動産の発表では施工者は大成・大林建設共同企業体となっていましたが、建築計画のお知らせは大成建設のみになっていました。大林組がいたので東京スカイツリーで活躍したタワークレーン「JCC-V720AH」がここでも活躍するのかと思っていましたが、大成建設のみだとそれはなくなりますね。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):242.00m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):115.00m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,960.46
延床面積:202,503.78
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月準備工事着手〜2013年10月本体着工〜2016年3月竣工予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。なかなかamazonの在庫が復活しないですね。書店や他のサイトではまだまだあるのでそちらでよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク