超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

東五反田

大崎で地上40階タワマンと20階オフィスビル計画「東五反田二丁目第3地区再開発事業」の建設地の様子(2019.10.5)

東五反田二丁目第3地区再開発事業
立面イメージ[出典:品川区]

 大崎駅から北側へ徒歩数分、目黒川沿いで「東五反田二丁目第3地区再開発事業」が計画されています。事業者は東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合で竹中工務店が事業協力者として参画しています。

 A地区(業務棟)は地上約20階、高さ約110m、延べ床面積約70,000屐B地区(住宅棟)は地上約40階、高さ約150m、延床面積約41,000といった規模の計画となっています。



東五反田二丁目第3地区再開発事業
配置図[出典:品川区]

 目黒川沿いの三角形の街区が計画地で、大崎駅に近い側からA地区、B地区、C地区となっています。C地区には公演が整備される計画となっています。



東五反田二丁目第3地区再開発事業
位置図[出典:品川区]

 場所は五反田駅と大崎駅の間で両駅が徒歩圏です。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 その目黒川沿いから見た「東五反田二丁目第3地区再開発事業」の計画地です。準備組合が開発計画の説明会を先月下旬に行った段階のため解体等の動きはありません。




東五反田二丁目第3地区再開発事業

 このイマジカがあるあたりに地上40階程度、高さ約150m、総戸数約395戸のタワーマンションが建設する計画となっています。高さ制限は153mとなっているので想定規模より大きくなることはないかと思います。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 こちらの「オーバルコート大崎マークウエスト」(地上17階、高さ77.2m)と右側に見切れている「ザ・パークタワー東京サウス」(地上30階、高さ109m)の目の前に地上20階程度、高さ約110mのオフィスビルが計画されています。こちらの高さ制限は115mとなっているのでこちらも想定規模より大きくなることはないかと思いますが、「ザ・パークタワー東京サウス」からの眺望には大きな影響が出ることになりそうです。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 この地区はこの角度から見るのが個人的には一番見慣れた光景です。間違いなく再開発があるだろうと過去にも撮影はしていますが、写真を探すのが大変なので週末に撮影してきました。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 三角形の街区で一番鋭角なこちら側に公演が整備されます。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 この正面のビルもイマジカの建物ですが、路地を入って行くとイマジカではない他の建物や戸建てもあります。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 こういった再開発予定地には再開発待ちの駐車場が点在していることが多いですが、ここはこの北東角にしかありません。

 まだ準備組合が説明会を行った段階なので実際の再開発が始まるのはまだまだ先になりそうです。今後は2020年を目標に都市計画を決定し組合を設立、そして権利変換計画認可を経て着工となります。

■物件概要(共通)■
事業名:東五反田二丁目第3地区再開発事業
所在地:東京都品川区東五反田二丁目
事業主:東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合
事業協力者:竹中工務店

■物件概要(A地区:業務棟)■
用途:事務所・店舗
階数:地上約20階
高さ:約110m
敷地面積:約9,200
延床面積:約70,000

■物件概要(B地区:住宅棟)■
用途:住宅・保育所
総戸数:約395戸
階数:地上約40階
高さ:約150m
敷地面積:約4,500
延床面積:約41,000

クレヴィアタワー池田山の建設状況(2015年4月4日)

クレヴィアタワー池田山
 五反田駅前の桜田通りの坂を登り始めたところの「クレヴィアタワー池田山」(地上23階、高さ83.17m)です。

 撮影時点で4階部分の鉄筋を組み始めたところでしょうか?タワーマンションとしてはかなり小さなタワークレーンで建設中です。

クレヴィアタワー池田山
 「クレヴィアタワー池田山」の目の前の信号を渡ったところから撮影。あの小さなクレーンで23階まで建設するのでしょうか?ここの工事現場は個人的にタワークレーンに注目しています。

 「クレヴィアタワー池田山」の高層階の20階〜23階は「プレミアムフロア」となっており、天井高は最大約2,800mmとなっています。また、共用施設として屋上にはスカイテラスが設置されます。

■クレヴィアタワー池田山の物件概要■
名称:クレヴィアタワー池田山
計画名:(仮称)東五反田五丁目計画
所在地:東京都品川区東五反田五丁目108番51他
用途:共同住宅
総戸数:104戸
階数:地上23階、地下1階
高さ:83.17m
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:841.93
建築面積:397.44
延床面積:7,690.98
建築主:伊藤忠都市開発
設計:浅井謙建築研究所
施工:大末建設
工期:2014年6月下旬着工〜2016年7月末日竣工予定
入居:2016年9月末日予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

クレヴィアタワー池田山にタワークレーン!(2015年1月3日)

クレヴィアタワー池田山
 東五反田5丁目で建設中の「クレヴィアタワー池田山」(地上23階、高さ83.17m)です。

 場所は桜田通りを五反田駅から高輪台駅の方へ少し行ったところで、3方向を道路で囲まれた場所です。現地ではご覧の通りタワークレーンが設置されましたが、23階建てのタワーマンションの建設現場とは思えない小さなタワークレーンです。このクレーンで本当に23階まで建設するのでしょうか?

クレヴィアタワー池田山
 別角度からもう1枚。建築主は名称からわかる通り伊藤忠都市開発です。

クレヴィアタワー池田山
 フェンスが邪魔で中がはっきりと見えませんが中を少し覗くことが出来ました。建築面積は397.44屬任なり細身のタワーマンションとなります。13階以上は全て角住戸で角住戸率は80%となっています。

 また、エレベーターは12階までの低層階用と13階〜23階と屋上用の2基のみです。総戸数は104戸と少ないのでこれで十分なんですかね。タワーマンションに住み始めて約10年ですが、混雑時は1階に降りるまで5分くらいかかることもあるのでエレーベーター数は気になります。

 共有施設として屋上にスカイテラスが設置されますが、コンシェルジュで専用キーを借る必要がありちょっと面倒そうです。エレベーターはキー認証システムを採用しているので、部外者はそう簡単に入れないと思うので、スカイテラスには気軽に行けるようにした方がいいのでは?と思ってしまいます。

クレヴィアタワー池田山 建築計画のお知らせ
 「クレヴィアタワー池田山」の建築計画のお知らせです。1年以上前に載せたときと階数は同じですが、数値が色々と変更になっています。

■(仮称)東五反田五丁目計画の物件概要■
名称:クレヴィアタワー池田山
計画名:(仮称)東五反田五丁目計画
所在地:東京都品川区東五反田五丁目108番51他
用途:共同住宅
総戸数:104戸
階数:地上23階、地下1階
高さ:83.17m
敷地面積:841.93
建築面積:397.44
延床面積:7,690.98
建築主:伊藤忠都市開発
設計:浅井謙建築研究所
施工:大末建設
工期:2014年6月下旬着工〜2016年7月末日竣工予定
販売:2015年3月上旬販売開始予定
入居:2016年9月末日予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク