最初から追記です。2019年11月5日に東急不動産と鹿島建設より街区名称が「東京ポートシティ竹芝TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)」に決定したことが発表されました。これに伴い記事中の名称や構成などを修正しました。修正箇所は省略します。

▼東急不動産:ニュースリリース(2019年11月5日)
(仮称)竹芝地区開発計画 街区名称を決定
東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)




東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 「世界貿易センタービル」の展望台から見た竹芝で建設中の「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」(地上40階、高さ208.83m)です。今までは「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」として載せていましたが名称が決定しています。

 オフィスフロアは9階〜39階に位置しソフトバンクグループとソフトバンク、そしてソフトバンクが出資しているWeWork Japanの入居が決定しており、ソフトバンクの本社がここに移転してくることになります。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 建設地は「都立産業貿易センター浜松町館(都産貿:とさんぼう)」と「東京都計量検定所」の跡地の都有地で約70年間の定期借地となっています。都有地のため事業者の募集があったのですが、そのときにアルベログランデ(東急不動産、鹿島建設、久米設計)の案に竹芝駅から浜松町駅までを結ぶペデストリアンデッキが含まれており、それも評価されて事業者が決定しています。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 そのペデストリアンデッキにズームです。だいぶ建設が進んできましたが浜松町駅部分の建設がまだなのが気になります。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 首都高を超えるペデストリアンデッキのためそれなりの高さがあり、隣には「芝離宮恩賜庭園」があるので眺望も期待できそうです。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 その首都高越しに見た「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」です。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 首都高を超えた眼の前から見上げた様子です。直方体のビルではなく大雑把に言うと直角三角形となっているので見る角度によって印象が変わるビルとなっています。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 芝浦商業高校の隣から撮影。ここから見ると普通の箱型のビルに見えます。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 竹芝埠頭から見ると完全な箱型のビルに見えますが直角なのはこの角だけです。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 北側から見ると板状にも見えます。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 低層部の2〜6階部分には約6,600屬箸覆覲段状のスキップテラスが整備されます。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 オフィスフロア部はもちろん一般の人は行けませんが、低層階の2〜5階には「に東京都立産業貿易センター浜松町館」が入居し、1〜3階の商業ゾーンには飲食店等が19店舗出店するためこのスキップテラス部には一般の人も行けるようになります。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 浜松町から続くペデストリアンデッキはそのスキップテラスを通ってここまでやってきます。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 そしてペデストリアンデッキは竹芝駅に繋がるようになりますが、竹芝駅の目の前に建設中のホテル「ホテルタビノス浜松町」にも繋がるようです。



東京ポートシティ竹芝レジデンスタワー

 その隣で建設中の賃貸マンションとなる住宅棟「東京ポートシティ竹芝レジデンスタワー」(地上18階、最高高さ70m)です。今までは「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」として載せていました。



東京ポートシティ竹芝レジデンスタワー

 こちらの建設地は「東京都公文書館」の跡地です。



東京ポートシティ竹芝レジデンスタワー

 以前の情報のままだと一般賃貸住宅、サービスアパートメント、シェアハウスの3種類からなる賃貸住宅となります。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 場所は変わって「晴海客船ターミナル」から見た「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」です。やっぱり高さが揃っているよりも他より抜けた高さのあるスカイラインはいいですね。



東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

 最後は「築地大橋」から見た「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」です。

 手前には何日か前に載せた「ウォーターズ竹芝」(地上26階、高さ120m)の劇場棟も見えます。右奥で建設中のビルは「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)です。

 ウォーターフロントの超高層ビルは色々な場所から見えるのでいいですね。



(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:東京ポートシティ竹芝オフィスタワー
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番9号、11号
用途:事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上40階、地下2階
高さ:208.83m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
敷地面積:12,156.65
建築面積:9,558.24
延床面積:181,777.08
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2016年5月16日着工〜2020年5月31日竣工予定