超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

東品川4丁目C街区

総戸数817戸「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の建設状況(2017.7.2)

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 完成予想図[出典:公式HP]

 「品川シーサイドフォレスト」の南西角地(C街区)に建設中のタワーマンション「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」(地上29階、最高高さ99.11m)の完成予想図です。この完成予想図からもわかるように1フロアが大きなタワーマンションで総戸数は817戸となっています。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 現地から撮影した「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の建設地です。タワークレーンが3基に増えていました。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 建設地を反時計周りにグルっと一周します。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 「品川シーサイドビュータワー」の2階屋上部分から撮影。この屋上部分とペデストリアンデッキで接続され、りんかい線「品川シーサイド」駅直結となります。他にも徒歩9分で京急本線「青物横丁」駅、徒歩16分でJR京浜東北線「大井町」駅にも行くこと出来ます。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 グルッと一周しましたが南側以外にはタワーマンションなどが視界を遮る建物が建っていることがわかるかと思います。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
プライムパークス品川シーサイド ザ・タワ 完成予想図[出典:公式HP]

 このようなペデストリアンデッキを通ることによって駅まで接続されます。また、イオン品川シーサイド店にも道路を渡ることなく行くことが出来ます。


プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
プライムパークス品川シーサイド ザ・タワ 完成予想図[出典:公式HP]

 屋上には共用施設として屋上庭園「スカイパーク」が設置されます。他にも20階にゲストルーム、1階と2階にキッズルームなどその他の共用施設が設置されます。


プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■プライムパークス品川シーサイド ザ・タワーの物件概要■
名称:プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
事業名:(仮称)東品川4丁目C街区新築工事
所在地:東京都品川区東品川四丁目61-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗・保育所
総戸数:817戸(他、共用としてゲストルーム(3室)、ラウンジ(1室)、マルチルーム(1室)、テナントとして店舗(2区画)、保育施設(1区画))
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.56m(最高高さ99.11m)
構造:RC造(一部S造)
基礎工法:現場打造成杭
敷地面積:9,898.51
建築面積:3,930.74
延床面積:74,998.90
建築主(売主):京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2016年6月1日着工〜2019年2月下旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

地上29階「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の建設状況(2017.5.6)

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 品川シーサイドで建設中のタワーマンション「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」(地上29階、最高高さ99.11m)の建設地です。

 建設地の隣接地にはオフィスビル「品川シーサイドサウスタワー」(写真左、地上18階、高さ82m)、賃貸のタワーマンション「品川シーサイドビュータワー機(写真中央、地上30階、高さ100m)と「品川シーサイドビュータワー供(写真右、地上30階、高さ100m)といったように超高層が建っています。そして道路を挟んだ西側(左側)には「カスタリアタワー品川シーサイド」(地上25階、高さ85.29m)も建っています。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 南側から撮影。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 「品川シーサイドビュータワー」の2階屋上部分から撮影。完成時にはこの屋上部分とデッキで繋がり、りんかい線「品川シーサイド」駅まで信号を渡ることなく行けるようになります。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 ズームです。まだ地下部の工事中のようで地上部が現れるのはまだ先になりそうです。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 外観完成予想図
プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 外観完成予想図[出典:公式HP]

 総戸数817戸という巨大なタワーマンションとなります。


プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 断面図
プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 断面図[出典:公式HP]

 断面図です。共用施設として屋上にスカイパーク、20階にゲストルームやパーティスイートが設置され、他にも1階にキッズルームなど大規模タワーマンションらしい共用施設が用意されます。


プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 位置図
 現地看板を撮影したマンションギャラリー案内図です。場所は品川シーサイドフォレスト」の南西角地(C街区)でペデストリアンデッキを通って駅やイオンなどに行くことが出来ます。また、左の方に行くと徒歩9分で京急本線「青物横丁」駅、徒歩16分でJR京浜東北線「大井町」駅と他の路線も使うことができます。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■プライムパークス品川シーサイド ザ・タワーの物件概要■
名称:プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
事業名:(仮称)東品川4丁目C街区新築工事
所在地:東京都品川区東品川四丁目61-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗・保育所
総戸数:817戸(他、共用としてゲストルーム(3室)、ラウンジ(1室)、マルチルーム(1室)、テナントとして店舗(2区画)、保育施設(1区画))
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.56m(最高高さ99.11m)
構造:RC造(一部S造)
基礎工法:現場打造成杭
敷地面積:9,898.51
建築面積:3,930.74
延床面積:74,998.90
建築主(売主):京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2016年6月1日着工〜2019年2月下旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

地上29階「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の建設状況(2017.3.25)

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 外観完成予想図
プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 外観完成予想図[出典:公式HP]

 「品川シーサイドフォレスト」の南西角地(C街区)で建設中のタワーマンション「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」(地上29階、最高高さ99.11m)の完成予想図です。りんかい線「品川シーサイド」駅とはペデストリアンデッキを通って横断歩道を渡ることなく行くことが出来るようになります。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 3月25日撮影の「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の建設地です。

 中央のタワーマンションは「品川シーサイドビュータワー機(地上30階、高さ100m)で、その右が「品川シーサイドビュータワー供(地上30階、高さ100m)です。そして左のオフィスビルは「品川シーサイドサウスタワー」(地上18階、高さ82m)です。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 反対側の「品川シーサイドビュータワー」の公開空地から撮影。背後のタワーマンションは「カスタリアタワー品川シーサイド」(地上25階、高さ85.29m)で、この右の方では「旧バンダイナムコ未来研究所」の跡地に「グランドメゾン品川シーサイドの杜」(地上19階、最高高さ64.83m)が建設中です。このため南側以外には何かしら大きな建物がある立地となります。

 タワーマンションらしい抜けた眺望を期待するならば、南側かほぼ最上階の西側だけとなりそうですが、ただ屋上にはスカイパークと呼ばれる供用スペースが設置されるため住民ならば眺望は楽しめます。また、20階には3つのゲストルームも設置されます。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 建設地にズームです。今はまだ地下の躯体工事を行っているようでした。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■プライムパークス品川シーサイド ザ・タワーの物件概要■
名称:プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
事業名:(仮称)東品川4丁目C街区新築工事
所在地:東京都品川区東品川四丁目61-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗・保育所
総戸数:817戸(他、共用としてゲストルーム(3室)、ラウンジ(1室)、マルチルーム(1室)、テナントとして店舗(2区画)、保育施設(1区画))
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.56m(最高高さ99.11m)
構造:RC造(一部S造)
基礎工法:現場打造成杭
敷地面積:9,898.51
建築面積:3,930.74
延床面積:74,998.90
建築主(売主):京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2016年6月1日着工〜2019年2月下旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

タワークレーン設置「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の建設状況(2016.12.4)

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 外観完成予想図
 品川シーサイド駅がある「品川シーサイドフォレスト」の南西角のC街区で建設中のタワーマンション「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」(地上29階、最高高さ99.11m)の外観完成予想図です。

※この完成予想図を含めて現地で撮影した写真以外は公式サイトの図を転載しています。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー フロア概念図
 フロア概念図です。共用施設などのフロア構成はこのようになっています。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー スカイパーク完成予想図
 屋上には富士山も望めるスカイパークが整備されます。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー パーティスイート
 20階にはパーティスイートが設置されます。窓の下に見えている解体された「旧バンダイナムコ未来研究所」(地上9階、最高高さ46.54m)です。跡地では「グランドメゾン品川シーサイドの杜」(地上19階、最高高さ64.83m)が建設中のためこの完成予想図と景色は少し変わりそうです。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー ビュースイート
 ビュースイートです。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー オリエンタルスイート
 オリエンタルスイートです。西向きの視界が開けた部屋となります。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 昨日、2016年12月4日に撮影した「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の建設地です。道路に面した部分以外はタワーマンションやオフィスビルに囲まれた立地となっています。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 タワークレーンが設置されていました。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
 シーサイドビュータワーの2階屋上部分から撮影。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 敷地配置図
 配置図を見るとペデストリアンデッキ(2階で直結)とありますが、上の撮影場所であるシーサイドビュータワーに繋がり、そのまま横断歩道を通ることなくりんかい線の「品川シーサイド」駅や「イオン品川シーサイド店」まで行くことが出来るようになります。

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー ペデストリアンデッキ
 そのペデストリアンデッキの完成予想図です。

品川シーサイドフォレストと外観イメージイラスト概念図
 「品川シーサイドフォレスト」全体と「プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー」の外観図です。このように街区の端に位置しており、かなり大きなタワーマンションとなります。総戸数は817戸という規模です。販売開始予定は2017年2月下旬で販売予定価格は3,900万円台〜15,000万円台(100万円単位・税込)で専有面積は53.38屐111.18屬箸覆辰討い泙后

プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■プライムパークス品川シーサイド ザ・タワーの物件概要■
名称:プライムパークス品川シーサイド ザ・タワー
事業名:(仮称)東品川4丁目C街区新築工事
所在地:東京都品川区東品川四丁目61-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗・保育所
総戸数:817戸(他、共用としてゲストルーム(3室)、ラウンジ(1室)、マルチルーム(1室)、テナントとして店舗(2区画)、保育施設(1区画))
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.56m(最高高さ99.11m)
構造:RC造(一部S造)
基礎工法:現場打造成杭
敷地面積:9,898.51
建築面積:3,930.74
延床面積:74,998.90
建築主(売主):京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2016年6月1日着工〜2019年2月下旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

地上29階・827戸「プライムパークス品川シーサイドザ・タワー」の建設状況(2016.8.7)

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 品川シーサイド駅近くの建設中の「プライムパークス品川シーサイドザ・タワー」(地上29階、最高高さ99.11m)です。総戸数817戸という巨大なタワーマンションで、売主は京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産の5社で、2017年2月下旬より販売開始予定です。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 建設地にズームです。現地作業予定を見ると既存杭解体工事、山留打設工事、PC杭工事となっていました。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 建設地は品川シーサイドフォレストと呼ばれる街区で最後まで残っていたC街区で南西角地です。中央とその右のタワーマンションが「品川シーサイドビュータワー機(地上30階、高さ100m)と「品川シーサイドビュータワー供(地上30階、高さ100m)、左のオフィスビルは「品川シーサイドサウスタワー」(地上18階、高さ82m)で北側から東側にかけてはビルやマンションに囲まれています。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 敷地南側から撮影。正面が北側で右側が東側となります。りんかい線の品川シーサイド駅は北東に少し行った場所の地下にあります。駅の出入口までは徒歩3分の距離です。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
 敷地西側から撮影。以前はフットサルコート、コインパーキング、空き地となっていました。

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
プライムパークス品川シーサイドザ・タワーの完成予想図[出典:公式HP]

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
プライムパークス品川シーサイドザ・タワーの配置図[出典:公式HP]

プライムパークス品川シーサイドザ・タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。以前の建築主は京浜急行電鉄、大和ハウス工業、長谷工コーポレーションとなっていましたが、長谷工コーポレーションが抜けて三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産が加わっています。

■プライムパークス品川シーサイドザ・タワーの物件概要■
名称:プライムパークス品川シーサイドザ・タワー
事業名:(仮称)東品川4丁目C街区新築工事
所在地:東京都品川区東品川四丁目61-1他(地番)
用途:共同住宅・店舗・保育所
総戸数:817戸
階数:地上29階、地下1階
高さ:95.56m(最高高さ99.11m)
構造:RC造(一部S造)
基礎工法:現場打造成杭
敷地面積:9,898.51
建築面積:3,930.74
延床面積:74,998.90
建築主(売主):京浜急行電鉄、大和ハウス工業、三菱地所レジデンス、総合地所、京急不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2016年6月1日着工〜2019年2月末日竣工予定
入居:2019年3月末日予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。