超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

札幌

札幌駅前に地上47階、高さ230mを目指す「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」の準備組合が設立!

札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 2019年11月11日、JR北海道と札幌市より札幌駅に隣接するの「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」において「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合」設立したとニュースリリースが出ました。

 今年の6月にセスナをチャーターして撮影した計画地です。対象区域は「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の南東側の大きな駐車場がある「北5西1街区」と「JRタワー」の南側に隣接した商業施設「エスタ」がある「北5西2街区」で、2030年度末の開業を予定している北海道新幹線の札幌駅も隣接しています。

 「北5西1街区」には商業施設、オフィス、ホテルで構成される超高層ビルが計画されており、各種報道によると「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)と同規模の地上47階、高さ230mの超高層ビル建設を目指すとのことです。

 今後のスケジュールとしては2020年度上期までに基本計画、2022年度に都市計画決定、2023年度に事業認可・再開発組合設立を経て、2023年度に着工し2029年の秋に全体竣工、供用開始を予定しています。札幌は2030年の札幌冬季オリンピック・パラリンピックの招致を目指しており、それに間に合わせる計画となっているため計画延期といったことはなく着々と進むものと思われます。

▼JR北海道:ニュースリリース(2019年11月11日)
「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合」設立のお知らせ



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
位置図[出展:JR北海道]

 エスタがある「北5西2街区」は約10,300屐現在は駐車場となっている「北5西1街区」は約12,100屬旅さがあり札幌駅前の一等地となっています。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
創成東地区との連携[出展:JR北海道]

 このように「北5西1街区」は新幹線の札幌駅と接続され、創成川通をはさんで東側にも新幹線の改札口の設置が検討されています。

 ところで、新幹線の札幌駅の設置場所を決めるときに利便性の高い在来線ホームを転用する案もあったのですが、JR北海道が主張する現在の位置に決定しています。これは今回のこの再開発に繋げたいため他の案は無理だと言い張ったというような記事をどこかで見た記憶があります。JR北海道は赤字続きで稼ぎ頭は不動産業とのことらしいので有り得そうな話しです。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
断面図[出展:JR北海道]

 このようにエスタがある「北5西2街区」と「北5西1街区」の低層部は商業施設となり両街区の1階はバスターミナルが設置されます。その両街区のバスターミナルの上には待合所となる「交通待合交流空間」も整備されます。「北5西1街区」の世界展開する高級ホテルが想定されています。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
交通待合交流空間[出展:JR北海道]



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 今年の6月に撮影した「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」です。左の白い建物が「北5西2地区」となる「エスタ」で過去の報道なども見ると建て替えとなるようです。そしてこの正面にある駐車場が地上47階、高さ230mの超高層ビル建設を目指す「北5西1地区」です。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 「エスタ」から見た「北5西1地区」です。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 このように広大な駐車場となっています。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階展望室から見落とした「北5西1地区」です。左側の一部が新幹線の用地となりますが正確な境目は不明です。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 少なくても「JRタワー」よりも高い超高層ビルが建設されることになりそうですが、こういった計画はだいたい最大規模を想定してそこから現実的な規模へと縮小されていきます。最終的にどのような規模になるのかは現時点ではわかりませんが高さ200mを超える超高層ビルにはなって欲しいものです。

 現在、高さ200mを超える超高層ビルがある都道府県は北から順に東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府だけです。ここに高さ200mを超える超高層ビルが建設されると北海道が6番目となります。2020年上期に基本計画決定のためその頃にはだいたいの規模が判明しそうです。

地上27階「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」の空撮と建設状況(2019.06.24)

ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 札幌駅から1駅の「苗穂」駅前で建設中のツインタワーマンション「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)の空撮です。6月24日にセスナをチャーターして撮影しました。大京、住友不動産、JR北海道による分譲のタワーマンションです。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 左上に見えるのが苗穂駅です。以前の苗穂駅は写真左の方にありましたが2018年11月17日に札幌駅側に約300mずれて新駅舎が開業しました。そのため駅周辺はまだ建設中の場所が多いです。



アリオ札幌の空撮

 すぐ隣にはショッピングモールの「アリオ札幌」があります。左下はサッポロビール博物館とサッポロビール園です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 それにしても札幌でこうして空撮してみると土地が広くて駐車場が多いですね。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」と反対側の駅前ロータリーの両側では「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」が行われており地上27階建てと25階建てのタワーマンションが建設されます。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「さっぽろテレビ塔」からの眺めです。左のツインタワーマンションが先週のブログに載せた「ザ・タワーズフロンティア札幌」(地上21階、最高高さ69.99m)です。右側に見えるタワークレーンが「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)から見た苗穂駅方面です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」にズームです。辛うじて本体が見えていました。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 現地から撮影。まだまだ地上部の建設が始まったばかりです。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 「アリオ札幌」の駐車場から撮影。左後ろに見えるタワーマンションは「ライオンズマンション札幌スカイタワー」(地上28階、高さ92m)です。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー

 看板と一緒に撮影。看板に書いてある通り空中歩廊で駅直結となります。駅から道路を渡ることなく行ける場所ですが屋根付きの空中歩廊となり、隣に建設される商業施設にも繋がります。



ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー
計画名:苗穂駅北口西地区優良建築物整備事業
所在地:北海道札幌市東区北四条東10丁目16-5,16-6、北四条東11丁目16-3,16-6、北五条東10丁目16-4、北五条東11丁目16-9
用途:共同住宅、空中歩廊
総戸数:300戸(住戸)他に、スカイラウンジ1戸、コミュニティルーム1戸、ゲストルーム1戸
階数:地上27階
高さ:87.50m(最高高さ89.45m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
敷地面積:8,051.18
建築面積:1,665.56
延床面積:32,897.75
建築主:大京、住友不動産、北海道旅客鉄道
設計者:西松建設
施工者:西松建設
工期:2018年8月上旬着工〜2021年1月29日竣工予定
入居:2021年3月4日予定

札幌市の21階建てツインタワマン「ザ・タワーズフロンティア札幌」の空撮と建設状況(2019.06.24)

ザ・タワーズフロンティア札幌の空撮

 札幌で建設中のツインタワーマンション「ザ・タワーズフロンティア札幌」(地上21階、最高高さ69.99m)の空撮です。6月24日にセスナをチャーターして撮影しましたが、ここは横切っただけなのであまりいい空撮写真はありません。

 「ザ・タワーズフロンティア札幌」は「北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業」の南街区として建設されました。その手前は北西街区として建設された「北ガスアリーナ札幌46」で、その左側の空き地は北東街区で医療福祉施設などが建設予定となっています。


ザ・タワーズフロンティア札幌の空撮

 「ザ・タワーズフロンティア札幌」にズームです。マンションはまだ建設中ですが「北ガスアリーナ札幌46」は2019年4月27日にオープンしています。



ザ・タワーズフロンティア札幌の空撮

 マンションとペデストリアンデッキで接続されている大きな建物がショッピングモールの「サッポロファクトリー」です。その右側の道路を少し奥に行ったところに地下鉄東西線の「バスセンター前」駅があります。地図を見る限りでは「バスセンター前」駅が一番の最寄り駅かと思いますが、JR「札幌」駅、「苗穂」駅も徒歩圏の距離です。



ザ・タワーズフロンティア札幌

 場所は変わって「さっぽろテレビ塔」から見た「ザ・タワーズフロンティア札幌」です。右のドーム状の建物が「サッポロファクトリー」です。ちなみに左上に見える山は「モエレ沼公園」です。



ザ・タワーズフロンティア札幌

 さらに場所を変えて「JRタワー」(地上38階、高さ173m)から見た「ザ・タワーズフロンティア札幌」です。高さはそれほどありませんがツインタワーのため存在感が増しています。



ザ・タワーズフロンティア札幌

 少しだけ広角で撮影。普段はもっと広角でも撮っているのですが今回はすっかり忘れていたようです。。



ザ・タワーズフロンティア札幌

 現地から見た「ザ・タワーズフロンティア札幌」です。左が「ザ・タワーズフロンティア札幌 ノースタワー」で右が「ザ・タワーズフロンティア札幌 サウスタワー」です。



ザ・タワーズフロンティア札幌 サウスタワー

 「サッポロファクトリー」に近い側のサウスタワーです。



ザ・タワーズフロンティア札幌

 このような屋根と窓が付いたペデストリアンデッキとなっています。辺り一面雪となる冬でも安心です。



ザ・タワーズフロンティア札幌 ノースタワー

 ノースタワーです。



ザ・タワーズフロンティア札幌

 ノースタワーの隣を通ってペデストリアンデッキはまだ続いています。



北ガスアリーナ札幌46

 その先には「北ガスアリーナ札幌46」があります。これはネーミングライツによる愛称で実際の名称は「札幌市中央体育館」です。

■物件概要■
名称:ザ・タワーズフロンティア札幌
計画名:北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業
所在地:北海道札幌市中央区北3条東5丁目357、362、364
用途:共同住宅
総戸数:275戸(一般分譲対象外住戸2戸含む)別途管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、集会室1戸、店舗1区画
階数:地上21階、地下1階
高さ:69.13m(最高高さ69.99m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
敷地面積:7,667.98
建築面積:2,288.48
延床面積:31,192.35
建築主:北4東6周辺地区市街地再開発組合
売主:大和ハウス工業、住友不動産、大京
設計者:フジタ・北海道日建設計 設計共同企業体
施工者:フジタ・岩田地崎建設・田中組 特定建設工事共同企業体
工期:2017年3月30日着工〜2019年7月下旬竣工予定
入居:2019年10月下旬予定

札幌市の地上28階建てタワマン「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の空撮と建設状況(2019.06.24)

南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:札幌市]

 札幌市の狸小路3丁目の北側の再開発「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ約111.55m)の完成予想図です。場所は札幌市電「狸小路」駅の目の前で、アーケード街の狸小路と地下街のポールタウンが交差する繁華街です。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:札幌市]

 低層部の完成予想図です。札幌市電や狸小路も描かれています。JR札幌駅は市電がある通りを真っ直ぐ奥に進んで行くとあります。以前は一旦地上に出ないと札幌駅までは行けませんでしたが、今は地下街と地下通路を使って札幌駅まで行くことができます。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:札幌市]

 低層部の6階までが商業施設となり、中高層部の7階〜28階は大京による分譲マンションとなります。部屋の区切りを見る限りでは上階に行くほど広い部屋が増えるようです。



札幌市街の空撮

 2019年6月24日にセスナから撮影した札幌市街の空撮です。左上がJR札幌駅で中央下の土が見えている場所が「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。

 JR札幌駅まではそこそこの距離がありますが地下鉄の「大通」駅、「すすきの」駅はすぐ近くです。「大通」駅は上下でクロスする東西線と南北線の2路線と少し乗り換えの距離がありますが東豊線の合計3路線があります。



札幌市街の空撮

 少し角度を変えて空撮をもう1枚。左の公園が「大通公園」で端(写真中央)には「さっぽろテレビ塔」があります。名古屋の「久屋大通公園」には「名古屋テレビ塔」があり似たような感じの公園となっています。

 肝心の「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の建設地は写真右下あたりです。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業の空撮
 「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の建設地にズームです。写真左上にはPARCOがあり、その後ろの見切れている場所には三越があります。この辺りには他にも色々と商業施設が揃う繁華街となっています。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業の空撮
 別角度からもう1枚。写真左に行くとすすきの、右上に行くとJR札幌駅があります。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 同日に地上から見た建設地です。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 狸小路に面した部分にはこうして移動販売車等による店が並んでいました。建設後の低層部は店舗となりますが建設中は店がないのでこれはいいアイディアだと思いました。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 次回の札幌帰省はお正月予定ですが、その頃はまだ地上部の建設は始まっていなかと思います。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 毎年6月下旬頃には帰省するので1年後には景色が変わり始めているかもしれないですね。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが仮囲いにも名称があった佐藤工業・岩田地崎建設・岩倉建設共同企業体が施工を行います。

■物件概要■
事業名:南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
所在地:北海道札幌市中央区南2条西3丁目20番
用途:商業、業務、共同住宅、公共駐輪場
総戸数:133戸
階数:地上28階、地下2階
高さ:109.95m(最高高さ111.55m)
構造:鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:3,698.76
建築面積:3,281.18
延床面積:42,865.38
建築主:南2西3南西地区市街地再開発組合
事業協力者:大京
設計者:NTTファシリティーズ・プランテック総合計画事務所
施工者:佐藤工業・岩田地崎建設・岩倉建設共同企業体
工期:2019年3月18日着工〜2022年度竣工予定

森の中のタワマン!地上30階「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」の空撮と現地の様子(2019.06.24)

ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 住友不動産の高級賃貸タワーマンション「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」(地上30階、最高高さ99.990m)の空撮です。セスナをチャーターして撮影しました。東京以外で初の「ラ・トゥール」シリーズです。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 建設地は伊藤組土建名誉会長の伊藤義郎邸があった土地の一部でこのように森の中にタワーマンションがあります。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 現在募集中の部屋の家賃は16万3000円〜27万1000円(59.07屐94.29屐砲播豕よりお手頃な家賃帯となっています。募集中の部屋で一番階層の高い部屋は27階、北東角部屋の2LDK(60.28)で家賃は20万3000円です。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 道路を挟んだ隣の「北大植物園」を借景することでさらに森が広がっています。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 この空撮の右端にある「大通り公園」まではちょっと距離がありますがもちろん徒歩圏です。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 でもやっぱり目の前が「北大植物園」というのが大きいですね。都心でこれだけの緑がある場所はなかなかありません。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 左上に見える森は北海道大学で、右上には「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」も見えています。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 左上に見えているのがJR札幌駅で徒歩8分の距離となっています。



IMG_6776_ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 空撮と同じ日に大通り公園から見た「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」です。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 近くに行くと目の前に森があるので上の方しか見えません。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」のエントランスです。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 見上げた様子です。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 そこからちょっと移動するとまた緑の多い景色となります。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 札幌駅の駅ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の展望台から見た「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」です。



ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 夜景バージョンです。既に入居が始まっており部屋の明かりが点いています。

■物件概要■
名称:ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン
計画名:(仮称)N5W8計画
所在地:北海道札幌市中央区北5条西8丁目1-1、1-11、1-12
用途:共同住宅
総戸数:332戸(非賃貸2戸)
階数:地上30階、塔屋2階、地下1階
高さ:99.070m(最高高さ99.990m)
構造:鉄筋コンクリート造、制震構造
敷地面積:14,245.12
建築面積:2034.04
延床面積:42,299.76
建築主:住友不動産
設計者:北海道日建設計
施工者:伊藤組土建
工期:2016年4月1日頃着工〜2019年2月竣工
入居:2019年3月予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク