超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

池袋

造幣局跡地の東京国際大学「池袋国際キャンパス」は地上22階、延べ3.5万屬法

東京国際大学「池袋国際キャンパス」
完成予想図[出典:東京国際大学]

 東京国際大学が「造幣局跡地再開発事業(豊島区造幣局地区防災公園街区整備事業)」で計画している「池袋国際キャンパス」の完成予想図です。地上22階、延べ約35,000屐∋楾は大成建設で2020年11月〜2023年5月までの工期で2023年9月の開校を予定しています。

 川越キャンパスの定員7000人のうち3500人を移転する計画で、その学生数3500人のうち2000人は100ヵ国超からの留学生で構成する計画となっています。川越キャンパスとは東武東上線・東京メトロ有楽町線一本で接続されているため、川越キャンパス、坂戸キャンパスと池袋国際キャンパスを結ぶ各種プログラムの開発も進めていくとのことです。

▼東京国際大学
池袋国際キャンパス計画

▼建設通信新聞(2018年1月10日)
22階延べ3.5万/設計施工は大成/東京国際大学の池袋キャンパス


東京国際大学「池袋国際キャンパス」
最寄り駅との関係図[出典:東京国際大学]

 場所はこのように「東池袋」駅が徒歩4人で最寄り駅となりますが、JR「池袋」駅も徒歩12分と徒歩圏です。


東京国際大学「池袋国際キャンパス」
 「サンシャイン60」の展望台から見た建設地です。広い空き地が「造幣局跡地」で、写真左下が東京国際大学「池袋国際キャンパス」となります。

 右下ではタワーマンションが計画されていますが詳細は不明です。そして上半分は防災公園となります。また、背景と同化してわかりにくいですが写真中央上あたりのタワークレーンは数日前に当ブログに載せた「プラウドタワー東池袋」(地上20階、最高高さ75.89m)です。

 他にも池袋駅の西口で大規模な再開発が計画されていたり、他にもタワーマンション計画があったりとしばらくは池袋の再開発が続きそうです。

■物件概要■
名称:東京国際大学「池袋国際キャンパス」
地区名:豊島区造幣局地区(市街地A画地)
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目3277番202 の一部
階数:地上22階
敷地面積:10,000.05
延床面積:約35,000
施工者:大成建設
工期:2020年11月着工〜2023年5月竣工予定
開校:2023年9月予定

地上20階、高さ約70m「プラウドタワー東池袋」の建設状況(2017.12.17)

プラウドタワー東池袋
 「サンシャイン60」の展望台からの見た「プラウドタワー東池袋」(地上20階、最高高さ75.89m)の建設地です。三角形の敷地でタワークレーンが設置されていました。

プラウドタワー東池袋
 タワークレーンは設置されていますが地上部の建設開始はまだ先ですかね?階数の割りに高さがあるタワーマンションとなるので階高が高さそうです。

プラウドタワー東池袋
 建設地のすぐ近くには造幣局跡地があり、防災公園、大学施設、タワーマンションなどが計画されています。

プラウドタワー東池袋
 近くから撮影。目の前には都電荒川線が通っています。

プラウドタワー東池袋
 ただ最寄り駅となる都電荒川線「東池袋四丁目」駅までは徒歩4,5分くらいの距離があります。メインの最寄り駅としては徒歩5分の東京メトロ有楽町線「東池袋」駅になるかと思います。JR「池袋」駅は徒歩15分の距離となります。

プラウドタワー東池袋
 ここは制震構造のタワーマンションとなります。

プラウドタワー東池袋
 「東池袋」駅方面へ向かう路地から撮影。通りの正面にそびえ立つマンションとなりそうです。

プラウドタワー東池袋
 都電荒川線「東池袋四丁目」駅近くから撮影。この左後ろあたりでは地上36階、高さ約125mの「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」も計画されています。

プラウドタワー東池袋のイメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 公式HPにイメージパースが見当たらなかったので、2年半前のイメージパースです。現在のデザインとは異なる可能性があります。


プラウドタワー東池袋の配置図
配置図[出典:東京都]

 同じく2年半前の配置図です。こちらはそれほど変化はないかと思います。


プラウドタワー東池袋 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋
計画名:東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋五丁目4000番(地番)
用途:共同住宅
階数:地上20階、地下1階
高さ:69.99m(最高高さ75.89m)
構造:鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,573.25
建築面積:885.00
延床面積:14,740.00
建築主:東池袋五丁目地区市街地再開発組合
売主:野村不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
工期:2017年4月下旬着工〜2019年3月下旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

高さ約100m「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設状況(2017.12.17)

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 西武鉄道の「池袋旧本社ビル」の建替え「西武鉄道池袋ビル建替え計画」(地上20階、高さ99.98m)です。低層部には斜めの柱が入り、そしてその上は斜めの模様が入る特徴的な外観のビルとなります。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 低層部です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 斜めの柱が目を引きます。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 敷地は「池袋旧本社ビル」と西武鉄道池袋線の線路上空、そして線路西側の土地となっており、このように建設中のビルの中を電車が通ります。駅ビルでもないのに電車が通り抜けるビルはなかなか珍しいです。というか他に思いつきません。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 その線路を超えた場所から撮影。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 JRの線路を超えた場所から撮影。高さは約100mでそれほどありませんが、存在感のあるビルとなりそうです。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 サンシャイン60の展望台からの眺めです。この中で左側に見える場所が「西武鉄道池袋ビル建替え計画」の建設地です。

西武鉄道池袋ビル建替え計画
 ズームです。

西武鉄道池袋ビル建替え計画 完成予想図
完成予想図[出典:西武ホールディングス]

西武鉄道池袋ビル建替え計画 断面図
断面図[出典:西武ホールディングス]

西武鉄道池袋ビル建替え計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:西武鉄道池袋ビル建替え計画
計画名:西武鉄道池袋ビル建替え計画
所在地:東京都豊島区南池袋1丁目21番23他(地名地番)
用途:事務所・物販店舗・自動車車庫
階数:地上20階、地下2階
高さ:99.98m
敷地面積:5,530.96
建築面積:3,894.12
延床面積:49,661.63
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、中間免震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭
建築主:西武鉄道
設計者:日建設計
施工者:大林・西武 建設工事共同企業体(代表:大林組)
工期:2015年8月1日着工〜2019年3月31日竣工予定
開業予定:2019年春

高さ約158m「ハレザ池袋」の建設状況(2017.12.17)

ハレザ池袋
 豊島区庁舎・豊島公会堂跡地の再開発「Hareza池袋ハレザ池袋)」の完成予想図です。現地看板を撮影しました。地上33階、高さ158.28mのオフィス棟と新ホール棟、新区民センターの3棟のビルが建設されます。

 オフィス棟の2〜6階は10スクリーンのシネコンとなり、オフィスフロアは7階〜32階となります。新ホール棟にはミュージカル・宝塚歌劇・オペラ・伝統芸能など様々な公演が行われる約1300席となるホールや、先端のコンテンツが発信される「ライブ劇場」が整備されます。また、新区民センターには多目的ホールが複数整備されます。この看板にも書いてありますが合計で8つの劇場が整備され、中池袋公園を含めたエリア全体を活用したイベントなども開催される計画となっています。

ハレザ池袋
 このように各棟は2階部分が歩行者デッキで接続されます。近くでは民間のシネコンタワーも建設中のため、池袋と言えば映画館や劇場が集まる場所といった感じになるかもしれません。2020年夏のグランドオープン予定です。

ハレザ池袋
 サンシャイン60の展望台から見た「ハレザ池袋」です。

ハレザ池袋
 鉄骨が組まれている方が新ホール棟です。

ハレザ池袋 オフィス棟
 新ホール棟の後ろの建設現場がオフィス棟です。

ハレザ池袋 オフィス棟
 地上から見たオフィス棟の建設中です。

ハレザ池袋
 中池袋公園から見た「ハレザ池袋」方面です。鉄骨が組まれているのが新ホール棟で、その左側に地上33階、高さ158.28mのオフィス棟が建設されます。

ハレザ池袋 新ホール棟
 近くから新ホール棟を見上げてみました。

ハレザ池袋 新ホール棟
 明治通り側から撮影。池袋駅からは北東側でサンシャイン60に行くよりも近い場所です。

ハレザ池袋 オフィス棟 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A棟)■
名称:ハレザ池袋 オフィス棟
計画名:(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番1
用途:事務所、映画館、集会場、店舗、駐車場
階数:地上33階、地下2階
高さ:158.28m
構造:S造+RC造+SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,619.67
建築面積:2,194.10
延床面積:68,605.39
事業者:東京建物、サンケイビル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年5月31日竣工予定

36階建てタワマン「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」に野村不動産が参画

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
東池袋四丁目2番街区地区 建物外観[出典:野村不動産]

 昨日、2017年8月9日に野村不動産より前田建設工業とともに「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」の特定業務代行者に選定され、野村不動産は参加組合員としても事業参画することになったとプレスリリースが出ました。7月31日に東京都へ組合設立認可申請を行い、10月の本組合設立認可を予定しています。

 同再開発の規模は地上36階、地下2階、高さ約125mで、総戸数約230戸のタワーマンションとなり低層部の1階〜3階は店舗、生活支援施設(保育所・クリニックモール等)となります。

 今後のスケジュールとして2017年10月組合設立認可、2018年9月権利変換計画認可、は2019年6月着工、2022年4月竣工の予定となっています。

▼野村不動産:プレスリリース(2017年8月9日)
「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」 特定業務代行者・参加組合員として事業参画


東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
東池袋四丁目2番街区地区 北側広場[出典:野村不動産]

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
東池袋四丁目2番街区地区 南側広場[出典:野村不動産]

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
 「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。駐車場や白いマンションなどが建っている場所で、すぐ隣には都営荒川線「東池袋四丁目」駅があります。また、左端に写っていますが東京メトロ有楽町線「東池袋」駅の出入口も目の前で駅直結となります。

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
 「サンシャイン60」の展望台から撮影。中央の白いマンションと都営荒川線の間が計画地です。

池袋
 広角で見るとこのような感じで「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)と「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)の間に見える場所が計画地となります。また、この写真の両端でツインタワーが計画されています。池袋の超高層ビル群はゆっくりと成長し続けています。

■東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋4丁目2番
用途:住宅、店舗、事務所、駐車場、駐輪場等
総戸数:約230戸
階数:地上36階、地下2階
高さ:約125m
構造:RC造
敷地面積:約2,660
延床面積:約30,650
特定業務代行者:野村不動産、前田建設工業
建築主:東池袋四丁目2番街区市街地再開発準備組合
参加組合員:野村不動産
事業コンサルタント:日建設計
工期:2019年6月着工〜2022年4月竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。