横浜MIDベース タワーレジデンス
 みなとみらいでは「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)と「ブルーハーバータワーみなとみらい」(地上27階、高さ97.70m)が話題ですが、少し歩くとみなとみらいエリアという矢印を入れた場所で横浜市住宅供給公社による「横浜MIDベース タワーレジデンス」(地上18階、高さ59.95m)が建設されます。

横浜MIDベース タワーレジデンス
 これは横浜ランドマークタワーからの撮影した「横浜MIDベース タワーレジデンス」の建設地です。場所はみなとみらいから高速道路とJRの線路を超えたところで、住所的には横浜市西区花咲町6丁目となります。

 最寄駅は横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町」駅徒歩3分、京急本線「戸部」駅徒歩8分、みなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩10分、京浜東北・根岸線「横浜」駅徒歩13分となっています。

横浜MIDベース タワーレジデンス
 「横浜MIDベース タワーレジデンス」の建設地にズームです。ここは「日本たばこ産業横浜支店跡地」です。

 1階にスーパーマーケットが入居予定で、低層階には他に診療所や保育所、有料老人ホームなどが入居予定となっています。分譲マンション部は4階〜18階で総戸数は199戸となっています。

横浜MIDベース タワーレジデンス 建築計画のお知らせ
 「横浜MIDベース タワーレジデンス」の建築計画のお知らせです。

■横浜MIDベース タワーレジデンスの物件概要■
名称:横浜MIDベース タワーレジデンス
計画名称:(仮称)花咲町6丁目地区新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区花咲町6丁目143番(地番)
用途:共同住宅、福祉施設、診療所、商業施設、子育て支援施設
総戸数:199戸
階数:地上18階、地下1階
高さ:59.95m
敷地面積:3,732.86
建築面積:2,101.40
延床面積:26,644.09
構造:RC造
建築主:横浜市住宅供給公社
販売提携(媒介):野村不動産アーバンネット
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・紅梅組建設工事共同企業体
工期:2015年5月1日着工〜2017年9月30日竣工予定
入居:2017年10月上旬予定