超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜ランドマークタワー

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は地上35階、最高高さ約145mに!

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の完成予想図
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の完成予想図[出典:アパグループ]

 横浜のみなとみらい近くで計画中のアパホテル「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」です。今年2月にアパグループよりこの計画が発表となっていましたが、8月14日から8月28日までの期間で、横浜市環境影響評価条例に基づき、(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>新築工事に係る計画段階配慮書の縦覧が行われています。

 既報では地上37階、地下1階、高さ約128m、延べ約58,000屬任靴燭、今回公表された計画段階配慮書では地上35階、塔屋2階、地下2階、高さ約135m(最高高さ約145m)、延べ約64,500屬箸覆辰討い泙靴拭7弉菽奮配慮書を軽く見た感じだと客室数の記載を発見できませんでしたが、既報では2400室規模という巨大なホテルとなります。アパホテルと言えばビジネスホテルですが、ここはシティホテルでもビジネスホテルでもない全く新しいカテゴリーとなる「新都市型ホテル」を新設するとしています。

 今後のスケジュールは2015年度から2016年度に基本設計、実施設計、関係行政協議を行い、2017年内に着工、2019年の供用開始を目標としています。

▼横浜市:計画段階配慮書の縦覧
(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>新築工事に係る計画段階配慮書の縦覧のお知らせ
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/mamoru/asesu/jigyou/80/hairyojuuran.html

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の配置図
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の配置図[出典:横浜市]

 配置図を見るとHマークがあるので珍しくヘリポート付きのホテルとなります。Rマークだとレスキュースペースのことで、ヘリは着陸は出来ずホバリングするスペースとなります。

 また、敷地右に万国橋ビルディング新築復元部との記載がありますが、これは2013年まで残存していた「万国橋ビルディング」のファザードが計画建物の低層部に新築復元されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の断面図
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の断面図[出典:横浜市]

 断面図のオレンジ色部分はレストランなどの宿泊施設付属機能です。下層階にエントランスロビー、レストラン、大浴場を集約させるとありますが、最上階にもオレンジ色の部分があるので、ここはレストランになるものと思われます。

横浜ランドマークタワーからの眺め
 横浜ランドマークタワーからの眺めです。「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設地は中央やや左です。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事
 その「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設地にズームです。この駐車場部分が計画地です。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事
 現地から見た「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設地です。横浜ランドマークタワーからはちょっと距離がありますが、横浜ワールドポーターズや横浜赤レンガ倉庫は近いです。最寄駅は馬車道駅で桜木町駅も徒歩圏です。

■(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の物件概要■
名称:(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25番3
用途:ホテル
総客室数:2400室規模
階数:地上35階、塔屋2階、地下2階
高さ:約135m(最高高さ約145m)
敷地面積:約8,330
建築面積:約4,000
延床面積:約64,500
構造:S造 一部SRC造
建築主:アパグループ
設計者:久米設計・新居千秋都市設計JV
工期:2017年着工〜2019年竣工予定

ブランズタワーみなとみらいの建設状況と最高高さ83mのオフィス棟(2015年5月30日)

ブランズタワーみなとみらい
ブランズタワーみなとみらい[出典:公式HP]

 「みなとみらい」駅徒歩2分の位置に建つ「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)です。東急不動産のフラッグシップ・プロジェクトと位置付けられており、分譲価格も高く坪単価は400万を超えているようです。

ブランズタワーみなとみらい
 5月30日撮影の「ブランズタワーみなとみらい」の建設地です。タワークレーンが設置されていました。左奥にはよこはまコスモワールドの観覧車が見えています。ここはみなとみらいの中心地と言っても良い場所なので、みなとみらいの施設はどこも徒歩圏です。

ブランズタワーみなとみらい
 少し近くに移動した場所から撮影。右上には「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296m)が見えていますが、隣には「みなとみらいセンタービル」(地上21階、高さ98.2m)が建っているためランドマークタワーが見える部屋はかなり少なさそうです。

ブランズタワーみなとみらい
 さらに近くからもう1枚。これらの写真は道路を挟んだ隣にある「パシフィコ横浜」のペデストリアンデッキから撮影しています。左側にも空き地がありますが、そこには地上15階、最高高さ83mのオフィスビルが建設されます。

ブランズタワーみなとみらい
 「ブランズタワーみなとみらい」の建設地にズームです。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」の建設地にズームです。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画 建築計画のお知らせ
 現地にはオフィス棟の建築計画も掲示されていました。以前の報道では地上14階、高さ約71mの規模でしたが、建築計画では地上15階、高さ78m(最高部の高さ83m)となっています。用途は事務所、駐車場の他に店舗、保育所となっています。設計、施工は住宅棟と同じく清水建設の担当です。

(仮称)MM21-32街区
 これは「横浜ランドマークタワー」からの眺めですが、「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」の建設地の一部が見えるだけです。辛うじて「ブランズタワーみなとみらい」のタワークレーンの先だけが見えていますがわかりますか?クレーンの先が見えているということは、ここからも高層階の一部は見えるようになりそうです。

■ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
販売:2015年5月下旬販売開始予定
入居:2017年3月下旬予定

■(仮称)MM21-32街区 オフィス計画の概要■
計画名称:(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:事務所・店舗・駐車場・保育所
階数:地上15階、塔屋1階(駐車場棟:地上6階)
高さ:78m(最高部の高さ83m)
敷地面積:7,058.34
建築面積:5,100
延床面積:55,600
構造:鉄骨造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年10月15日着工〜2017年7月31日竣工予定

シティタワー武蔵小杉の建設状況(2015年2月28日)

武蔵小杉のタワーマンション群
 新川崎駅前から見た武蔵小杉のタワーマンション群です。年々成長を続けている武蔵小杉ですが、現在は黒い外観の「シティタワー武蔵小杉」(地上53階、高さ185m)がどんどん伸びています。このように黒の外観のタワーマンションは他にはないので目立ちます。

シティタワー武蔵小杉
 横須賀線の武蔵小杉駅前から見た「シティタワー武蔵小杉」です。撮影した2月28に時点では34階部分を建設中でした。53階建てなのでまだまだ背が伸びます。

シティタワー武蔵小杉
 少し近くから見上げた「シティタワー武蔵小杉」です。

シティタワー武蔵小杉
 府中街道と綱島街道が交差する市ノ坪交差点から見た「シティタワー武蔵小杉」です。かなりデカイです。

 高層階の共用施設として40階の北東角にスカイラウンジが設置されます。低層階だと4階にゲストルームが2部屋、2階にコミュニティルームが設置されます。

シティタワー武蔵小杉
 「シティタワー武蔵小杉」は総戸数800戸でどんどん値上がりしているそうです。ここが武蔵小杉で一番の高額マンションになるのかもしれません。

武蔵小杉のタワーマンション群
 「横浜ランドマークタワー」から見た「シティタワー武蔵小杉」です。

武蔵小杉のタワーマンション群
 武蔵小杉駅周辺のタワーマンション、超高層ビル群です。今後は左側の方にツインタワーとなる「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」(地上53階、高さ178.9m)などタワーマンションが増えていきます。

 奥に見える超高層ビル群は新宿です。武蔵小杉はちょうど横浜ランドマークタワーと新宿の中間くらいです。

■シティタワー武蔵小杉の物件概要■
名称:シティタワー武蔵小杉
計画名:(仮称)武蔵小杉計画新築工事
所在地:川崎市中原区中丸子2番1他、川崎市中原区市ノ坪449番3他
用途:共同住宅、店舗、保育所(ワンルーム)
総戸数:800戸
階数:地上53階、地下3階
高さ:185.00m
敷地面積:8,628.28
建築面積:3,992.98
延床面積:104,537.16
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、免震構造
建築主(売主):住友不動産
設計:前田建設工業
施工:前田建設工業
工期:2012年11月15日着工〜2016年1月中旬竣工予定
入居予定:2016年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

みなとみらい21の「横浜野村ビル」は本日着工!

横浜野村ビルの完成予想図
横浜野村ビルの完成予想図[出典:野村不動産]

 本日、3月2日に着工した「横浜野村ビル」(地上17階、高さ89.00m)の完成予想図です。基準階面積1200坪を越える大規模なオフィスビルで、中間免震構造、中圧ガスを利用したデュアルフュエル式非常用発電機、コージェネレーションシステムを採用してBCP性能を強化しています。コージェネレーションシステムとは発電時に発生した廃熱をビルの空調熱源に活用するシステムです。詳細は下記ニュースリリースをご覧ください。

▼野村不動産:ニュースリリース(2015年2月27日)
みなとみらいエリア最大級『横浜野村ビル』着工

横浜野村ビル
 着工する直前の2月28日に撮影した「横浜野村ビル」の建設地です。

横浜野村ビル
 地上からだと何をやっているのか見えませんが、「横浜ランドマークタワー」の展望台からだとこのように全治を見渡すことが出来ます。現地作業工程を見ると地中障害撤去工事となっていました。

 ここは当初は地上29階、高さ約150mで計画されていたのですが、その後は何度も規模縮小が発表され、結局は地上17階、高さ89mで着工となりました。

みなとみらいと横浜の超高層ビル群
 「横浜ランドマークタワー」から撮影したみなとみらいと横浜の超高層ビル群です。まだまだ空き地の多いみなとみらいですが、昔と比べると随分と空き地が埋まってきました。そろそろ キタ━(゚∀゚)━! となる計画を聞きたいですね。

横浜野村ビル 建築計画のお知らせ
 「横浜野村ビル」の建築計画のお知らせです。

■横浜野村ビルの物件概要■
名称:横浜野村ビル
計画名称:(仮称)横浜野村ビル計画
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番11
用途:事務所・店舗・駐車場
駐車台数:266台
階数:地上17階、地下0階
高さ:89.00m
敷地面積:8,962.40
建築面積:5,890
延床面積:81,656
構造:鉄骨造、中間免震構造
建築主:野村不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年3月2日着工〜2017年1月末竣工予定


横浜BLITZ(GENTO YOKOHAMA)
 おまけですぐ近くの「横浜BLITZ」などが入っていた暫定施設の「GENTO YOKOHAMA」です。「MM21-53街区既存建物解体工事」として6月30日までの工期で解体工事が始まっています。跡地はどーなるんでしょうね?


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

地上29階「ブランズタワーみなとみらい」の建設状況(2015年2月28日撮影)

横浜みなとみらいの空撮
 横浜みなとみらいの空撮です。今朝載せた「ブルーハーバータワーみなとみらい」の記事と同じ空撮ですが、今回はそのときにも紹介した「ブランズタワーみなとみらい」です。

ブランズタワーみなとみらい
 昨日撮影した「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)の建設地です。当初は32街区にある空き地の半分が建設地かと思っていたのですが、この敷地の掘削作業をしている場所が建設地となるようです。

 最初の空撮でもわかるかと思いますが、「パシフィコ横浜」「けいゆう病院」「クイーンズタワー」「みなとみらいセンタービル」「MMパークビル」などに囲まれた場所です。また、「クイーンズタワー」側にある空き地では地上14階、地下1階、高さ約71mとなる事務所棟が建設予定となっています。まだ事務所棟の建築計画のお知らせは見当たりませんでしたが、敷地の一部で地質調査をやっているように見えました。

 ここはみなとみらい駅まで徒歩2分の距離で周辺には商業施設が色々とあり、みなとみらいの中心地区と言ってよい場所です。公式サイトの情報によると、みなとみらいでは居住人口1万人制限があり、現在の居住人口は7600人でみなとみらいに新築で住むチャンスは減ってきています。場所的には高そうですが「ブルーハーバータワーみなとみらい」と共に注目のタワーマンションになりそうですね。

ブランズタワーみなとみらいの建築地方面
 横浜ランドマークタワーから見た「ブランズタワーみなとみらい」の建設地方面です。「みなとみらいセンタービル」(地上21階、高さ98.2m)い隠れて事務所棟の建設地しか見えません。将来的に見えてもマンションの極一部だけかもしれません。高層階の共用施設としては27階にビューラウンジ、最上階にスカイデッキが設置されます。

ブランズタワーみなとみらい 建築計画のお知らせ
 「ブランズタワーみなとみらい」の建築計画のお知らせです。

■(ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
販売:2015年5月下旬販売開始予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。