超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜

「ザ・タワー 横浜北仲」隣の「北仲通北地区A-1、A-2地区」に住友不動産・大和地所が最高高さ162mの共同住宅・ホテルで構成される複合ビルを建設!

北仲通北地区
完成予想図[出展:三井不動産レジデンシャル]

 約4年前に公開された「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)の完成予想図です。この頃から周りに建設される超高層ビルの形だけ描かれていましたが、その右側の「北仲通北地区A-1、A-2地区」の概要が本日の建設通信新聞に掲載されました。

▼建設通信新聞:2020年1月17日
一体計画で再始動/設計は久米、21年着工/大和地所と住友不動産の北仲通北A-1・2地区



北仲通北地区A-1、A-2地区
配置図[出展:建設通信新聞]

 記事によると事業者は大和地所と住友不動産、設計は久米設計となっており、建設される建物は地上41階、地下3階、高さ約150m、最高高さ約162mのタワー部、地上11階、地下1階、高さ約45mの中層部、地上7階、地下1階、高さ約31mの低層部で構成され延べ約9万8960屬竜模で計画されており、2021年に着工、2025年の完成を目指すとのことです。

 主要用途は共同住宅と宿泊施設で共同住宅が約4万2820屐別400戸)、宿泊施設が約4万3260屐駐車場が約1万2880屐別390台)となっています。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296.33m)の69階にある展望室からの眺めです。「ザ・タワー 横浜北仲」の手前の赤く網掛けをした部分が「北仲通北地区A-1、A-2地区」となります。

 右側の塔屋が三角形に見えるビルが「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)で南北デッキで結ばれる予定となっています。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 約1年前にセスナから撮影した横浜の空撮です。赤い網掛けをした部分が「北仲通北地区A-1、A-2地区」です。北西側に「横浜ランドマークタワー」が見える立地で、途中に遮る建物が建設されそうにもない場所です。



北仲通北地区A-1、A-2地区

 フロア構成が不明なので住宅部が高層部になるのかどうかもわかりませんが、住友不動産なのでもし分譲なら「ザ・タワー 横浜北仲」のように完成前にサクッと完売することはないでしょうね。建設通信新聞の記事は環境影響評価審査会で明らかになった内容とのことだったので、その資料が横浜市のHPにアップロードされたらもう少し詳しいことがわかるかもしれません。
→低層部がホテルで高層部が共同住宅という情報を頂きました。そうなってくると住友不動産の超高級賃貸マンションシリーズの「ラ・トゥール」になるといったこともあり得そうですね。

■物件概要■
計画名:北仲通北地区A-1、A-2地区
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通6丁目
用途:共同住宅・ホテル・駐車場
総戸数:約400戸
階数:地上41階、地下3階
高さ:約150m(最高高さ約162m)
建築面積:約5180
延べ面積:約9万8960
建築主:大和地所、住友不動産
設計者:久米設計
工期:2021年着工〜2025年竣工予定

『TOWERS Milight 2019〜 みなとみらい21 オフィス全館ライトアップ』を空撮してきました!(2019.12.24)

みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 2019年12月24日に開催された『TOWERS Milight 2019〜 みなとみらい21 オフィス全館ライトアップ』をヘリから撮影してきました!



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 毎年クリスマスの頃にみなとみらい21地区内のオフィスフロアの全館点灯を行うイベントで、何度か撮りに行ったことがありますが今回は遊覧ヘリから撮影してみました。



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 参加施設は下記の29のビルとなっています。

・横浜ランドマークタワー
・横浜ブルーアベニュー
・MMパークビル
・富士ゼロックス横浜みなとみらい事業所
・クイーンズタワーA・B・C棟
・みなとみらいセンタービル
・富士ソフトビル
・HULICみなとみらい
・日石横浜ビル
・横浜三井ビルディング
・横浜銀行本店ビル
・横浜アイマークプレイス
・三菱重工横浜ビル
・県民共済プラザビル
・横浜メディアタワー
・パシフィコ横浜
・シンクロン本社ビル
・みなとみらいグランドセントラルタワー
・日産自動車グローバル本社
・横浜野村ビル
・横浜市立みなとみらい本町小学校
・スカイビル
・みなとみらい学園
・資生堂グローバルイノベーションセンター(S/PARK)
・KTビル
・京急グループ本社
・横浜グランゲート



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 横浜駅側のビルも多数参加しています。



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 窓明かりが多い夜景はやっぱりいいですね。



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 手前が横浜駅方面となりますが、こちら側に高さ200mを超える超高層ビルがあればもっと賑やかになるんですけどね。



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 ちなみに今回は乗り合いの遊覧のため飛ぶ場所は指定できず、みなとみらい全館点灯は横浜駅側からの撮影のみとなりました。



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 反対側からも見れたら最高だったんですけどね。貸し切りで乗っているカップルも多数いましたがそれだと両側に見せる必要がないのでグルっと一周しているのかもしれません。



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 海側から撮影。普段はどのくらいの窓明かりなんでしょうね。



みなとみらい21オフィス全館ライトアップの空撮

 思っていたよりまともに撮れたのでまたそのうち空撮夜景に挑戦してみたいです。以上、『TOWERS Milight 2019〜 みなとみらい21 オフィス全館ライトアップ』の空撮でした!

会員制リゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」の建設状況(2019.9.1)

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 みなとみらいで建設中の「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」(地上14階、高さ60m)です。日本では見かけることのない内側に丸く凹んだ特徴的なデザインとなっています。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 ベイコート倶楽部は完全会員制で一般客はゲスト以外は入ることが出来ませんが、ここはラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」も併設されます。建物内でどのように別れているのかは公式HPからでは不明でした。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 「横浜ランドマークタワー」の展望台から見た「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」です。手前は同時期に建設が行われている展示場の「パシフィコ横浜ノース」(地上6階、高さ36.2m)です。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 水上バスから見た「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」です。ここは何と言っても背後のタワーマンション群が凄いです。ここが日本一タワーマンション密度が高い場所かと思います。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 ホテルの明かりが点いているようにも見えますが、これは周辺のタワーマンションの窓明かりが反射しているだけです。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 周辺のタワーマンション群がいい感じです。



横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

 「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」ともに2020年6月17日の開業予定です。

■物件概要■
名称:横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
名称:ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜
計画名称:みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目9番他
用途:ホテル、自動車車庫
総客室数:138室(横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート)
総客室数:146室(ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜)
階数:地上14階、塔屋1階、地下1階
高さ:60.00m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
敷地面積:9,486.76
建築面積:7,584.21
延床面積:48,114.46
建築主:リゾートトラスト
設計者:観光企画設計社
施工者:鹿島建設
工期:2017年8月1日着工〜2020年3月31日竣工予定
開業:2020年6月17日予定

地上22階、高さ約100m「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の建設状況(2019.9.1)

神奈川大学みなとみらいキャンパス

 横浜ランドマークタワーの展望室からの眺めです。あちこちで建設工事が行われているみなとみらい21地区ですが、その中から中央に見えるタワークレーンが2基ある場所にズームです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 ここは「神奈川大学みなとみらいキャンパス」(地上22階、高さ99.99m)の建設地で、その名の通り神奈川大学の新校舎で外国語学部、経営学部(国際経営学部へ名称変更予定)、国際日本学部(2020年4月に設置予定)といったグローバル系学部が入るキャンパスとなります。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 現地に設置されている看板を撮影した「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の完成イメージパースです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 交流広場完成イメージ図です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 エントランスホール完成イメージ図です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 地上から見た「神奈川大学みなとみらいキャンパス」の建設地です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 オフィスビルが多いみなとみらいですが、ここにキャンパスができることで少し若返りそうです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 最寄り駅はみなみとみらい線「みなみとみらい」駅、「新高島」駅となりますが横浜駅も徒歩圏となる立地です。



神奈川大学みなとみらいキャンパス

 それにしても大学ってお金持っているんですね。ここ以外でも都心の大学を見るたびに思います。


神奈川大学みなとみらいキャンパス 都市景観形成行為のお知らせ

 都市景観形成行為のお知らせです。



神奈川大学みなとみらいキャンパス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。竣工予定は2020年11月30日、開設予定は2021年4月となっています。

■概要■
名称:神奈川大学みなとみらいキャンパス
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目5-1、5-2、5-5
用途:大学・店舗・駐車場
階数:地上21階、地下1階
高さ:99.99m
構造:鉄骨造一部RC造、SRC造
敷地面積:7,848.31
建築面積:5,427.06
延床面積:50,459.78
建築主:神奈川大学
設計者:三菱地所設計
施工者:竹中工務店
工期:2018年10月1日着工〜2020年11月30日竣工予定
開設:2021年4月予定

高さ約180mタワマン「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.9.1)

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
イメージズパース[出典:東急]

 横浜駅の北側、京浜東北線の陸側に建設される「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ179.9m)のイメージパースです。建築主は横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合で組合員として相鉄不動産と東京急行電鉄が参画しています。

※コメントで最新のパースを教えて頂いたので置き換えました。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
施設断面図[出典:横浜市]

 フロア構成は1階〜4階が所業施設、5階が住宅施設ロビー階、8階〜12階が宿泊施設、13階〜41階が住宅施設、そして42階、43階が複合施設となります。

 この最上階部分は国家戦略特区の資料でグローバルスカイコモンズと称して『建築物の最上部に、国際交流機能や情報発信機能、文化機能等を備えた来街者等が利用できる空間を整備する。また、眺望を楽しめる展望機能も備える。』となっています。これは展望台となるのか何かの施設の一部で眺望も楽しめることを指しているのかイマイチわかりません。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
施設配置図[出典:横浜市]

 三角形の敷地ですが建物は普通の箱型となるようです。また、横浜駅側と繋ぐ歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)も整備されます。




横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 今年の1月27日にセスナから撮影した「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。左端の赤い網掛けをした場所です。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 中央で建設中のビルは横浜駅の駅ビル「JR横浜タワー」(地上26階、高さ132.268m)で、これを超える高さのタワーマンションとなります。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 現地から撮影した「横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 右側で建設中のビルは「JR横浜鶴屋町ビル」で「JR東日本ホテルメッツ横浜」「ジェクサー・フィットネス&スパ横浜」「CIAL横浜ANNEX」などが入ります。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 横浜駅のすぐ近くという好立地の割りにはパッとしない地域でしたが大きく変わりそうです。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 右側の上半分が変わった形の建物は神奈川県遊技業協同組合のビルで再開発には参加していません。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。



横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが大林組が特定業務代行者に選定されています。

■物件概要■
名称:横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
所在地:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目3番1 外
用途:共同住宅・店舗・事務所・ホテル・サービスアパートメント・集会所
階数:地上43階、地下2階
高さ:179.9m
構造:RC造 一部 S造
敷地面積:6,687
建築面積:4,980
延床面積:79,420
建築主:横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合
参加組合員:相鉄不動産・東京急行電鉄
設計者:松田平田設計
施工者:大林組
工期:2019年2月着工〜2022年3月竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク