超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

本町

1月7日に着工した地上48階「シティタワー大阪本町」の建設地の様子

シティタワー大阪本町
完成予想図[出展:住友不動産]

 大阪の堺筋本町駅近くに建設される住友不動産の免震構造のタワーマンション「シティタワー大阪本町」(地上48階、高さ165m)です。公式HPにはまだ全体の完成予想図は掲載されていませんが、着工のニュースリリースに完成予想図が掲載されています。シティタワーらしい黒を使ったデザインです。

▼住友不動産:ニュースリリース(2019年1月17日)
単独事業主で市内最大 大阪の中心地に誕生する全854戸・地上48階建て超高層免震タワー「シティタワー大阪本町」着工


シティタワー大阪本町
完成予想図[出展:住友不動産]

 低層部です。10mを超えるガラス貼りのエントランスです。総戸数は854戸で大阪市で単独売主としては最大規模とのことです。


シティタワー大阪本町

 ちょっと古いですが約5年前の空撮です。赤色を付けた部分が「シティタワー大阪本町」の建設地です。「堺筋本町」駅まで徒歩3分、「本町」駅まで徒歩5分といった立地です。白い超高層ビルは「大阪国際ビルディング」(地上32階、高さ125.11m)でこれよりも大きなタワーマンションとなります。


シティタワー大阪本町
 約2ヶ月前に撮影した「シティタワー大阪本町」の建設地です。撮影時は地下躯体解体の工事が行われていましたが今年の1月7日に着工しています。

シティタワー大阪本町
 建設地の東側には「りそなグループ大阪本社ビル」(地上24階、高さ121m)が建っています。また奥に見えるのは同じ住友不動産の「シティタワー大阪」(地上50階、高さ169.8m)で、これと同じくらいの高さのタワーマンションがこの場所に建設されます。

シティタワー大阪本町
 このように南側と東側に超高層ビルが建っています。

シティタワー大阪本町
 ビル好きとしては一番眺めが良さそうな梅田方面は今のところ視界は開けています。ただ梅田方面は北側となります。個人的には日当たりは全く気しないので常時順光となる北向きは好きです。

シティタワー大阪本町 配置図
 配置図です。このように四方の道路は広くありませんが、大阪はこうした場所に数多くタワーマンションが建っています。

シティタワー大阪本町 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。数値は公式HPの値を優先して記載しています。2019年9月下旬から販売開始予定です。

■物件概要■
名称:シティタワー大阪本町
計画名:(仮称)備後町計画
所在地:大阪府大阪府大阪市中央区備後町2丁目
用途:共同住宅、一部店舗
総戸数:854戸
階数:地上48階、塔屋2階、地下1階
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
敷地面積:5,594.24
建築面積:3,308.51
延床面積:88,188.90
建築主:住友不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月17日着工〜2021年11月中旬竣工予定
入居:2022年3月上旬予定

高層階は「ロイヤルパークホテル 大阪御堂」となる「オービック御堂筋ビル」の建設状況(2018.11.23)

オービック御堂筋ビル
 御堂筋沿いで建設中の「オービック御堂筋ビル」(地上25階、高さ116.35m)です。高層階は「ロイヤルパークホテル 大阪御堂筋」となる複合ビルで、1階がオフィス、ホテルエントランス、2階が多目的ホール、貸会議室、3階〜13階がオフィスフロア、14階が設備室、15階がホテルロビー、レストラン、そして16階〜25階がホテル客室といったフロア構成となります。

オービック御堂筋ビル
 高層部にズームです。窓がないフロアが設備フロアでその上がホテルロビー、そしてほぼ正方形に見える窓があるフロアからが「ロイヤルパークホテル 大阪御堂筋」の客室となります。

オービック御堂筋ビル
 場所は御堂筋沿いで本町駅と淀屋橋駅の中間あたりですがどちらの駅も徒歩数分の距離です。ちなみにここが御堂筋高さ制限解除第一号プロジェクトになります。

オービック御堂筋ビル
 路地を入った場所から見上げてみました。本町駅前ではアパホテルとユニゾンホテルがそれぞれ超高層ホテルを建設中です。こうして超高層ホテルが増えて行くのはいいですね。

オービック御堂筋ビル
 現地看板を撮影した完成予想図です。ここまで建物が出来上がっていますが竣工予定は2020年1月31日、開業予定は2020年春とまだ1年以上先です。

オービック御堂筋ビル 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:オービック御堂筋ビル(ロイヤルパークホテル 大阪御堂筋)
計画名:(仮称)御堂筋平野町計画
所在地:大阪市中央区平野町4丁目
用途:店舗、事務所、ホテル、駐車場、ホール(集会場)
階数:地上25階、塔屋2階、地下2階
高さ:116.35m
構造:S造(一部SRC造)、制震構造
敷地面積:3,924.19
建築面積:3,108.97
延床面積:48,914.68
建築主:オービック
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2017年5月1日着工〜2020年1月31日竣工予定
開業:2020年春予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中からソウルのトランプワールドです。あのドナルドトランプのトランプで看板料を支払っているそうです。

地上32階「アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>」の建設状況(2017.11.4)

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー> 建築計画の概要
 大阪市営地下鉄「本町」駅の目の前に建設される「アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>」(地上32階、最高高さ108.20m)の南立面図です。今朝のブログに載せた「ブランズタワー御堂筋本町」(地上38階、高さ134.14m)の東隣が建設地です。

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>
 「アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>」の建設地です。撮影時の作業工程は杭工事となっていました。

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>
 背後に見えていますがここは目の前が阪神高速です。ホテル完成後はこの阪神高速より高いフロアに宿泊すると開けた眺望となりそうです。

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー> 建築計画の概要
 建築計画の概要です。最初の南立面図はここに掲載されている図です。

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー> 建築計画の概要
 配置図です。32階建てのホテルとしては狭い敷地です。アパホテルは部屋指定の予約ができるので高層階は早い者勝ちとなりそうです。

■物件概要■
名称:アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>
所在地:大阪府大阪市中央区南本町4丁目40番5他(地名地番)
用途:ホテル
階数:地上32階、地下2階
高さ:100.00m(最高高さ108.20m)
構造:鉄骨造
敷地面積:1,222.48
建築面積:879.43
延床面積:17,005.12
建築主:アパマンション
設計者:日企設計
施工者:熊谷組
工期:2017年6月中旬着工〜2019年8月下旬竣工

竣工!地上38階・高さ約134m「ブランズタワー御堂筋本町」

ブランズタワー御堂筋本町
 大阪市営地下鉄「本町」駅直結の分譲のタワーマンション「ブランズタワー御堂筋本町」(地上38階、高さ134.14m)です。「本町」駅は御堂筋線、四つ橋線、中央線の3路線あり利便性に優れた立地です。また、昨日、11月30日に東急不動産、近鉄不動産から10月6日に竣工したと発表されています。

ブランズタワー御堂筋本町
 近くから撮影。手前に見える工事現場は「アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>」で地上32階、最高高さ108.20mとなります。そのためこちら側は最上階に近いフロア以外は視界が遮られます。ただ2017年11月には全戸完売しています。総戸数276戸で平均価格は約6,000万円とのことです。

ブランズタワー御堂筋本町
 北側から撮影。こちら側は梅田側なので眺め的にはこちら側が一番良いかと思います。ただ、大きな駐車場もあるので将来的には何か大きな建物が建つ可能性もあります。

ブランズタワー御堂筋本町
 少し離れた場所から撮影。目の前には阪神高速が通っています。共用施設として最上階にラウンジ、テラス、ゲストルームが設置されています。また、さらに上の最上部にあるヘリポートは季節によってライトアップの色が変わります。

■ブランズタワー御堂筋本町の物件概要■
名称:ブランズタワー御堂筋本町
計画名称:(仮称)中央区南本町4丁目集合住宅 新築工事
所在地:大阪府大阪市中央区南本町4丁目1番3(地番)
用途:共同住宅
総戸数:276戸
階数:地上38階、塔屋2階、地下1階
高さ:128.200m(最高高さ134.140m)
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:1,845.49
建築面積:1,129.96
延床面積:30,024.46
建築主:東急不動産、近鉄不動産、神鋼不動産
設計者:IAO武田設計
施工者:竹中工務店
工期:2015年4月初旬着工〜2017年10月6日竣工
入居:2017年11月下旬

地上38階「ブランズタワー御堂筋本町」の建設状況(2017.1.5)

ブランズタワー御堂筋本町
 「本町」駅直結の分譲のタワーマンション「ブランズタワー御堂筋本町」(地上38階、高さ134.14m)です。「オリックス本町ビル」(地上29階、高さ133.054m)から撮影しました。

ブランズタワー御堂筋本町
 現地作業工程によると撮影時点で36階部分の建設中だったようで最上階までもう少しです。

あべのハルカスからの眺め
 場所は変わって「あべのハルカス」(地上60階、高さ300m)からの眺めです。最初の写真を見ると「ブランズタワー御堂筋本町」(右の建設中のビル)と「オリックス本町ビル」(左の縦のラインがあるビル)はすぐ近くに見えますがそれなりに距離は離れています。ハルカスからのみ1月6日の撮影です。

ブランズタワー御堂筋本町
 「ブランズタワー御堂筋本町」にズームです。最上階には共用施設としてスカイラウンジの他に屋上出られるスカイビューテラスが設置されます。他にもスカイゲストルームも最上階に設置されるため、ここの住人になればどのフロアに住んでも景色を楽しむことが出来ます。また、塔屋部は季節によってライティングが変わります。

大阪城天守閣からの眺め
 また場所を変えて大阪城からの眺めです。

ブランズタワー御堂筋本町
 全体は見えませんが「ブランズタワー御堂筋本町」はしっかりと見えています。

ブランズタワー御堂筋本町
 最後は地上から撮影。建設地は旧大阪府商工会館跡地です。

ブランズタワー御堂筋本町
 最初に「本町」駅直結と書きましたが、「本町」駅は御堂筋線、中央線、四つ橋線の3路線あるためどこに行くにも便利そうな立地です。

■ブランズタワー御堂筋本町の物件概要■
名称:ブランズタワー御堂筋本町
計画名称:(仮称)中央区南本町4丁目集合住宅 新築工事
所在地:大阪府大阪市中央区南本町4丁目1番3(地番)
用途:共同住宅
総戸数:276戸
階数:地上38階、塔屋2階、地下1階
高さ:128.200m(最高高さ134.140m)
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:1,671.87
建築面積:1,129.96
延床面積:30,024.46
建築主:東急不動産、近鉄不動産、神鋼不動産
設計者:IAO武田設計
施工者:竹中工務店
工期:2015年4月初旬着工〜2017年10月上旬竣工予定
入居:2017年11月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク