超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜駅西口

高さ約132m「JR横浜タワー」の建設状況(2019.3.24)

JR横浜タワー

 横浜駅西口で建設中のJR横浜駅の駅ビル「JR横浜タワー」(地上26階、高さ132.268m)です。低層部が商業施設でその上の高層部がオフィスフロアです。


JR横浜タワー

 この高層部の下も商業施設のためかなりの広さとなりそうです。商業施設は1階〜10階が「NEWoMan横浜」、8階〜10階の一部が「T・ジョイ横浜」、そして地下1階〜地下3階が「CIAL横浜」となります。

 「T・ジョイ横浜」は映画上映を核としながらも多目的な利用を意図した「エンタテインメント・コンプレックス」となります。 具体的にはパブリックビューイング、講演会、発表会、惣菜、スイーツ等、食事を楽しみながらシネマを見るFOODシネマとなっています。


JR横浜タワー

 一部のネットが撤去されて「横浜駅」の文字が見えるようになっていました。


JR横浜タワー

 反対側の「横浜ベイクォーター」から見た「JR横浜タワー」です。


JR横浜タワー

 この横幅全部が商業施設となります。横浜駅にはSOGO、高島屋、ビブレ、モアーズなどの商業施設があるため激戦区となるのか、相乗効果でさらに賑わうのか。どっちなんでしょうね?


JR横浜タワー

 高層部にズームです。オフィスフロアは26階までとなっていますが、現地建築計画のお知らせでは30階となっています。塔屋を含めても30階には足りなさそうなので訂正していないだけかと思います。


JR横浜タワー

 少し近付いた場所から見た低層部です。こちら側には横浜駅を見下ろせるデッキや6階屋上広場なども整備されます。また高層部左側には12階屋上広場も整備されます。


みなとみらい21

 「横浜ランドマークタワー」の展望室から撮影したみなとみらい21の超高層ビル群です。


JR横浜タワー

 少しズームです。


JR横浜タワー

 さらにズームです。この頭だけ見えているのが「JR横浜タワー」です。


JR横浜タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。かなり完成に近付いてきているように見えますが竣工は約1年後です。

■物件概要■
名称:JR横浜タワー
仮称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上26階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,884.09
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定
開業:2020年(東京2020 オリンピック・パラリンピック前の開業を目指す)

空撮あり!高さ約132m「JR横浜タワー」の建設状況(2019.2.2)

JR横浜タワーの空撮
 横浜駅西口で建設中の「JR横浜タワー」(地上26階、高さ132.268m)のセスナによる空撮です。2019年1月27日の撮影です。低層部と地下は商業施設となり高層部はオフィスフロアとなります。

JR横浜タワー
 2月2日に撮影した「JR横浜タワー」です。

JR横浜タワー
 オフィスフロアの下も含めてこの低層部全体が商業施設で1階〜10階が「NEWoMan横浜」、8階〜10階の一部が「T・ジョイ横浜」、そして地下1階〜地下3階が「CIAL横浜」となります。「T・ジョイ横浜」は約1300席の映画や演劇等が楽しめる多目的ホールのような場所になるようです。

JR横浜タワー
 反対側から見た「JR横浜タワー」です。こちらの海側がオフィスフロア(12階〜26階)のメインとなります。

JR横浜タワー
 低層部です。オフィス部の左には12階屋上広場が整備されます。

JR横浜タワー
 この部分には6階屋上広場も整備されます。

JR横浜タワー
 「横浜ベイクォーター」から見た「JR横浜タワー」全体です。だいぶ完成に近付いてきているように見えますが、開業予定は2020年の東京五輪前を目指すとしか発表されていません。

 また、この右側の方では鶴屋町棟として「JR横浜鶴屋町ビル」(地上9階)が建設中です。

JR横浜鶴屋町ビル
 「JR横浜鶴屋町ビル」です。「JR東日本ホテルメッツ横浜」「ジェクサー・フィットネス&スパ横浜」「CIAL横浜ANNEX」などが入ります。

JR横浜タワー
 「横浜ランドマークタワー」の展望台からの眺めです。

JR横浜タワー
 そのビル群の後ろに頭だけ見ているのが「JR横浜タワー」です。

JR横浜タワーの空撮
 最後に空撮をもう1枚。ちなみに計画当初は高さ180m規模でしたが規模縮小して今の地上26階、高さ132mとなっています。

■物件概要■
名称:JR横浜タワー
仮称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上26階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,884.09
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定
開業:2020年(東京2020 オリンピック・パラリンピック前の開業を目指す)

高さ約132m「JR横浜タワー」の建設状況(2018.11.25)

JR横浜タワー
 横浜駅西口で建設中の駅ビル「JR横浜タワー」(地上26階、高さ132.268m)です。「(仮称)横浜駅西口開発ビル」と呼ばれて来ましたが先月、名称が「JR横浜タワー」に決定したとプレスリリースが出ています。

 左の高層部はオフィスフロアとなりその下と右側部分は商業施設となります。

▼JR東日本旅客鉄道:プレスリリース(2018年11月22日)
(仮称)横浜駅西口開発ビルの名称が 「JR横浜タワー」 等に決定

JR横浜タワー
 近くから見上げました。近い側には巨大なアトリウムが整備されます。

JR横浜タワー
断面図[出展:JR東日本旅客鉄道]

 フロア構成は1階〜10階が商業施設の「NEWoMan」、地下部は「CIAL横浜」、8階〜10階の一部は「T・ジョイ横浜」、そして12階〜26階はオフィスフロアとなります。「NEWoMan」はバスタ新宿の隣の商業施設と同じシリーズですが、「T・ジョイ横浜は映画上映を核とした多目的利用を意図した「エンタテイメント・コンプレックス」となります。詳細は今後発表になるということですがパブリックビューイング、講演会、食事を楽しみながらシネマを見るFOODシネマなどを想定されているようです。

 この図には「JR横浜鶴屋町ビル」も描かれていますが、これは歩行者通路で繋がる別な場所で建設中のビルです。「JR東日本ホテルメッツ横浜」や「CIAL横浜ANNEX」、駐車場、フィットネスが入ります。


JR横浜タワー
 反対側から見た「JR横浜タワー」です。

JR横浜タワー
 低層部です。6階、12階には屋上広場が整備されます。

JR横浜タワー
 「横浜ベイクォーター」から見た「JR横浜タワー」です。

JR横浜タワー
 「横浜ランドマークタワー」からの眺めです。

JR横浜タワー
 ビル群の後ろに「JR横浜タワー」の頭だけ見えます。26階までガラスが取り付けられていました。建築計画のお知らせでは30階となっていますがプレスリリース等は地上26階となっています。30階は塔屋込みの階数ですかね。

JR横浜タワー 建築計画のお知らせ
 その建築計画のお知らせです。29階の文字が見えますが30階のシールがほぼ剥がれているだけです。以下の物件概要では26階を採用します。

■物件概要■
名称:JR横浜タワー
仮称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上26階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,884.09
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定
開業:2020年(東京2020 オリンピック・パラリンピック前の開業を目指します。)


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から仁川(インチョン)の青羅国際都市のタワーマンション群です。50階を超えるタワマンが建ち並んでいました。

高さ約132m「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」の建設状況(2018.7.21)

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜駅西口で建設中の駅ビル「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」(地上30階、高さ132.268m)です。「横浜ベイクォーター」から撮影しました。左が高さ約60mの商業施設棟、右が高さ132.268mの業務施設棟です。業務棟も商業施設棟と同じ高さまでは商業施設となります。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 業務施設棟にズームです。ガラスカーテンウォールの取り付けも始まっています。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 何フロアか降りた場所から見た様子です。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 反対側の「横浜ベイシェラトンホテル & タワーズ」前のペデストリアンデッキから撮影。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
完成予想図[出典:JR東日本]

 完成予想図ではこちら側のオフィスフロア部に窓のようなものが描かれていますが、現在の外観を見る限りではデザイン変更になったのか窓は見当たりません。


(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 商業施設棟の残り半分の鉄骨がようやく組まれだしたようです。

横浜
 「横浜ランドマークタワー」から見たみなとみらいと横浜駅方面です。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 その中央奥に見えているこの部分が「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」です。当初の計画通り地上33階、高さ約180mで建設されていれば見え方は全然違ったんでしょうね。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上30階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,884.09
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定

高さ約132m「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」の建設状況(2018.4.21)

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜駅西口で建設中の「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」(地上30階、高さ132.268m)です。左が高さ132.268mの業務施設棟、右が高さ約60mの商業施設棟です。商業施設棟の幅はまだ半分くらいで右側に伸びます。業務施設棟は当初の計画では地上33階、高さ約180mという規模でしたが規模縮小となっています。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 反対側から見た「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」です。業務施設棟が少しセットバックしているところからがオフィスフロアとなり、その下は隣の商業施設棟と繋がった商業施設となります。その商業施設の屋上には広場が設置される計画となっています。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜ランドマークタワーからはタワークレーンだけ見えるようになっていました。次回訪問時にはビル本体が見えるようになっているかと思います。

横浜
 広角で見るとこのような感じです。横浜からみなとみらいにかけては複数の再開発が同時に進行中です。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
完成予想図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
完成予想図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 配置図・断面図
配置図、断面図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上30階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,884.09
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク