超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

東急プラザ渋谷

地上鉄骨建方開始!「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2018.2.17)

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 現地看板を撮影した「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上19階、高さ103.31m)の完成予想図です。地下1階〜地上8階と17階、18階が商業施設となり、途中の9階〜17階がオフィスフロアとなります。17階部分には屋上広場も設置されます。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 建設地は渋谷駅前の「旧東急プラザ渋谷」とその隣接する街区です。渋谷駅周辺では複数の再開発が行われていますが、その中ではこの規模でも小さなビルとなります。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 地上部の鉄骨建方が開始されていました。撮影から一週間経っているので今はもっと鉄骨が組まれているかと思います。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 目の前の歩道橋から撮影。鉄骨が組まれだすとここからだと近過ぎて撮影出来なくなりますね。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上19階、地下5階
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工予定

旧東急プラザ渋谷跡地「道玄坂一丁目駅前地区」の外装デザインが決定!

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
外観(北東側)イメージ[出典:東急不動産]

 昨日、2017年10月18日に道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合と、東急不動産より『道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業』の外装デザインを決定したと発表がありました。

 同事業は渋谷駅前にあった「旧東急プラザ渋谷」および隣接する街区の一体開発で、高層部をオフィス、中低層部を商業施設、そして1階には空港リムジンバスも乗り入れるバスターミナルが設置されます。渋谷駅周辺では複数の再開発が同時に進んでいますがここが西口側の顔となります。

▼東急不動産:ニュースリリース(2017年10月18日)
旧東急プラザ渋谷跡地を含む再開発 2019年秋竣工の道玄坂一丁目駅前地区  外装デザイン決定 多様な文化が混在する渋谷を表現

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 こちらは現地看板を撮影した「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。こちらの方が古いデザインとなり、今回発表されたデザインと比べると色々変化はありますが全体のイメージは変わっていません。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
外観(南西側)イメージ[出典:東急不動産]]

セルリアンタワー側から見た外観イメージです。


道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
建物模式断面図[出典:東急不動産]

 このように地下1階〜地上8階と17階、18階が商業施設となり、9階〜17階がオフィスフロアとなります。17階部分の屋上広場が気になるところです。

 建築基準法上の規模は地上19階、高さ103.31mとなりますが運用上では地上18階となります。


道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
アーバン・コア・イメージ[出典:東急不動産]

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
周辺街路整備(北西側)イメージ[出典:東急不動産]

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 2017年9月24日撮影の「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。地下部分の工事を行っているようでした。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 ところで建築計画では地下5階となっていますが、今回のニュースリリースでは地下4階となっていました。上記の通り建築基準法に合わせると地下3階で断面図とも合いますが、実際の地下階数は何階なんでしょうね?当ブログでは建築計画に合わせます。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 渋谷の再開発が終わる頃にはどんな街になっているんでしょうね?完成予想図で見るのと実際に見るのでは全然感覚は違うと思うので楽しみです。

■道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上19階、地下5階
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工予定

高さ約103m「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2017.6.11)

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 渋谷駅西口側の再開発「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上19階、高さ103.31m)です。1階床を作っているようなので逆打ち工法となるようですね。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 地下5階までとなりますが1階床を先に建設中です。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 この後、地下部と地上部を同時に建設して行くことになります。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 建設地は「東急プラザ渋谷」の跡地です。背後の超高層ビルは「渋谷マークシティ ウエスト」(地上23階、95.55m)です。ビルに囲まれた立地なのでこうして全体が見えるのは今だけです。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
 現地看板を撮影した完成予想図です。下半分と最上階が店舗、上半分がオフィスの複合ビルとなります。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上19階、地下5階
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工予定

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の建設状況(2016.10.1)

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 渋谷駅前の「東急プラザ渋谷」跡地の再開発「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上19階、高さ110m)の建設地です。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 目の前の歩道橋から建設地を覗いてみました。解体工事は終わって着工しています。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 隣の道路を挟んだこの小さな敷地も同再開発に含まれています。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都]

 「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」は低層部が店舗、高層部がオフィスとなる複合施設となります。渋谷駅周辺の再開発ではそれほど大きなビルではありませんが、この外観はなかなか存在感がありそうです。

■道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上19階、地下5階
高さ:110m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,335.53
延床面積:59,000
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:未定
工期:2015年11月1日〜2019年3月31日竣工予定

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の建設状況(2016.1.31)

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 渋谷駅前の「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上19階、高さ110m)の建設地です。ここは「東急プラザ渋谷」(2015年3月22日閉館)の跡地で2016年8月31日までが解体期間となっていますが、地上部の解体は既に終わっています。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 近くから見るとこの通り重機が入り乱れています。解体工期と本体工事の工期は被っており、建築計画のお知らせの情報通りだと既に着工しています。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 間に道路がありますが、ここも「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」に含まれています。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 セルリアンタワーから見た同方面です。この方向の景色は今後大きく変わります。というか、渋谷駅周辺の再開発が終わる頃には今とは別の渋谷になっているかと思います。

道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都]

 跡地に建設されるビルは低層部が店舗、高層部がオフィスとなる複合施設です。屋上庭園のさらに上の1フロアは店舗フロアとなります。たぶんレストランだと思いますが、なかなかの景色を楽しむことが出来そうです。

■道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上19階、地下5階
高さ:110m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,335.53
延床面積:59,000
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:未定
工期:2015年11月1日〜2019年3月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。