超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜

Zepp横浜も入る高さ71.41mの「(仮称)MM21地区47街区開発計画」が着工!

(仮称)MM21地区47街区開発計画 完成予想図
(仮称)MM21地区47街区開発計画 完成予想図[出典:三菱地所、コーエーテクモゲームス]

 みなとみらい21地区47街区の「(仮称)MM21地区47街区開発計画」(地上15階、高さ71.41m)の完成予想図です。昨日、2017年12月1日に着工したと発表がありました。建築主は三菱地所ですが完成後にオフィス部分とホール部分をコーエーテクモゲームスが取得します。

 完成は2020年1月の予定で地下1階〜地上8階がコーエーテクモゲームスの本社オフィス、9〜15階が約230室の「東急REIホテル」となります。そして1、2階にはスタンディングで約2000名収容できる規模の「(仮称)KT Zepp Yokohama」も入ります。この完成予想図の左側部分がZepp部分かと思われます。

 Zeppとなる部分は設計段階からZeppとコーエーが共同で計画を進めており、「Zepp」の音楽ライブハウスとしての特長と、コーエーテクモゲームスのエンタテインメント事業のノウハウを取り入れた新しいスタイルのホールとなります。そのため仮称にコーエーテクノの「KT」が付いており、正式名称も「Zepp Yokohama」とならずに、仮称のまま「KT Zepp Yokohama」となるのかもしれません。

▼三菱地所:ニュースリリース(2017/12/01)
みなとみらい21地区47街区 コーエーテクモゲームス新本社を含む複合施設着工


(仮称)MM21地区47街区開発計画
 完成予想図と同じ方向から見た「(仮称)MM21地区47街区開発計画」の建設地です。この真逆の場所には2013年10月14日に閉鎖となった「横浜BLITZ」がありました。

(仮称)MM21地区47街区開発計画
 別角度から撮影。奥には「横浜ランドマークタワー」が見えています。

(仮称)MM21地区47街区開発計画
 その「横浜ランドマークタワー」からの眺めです。赤色を付けた場所が「(仮称)MM21地区47街区開発計画」の建設地です。

 ところでこの写真の左下にはぴあが1万人規模のアリーナを建設します。そして右上のサッカーコートが見える場所にはケン・コーポレーションが2万人規模の音楽専用アリーナを建設します。みなとみらいは一気に音楽の街となりそうです。

(仮称)MM21地区47街区開発計画
 建設地にズームです。以前はLIXILのショールームやスーパーオートバックスがありました。

(仮称)MM21地区47街区開発計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。撮影日した11月19日時点では施工者は未定となっていましたが清水建設が施工者です。

■物件概要■
名称:(仮称)MM21地区47街区開発計画
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3番2
用途:事務所(地下1階、1〜8階)、ホテル(1,9〜15階)、ホール(1〜2階)、店舗(1階)、駐車場
階数:地上15階、地下1階
高さ:71.41m
構造:S・SRC・RC造
敷地面積:8,670
建築面積:5.789.02
延床面積:36,713.60
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設
工期:2017年12月上旬着工〜2020年1月24日竣工予定

高さ約132m「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」の建設状況(2017.11.19)

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 「横浜スカイビル」から撮影した横浜駅西口で建設中の「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」(地上30階、高さ132.268m)です。左が高さ約60mの商業施設棟で右が高さ132.268mの業務施設棟です。業務棟の低層部は隣の商業施設棟と一体となる商業施設となります。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜駅西口前から撮影。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 いつまでも工事が終わらない横浜駅と言われていますが、これ以上の工事はしばらくないのかなと思います。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 業務棟側です。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 商業施設棟側です。高さは60mですが横にまだまだ大きくなります。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 きた東口側から撮影。こちら側からも目立つようになってきました。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜ベイクォーターから撮影。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜ベイクォーターに来たの久しぶりでしたが、ここはいい撮影スポットになりそうです。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 完成予想図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 完成予想図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 完成予想図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 配置図・断面図
配置図、断面図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上30階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,884.09
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定

タワークレーン設置!高さ約155m「横浜市庁舎」の建設状況(2017.11.19)

横浜市庁舎
 現地看板を撮影した「横浜市市庁舎移転新築工事」(地上32階、高さ155.4m)の完成予想図です。言わなくてもわかると思いますが「横浜市庁舎」の移転工事で2020年6月末供用開始予定となっています。

横浜市庁舎
 「横浜ランドマークタワー」から見た「横浜市庁舎」の建設地です。8月1日に着工したばかりですが既にタワークレーンが設置されていました。

横浜市庁舎
 地下もありますが1階の床工事を行うようなので逆打ち工法となりそうですね。

横浜
 周辺では他に2棟の超高層ビルが建設中のためこの景色は大きく変わります。

横浜市庁舎
 地上から撮影。低層部に市民向けの施設や商業施設が入りますが展望台等は設置されないようです。

横浜市庁舎
 竹中工務店とわかるシルバーのマストです。

横浜市庁舎
 少し離れた場所から撮影。左の超高層ビルは「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)ですが、これよりも大きなビルとなります。

横浜市庁舎
 別の完成予想図だとこのような感じとなります。「横浜市庁舎」の隣では「横浜アイランドタワー」が小さく感じそうです。

横浜市庁舎 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■横浜市庁舎の物件概要■
名称:横浜市庁舎
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10他
用途:事務所、集会所、飲食店舗、物販店舗、駐車場
階数:地上32階、塔屋2階、地下2階
高さ:155.4m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:13,155.38
建築面積:7,932.48
延床面積:143,448.76
建築主:横浜市総務局長
設計者:竹中工務店
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年8月1日着工〜2020年5月29日竣工予定
開業:2020年6月末供用開始予定

高さ約135m「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設状況(2017.11.19)

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉完成予想図[出典:アパグループ]

 北仲通北地区で建設中の「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」(地上35階、高さ135.04m)の完成予想図です。都会に居ながらリゾート気分も楽しめる「アーバンリゾートホテル」をコンセプトに露天風呂付き大浴殿、屋外プール、フィットネス・エステなどが併設されるホテルとなります。総客室数はホテル単体では日本最大級となる2311室で、2019年秋の開業予定です。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 横浜ランドマークタワーから撮影した「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設地です。タワークレーンが設置されていました。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 場所はみなとみらい線「馬車道」駅から徒歩3分、JR「桜木町」駅から徒歩9分の位置です。この写真だと左側の方です。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 近くから撮影。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 建設地はこの通り運河沿いであり、既設の公園と連続した「水際線プロムナード」や「水と緑のモニュメント」を設けた約3,000屬旅場も整備されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 近くでは昨日のブログに載せた第一期最高価格8億円の分譲のタワーマンション「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)も建設中です。今は結婚式場があるくらいですが、これからの再開発で大きく変わりそうな場所です。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の物件概要■
名称:アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通五丁目25番3
用途:ホテル、集会場、飲食、物販、自動車車庫
総客室数:2311室
階数:地上35階、地下2階
高さ:135.04m
構造:地上 鉄骨造(柱CFT)+制震部材
   地下 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎:直接基礎
敷地面積:8,328.63
建築面積:3,993.47
延べ面積:64,516.80
建築主:アパマンション
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2017年4月1日着工〜2019年8月31日竣工予定
開業:2019年秋

高さ約135m「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設状況(2017.8.27)

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉完成予想図[出典:アパグループ]

 北仲通北再開発等促進地区で建設中の「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」(地上35階、高さ135.04m)の完成予想図です。

 ここはみなとみらい21地区と関内地区の結節点の地区でみなとみらい線「馬車道」駅から徒歩3分、JR「桜木町」駅から徒歩9分の位置で、ホテル単体では日本最大級となる2311室で2019年秋の開業予定です。

 「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」は都会に居ながらリゾート気分も楽しめる「アーバンリゾートホテル」がコンセプトとなっており、1階と最上階にレストラン・カフェなどの飲食店5区画、コンビニエンスストアや売店など2区画、大宴会場(最大600名収容)、露天風呂付き大浴殿、屋外プール、フィットネス・エステなどが併設されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 横浜ランドマークタワーの展望台から撮影した「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の建設地です。撮影時は杭工事が行われていました。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 周辺では他の再開発も進行しており、中央がこの地区では最も高くなる「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)、右が「横浜市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)が建設されます。さらには運河沿いにある大きな駐車場2箇所でもそれぞれ超高層ビルが計画されています。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 地上から撮影。横浜ランドマークタワーからはこれだけの距離があるので、みなとみらいの超高層ビル群を眺めるには良い距離のホテルとなりそうです。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 運河沿いに既設の公園と連続した「水際線プロムナード」が整備され、「水と緑のモニュメント」を設けた約3,000屬旅場も整備されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の物件概要■
名称:アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通五丁目25番3
用途:ホテル、集会場、飲食、物販、自動車車庫
総客室数:2311室
階数:地上35階、地下2階
高さ:135.04m
構造:地上 鉄骨造(柱CFT)+制震部材
   地下 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎:直接基礎
敷地面積:8,328.63
建築面積:3,993.47
延べ面積:64,516.80
建築主:アパマンション
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2017年4月1日着工〜2019年8月31日竣工予定
開業:2019年秋




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。