超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

横浜

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画(地上30階、高さ約132m)の建設状況(2018.1.21)

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜駅西口で建設中の「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」(地上30階、高さ132.268m)です。左が高さ132.268mの業務施設棟で右が高さ約60mの商業施設棟です。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
完成予想図[出典:JR東日本]

 この完成予想図のように業務棟の低層部も商業施設となります。完成予想図と現地の様子を見比べると右側の吹き抜けのような空間部分の鉄骨はまだ組まれていないようです。


(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 こちらが業務棟です。当初の計画では地上33階、高さ約180mという規模でしたが規模縮小となっています。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 商業施設棟です。屋上には広場が設置される計画となっています。

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
 横浜駅や高速道路を超えた側の「横浜ベイクォーター」から見た「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」の様子です。

(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
完成予想図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画
完成予想図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 配置図・断面図
配置図、断面図[出典:JR東日本]

(仮称)横浜駅西口開発ビル計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。数値に変更はありません。

■物件概要■
名称:(仮称)横浜駅西口開発ビル新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区南幸一丁目1番2他
用途:店舗・事務所等複合施設
階数:地上30階、地下3階
高さ:132.268m
構造:鉄骨造+鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,675.17
建築面積:7,251.14
延床面積:97,884.09
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:東日本旅客鉄道
施行者:竹中工務店
工期:2016年4月1日着工〜2020年3月31日竣工予定

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉(地上35階、高さ約135m)の建設状況(2018.1.21)

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
完成予想図[出典:アパグループ]

 横浜で建設中の「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」(地上35階、高さ135.04m)の完成予想図です。露天風呂付き大浴殿、屋外プール、フィットネス・エステなどが併設されるホテルとなります。総客室数は2311室で2019年秋の開業予定です。


アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 「横浜ランドマークタワー」の展望台から撮影した「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」です。このままタワークレーン1基で建設を続けるのでしょうか?現在は見た感じでは4階まで建設が進んでいます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 建設地の近くではこのように他に2件の超高層ビルが建設中です。真ん中が「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)、右が「横浜市新市庁舎」(写真右:地上32階、高さ155.4m)です。

 写真やや右側の大きな道路の下にはみなとみらい線「馬車道」駅がありそこが最寄り駅となります。写真右下の方に行くとJR「桜木町」駅もあります。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 地上から撮影。目の前は運河で既設の公園と連続した約3,000屬旅場も整備されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
 この太さで2311室も作れるの?と感じてしまいます。

都市景観形成行為のお知らせ
 都市景観形成行為のお知らせです。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通五丁目25番3
用途:ホテル、集会場、飲食、物販、自動車車庫
総客室数:2311室
階数:地上35階、地下2階
高さ:135.04m
構造:地上 鉄骨造(柱CFT)+制震部材
   地下 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎:直接基礎
敷地面積:8,328.63
建築面積:3,993.47
延べ面積:64,516.80
建築主:アパマンション
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2017年4月1日着工〜2019年8月31日竣工予定
開業:2019年秋

横浜市新市庁舎(地上32階、高さ約155m)の建設状況(2018.1.21)

横浜市新市庁舎
 横浜で建設中の「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)です。「横浜ランドマークタワー」の展望台から撮影しました。タワークレーンの設置部分だけ地上部の鉄骨が組まれていました。地下と地上を同時に施工する逆打ち工法で建設が行われます。

横浜市新市庁舎
 「横浜市新市庁舎」は「横浜市庁舎」の移転工事で2020年6月末供用開始予定となっています。

横浜市新市庁舎
 建設地はこのような位置で、隣の道路の地下はみなとみらい線「馬車道」駅となっています。また写真右下のあたりにはJR「桜木町」駅があります。

横浜市新市庁舎
 地上から撮影。隣の超高層ビルは「横浜アイランドタワー」(地上27階、高さ120m)で、これよりも大きな超高層ビルとなります。

横浜市新市庁舎
 全体工程ではこれから免震階鉄骨となっています。地上高層鉄骨は5月からとなっています。

横浜市新市庁舎
 昨日のブログに載せた「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)の建設地前から見た「横浜市新市庁舎」です。

横浜市庁舎

横浜市新市庁舎 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

横浜市新市庁舎 都市景観形成行為のお知らせ
 都市景観形成行為のお知らせです。

■物件概要■
名称:横浜市庁舎
所在地:神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10他
用途:事務所、集会所、飲食店舗、物販店舗、駐車場
階数:地上32階、塔屋2階、地下2階
高さ:155.4m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造(中間層免震構造+制振構造)
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:13,155.38
建築面積:7,932.48
延床面積:143,448.76
建築主:横浜市総務局長
設計者:竹中工務店
施工者:竹中・西松建設共同企業体
工期:2017年8月1日着工〜2020年5月29日竣工予定
開業:2020年6月末供用開始予定

会員権販売中!高さ60m「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」の建設状況(2017.11.19)

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート 完成予想図[出典:リゾートトラスト]

 「みなとみらい21中央地区20街区」に建設中の完全会員制リゾート「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」(地上14階、高さ60m)の完成予想図です。高さ方向に曲線がある印象的なデザインとなっています。「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」も併設されますがどの部分どっちなのかは把握していません。

 同ホテルは12月18日から会員権が販売開始されており、客室は全室ビューバスのスイートルームとなっており、「ロイヤルスイート」(54室、4〜13階、89.96〜137.36)、「ラグジュアリースイート」(31室、4〜10階、71.31〜96.21)、「ベイスイート」(53室、4〜10階、49.09〜73.22)の3タイプがあります。

 価格は「ベイスイート」年間12泊タイプの10,686,106円(運営管理費 年149,040円)から「ロイヤルスイート」年間24泊タイプの40,291,473円(運営管理費 年343,440円)までとなっています。詳細は公式サイトをご覧ください。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 先月「横浜ランドマークタワー」から撮影した「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」の建設地です。工事中の場所の上半分が「横浜ベイコート倶楽部」の建設地で、「パシフィコ横浜」側の下半分は展示場となる「MICE施設」(地上6階、高さ36.2m)の建設地です。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 広角で見るとこのような位置関係でみなとみらいの中では端の方に位置しています。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 現地から撮影。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 間近から撮影。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 「パシフィコ横浜」のデッキからの眺めです。ずっと広大な空き地でしたがようやく工事が始まっています。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 この辺りが「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」の建設地です。

都市景観形成行為のお知らせ
 都市景観形成行為のお知らせです。

都市景観形成行為のお知らせ 配置図
 配置図です。完成予想図も見ると斜線部分には水が張られるようです。

都市景観形成行為のお知らせ 立面図(北側)
 立面図(北側)です。この曲線部分が楽しみですね。

都市景観形成行為のお知らせ 立面図(西側)
 立面図(西側)です。こっちから見ると普通です。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。2020年7月の開業予定です。数値は公式サイトのものを優先して載せています。

■物件概要■
名称:横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
計画名称:みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目9番他
用途:ホテル(138室)、自動車車庫
階数:地上14階、塔屋1階、地下1階
高さ:60.00m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
敷地面積:9,486.76
建築面積:7,454.18
延床面積:48,114.46
建築主:リゾートトラス
設計者:観光企画設計社
施工者:鹿島建設
工期:2017年8月1日着工〜2020年3月31日竣工予定
開業:2020年7月予定

【横浜】地上52階、最高高さ195mなどトリプルタワー「(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画」の環境影響評価準備書の縦覧開始!

(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画 断面図
(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画 断面図[出典:横浜市]

 本日より(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画に係る環境影響評価準備書の縦覧が開始されました。縦覧期間は2017年12月15日〜2018年1月29日までで、期間中は下記の横浜市環境創造局のHPでも見ることができます。

 「(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画」は日本貨物鉄道及び三井不動産レジデンシャルによる「東高島駅北地区」の再開発で、地上52階、高さ約180m(最高高さ約195m)のC-2地区B棟、地上42階、高さ約150m(最高高さ約165m)のC-2地区A棟、地上47階、高さ約165m(最高高さ約180m)のC-1地区が計画されています。予定工期は2021年度〜2025年度までとなっています。

▼横浜市環境創造局:環境アセスメント(2017年12月15日)
(仮称)東高島駅北地区C地区棟計画に係る環境影響評価準備書の縦覧について(12/15〜1/29)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/mamoru/asesu/jigyou/77/jyunbi-jyuran.html


(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画 施設配置計画図
(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画 施設配置計画図[出典:横浜市]

 C地区全体の敷地面積約28,100屬紡个靴瞳築面積は約11,600屬如△海稜枌嵜泙里茲Δ3棟のタワーマンションが配置されます。C地区全体の延床面積は約225,000屬箸覆辰討い泙后

 当初は地上49階、高さ約165m(最高高さ約185m)のトリプルタワーで計画されていましたが、計画が延期され今の規模に変更となっています。


(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画
 「(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画」の計画地の空撮です。写真中央下の線路沿いの運河のような場所一帯が計画地です。海側のタワーマンション群は「コットンハーバータワーズ」で、最も高いもので地上38階、高さ119.43mなので、同計画では3棟全てがそれよりも遥かに高くなります。

(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画
 計画地と「コットンハーバータワーズ」の間にある線路はJR貨物の「東高島」駅で、目の前が駅という立地ですが貨物駅のため一般の駅としてはJR「東神奈川」駅と京急「仲木戸」駅が最寄り駅となります。

(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画
 このように計画地は空撮右下のヨコハマポートサイド地区からも近い位置ですが、現在はJR貨物の敷地のため真っ直ぐ行くことはできません。同計画では新しい道路が整備され真っ直ぐ行けるようになるようです。そうなると横浜駅方面が少し近くなります。

 駅からはそこそこ距離があり何もない場所だったため「コットンハーバータワーズ」はかなり安かった記憶がありますが、ここはどうなるんでしょうね?

■物件概要■
計画名:(仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画
所在地:横浜市神奈川区星野町及び神奈川一丁目地内
用途:住宅施設、商業施設公益的施設等
事業者:日本貨物鉄道、三井不動産レジデンシャル
工期:2021年着工〜2025年竣工予定

[C-1地区]
階数:地上47階、塔屋2階、地下2階
高さ:約165m(最高高さ約180m)
敷地面積:約10,000
建築面積:約4,300
延床面積:約87,000

[C-2地区A棟]
階数:地上42階、塔屋2階、地下2階
高さ:約150m(最高高さ約165m)

[C-2地区B棟]
階数:地上52階、塔屋2階、地下2階
高さ:約180m(最高高さ約195m)

[C-2地区A棟・B棟]
敷地面積:約17,100
建築面積:約7,300
延床面積:約138,000




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。