超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

東京タワー

高さ約330m「虎ノ門・麻布台地区」の開発計画決定!

虎ノ門・麻布台地区 イメージパース
虎ノ門・麻布台地区 イメージパース[出典:内閣府]

 虎ノ門・麻布台地区で森ビルによって高さ330mの超高層ビルなどが計画されていることが、今年1月の第11回東京都都市再生分科会の配布資料より判明していましたが、2017年5月19日に東京都都市計画審議会が虎ノ門・麻布台エリアの開発計画を決定したと日経に掲載されました。これにより2018年度の着工に向けて一歩前進です。完成予定は2022年度なので5,6年後と割りとすぐです。

 虎ノ門・麻布台地区には3棟の超高層棟が建設されますが、A街区が地上65階、高さ約330m、B-1街区が地上63階、高さ約270m、B-2街区が地上53階、高さ約240mといった規模で、A街区は一時的に高さ日本一の超高層ビルとなります。

▼日本経済新聞(2017年5月19日)
虎ノ門に日本一高いビル 330メートル、22年度に完成

▼2017年1月11日の当ブログ記事
虎ノ門・麻布台地区概要判明!地上65階、高さ330m!日本最高層タワーマンションなど建設へ!


虎ノ門・麻布台地区 断面図
虎ノ門・麻布台地区 断面図[出典:内閣府]

 A街区は地上65階、地下5階、高さ約330m、延べ約449,000屬蚤臧分は事務所ですが、56階以上は総戸数約80戸の住宅フロアとなります。間取りは2〜5LDKで専有面積は約125屐1000屬燃こ阿良挈義惴となります。他にも生徒数約1200人の都内最大級のインターナショナルスクールや多言語に対応した子育て支援施設も設置されます。高さ330mは「大手町二丁目常盤橋地区」の高さ390mの超高層ビルに抜かれるまでは高さ日本一となります。

 B-1街区は地上63階、地下4階、高さ約270m、延べ約170,500屬6階〜12階が総戸数約160戸のサービスアパートメントとなります。13階以上は一般の住宅フロアとなりますが分譲なのか賃貸なのかは不明です。また、高さ約270mはタワーマンションとしては日本一の高さとなります。ただ、A街区の高層階は住宅となるので、住宅フロアとしてはA街区が高さ日本一となります。

 B-2街区は地上53階、地下5階、高さ約240m、延べ約155,500屬離織錙璽泪鵐轡腑鵑箸覆蠅泙后9發橘240mはタワーマンションとしてはB-1街区次ぐ日本2位の高さとなります。


虎ノ門・麻布台地区 配置図
虎ノ門・麻布台地区 配置図[出典:内閣府]

 配置図です。約8.1ヘクタールの敷地で桜田通り側には低層のC街区も整備されます。


虎ノ門・麻布台地区 歩行者ネットワークイメージ
虎ノ門・麻布台地区 歩行者ネットワークイメージ[出典:内閣府]

 日比谷線「神谷町」駅と南北線「六本木一丁目」駅は東西歩行者通路(地下)によって繋がります。それなりの距離があるので乗り換えとしての通路としてはあまり使う人はいないと思いますが、この周辺に用事がある場合は2路線を選択することが出来るので便利になりそうです。


東京タワーから見た虎ノ門・麻布台地区
 東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台地区」方面です。黒い大きな屋根の建物は霊友会釈迦殿で、再開発地区はこれを避けるような形となっています。

虎ノ門・麻布台地区
 A街区の建設地です。現在は麻布郵便局が建っています。

虎ノ門・麻布台地区
 B街区方面です。奥がB-1街区で手前がB-2街区となります。

虎ノ門・麻布台地区
 B-1街区あたりです。

虎ノ門・麻布台地区
 この辺りもB-1街区です。2018年度着工なので数年以内に一気に解体工事が始まるかと思います。

虎ノ門・麻布台地区
 B-2街区あたりです。

虎ノ門・麻布台地区
 この辺りもB-2街区です。

虎ノ門・麻布台地区
 たぶんB-2街区あたりです。

虎ノ門・麻布台地区
 昔ながらの雰囲気がある場所ですが、計画通り進むと2022年度には全く新しい街に生まれ変わっています。

虎ノ門・麻布台地区
 C街区方面です。

虎ノ門・麻布台地区
 こちらもC街区あたりです。

虎ノ門・麻布台地区 桜田通り沿道イメージ
虎ノ門・麻布台地区 桜田通り沿道イメージ[出典:内閣府]

 C街区はこのように新しい街への入口となります。森ビルと言えば六本木ヒルズですが、そのヒルズを彷彿とさせる雰囲気が感じられます。実際、ここは「麻布台ヒルズ」といった名称になるのかなと思っています。

六本木ヒルズから見た虎ノ門・麻布台地区方面
 最後はその六本木ヒルズからの眺めです。この方向に高さ約240m〜330mの超高層ビルが建設されます。色々な超高層ビルが見えなくなりそうですが、超高層ビル群はよりいっそう迫力を増しそうです。

■虎ノ門・麻布台地区全体の概要■
所在地:東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
地区面積:約8.1ha
工期:2018年度着工〜2022年度竣工予定

■虎ノ門・麻布台地区 A街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区 A街区
用途:住宅、事務所、店舗、子育て支援施設、インターナショナルスクール、駐車場等
総戸数:約80戸
階数:地上65階、地下5階
高さ:約330m
敷地面積:約24,100
延床面積:約449,000

■虎ノ門・麻布台地区 B-1街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区 B-1街区
所在地:東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
用途:住宅、サービスアパートメント、事務所、店舗、駐車場等
階数:地上63階、地下4階
高さ:約270m
敷地面積:約9,600
延床面積:約170,500

■虎ノ門・麻布台地区 B-2街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区 B-2街区
所在地:東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
用途:住宅、店舗、生活支援施設、駐車場等
階数:地上53階、地下5階
高さ:約240m
敷地面積:約16,500
延床面積:約155,500

高さ129m「御成門プロジェクト」の建設状況(2017.4.29)

御成門プロジェクト 完成予想図
 都営三田線「御成門」駅前で建設中の超高層オフィスビル「御成門プロジェクト」(地上22階、高さ129m)の完成予想図です。ほんの少し飛び出た壁面の特徴的なデザインであり、1フロア300坪超、免震構造の無停電対応のオフィスビルとなります。

御成門プロジェクト
 御成門交差点から撮影した「御成門プロジェクト」です。一部鉄骨が組まれはじめていました。

御成門プロジェクト
 これは4月29日撮影のため現在はもっと鉄骨が組まれているかと思います。

御成門プロジェクト
 中央奥に東京タワーの上の方だけ見えていますが、ここに建つビルから東京タワーまでの間には低層の東京プリンスホテルがあるくらいなので、中層階以上なら目の前に東京タワーという眺めになりそうです。

■御成門プロジェクトの物件概要■
仮称:御成門プロジェクト
計画名称:(仮称)芝公園1丁目ビル計画
所在地:東京都港区芝公園1丁目
用途:事務所・集会所
階数:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:129.00m
敷地面積:3,710.24
建築面積:1,770.86
延床面積:33,695.44
構造:鉄造骨、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:三井住友建設
工期:2015年6月1日着工(地下解体も含む)〜2018年3月31日竣工予定

高さ129m「御成門プロジェクト」の建設状況(2017年3月25日)

御成門プロジェクト 完成予想図
 都営三田線「御成門」駅の目の前で建設中の「御成門プロジェクト」(地上22階、高さ129m)の完成予想図です。現地看板を撮影しました。まだ完成予想図の段階ですがほんの少し飛び出た部分があるだけでデザイン性が一気に高くなりますね。

御成門プロジェクト
 東京タワーからの眺めです。中央のタワークレーンが見えている場所が「御成門プロジェクト」の建設地です。芝公園の北東端の隣です。

御成門プロジェクト
 ズームです。撮影した3月25日時点では地下躯体工事が行われていました。そろそろ地上鉄骨建方開始されているかもしれません。

御成門プロジェクト
 御成門交差点から撮影。

御成門プロジェクト
 「御成門プロジェクト」と東京タワーの間には芝公園と東京プリンスホテルがあるだけです。そのため東京タワー方面は抜けた景色となり、東京タワーを間近で望む絶景のオフィスビルとなりそうです。

御成門プロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。1フロア300坪超、免震構造の無停電対応のオフィスビルとなります。

■御成門プロジェクトの物件概要■
仮称:御成門プロジェクト
計画名称:(仮称)芝公園1丁目ビル計画
所在地:東京都港区芝公園1丁目
用途:事務所・集会所
階数:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:129.00m
敷地面積:3,710.24
建築面積:1,770.86
延床面積:33,695.44
構造:鉄造骨、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:三井住友建設
工期:2015年6月1日着工(地下解体も含む)〜2018年3月31日竣工予定

東京タワー観覧車計画

 本日4月1日、東京タワーの先に観覧車を設置するというビッグニュースがとある情報通より寄せられました。情報通によりますと今年1月に森ビルの大規模再開発「虎ノ門・麻布台地区」によって東京タワー近くに地上65階、高さ約330mの超高層ビルなどが建設されることが判明し、それにより東京タワーが今よりも目立たなくなる可能性があり、そして特別展望台(海抜250m)が見下ろされるという事態になるため、思い切って東京タワーの先に観覧車を設置する案が浮上したとのことです。

 これがその情報通より頂いた「東京タワー観覧車」の完成予想図です。情報通が「自分の技術では観覧車の写真を合成するのは無理だった」「縮尺がおかしくて観覧車がデカ過ぎた」「乗り場を付ける余裕がなかった」などとも言っていたので、いささか情報の真偽が怪しまれるが続報に期待したいところです。

東京タワー観覧車

 麻布台の330mの超高層ビルは東京タワーの右側に建設されます。他にも第二六本木ヒルズの計画もあるので、この景色は将来一変しそうです。

※ 観覧車の画像の著作者はFree Download Webです。クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのライセンスに従って使用しています。

虎ノ門・麻布台地区概要判明!地上65階、高さ330m!日本最高層タワーマンションなど建設へ!

虎ノ門・麻布台地区 イメージパース
虎ノ門・麻布台地区 イメージパース[出典:内閣府]

 森ビルが計画している大規模再開発「虎ノ門・麻布台地区」の概要が第11回東京都都市再生分科会の配布資料より判明ました。ビッグニュースです!このイメージパースのようにA街区からC街区まで7棟のビルの建設が計画されおり、各街区の規模は以下の通りで高さ300m超えの超高層ビルも計画されています。

・A街区:地上65階、地下5階、高さ約330m、延べ約449,000屐⊇斬陝∋務所、店舗、子育て支援施設、インターナショナルスクール、駐車場 等
・B-1街区:地上63階、地下4階、高さ約270m、延べ約170,500屐⊇斬陝▲機璽咼好▲僉璽肇瓮鵐函∋務所、店舗、駐車場 等
・B-2街区:地上53階、地下5階、高さ約240m、延べ約155,500屐⊇斬陝店舗、生活支援施設、駐車場 等
・C-1街区:地上3階、地下2階、高さ約20m、延べ約11,100屐店舗、駐車場 等
・C-2街区:地上8階、地下3階、高さ約40m、延べ約28,400屐⊇斬陝∋務所、店舗、駐車場 等
・C-3街区:地上3階、地下1階、高さ約30m、延べ約1,800屐店舗、駐車場 等
・C-4街区:地上3階、地下2階、高さ約15m、延べ約3,300屐∋院、駐車場 等

 着工は平成30年度(2018年度)、竣工は平成34年度(2022年度)の予定となっています。予定通り建設が進むと「大手町二丁目常盤橋地区」の高さ390mの超高層ビルよりも早く完成することとなるので、一時的にここが日本一の超高層ビルとなります。

▼内閣府地方創生推進事務局(2017年1月10日)
第11回 東京都都市再生分科会 配布資料


虎ノ門・麻布台地区 断面図
虎ノ門・麻布台地区 断面図[出典:内閣府]

 A街区は高層階の56階〜65階が住宅フロアとなります。総戸数は約80戸で間取りは2〜5LDKで専有面積は約125屐1000屬之弉茲気譴討い泙后J譲になるのか賃貸になるのかわかりませんが、高さ300m超えの1000屬箸覆襪反十億円になるのでしょうか?今までと規模が違い過ぎて予想すら出来ません。

 B-1街区のサービスアパートメントは6階〜12階部分で総戸数は約160戸、間取りは1〜2LDKで専有面積は約40屐100屬之弉茲気譴討い泙后B召僚斬陲箸覆辰討い覯媾蠅粒詰廚鷲毀世任垢、全体戸数は約1300戸で計画されています。

 ところで日本一高いタワーマンションがこの「虎ノ門・麻布台地区」によって塗り替えられることとなりますが、A街区はタワーマンションと呼ぶには住宅部の専有フロアが少な過ぎます。そうなるとB-1街区の地上63階、高さ約270mが日本一高いタワーマンションとなるんですかね。定義が難しいです。日本一高い住宅フロアはA街区です。ちなみに今年着工する森ビルの「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)が一時的に日本一高いタワーマンションとなります。


虎ノ門・麻布台地区 位置図
虎ノ門・麻布台地区 位置図[出典:内閣府]

 「虎ノ門・麻布台地区」の計画地はこのような場所で、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅と東京メトロ日比谷線の神谷町駅の間になります。右下の区域の説明部分あたりが「東京タワー」です。


虎ノ門・麻布台地区 配置図
虎ノ門・麻布台地区 配置図[出典:内閣府]

 A街区の北側には大きな広場も整備されます。全体的に緑豊かな街並みとなります。


虎ノ門・麻布台地区 歩行者ネットワークイメージ
虎ノ門・麻布台地区 歩行者ネットワークイメージ[出典:内閣府]

 今回の再開発によって六本木一丁目駅と神谷町駅は地下に整備される歩行者通路によって繋がります。


虎ノ門・麻布台地区 桜田通り沿道イメージ
虎ノ門・麻布台地区 桜田通り沿道イメージ[出典:内閣府]

 桜田通り沿道からのイメージ図です。森ビルは以前から「虎ノ門・麻布台地区」や「六本木5丁目プロジェクト(通称:第二六本木ヒルズ)」は六本木ヒルズを超えるインパクトを与えると公言していましたが、その通り六本木ヒルズを超えるインパクトのプロジェクトでした。これは第二六本木ヒルズもかなり期待が高まりますね。第二六本木ヒルズも以前から高さ300mを超えてくると言われているので、計画概要が明らかになる日が楽しみです。


虎ノ門・麻布台地区 世界貿易センタービルからのイメージ
虎ノ門・麻布台地区 世界貿易センタービルからのイメージ[出典:内閣府]

 世界貿易センタービルからのイメージ図です。周辺の200m超えの超高層ビルが小さく感じそうな規模です。


虎ノ門・麻布台地区の空撮
 昨年10月の「虎ノ門・麻布台地区」の空撮です。配置図を見比べて計画地に赤色をつけてみたので多少ずれているかもしれませんがこのよう広大な敷地です。地権者数は借地権を含む約120名、区分所有者を含む約330名で棟数は約220棟となっています。

 また、現在は麻布郵便局があるA街区の右側で計画地に隣接する大きな建物は「霊友会釈迦殿」ですが、この辺りは計画地には含まれません。ちなみに麻布郵便局は当初発表されていた「虎ノ門・麻布台地区」では含まれていませんでしたが、今回は含まれて敷地を大きく拡大してきました。

虎ノ門・麻布台地区方面の空撮
 別方向からの空撮です。東京タワーの背後が計画地です。このブログで何度も登場している羽田空港高さ制限回答システムによると計画地の高さ制限は約220m〜225mくらいとなっています。ここも国家戦略特区のため大きく高さ制限を超えてきました。

虎ノ門・麻布台地区方面
 昨年末に撮影した六本木ヒルズからの眺めです。この方向が「虎ノ門・麻布台地区」です。完成が今から楽しみです。

■虎ノ門・麻布台地区 A街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区 A街区
所在地:東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
用途:住宅、事務所、店舗、子育て支援施設、インターナショナルスクール、駐車場等
総戸数:約80戸
階数:地上65階、地下5階
高さ:約330m
敷地面積:約24,100
延床面積:約449,000
工期:2018年度着工〜2022年度竣工予定

■虎ノ門・麻布台地区 B-1街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区 B-1街区
所在地:東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
用途:住宅、サービスアパートメント、事務所、店舗、駐車場等
階数:地上63階、地下4階
高さ:約270m
敷地面積:約9,600
延床面積:約170,500
工期:2018年度着工〜2022年度竣工予定

■虎ノ門・麻布台地区 B-2街区の物件概要■
計画名称:虎ノ門・麻布台地区 B-2街区
所在地:東京都港区虎ノ門五丁目、麻布台一丁目及び六本木三丁目各地内
用途:住宅、店舗、生活支援施設、駐車場等
階数:地上53階、地下5階
高さ:約240m
敷地面積:約16,500
延床面積:約155,500
工期:2018年度着工〜2022年度竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。