超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

池袋

高さ210mの煙突がある豊島清掃工場近くに地上30階、高さ180mの「東池袋一丁目地区市街地再開発事業」を建設へ!

東池袋一丁目地区市街地再開発事業
イメージパース[出典:建設通信新聞]

 池袋で計画されている「東池袋一丁目地区市街地再開発事業」(地上30階、高さ約180m)の完成予想図です。昨日の建設通信新聞によると東池袋一丁目地区市街地再開発準備組合は再開発事業の都市計画素案をまとめたということで、再開発施設の規模は地上30階、地下3階、高さ約180m、延べ約14万5000屬離フィスを中心としたビルとなり、文化体験施設やイベントホールも設置するとのことです。

 事業協力者は住友不動産、コンサルタントはアール・アイ・エーで国家戦略特区による都市再生プロジェクトとして計画中とのことです。

 今後のスケジュールは2020年度内の都市計画決定後、本組合に行こう、権利変換計画の認可、そして2022年度着工、2025年度の完成を目指します。

 右側に描かれているのは「Hareza池袋(ハレザ池袋)」のオフィス棟「ハレザタワー」(地上33階、高さ158.28m)で、これよりも大きな超高層オフィスビルが誕生することになります。

▼建設通信新聞(2020年3月26日)
14.5万嵎9膸楡/住友不が参画、22年度着工/東池袋一丁目再開発

▼豊島区(2019年9月13日)
東池袋一丁目地区市街地再開発事業について



東池袋一丁目地区市街地再開発事業
位置図[出典:豊島区]

 場所は池袋駅の北側で山手線沿いの内側です。高さ約210mの煙突がある「豊島清掃工場」のすぐ近くです。



東池袋一丁目地区市街地再開発事業
建築物の現況図[出典:豊島区]

 計画地の現況図です。築年数によって建物の色が分けられており築30年以上の建物が多いようです。白色の部分は駐車場となっている場所です。



東池袋一丁目地区市街地再開発事業

 2019年1月にセスナから撮影した池袋の空撮です。赤い網掛けをした場所が「東池袋一丁目地区市街地再開発事業」の計画地です。

 写真中央あたりが商業施設やアミューズメント施設が揃う場所で、そこからは少し離れた場所となります。

 左の超高層ビルは「サンシャイン60」(地上60階、最高高さ239.7m)で「豊島清掃工場」の煙突はその「サンシャイン60」に影響が出ないように高さ210mになったらしいです。逆に考えると「サンシャイン60」以上の高さになると煙がくる可能性があるので池袋には高さ240mを超えるようなビルは建設されことはない可能性が高いです。



東池袋一丁目地区市街地再開発事業

 そんな「サンシャイン60」(地上60階、最高高さ239.7m)の展望台からの眺めです。「ハレザタワー」(地上33階、高さ158.28m)の右側に赤い網掛けをした部分が「東池袋一丁目地区市街地再開発事業」の計画地です。

 過去に現地の写真もちょっとだけ撮った記憶があるのですが見つけられませんでした。今度、池袋に行ったときに再開発が始まる前の様子を改めて撮っておこうと思います。

■物件概要■
計画名:東池袋一丁目地区市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋一丁目45〜48番
用途:オフィス、文化体験施設、イベントホール
階数:地上30階、地下3階
高さ:約180m
敷地面積:9,900
延床面積:約14万5000
事業者:東池袋一丁目地区市街地再開発準備組合
事業協力者:住友不動産
コンサルタント:アール・アイ・エー
工期:2022年度着工〜2025年度竣工予定

東池袋駅直結ツインタワマン!地上53階、50階「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合の設立認可!

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 東京都より2020年3月13日に「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」を行う「南池袋二丁目C地区市街地再開発組合」の設立を認可すると発表がありました。参加組合員として住友不動産、野村不動産、都市再生機構が参画しています。

 以前明らかになった数値も含めた規模は左の-騎攻(北街区)が地上53階、地下2階、高さ約190m、延べ11万979屐右の-恭攻(南街区)が地上50階、2階、高さ約185m、延べ7万8431屬2棟合わせて約189,410屬箸覆辰討い泙后

 今後のスケジュールとして2020年8月に権利変換計画認可の経て、2021年3月に工事着手、2025年3月に建物竣工予定となっています。

▼東京都:報道発表資料(2020年3月12日)
南池袋二丁目C地区市街地再開発組合の設立を認可します



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
断面イメージ[出典:東京都]

 このように両棟の低層部には店舗、事務所、公共公益施設等が配置され、その上が両棟合わせて1495戸の共同住宅となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
整備方針図[出典:東京都]

 -騎攻(北街区)には地下広場が整備され、そこから地下通路を通って東京メトロ有楽町線「東池袋」駅に直結となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 場所は豊島区役所の東側で「池袋」駅も徒歩圏となる立地です。あまり使う機会はないかもしれませんが都電荒川線「都電雑司ヶ谷」駅も目の前にあります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 2019年1月27日の池袋の空撮です。赤い網掛けをしたあたりが「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 もう少し近くから撮影。右下のタワーマンションは「ブリリアタワー池袋」(地上49階、高さ189m)で低層部が「豊島区庁舎」となっています。これとほぼ同じ高さのツインタワーが目の前に建ち並ぶことなります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 この「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」は空撮をしなくても「サンシャイン60」の展望台に行くとこうして計画地を見ることができます。

 左端の見切れているタワーマンションは「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)、その右側が「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)でその隙間からは東池袋駅直結となる「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の建設地も見ることができます。

 これらが完成すると山手線内側にかなり大きなタワーマンション群が誕生することになります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。写真上が南街区、下が北街区となります。北街区の首都高側には事務所、公共公益施設が入ります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 2018年7月27日に豊島区役所の10階屋上にある「豊島の森」から見た計画地です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 「パームス東池袋」(地上12階、2001年11月竣工)などまだ数十年いけそうなマンションもありますが、位置図等を見る限りでは再開発に含まれています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 南街区方面になると大きな駐車場があり再開発が始まるのを待っている感じとなります。

■物件概要■
事業名:南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目地内
用途:住宅、事務所、店舗、公共公益施設、子育て支援施設、駐車場等
総戸数:1495戸
階数(北街区):地上53階、地下2階
階数(南街区):地上50階、地下2階
高さ(北街区):約190m
高さ(南街区):約185m
敷地面積(北街区):8,761
敷地面積(南街区):6,305
延床面積(北街区):11万979
延床面積(南街区):7万8431
事業者:南池袋二丁目C地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
事業協力者:清水建設
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所、ポリテックエイディディ
工期:2021年3月着工〜2025年3月竣工予定
総事業費:約1101億万円

東池袋駅直結タワーマンション!地上36階「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」の建設状況(2020.02.11)

プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出展:公式HP]

 東池袋駅直結の野村不動産によるタワーマンション「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の完成予想図です。

 今までは「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」として当ブログでも載せていましたが、名称が「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」に決定して公式HPもオープンしました。総戸数248戸(うち非分譲住戸55戸)、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積44.30屐130.06屐2020年5月下旬から販売開始予定、2022年3月下旬から入居予定となっています。

▼公式HP
https://www.proud-web.jp/mansion/a115210/



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出展:野村不動産]

 こちらは約1年前の着工時に野村不動産のプレスリリースに掲載された完成予想図です。公式HPの完成予想図がよりリアルになっただけで大きな変更はないように見えます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
駅直結概念図[出展:公式HP]

 このように入居者専用エレベーターが設置され、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結となり、他にも入居者以外も使える駅への出入り口も整備されます。また、この図にはありませんが目の前には都電荒川線(東京さくらトラム)の「東池袋四丁目」駅もあります。

 「東池袋」駅直結で「池袋」駅まで1駅で行くことができますが、「池袋」駅までは徒歩10分となっており徒歩でも行ける距離となっています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
施設断面構成イメージ[出展:公式HP]

 フロア構成は1階が店舗、2階が子育て支援施設、3階が診療所?、4階が住宅駐輪場、そして5〜36階が住宅フロアとなります。1年前のプレスリリースでは3階が事務所等となっていましたが、建築計画のお知らせでは事務所から診療所に修正されているので3階は全て診療所となりそうです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
配置図[出展:公式HP]

 このように敷地南側にマンション本体は配置され北側には広場が整備されます。南側は都電荒川線があるため周辺の建物に配慮して南側に寄せたのかもしれません。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「サンシャイン60」の最上階にある展望室から見た「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)と「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)の隙間から建設地を見ることができます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 建設地にズームです。地下躯体工事が行われています。設計者は日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体、施工者は前田建設工業です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 地上から撮影。既にタワークレーンが設置されています。スマートなタワーマンションとなるためタワークレーンはこのまま1基で建設されるかもしれません。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 このように北側にはタワーマンションや超高層ビルが建っています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 目の前の首都高沿いには高層マンションが並んでいますが、その他は低層の住宅が多く開けた視界の住戸は多そうです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 東側から都電荒川線越しに撮影。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」の背後では「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。規模は地上53階、高さ約180m、延べ11万979屬斑肋50階、高さ約180m、延べ7万8431屬如2棟合計1495戸という巨大なツインタワーマンションとなります。事業推進パートナーとして都市再生機構、住友不動産、野村不動産が参画しています。



東池袋

 ちょうどこの写真中央あたりが「南池袋二丁目C地区」の計画地です。左端が「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。池袋はゆっくりと超高層化しています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
計画名:東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目254番(地番)
用途:共同住宅・店舗・診療所・子育て支援施設
総戸数:248戸 (うち非分譲住戸55戸)
階数:地上36階、地下2階
高さ:124.76m(最高高さ131.31m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:2,665.68
建築面積:1,324.16
延床面積:31,192.58
建築主:東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体
施工者:前田建設工業
工期:2019年2月12日着工〜2022年2月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬竣工予定

東京スカイツリーとタワマンから見た雲海写真24枚!東京が雲海に包まれました(2019.10.30)

 2019年10月30日早朝、関東に雲海が広がりました。2X階にある自宅マンションからも雲海を見ることができ、これはと思って出勤前に東京スカイツリーにも登って雲海を見てきました。そのときの写真24枚です。

雲海とタワーホール船堀

 まずは自宅から見た雲海とタワーホール船堀です。撮影時間は5時50分頃です。



雲海と鉄塔

 奥に見えた鉄塔もこのように雲海から突き抜けていました。今の自宅も含めてタワーマンションに10年以上住んでいますがこんな光景を見たのは初めてです。



雲海と東京スカイツリー

 東京スカイツリーも雲から突き抜けていました。後から望遠レンズで撮ろうと思っていたのですが、他を撮っている間にほぼ見えなくなってしまいました。



江戸川区の雲海

 このように家の前にも濃霧が流れてきて…



江戸川区の雲海

 徐々に景色が白くなっていき…



雲海とタワーホール船堀

 タワーホール船堀の下の方は見なくなりました。最終的には上の方も含めてほぼ見えなくなっていました。



東京スカイツリー

 そして場所は変わって東京スカイツリーです。到着したときはこうして薄っすら見えるときもあればほぼ見えなくなるときもありました。



東京スカイツリー

 スカイツリーの足元です。周りに濃霧が立ち込めているのがわかります。



雲海と東京スカイツリーの影

 ということで東京スカイツリーの展望台から見た雲海です。天望デッキと天望回廊の写真が混ざっています。こうして雲海にスカイツリーの影が写っていました。



雲海と東京と富士山

 東京都心には雲海はなく富士山も見えていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 浅草、上野まで雲海が広がっていました。もっと早い時間だと広範囲に雲海が広がっていたかもしれません。



東京スカイツリーから見た雲海

 手前が浅草、中央が上野、奥が池袋です。



東京スカイツリーから見た雲海と池袋

 雲海は池袋の超高層ビル群を避けるような形となっていました。



東京スカイツリーから見た雲海と池袋

 雲海は超高層があると避けたりするんですかね?練馬のタワーマンションあたりも雲海はなさそうでした。



東京スカイツリーから見た雲海と日暮里

 ただ、日暮里などはこのように雲海の中でした。



東京スカイツリーから見た雲海とエルザタワー55

 埼玉方面もこのように雲海に包まれていました。川口では「エルザタワー55」(地上55階、高さ185m)だけ頭を出していたのはさすがでした。左奥はさいたま新都心です。



東京スカイツリーから見た雲海と曳舟

 曳舟駅前には複数のタワマンがありますが「イーストコア曳舟二番館」(地上41階、最高高さ141.56m)だけ顔を出していました。



東京スカイツリーから見た雲海と錦糸町

 中央が錦糸町の「ブリリアタワー東京」(地上45階、高さ159m)、奥が「ザ・ガーデンタワーズ」(地上39階、高さ134.3m)です。



東京スカイツリーから見た雲海

 その隣には果てしない雲海が広がっていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 豊洲や東雲など湾岸方面は雲海と言うよりは濃霧といった感じでした。



東京スカイツリーから見た雲海

 8時半くらにはスカイツリー近くの雲海は随分と薄れてきていました。スカイツリーのオープン時間の8時に登れて良かったです。



東京スカイツリーから見た雲海と南千住

 南千住のタワーマンションです。



東京スカイツリーから見た雲海

 スカイツリーに登った直後はこの手前も雲海が広がっていましたが8時半過ぎにはこのように雲は減っていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 ただ、山に登らずこうして雲海を見られるのは贅沢な時間でした。出勤前の寄り道だったので8時半過ぎには降りましたがもっと展望台にいたかったです。以上、雲海写真24枚でした!

地上53階、50階ツインタワマン!東池袋駅直結「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の概要が明らかに!

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 池袋で計画されている超高層ツインタワーマンション「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。同再開発を計画している南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合が豊島区に本組合の設立認可を申請し10日から事業計画の公告・縦覧が開始され、開発事業の概要が明らかになりました。

 敷地は北街区と南街区に分かれており、北街区が地上53階、地下2階、敷地面積8,761屐延床面積11万979屬巴肋1〜9階に事務所や公共公益施設を配置し、10階以上が住宅となります。参照記事では10階以上が住宅となっていましたが、完成予想図を見ると一番北側にオフィスのような部分があり、住宅部はもっと低層からあるように見えます。最新の完成予想図は違うのかもしれません。北街区の建築物の高さの限度は190mとなっています。

 南街区は地上50階、地下2階、敷地面積6,305屐延床面積7万8431屬巴肋1〜4階に店舗や子育て支援施設を配置し、5階以上が住宅となります。南街区の建築物の高さの限度は185mとなっています。

 池袋に高さ約180m、2棟合計総戸数1495戸という巨大なツインタワーマンションが誕生します。準備組合には事業推進パートナーとして都市再生機構、住友不動産、野村不動産が参画、事業協力者は清水建設。コンサルタントはINA新建築研究所、ポリテック・エイディディとなっています。

 今後のスケジュールは本組合設立を経て2021年3月に着工、2025年3月の竣工を目指します。


▼日刊建設工業新聞:2019年10月11日
南池袋二丁目C地区再開発(東京都豊島区)/2棟総延べ19万平米に/準備組合

▼建設通信新聞:2019年10月11日
本組合設立を申請/事業費1101億、総延べ19万/南池袋二丁目C再開発



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 今年の1月にセスナから撮影した池袋の空撮です。左上の赤い網掛けをした部分が「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。右端がJR池袋駅です。計画地近くには東京メトロ有楽町線「東池袋」駅があり地下2階レベルで駅に地下通路で直結する計画となっています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 1ヶ月くらい前に撮影したサンシャイン60の展望台からの眺めです。右の超高層が「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)で低層部が「豊島区庁舎」、中層階、高層階が「ブリリアタワー池袋」となっています。その目の前が「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。写真上が南街区、下が北街区となります。南街区には大きめな駐車場がありますが街区全体はまだ既存建物がびっしり建っています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 豊島区役所部分の10階屋上部分にある「豊島の森」から見た同再開発の計画地です。JTBの看板の右側のマンション「パームス東池袋」(地上12階、2001年11月竣工)も計画地に含まれています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 割りと新しい建物が再開発に含まれて解体されるのは珍しくありませんが、やっぱりなんだかもったいない気もしますね。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 南街区方面です。すぐ近くには雑司ヶ谷霊園があるため遮る物のない視界が広がりそうです。逆に「ブリリアタワー池袋」の住宅からの眺望には大きな影響が出そうです。

■物件概要■
事業名:南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目
用途:共同住宅、事務所、店舗、公共公益施設
総戸数:1495戸
階数(北街区):地上53階、地下2階
階数(南街区):地上50階、地下2階
高さ:約180m
敷地面積(北街区):8,761
敷地面積(南街区):6,305
延床面積(北街区):11万979
延床面積(南街区):7万8431
事業者:南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合
事業推進パートナー:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
事業協力者:清水建設
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所、ポリテックエイディディ
工期:2021年3月着工〜2025年3月竣工予定
総事業費:1101億3300万円

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク