超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

池袋

豊島区旧庁舎・豊島公会堂の解体工事開始(2016.4.16)

豊島区旧庁舎
 池袋にある豊島区旧庁舎です。解体工事が始まっていました。撮影時点では解体用の足場を組んでいる最中でした。足場が組み終わればこの外観を見ることはもう出来ません。

豊島区旧庁舎
 中池袋公園前からもう1枚。

豊島区旧庁舎の解体工事のお知らせ
 現地解体工事のお知らせによると解体工期は2016年4月1日から11月30日までとなっています。事業者は東京建物とサンケイビルで、解体施工者は鹿島建設です。

豊島公会堂
 隣の豊島公会堂の解体工事も始まっていました。

豊島公会堂
 今はもうこの「豊島公会堂」の文字は見えなくなっているかもしれません。

豊島公会堂
 反対側から撮影。

豊島公会堂の解体工事のお知らせ
 現地解体工事のお知らせによると解体工期は2016年4月1日から12月31日までとなっています。事業者は東京建物とサンケイビルで、解体施工者は鹿島建設です。

豊島区旧庁舎跡地活用事業「(仮称)豊島プロジェクト」
豊島区旧庁舎跡地活用事業「(仮称)豊島プロジェクト」完成予想図[出典:東京建物]

 気になる解体後の跡地は豊島区旧庁舎跡地活用事業「(仮称)豊島プロジェクト」として東京建物、サンケイビルによって再開発されます。

 豊島区旧庁舎がある場所がA敷地で地上33階、高さ約158mのシネコンとオフィスが入る超高層ビルが建設されます。2〜6階がシネマコンプレックス(10スクリーン・1800席)、7階がカンファレンスホール(約400席)となり、8階以上がオフィスフロアとなります。

 豊島公会堂と第二庁舎がある場所がB敷地で地上8階、高さ約41mの新ホールや劇場等が入る施設と新区民センターが入る施設が建設されます。半地下1階にはボカロ専用劇場が入り、2階以上が区の新ホール(1300席)となります。その新ホールは建物竣工後に豊島区が取得し運営・管理を行います。民間施設は70年の定期借地権が設定されており、その間は民間業者が維持管理・運営を行います。

 劇場は合計で8つとなり、池袋の新たな文化とにぎわいを創出する多様なアートカルチャーを発信する施設となります。

■豊島区現庁舎地活用事業(A敷地)の物件概要■
計画名:豊島区現庁舎地活用事業(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番地
用途:事務所、シネコン、カンファレンスホール
階数:地上33階
高さ:約158m
敷地面積:3,637.15
延床面積:約68,700
事業者:東京建物(代表)、サンケイビル、鹿島建設
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月着工〜2020年3月竣工予定
地代:191億円(70年)


地上20階「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設状況(2015年8月1日)

西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の完成予想図[出典:西武ホールディングス]

 西武鉄道が保有する「池袋旧本社ビル」の建替え「西武鉄道池袋ビル建替え計画」(地上20階、高さ99.98m)です。

 場所は池袋駅の南側、西武鉄道池袋線沿いで池袋線の線路上空も活用した1、2階を商業施設とする賃貸のオフィスビルとなります。

西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図
西武鉄道池袋ビル建替え計画の断面図[出典:西武ホールディングス]

 断面図を見ると右下に西武池袋線が通っていることがわかるかと思います。

 ところで現地建築計画のお知らせは地上18階から地上20階に変更となっていました。この図を見る限りでは地上18階、塔屋2階ですが、これを塔屋も含めて20階表記にしたのか、地上20階、塔屋2階となったのかは現時点ではわかりません。ただ、高さに変更はないのと延べ面積に大きな変更はないので塔屋を含めて20階という可能性が高いかと思います。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の計画地です。「池袋旧本社ビル」の解体工事は終わっているようでした。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 少し移動した場所からもう1枚。奥に見える線路が西武池袋線で、そこをまたいだ形でビルが建設されます。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の敷地内です。計画通り進んでいるならばちょうど撮影した8月1日に着工していますが、現地作業予定では地中障害物撤去作業となっていました。

 また、背後に見えるタワーマンションは「グランドミレーニア タワー&スイート」(地上31階、最高高さ116.4m)です。池袋の超高層ビル群はゆっくり広がっています。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建築計画のお知らせです。階数以外にも数値が微妙に変更となっています。

■西武鉄道池袋ビル建替え計画の物件概要■
名称:(仮称)西武鉄道池袋ビル新築工事
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・物販店舗・自動車車庫
階数:地上20階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530.96
建築面積:3,894.12
延床面積:49,661.63
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体
工期:2015年8月1日着工〜2019年3月31日竣工予定
開業予定:2019年春

東池袋五丁目地区市街地再開発組合の設立認可!21階建てマンション建設へ

東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業
東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業のイメージパース[出典:東京都]

 本日、東京都より東池袋五丁目地区市街地再開発組合の設立を認可すると発表がありました。計画地は豊島区東池袋五丁目19番地内の約0.2haで、地上21階、地下1階、高さ約70m、延べ約14,740屐▲侫.潺蝓璽織ぅ139戸の共同住宅が計画されています。

▼東京都:2015年6月11日
東池袋五丁目地区市街地再開発組合の設立認可について

東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業
東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業の配置図[出典:東京都]

 計画地は都電荒川線に面しており向原駅、東池袋四丁目駅のちょうど真ん中あたりです。メインで使用する最寄駅は東京メトロ有楽町線の東池袋駅になるかと思います。

東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業
 今年1月の池袋方面の空撮です。建設地は造幣局東京支局の近くで、矢印を入れたあたりです。ゆっくりと超高層化が進んでいる池袋ですが、東池袋五丁目地区の建設地のすぐ近くには超高層がないので、高層階ならどの方向でも眺めは良さそうですね。

 今後のスケジュールとしては2016年5月に権利変換計画認可、2017年1月に着工、そして2018年12月に竣工予定となっています。

■東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋五丁目19番地内
用途:共同住宅
総戸数:139戸
階数:地上21階、地下1階
高さ:約70m
地区面積:約0.2ha
延床面積:約14,740
建築主:東池袋五丁目地区市街地再開発組合
工期:2017年1月着工〜2018年12月竣工予定

GW明けから一時休館するサンシャイン60の展望台に行ってきた

サンシャイン60
 池袋のシンボルタワーの「サンシャイン60」(地上60階、最高高さ239.7m)です。竣工当時は日本一を超えて東洋一の高さの超高層ビルでした。最上階には「サンシャイン60展望台」がありますが、5月6日の営業を最後に来年春のリニューアルオープンまで休館します。

サンシャイン60の展望台からの眺め
 というわけでしばらく「サンシャイン60」の展望台に行けなくなるので見納めに行ってきました。これは池袋駅方面です。

サンシャイン60の展望台からの眺め
 池袋駅から新宿側に少し行った場所です。左のタワーマンションは竣工したばかりの「グランドミレーニア」(地上31階、最高高さ116.4m)です。そして写真右下の名称を入れた場所では「池袋旧本社ビル建替え計画」(地上18階、高さ99.98m)の建設が今年の7月着工予定で建設されます。

サンシャイン60の展望台からの眺め
 「サンシャイン60」から繁華街を見下ろしてみました。こちらでも超高層ビル計画があり、現豊島区庁舎がある場所では「豊島区現庁舎地活用事業」(地上30階、高さ約146m)があります。オフィスフロアやシネコンなどが入る複合施設の建設が2016年11月の着工で予定されています。詳細は過去のブログ記事をご覧ください。

 また「スポルト池袋」跡地では「東池袋1丁目新シネマコンプレックスプロジェクト(仮称)」(地上15階、高さ約90m)のシネコンが入るシネコンタワーが計画されています。こちらは2016年着工予定です。

サンシャイン60の展望台からの眺め
 東京駅方面の超高層ビル群です。

サンシャイン60の展望台からの眺め
 新宿方面です。

サンシャイン60の展望台からの眺め
 手前には5月7日に移転オープンする「豊島区新庁舎」が入る「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)が建っています。11階からが総戸数432戸の分譲のタワーマンション「ブリリアタワー池袋」となっています。

サンシャイン60の展望台からの眺め
 「サンシャイン60」から見た東京スカイツリーです。

サンシャイン60展望台写真展
 展望台内では「サンシャイン60展望台写真展」が行われていました。

建設中のサンシャイン60(1973年12月)
 「サンシャイン60」の建設中の写真がとても良かったです。これは1973年12月です。

建設中のサンシャイン60(1974年10月)
 1974年10月。

建設中のサンシャイン60(1977年4月)
 1977年4月。この頃には上棟していたようです。

グランドオープンしたのサンシャインシティ(1978年10月)
 1978年10月。グランドオープンしたサンシャインシティです。

池袋の超高層ビル群の空撮
 2015年1月の池袋の超高層ビル群の空撮です。池袋の街は進化しています。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

豊島区新庁舎の見学会に行ってきた(写真28枚)

豊島区新庁舎
 2015年5月7日に移転オープンする「豊島区新庁舎」です。火曜から日曜まで新庁舎見学会が行われていたので行ってきました。

 施設全体の名称は「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)でこの独特な外観の1階の一部と3階〜9階、10階屋上部分が「豊島区新庁舎」で、その上の11階からが総戸数432戸の分譲のタワーマンション「ブリリアタワー池袋」となっています。

豊島区新庁舎見学会
 というわけで、豊島区新庁舎見学会です。

としまエコミューゼタウン
 入り口には「としまエコミューゼタウン」の文字がありました。「豊島区役所」の文字はブルーシートで覆われていました。区役所として機能するときに外すのかもしれません。

豊島区新庁舎
 それでは区役所の中に入っていきます。見学コースは決まっていてまずは3階の総合窓口を見て回ります。机だけ並んでいるオフィススペースはちょっと不思議な感じがしました。

豊島区新庁舎
 窓の外はエコベール外観となっており、太陽光発電パネルと緑化パネルで構成されています。そのため外の景色はちょっと見づらいです。

豊島区新庁舎
 別のフロアで撮影したものですが緑化部分はこのようになっています。夏場は緑が多くなりそうです。

豊島区新庁舎
 いけふくろうということでフクロウの棚もありました。

豊島区新庁舎
 中にはエコヴォイドと呼ばれる1階〜9階までの吹き抜け空間もあります。

豊島区新庁舎
 他のフロアは柵があって吹き抜けを覗き込むことが出来ましたが、8階は内廊下となっていました。

豊島区新庁舎
 区議会の議場です。

豊島の森
 10階屋上は「豊島の森」となっており外に出ることが出来ます。右側に上を見上げている人達がいますが…

ブリリアタワー池袋
 上を見上げるとこのように「ブリリアタワー池袋」そびえ立っています。。

豊島の森
 「豊島の森」と呼ぶだけあって小川もありました。

豊島区庁舎からの眺め
 ここからはしばらく「豊島の森」などからの眺めです。

豊島区庁舎からの眺め
 新宿の超高層ビル群の手前で建設中のビルは大久保3丁目の「新宿スカイフォレスト」で建設中の「(仮称)大久保三丁目西地区開発計画(A-1棟)」(地上37階、最高高さ160m)です。

豊島区庁舎からの眺め
 中央は代々木のドコモタワーです。その右側で建設中のビルは「新宿駅新南口ビル(仮称)」(地上33階、最高高さ168.16m)です。

豊島区庁舎からの眺め
 中央のタワーマンションは「西早稲田パークタワー」(地上31階、高さ110m)です。右側の背の高いタワーマンションは「富久クロス(Tomihisa Cross)」(地上55階、最高高さ191m)です。

豊島区庁舎からの眺め
 「六本木ヒルズ」(地上54階、最高高さ238.05m)や「東京タワー」、「虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高高さ255.5m)も見えます。

豊島区庁舎からの眺め
 飯田橋、東京駅方面です。右奥には「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)が見えています。

豊島区庁舎からの眺め
 中央には東京ドームの屋根がチラッと見えています。

豊島区庁舎からの眺め
 池袋の超高層ビル群です。左端は「サンシャイン60」(地上60階、最高高さ239.7m)、右端は「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)、その左後ろが「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)です。

豊島区庁舎からの眺め
 「東京スカイツリー」も見えました。

豊島区新庁舎
 10階の「豊島の森」からは外階段で4階、6階、8階の「グリーンテラス」に行くことが出来ます。

グリーンテラス
 10階よりは規模は小さいですが「グリーンテラス」には小川もありました。

グリーンテラス
 このように池もありました。

グリーンテラス
 水は上階から下へ流しているようでした。

としまエコミューゼタウン
 「としまエコミューゼタウン」全体です。

豊島区新庁舎
 エコベール外観のため写真を撮りにくい場所が多いですが、この10階から8階に行く途中の階段部分は遮る物がなく絶好の撮影スポットでした。そのため立ち止まって景色を眺める人が多かったです。

 見学会は昨日が最終日だったので、次は5月7日の移転まで行くことは出来ませんが、無料の展望台としても使えそうな場所でした。池袋に行ったときは立ち寄る施設となりそうです。ここは東池袋駅と地下通路で直結となっているので交通の便もなかなか良い場所です。

■ブリリアタワー池袋の概要■
名称(全体):としまエコミューゼタウン
名称(住宅):ブリリアタワー池袋(Brillia Tower池袋)
計画名称:南池袋二丁目A地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都豊島区南池袋二丁目24番24(地番)
階数:地上49階、塔屋2階、地下3階
高さ:189m
総戸数:432戸(分譲住戸322戸、非分譲住戸110戸)
敷地面積:8,330
建築面積:5,450
延床面積:94,800
構造:RC造・S造一部SRC造
基礎工法:杭基礎
建築主:南池袋二丁目A地区市街地再開発組合
売主:東京建物、首都圏不燃建築公社
設計・監理:日本設計(構造設計協力:大成建設)
デザイン監修:隈研吾建築都市設計事務所(外観および一部共用部)
施工:大成建設
販売代理:東京建物不動産販売、三井不動産レジデンシャル
工期:2011年9月1日着工〜2015年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。