超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜アイランドタワー

高さ約155m「横浜市庁舎」の建設状況(2017.8.27)

横浜市市庁舎移転新築工事 完成予想図
 今は見当たりませんが以前現地看板を撮影した「横浜市市庁舎移転新築工事」(地上32階、高さ155.4m)の完成予想図です。その名の通り「横浜市庁舎」の移転新築工事で2017年7月12日に起工式が行われ8月1日に着工しています。低層部に市民向けの施設や商業施設が入りますが展望台等はありません。

横浜市市庁舎移転新築工事
 「横浜ランドマークタワー」から見た「横浜市庁舎」の建設地です。

横浜市市庁舎移転新築工事
 工期は約30ヶ月で地下と地上を同時に施工する逆打ち工法で建設が行われます。移転準備等を経て2020年夏には供用開始予定です。

横浜市市庁舎移転新築工事
 建設地は横浜みなとみらい線「馬車道」駅、JR「桜木町」駅近くで、周辺では2箇所の工事現場がありますがそれぞれ超高層ビルが建設されます。また、大きな駐車場が2箇所ありますがそこにも超高層ビルが計画されています。

横浜市市庁舎移転新築工事
 地上から見た「横浜市庁舎」の建設地です。背後の「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)よりも高いビルとなります。

横浜市市庁舎移転新築工事
 橋から中を覗いてみました。ここは「横浜ランドマークタワー」から観察するのが一番ですね。

横浜市市庁舎移転新築工事 都市景観形成行為のお知らせ
 都市景観形成行為のお知らせです。

横浜市市庁舎移転新築工事 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。名称は「横浜市庁舎」となっていますが、横浜市が発行している「横浜市庁舎建設タイムズ」(PDF)では「横浜市市庁舎移転新築工事」となっています。

■横浜市庁舎の物件概要■
名称:横浜市庁舎
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10他
用途:事務所、集会所、飲食店舗、物販店舗、駐車場
階数:地上32階、塔屋2階、地下2階
高さ:155.4m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:13,155.38
建築面積:7,932.48
延床面積:143,448.76
建築主:横浜市総務局長
設計者:竹中工務店
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年8月1日着工〜2020年5月29日竣工予定
開業:2020年6月末供用開始予定

高さ155.4m「横浜市庁舎」の建設地の様子(2017.5.30)

横浜市庁舎 完成予想図

 以前現地看板を撮影した「横浜市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)の完成予想図です。構想等ではなく今年の8月1日に横浜みなとみらい線「馬車道」駅、JR「桜木町」駅近くで着工予定です。

横浜市市庁舎移転新築工事
 横浜ランドマークタワーから見た「横浜市庁舎」の建設地です。現地作業工程では掘削工事、解体工事となっていました。

横浜市市庁舎移転新築工事
 建設地周辺を広角で撮影。中央が昨日のブログに載せた「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」(地上58階、高さ199.95m)の建設地です。

横浜市市庁舎移転新築工事
 地上から撮影した「横浜市庁舎」の建設地です。「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)の手前に建設されます。

横浜市市庁舎移転新築工事
 橋から中を覗いてみました。

横浜市市庁舎移転新築工事
 少しだけズームです。掘削工事が行われているのがわかります。

横浜市市庁舎移転新築工事 外装モックアップ
 敷地内には外装モックアップもありました。市庁舎らしく派手さはない落ち着いた外観となりそうです。

横浜市庁舎 都市景観形成行為のお知らせ
 現地には都市景観形成行為のお知らせが設置されていました。

横浜市庁舎 配置図
 配置図です。市庁舎なので屋上にはヘリポートが設置されます。ちなみにHマークはヘリポートですが、RマークはレスキュースペースのRで着陸はできずに、そこでホバーリングなどを行うスペースとなります。

横浜市庁舎 立面図(西側)
 西側の立面図です。1〜3階が市民利用施設、商業施設及び3層吹き抜けの屋根付き広場が配置されます。また2階と3階の間に免震層が設けられ、4階は機械室となります。そして5階〜8階は議会機能、8階〜31階には行政機能が配置されます。

横浜市庁舎 立面図(南側)
 南側の立面図です。

横浜市庁舎 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。名称は「横浜市庁舎」となっていますが、設置されていた他のお知らせでは「横浜市市庁舎移転新築工事」となっていました。

■横浜市庁舎の物件概要■
名称:横浜市庁舎
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10他
用途:事務所、集会所、飲食店舗、物販店舗、駐車場
階数:地上32階、塔屋2階、地下2階
高さ:155.4m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:13,155.38
建築面積:7,932.48
延床面積:143,448.76
建築主:横浜市総務局長
設計者:竹中工務店
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年8月1日着工〜2020年5月29日竣工予定
開業:2020年6月末供用開始予定

高さ155.4m「横浜市庁舎」建築計画のお知らせ設置(2017.3.20)

横浜市庁舎 完成予想図
 横浜みなとみらい線「馬車道」駅、JR「桜木町」駅近くに建設される「横浜市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)の完成予想図です。現地看板を撮影しました。現地建築計画のお知らせでは32階建てとなっていますが32階は機械室となります。

 フロア構成は1〜3階が市民利用施設、商業施設及び3層吹き抜けの屋根付き広場が配置されます。また2階と3階の間には免震層が設けら、4階は機械室となり5階〜8階は議会機能、8階〜31階には行政機能が配置されます。屋上には災害時に備えたヘリポートも設置されます。詳細を知りたい方は下記横浜市のサイトをご覧ください。

▼横浜市総務局
新市庁舎整備について

横浜市庁舎
 横浜ランドマークタワーの展望室から撮影した「横浜市庁舎」の建設地です。

横浜ランドマークタワーからの眺め
 広角で撮影。中央やや右側が「横浜市庁舎」の建設地です。写真中央の工事現場は地上58階、高さ約200mとなるタワーマンション「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」の建設地です。

横浜市庁舎
 現地から撮影。「横浜市庁舎」の建設地は「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)の手前です。また、建設地の手前は運河ではなく大岡川です。

横浜市庁舎
 橋の上から撮影した計画地内です。左奥では実物大外装モックアップが建設中でした。

横浜市庁舎 モックアップ
 近くから撮影。もうすぐモックアップが見れるようになりそうです。

横浜市庁舎 作業工程
 作業工程には設計確認実物大模型工事と書かれていました。

横浜市庁舎 完成予想図
 現地看板の完成予想図をもう1枚。

横浜市庁舎 建築計画のお知らせ
 現地には建築計画のお知らせも設置されていました。着工は今年の8月1日予定となっています。着工前にモックアップ設置は珍しい気がします。

■横浜市庁舎の物件概要■
名称:横浜市庁舎
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10他
用途:事務所、集会所、飲食店舗、物販店舗、駐車場
階数:地上32階、塔屋2階、地下2階
高さ:155.4m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:13,155.38
建築面積:7,932.48
延床面積:143,448.76
建築主:横浜市総務局長
設計者:竹中工務店
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年8月1日着工〜2020年5月29日竣工予定
開業:2020年6月末供用開始予定

地上31階となる横浜市市庁舎の移転先の様子(2016.5.7)

横浜市市庁舎移転新築工事
横浜市市庁舎移転新築工事 完成予想図[出典:横浜市]

 横浜市では横浜市市庁舎の移転が計画されています。これは横浜市のHPで公開されている完成予想図で地上31階、地下2階、高さ約152m、延べ約140,700屬竜模になる予定です。

▼横浜市:総務局
新市庁舎整備について


横浜市市庁舎移転新築工事
横浜市市庁舎移転新築工事 断面図[出典:横浜市]

 建設地の隣には「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)がありますが、それよりも高い超高層ビルとなります。低層部には店舗やアトリウム、中層部は議会機能、そして8階〜31階の高層部が行政機能とする計画です。残念ながら展望台はなさそうです。


横浜市市庁舎移転新築工事
 「横浜ランドマークタワー」の展望台から見た「横浜市市庁舎移転新築工事」です。埋蔵文化財発掘調査が行われていましたが3月に完了しています。

横浜市市庁舎移転新築工事
 場所は昨日のブログに載せた「北仲通北地区 A-4地区」(地上58階、高さ199.95m)とは道路を挟んだ向かい側で、みなとみらい線の馬車道駅直結となります。また、桜木町駅は徒歩圏です。

横浜市市庁舎移転新築工事
 地上から撮影した「横浜市市庁舎移転新築工事」です。

横浜市市庁舎移転新築工事
 建設地は大岡川に面しています。

横浜市市庁舎移転新築工事
 現在は大岡川沿いには遊歩道が整備されていますが…

横浜市市庁舎移転新築工事
 10月下旬から2020年まで通り抜け出来なくなります。

横浜市市庁舎移転新築工事
 建設地を半周してみましたが建築計画のお知らせは見当たりませんでした。ただ「横浜市市庁舎移転新築工事」の看板はあったのでそろそろ設置されるかと思っています。

■横浜市市庁舎移転新築工事の物件概要■
計画名:横浜市市庁舎移転新築工事
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50-10ほか
階数:地上31階、塔屋2階、地下2階
高さ:約152m
構造:コンクリート充填鋼管構造/鉄骨鉄筋コンクリート造/鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
敷地面積:13,486
延床面積:約140,700
建築主:横浜市
設計者:竹中・西松建設共同企業体
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年夏頃着工〜2020年1月末竣工予定
開業:2020年6月末新市庁舎供用開始予定

地上31階「横浜市市庁舎移転新築工事」を竹中・西松建設共同企業体が落札!

横浜市市庁舎移転新築工事
横浜市市庁舎移転新築工事 完成予想図[出典:横浜市]

 2015年12月4日に「横浜市市庁舎移転新築工事」の一般競争入札(WTO)で竹中・西松建設共同企業体が落札者として決定したと発表がありました。契約金額は629億円(税込み679億3200万円)です。

 提案概要は地上31階、塔屋2階、地下2階、高さ約152m、延べ約14万700屬涼羇嵬反鵡渋い叛振構造となっています。入札金額は大成建設の626億円に次いで2番手でしたが、こういった耐震技術や断熱性の高い外装による空調負荷の低減など、発注仕様で求めた消費エネルギー30%削減に対して40%とする提案などが評価されて竹中・西松建設共同企業体が落札しています。

▼横浜市総務局:記者発表資料(2015年12月4日)
 『横浜市市庁舎移転新築工事』の落札者が決定しました。


横浜市市庁舎移転新築工事
横浜市市庁舎移転新築工事 完成予想図[出典:横浜市]

 これらイメージ図は決定したものではなく、実際の建物は今後設計を行うとのことですが全然別物になることはないかと思います。今後の予定は2017年夏頃に本体工事着工、2020年1月31日に本体工事完了、仮使用開始、2020年6月末に新市庁舎供用開始予定となっています。


横浜市市庁舎移転新築工事の建設地の空撮
 「横浜市市庁舎移転新築工事」の建設地の空撮です。赤く色を付けた場所が建設地でみなとみらい線の馬車道駅と直結となる予定です。また、JR桜木町駅にも近い好立地です。

横浜市市庁舎移転新築工事
 「横浜ランドマークタワー」の展望台から見た「横浜市市庁舎移転新築工事」の建設地です。何やら工事をやっていたので現地現地作業工程を見に行ってみると遺跡発掘調査工事となっていました。撮影は10月24日ですがまだ同じ遺跡発掘調査工事が行われているかと思います。

横浜市市庁舎移転新築工事
 少し広角でもう1枚。道路を渡った場所は「横浜北仲通北地区再開発計画」で、地上35階、最高高さ約145mのル「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」や、地上58階、高さ約200mのホテルやマンションなどが計画されています。このあたりは駐車場が多い一帯ですが将来的には超高層ビルが林立します。

横浜市市庁舎移転新築工事
 すぐ近くの橋から見た「横浜市市庁舎移転新築工事」です。背後の超高層ビルは「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)ですが、計画ではそれよりも高くなります。

■横浜市市庁舎移転新築工事の物件概要■
計画名:横浜市市庁舎移転新築工事
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50-10ほか
階数:地上31階、塔屋2階、地下2階
高さ:約152m
構造:コンクリート充填鋼管構造/鉄骨鉄筋コンクリート造/鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
敷地面積:13,486
延床面積:約140,700
建築主:横浜市
設計者:竹中・西松建設共同企業体
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年夏頃着工〜2020年1月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。