超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

武蔵小山パルム駅前地区

地上41階「(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト」の建設状況(2017.4.16)

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図
(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図[出典:公式HP]

 東急目黒線「武蔵小山」駅前の大規模再開発「(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト」(地上41階、最高高さ144.95m)の完成予想図です。数日前に公式HPがオープンしました。分譲のタワーマンションで2017年10月下旬から販売開始予定となっています。

▼(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクトの公式HP
http://www.31sumai.com/mfr/X0724/


(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図
(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 完成予想図[出典:公式HP]

 低層部の完成予想図です。低層部は商業施設となり広場も整備されます。


(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 周辺概念イラスト
(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 周辺概念イラスト[出典:公式HP]

 建設地の隣には武蔵小山商店街パルムのアーケード街があります。


(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 2017年4月16日に「武蔵小山」駅前から撮影した「(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト」の建設地方面です。タワーマンション部は左の方で正面あたりは商業施設部となります。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 仮囲いの透明部分から中を撮影。仮設トイレの後ろの方がタワーマンション部となります。

 左奥に見える少し大きなマンションは「パークホームズ武蔵小山」(地上19階、高さ59.9m)です。また、その左側では「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」として地上41階、高さ約145mのタワーマンションが計画されています。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 仮設事務所の壁際にはモックアップがありました。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
 現地看板を撮影。タワマンクラスタで物議を醸した「日本一、感じのいいタワマンへ。」の文字がデカデカと書いてありました。

(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。数値は公式HPの値を優先して記載しています。

■(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクトの物件概要■
仮称:(仮称)武蔵小山駅前再開発タワープロジェクト
計画名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:628戸(販売総戸数491戸※高層等住宅の一部、地権者住戸137戸)
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,313.83
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2020年1月上旬竣工予定
入居:2020年3月下旬予定

地上41階「武蔵小山パルム駅前地区再開発事業」の建設状況(2016.10.2)

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
 武蔵小山駅前の再開発「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上41階、最高高さ144.95m)の建設地です。既存ビルの解体は既に終わっており、撮影時点の作業工程は根切り・山留工事となっていました。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
 近くから撮影。駅前のため人が常に通りますが、人が誰もいなくなるタイミングまでちょっと待って撮りました。こうして人が出来るだけ写らないように気を使って撮影しているのですが、ここではない某所で撮影しているとき、後ろをぴったり付けて歩く人がいて、こっちが止まって撮影をするとその人も止まる。気持ち悪い人だなと思っていたらその人が話しかけてきて

「ちょっと何撮ってるの?」
「撮られてネットとかに載せられたら大変だから真後ろにずっといた。」
「前にも観光客が撮った写真に写ったかもしれないから警察呼んで消してもらったこともある。」
「あなたどっち行くの?撮られないように逆に行くから。」

とか色々言われました。面倒なので「はいはい。すみません。気を付けます。」と言って終わらせましたが、こっちは人や車が出来る限り入らないように通過待ちをしたりして撮っています。それなのにこんなことを言われるとは…色々な人がいるものですね。


武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
武蔵小山パルム駅前地区の完成予想図[出典:東京都HP]

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の配置図

武蔵小山パルム駅前地区の配置図[出典:東京都HP]

 ちょっと愚痴ってしまいましたが話を戻しまして完成予想図と配置図です。1枚目はこの配置図の左上あたりから撮影しています。また建設されるマンションは高層棟(地上41階)と低層棟(地上7階)の2棟構成で、高層棟の1、2階と低層棟の1〜3階が店舗フロア、高層棟の3階が生活支援施設、そして高層棟と低層棟の4階以上が住宅フロアとなります。


武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:約640戸
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,313.82
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:鹿島建設
工期:2016年3月1日着工〜2019年5月31日竣工予定

地上41階「武蔵小山パルム駅前地区」は2016年3月着工予定!

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
武蔵小山パルム駅前地区の完成予想図[出典:東京都HP]

 武蔵小山駅前の再開発「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。この完成予想図が出たときは地上40階、高さ約142mとされていましたが、現地建築計画のお知らせでは地上41階、高さ141.95mとなっています。

 「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」は高層棟(地上41階)と低層棟(地上7階)の2棟構成となり、高層棟の1、2階と低層棟の1〜3階には店舗フロア、高層棟の3階には生活支援施設が入り、4階以上が高層棟、低層棟共に住宅フロアとなります。また、両棟の接続部分は屋上庭園となります。


より大きな地図で 武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業 を表示

 以前作成した建設地の地図です。このように武蔵小山駅の南東側一帯が計画地となっています。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の配置図
武蔵小山パルム駅前地区の配置図[出典:東京都HP]

 高層棟は上の地図の青線で囲った中の右上の東京都心側となります。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
 2015年10月25日に武蔵小山駅前から撮影した「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」です。まだ多くの店が営業をしていましたが、右手前のように既に移転しているところもあります。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
 計画地の中に入って行くと既に解体されている場所もありました。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
 ここは駐輪場だった場所かと思います。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
 路地を歩くとこのようにフェンスがあったりと、これから解体工事があちこちで始まりそうな気配がありました。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
 年代を感じる喫茶店などもありましたが、この辺りも再開発によって解体されます。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 「武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせです。2016年3月1日着工、2019年5月31日竣工予定です。施行者は未定となっていますが、事業協力者に鹿島建設がいるので鹿島建設の施工になるかと思います。

■武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都品川区小山三丁目15番他
用途:共同住宅、店舗、地域コミュニティ施設(子育て支援施設)、駐車場、駐輪場
総戸数:約640戸
階数:地上41階、地下2階
高さ:141.95m(最高高さ144.95m)m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,418.67
建築面積:4,964.69
延べ面積:75,313.82
建築主:武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス
設計者:日建設計
施行者:未定
工期:2016年3月1日着工〜2019年5月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。