超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜ランドマークタワー

平成に竣工した超高層ビル高さランキングベスト10

10位:NTTドコモ代々木ビル(239.85m)


 第10位は平成12年9月(2000年9月)竣工の「NTTドコモ代々木ビル」(東京都渋谷区千駄ヶ谷)。地上27階、地下3階で高さ150m(最高高さ239.85m)ですすが、意見が分かれそうなビルがランキング入りとなりました。フロア構成は14階までオフィスフロア、15階〜25階が通信設備などを置く機械室で、その上がアンテナなどを設置する塔屋となっている。さらに最頂部には高さ32mのデリック(クレーンのようなもの)が設置されており、その高さを含めると高さ272mとなりランキングが変わってくる。ここが意見が分かれそうなところだがビルとしては高さ239.85mとなるためこちらの数値を採用して第10位となっている。

NTTドコモ代々木ビル



9位:東京都庁第一本庁舎(243.3m)


 第9位は平成2年12月(1990年12月)竣工の「東京都庁第一本庁舎」(東京都新宿区西新宿)。地上48階、地下3階、高さ241.9m(最高高さ243.3m)で竣工時は「サンシャイン60」の地上60階、高さ239.7mを抜いて高さ日本一となる。高層部はツインタワーのようになっており地上45階部分の北棟と南棟の両方に無料の展望室が設置されている。設計はフジテレビや赤プリを設計した丹下健三氏である。

東京都庁第一本庁舎



8位:JRセントラルタワーズ(245.1m)


 第8位は平成11年12月(1999年12月)竣工の「JRセントラルタワーズ」(愛知県名古屋市中村区名駅)。地上51階、高さ232.6m(最高高さ245.1m)のオフィス棟と地上53階、高さ226mのホテル棟で構成されるツインタワーである。竣工時は名古屋で最も高い超高層ビルであった。また、一時期は世界一の駅ビルとしてギネス登録されていたが定義の変更により記録が取り消されている。

JRセントラルタワーズ



7位:ミッドランド スクエア 豊田毎日ビルディング(247m)


 第7位は平成18年9月(2006年9月)竣工の「ミッドランド スクエア 豊田毎日ビルディング」(愛知県名古屋市中村区名駅)。地上47階、地下6階、高さ237m(最高高さ247m)で名古屋で最も高い超高層ビルである。最上部は屋外型展望施設の「スカイプロムナード」となっており、その展望台に行くエレベーターはダブルデッキエレベーターとなっている。シースルーのエレベータのため外からエレベーターが2階建てとなっている様子を見ることができる。

ミッドランド スクエア 豊田毎日ビルディング



6位:東京ミッドタウン ミッドタウン・タワー(248.1m)


 第6位は平成19年1月(2007年1月)竣工の「東京ミッドタウン ミッドタウンタワー」(東京都港区赤坂)。地上54階、地下5階、高さ248.1mで完成時は東京で最も高い超高層ビルであった。45階〜53階は高級ホテルの「ザ・リッツ・カールトン東京」となっており、最上階の54階は機械室で展望台などは存在しないため景色を見たければ宿泊するなりレストランに行く必要がある。

東京ミッドタウン ミッドタウン・タワー



5位:虎ノ門ヒルズ 森タワー(255.5m)


 第5位は平成26年5月(2014年5月)竣工の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(東京都港区虎ノ門)。地上52階、地下5階、高さ247m、最高高さ255.5mで東京で最も高い超高層ビルである。公称の高さは247mのため6位のミッドタウン・タワーとランキングが入れ替わることもある。フロア構成は1階〜4階が店舗、6〜35階までがオフィスフロア、37階〜46階が「虎ノ門ヒルズレジデンス」、47階〜52階がホテル「アンダーズ東京」となっており、商業、オフィス、住宅、ホテルが一つのビルに入る複合ビルとなっている。「虎ノ門ヒルズ」は拡大中で2023年7月には地上49階、最高高さ265.75m「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」が竣工予定である。

虎ノ門ヒルズ 森タワー



4位:大阪府咲洲庁舎(256m)


 第4位は平成7年2月(1995年2月)竣工の「大阪府咲洲庁舎」(大阪府大阪市住之江区南港北)。地上55階、地下3階、高さ252m、最高高さ256mで竣工当時は大阪市で最も高い超高層ビルであった。竣工当時は「大阪ワールドトレードセンタービルディング」という名称で「WTC」や「WTCコスモタワー」などと呼ばれていたが、2010年6月に大阪府に譲渡されたことにより「大阪府咲洲庁舎」に名称は変更され、愛称は「さきしまコスモタワー」となっている。また、最上階の55階には有料の展望台が設置されている。

大阪府咲洲庁舎



3位:りんくうゲートタワービル(256.1m)


 第3位は平成8年8月(1996年8月)竣工の「りんくうゲートタワービル」(大阪府泉佐野市りんくう往来北)。地上56階、地下2階、高さ256.1mで竣工当時は西日本で最も高い超高層ビルであった。28階〜54階は「全日空ゲートタワーホテル大阪」として営業していたが2011年7月からは「スターゲイトホテル関西エアポート」として営業している。ここはバブル時代にツインタワーで計画され、その名の通りのゲートができる予定であったがバブル崩壊のため片方のみの竣工となっている。

りんくうゲートタワービル



2位:横浜ランドマークタワー(296.33m)


 第2位は平成5年7月(1993年7月)竣工の「横浜ランドマークタワー」(神奈川県横浜市西区みなとみらい)。地上70階、地下3階、高さ296.33mで長らく高さ日本一の超高層ビルであった。地上70階という階数部は現時点でも日本一であり、70階を超える超高層計画はまだ表に出ていない。高層部は「横浜ロイヤルパークホテル」となっているが69階には有料の展望台が設置されている。最上階の70階はホテルのスカイラウンジなどとなっている。

横浜ランドマークタワー



1位:あべのハルカス(300m)


 第1位は平成26年3月(2014年3月)竣工の「あべのハルカス」(大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋)。地上60階、地下5階、高さ300mで日本初の高さ300m超えの超高層ビルとなる。高さ300mは世界的にはスーパートールと呼ばれており、「横浜ランドマークタワー」とは3.67mの差しかないが高さ300m超えは大きな意味を持つ。低層部が近鉄百貨店、中層部がオフィスフロア、そして高層部が「大阪マリオット都ホテル」となっており、最上部の58階〜60階は有料の展望台となっている。他にも屋上に行けるツアーや幅60cm、長さ20mのデッキの上を命綱を装着して歩くアトラクションなどもある。

あべのハルカス



 以上、平成に竣工した超高層ビル高さランキングベスト10でした。実は昭和のビルを含めてもこのベスト10は変わりませんが昭和も含めると、昭和53年3月(1978年3月)竣工の「サンシャイン60」が地上60階、高さ239.7mで11位に入ってきます。言い換えると「サンシャイン60」が完成してから41年間でこの高さを超えたのは10棟だけしかありません。思っていたよりも少なく感じるかと思いますが令和に入ると高さランキングは大きく変わります。令和時代はどのような超高層ビルが出て来るのか楽しみです。

 それでは平成最後の超高層ビル・超高層マンションブログでした。ブログを開設してから平成時代は10年以上毎日更新してきましたが、令和時代も毎日更新できるように頑張ります。令和になっても超高層ビル・超高層マンションブログをよろしくお願い致します!

約31キロ離れた江戸川区から撮影した第31回神奈川新聞花火大会(2016.8.2)

 本日、2016年8月2日に第31回神奈川新聞花火大会が開催されました。打ち上げ場所は横浜みなとみらい21地区前面海上で、江戸川区の自宅からは31キロちょっと離れており、例年だと夏場は視界が悪いのでほぼ見えないのですが、今日は視界が良かったのでシグマの150-600mmのレンズにx1.4のテレコンを付けて撮影してみました。思っていた以上にキレイに撮れてビックリでした。

第31回神奈川新聞花火大会
 19時から20時までの花火大会だったので最初の方はまだ周りが明るいです。

第31回神奈川新聞花火大会
 ただ、あっという間に暗くなりました。

第31回神奈川新聞花火大会
 横浜ランドマークタワーの左手前に明かりのない建物が見えますが、これは川崎市の港町駅に建つトリプルタワーのタワーマンション「リヴァリエ」のC棟です。

第31回神奈川新聞花火大会
 それにしても海で打ち上げる花火は大きいですね。横浜ランドマークタワーが小さく感じます。

第31回神奈川新聞花火大会
 打ち上げ場所は3箇所あるようですが、3箇所同時の打ち上げは迫力がありますね。

第31回神奈川新聞花火大会
 31キロ離れていても大きな花火は肉眼でも楽しむことが出来ました。

第31回神奈川新聞花火大会
 派手に撮れたものしかブログに載せていませんが、色々な花火を見ることが出来ました。

第31回神奈川新聞花火大会
 こうゆう小さな花火が一斉に花開く花火は個人的に好きです。

第31回神奈川新聞花火大会
 ちょっと煙が邪魔ですが、風向きがこちら向きだったらほぼ何も見えないので贅沢は言えません。

第31回神奈川新聞花火大会
 ニコちゃんマークが3つ並びました。

第31回神奈川新聞花火大会
 ラスト近くです。

第31回神奈川新聞花火大会
 色々な花火がそれぞれの打ち上げ場所から豪快に打ち上がります。

第31回神奈川新聞花火大会
 最後は一気にドカンドカン打ち上げるので横浜ランドマークタワーは完全に見えなくなりました。

地上37階「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の環境影響評価準備書の縦覧開始!

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の完成予想図
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の完成予想図[出典:アパグループ]

 横浜市環境影響評価条例に基づき「(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事」に係る環境影響評価準備書の縦覧が本日、7月15日から8月29日まで開始されました。

 計画規模は地上37階、塔屋2階、地下2階、高さ145m、敷地面積約8,330屬紡个靴瞳築面積が約4,000屬捻箴果明僂鰐65,700屬任后2質愕にエントランスロビー、レストラン、大浴場等を集約し、上層階は主に客室といった配置で、以前アパホテルから発表された情報だと客室数は約2400室で、1棟の建物としては日本最大客室数のホテルとなります。

 今後のスケジュールは2015年度から2016年度に基本設計、実施設計、関係行政協議を行い、2017年内に着工、2019年の供用開始を目標としています。

▼横浜市:(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>新築工事に係る環境影響評価準備書の縦覧のお知らせ
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/mamoru/asesu/jigyou/80/junbijuran.html


(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>新築工事 断面図
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の断面図[出典:横浜市]

 断面図を見ると最上階にレストランが設置されそうです。計画段階配慮書では地上35階でしたが今回縦覧開始された環境影響評価準備書では37階建てとなっています。


(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>新築工事 配置図
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の配置図[出典:横浜市]

 計画段階配慮書ではHマークのヘリポートとなっていましたが、今回縦覧開始された環境影響評価準備書ではRマークのレスキュースペースへ変更となっています。

 右上に万国橋ビルディングファザード新築復元部との記載がありますが、2013年まで残存していた「万国橋ビルディング」のファザードが計画建物の低層部に新築復元されます。


横浜
 今年の5月7日に撮影した横浜ランドマークタワーからの眺めです。中央左側が「(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事」の建設地です。

(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>新築工事
 「(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事」にズームです。色々駐車場がありますが、中央の一番舗装がキレイな場所が建設地です。

(仮称)アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>新築工事
 地上から見た様子です。横浜ランドマークタワーを眺めるにはほど良い距離です。東京住みのため横浜は泊まるような遠さではありませんが、写真を撮るために完成したら宿泊してみたいホテルです。

■(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事の物件概要■
名称:(仮称)アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉新築工事
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25番3(地番)
用途:ホテル
総客室数:2400室規模
階数:地上37階、塔屋2階、地下2階
高さ:約145m(最高高さ約145m)
敷地面積:約8,330
建築面積:約4,000
延床面積:約65,700
構造:S造 一部SRC造
建築主:アパグループ
設計者:久米設計・新居千秋都市設計JV
工期:2017年着工〜2019年竣工予定

横浜野村ビルの建設状況(2015.10.24)

横浜野村ビル
 みなとみらいで建設中の「横浜野村ビル」(地上17階、高さ89.00m)です。撮影したのは10月24日なので今はもっと鉄骨が組まれているかと思います。

横浜野村ビル
 少し移動した場所から見た「横浜野村ビル」です。基準階貸室面積約1200坪という1フロアの面積がかなり広いオフィスビルとなります。

横浜野村ビル
 上の写真の右奥に見えていた「横浜ランドマークタワー」の展望台から撮影。背後のビルは「横浜ブルーアベニュー」(地上17階、高さ84.3m)で、「横浜野村ビル」はこれと同じくらいの高さとなります。当初は地上29階、高さ約150mで計画されていたビルなので随分と小さくなってしまいました。

■横浜野村ビルの物件概要■
名称:横浜野村ビル
計画名称:(仮称)横浜野村ビル計画
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番11
用途:事務所・店舗・駐車場
駐車台数:266台
階数:地上17階、地下0階
高さ:89.00m
敷地面積:8,962.40
建築面積:5,890
延床面積:81,656
構造:鉄骨造、中間免震構造
建築主:野村不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年3月2日着工〜2017年1月末竣工予定

鉄骨建方開始した横浜野村ビルの建設状況(2015年8月23日)

横浜野村ビル
 みなとみらいで建設中のオフィスビル「横浜野村ビル」(地上17階、高さ89.00m)です。今年の3月2日に着工しましたが、タワークレーン4基で既に鉄骨を組み始めています。

横浜野村ビル
 当初は地上29階、高さ約150mで計画されていたビルですが、どんどん規模縮小され現在の地上17階、高さ89mとなっています。高さや階数は当初計画より低くなりましたが、みなとみらいエリアでは最大クラスとなる基準階貸室面積約1200坪というオフィスビルになります。

横浜野村ビル
 建設地はみなとみらい線の新高島駅から徒歩4分、みなとみらい駅から徒歩6分で、横浜駅も徒歩11分と徒歩圏です。右奥に見えている「横浜ランドマークタワー」も徒歩圏ですが、ここで将来働くオフィスワーカーがランチでランドマークタワーを往復するのは厳しそうです。

横浜野村ビル
 「横浜ランドマークタワー」から見た「横浜野村ビル」です。

■横浜野村ビルの物件概要■
名称:横浜野村ビル
計画名称:(仮称)横浜野村ビル計画
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番11
用途:事務所・店舗・駐車場
駐車台数:266台
階数:地上17階、地下0階
高さ:89.00m
敷地面積:8,962.40
建築面積:5,890
延床面積:81,656
構造:鉄骨造、中間免震構造
建築主:野村不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年3月2日着工〜2017年1月末竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク