超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

月島

地上58階、高さ199m「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合設立!

月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 建物外観完成イメージ
建物外観完成イメージ[出典:住友不動産]

 月島三丁目北地区市街地再開発組合、住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社より月島三丁目で事業を推進する「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合を設立したと発表がありました。2020年8月7日に東京都知事より設立認可を受けての組合設立となっています。

 同再開発は「月島もんじゃストリート」と隅田川に挟まれた約1.5haの地区面積があり、敷地面積約10,070屬A街区、約1,050屬B-1街区、約880屬B-2街区に分かれており、A街区には地上58階、高さ約199m、総戸数約1317戸の巨大なタワーマンションが建設されます。総事業費は約850億円で2022年度着工、2025年度竣工が予定されています。

▼住友不動産:ニュースリリース(2020年9月7日)
「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」組合設立



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:住友不動産]

 この配置図の上が隅田川ですがこのように敷地の一部しか隅田川に面していません。その隅田川に面した部分がB-1街区とB-2街区となります。B-1街区は地上6階、高さ約23m、延床面積約1,540屬脳祿下團哀襦璽廛曄璽狹となります。B-2街区は地上7階、高さ約25m、延床面積約2,420屬覗躙与約67戸の住宅等となります。

 A街区は地上58階、地下2階、高さ約199m、延床面積約146,210屐⊇斬陝商業・保育所・デイサービス等で構成され、大部分を占める住宅の総戸数は約1317戸という巨大なタワーマンションとなります。「月島もんじゃストリート」沿いには2階建ての店舗専用棟が建設され、マンション本体の1,2階にも店舗フロアとなり両者はペデストリアンデッキで接続されます。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:住友不動産]

 断面図です。58階建てにもなると断面図だけでも迫力があります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 地区周辺図
地区周辺図[出典:住友不動産]

 場所は月島駅と勝どき駅のほぼ中間です。月島駅は都営大江戸線と東京メトロ有楽町線の2路線が使用可能です。

 今は「パークタワー勝どき」のモデルルーム公開で話題となっていますが、もし自分が購入できるような資金があるならばこちらを選びます。個人的に家を選ぶときは眺望最優先のため、隅田川越しに東京都心を眺められるこちらが勝ちです。分譲マンションは宝くじが当たらないと手は出せないですけどね(^^;)



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 何度も載せている空撮写真ですが、上空から見た「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。隅田川沿いの建物も再開発に参加していれば配棟は違った感じになっていたかもしれませんね。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 8月15日に隅田川を航行する船から撮影した「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。この写真の中央あたりに地上58階、高さ約199mのタワーマンションが建設されることになります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 青いネットで覆われた建物から右の数棟が再開発に参加していない建物です。



月島のタワーマンション群

 同じ日に「世界貿易センタービル」の展望室から見た月島のタワーマンション群です。将来的には中央やや左側あたりに見えてくるかと思います。ただ、その頃にはこの撮影場所の「世界貿易センタービル」は建替えのためありません。

■物件概要(A街区)■
計画名:月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区月島3丁目107の1ほか
用途:共同住宅、商業、保育所、デイサービス等
総戸数:約1317戸
階数:地上58階、地下2階
高さ:約199m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
区域面積:1.5ha
敷地面積:約10,070
延床面積:約146,210
建築主:月島三丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社
事業協力者:五洋建設、首都圏不燃建築公社
工期:2022年1月解体工事着工〜2025年12月竣工予定
総事業費:約850億円

地上58階、高さ約199m「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」を計画する月島三丁目北地区市街地再開発組合の設立認可!

月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:東京都]

 東京都は「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」を計画する「月島三丁目北地区市街地再開発組合」の設立を認可すると発表がありました。

 同再開発事業は月島駅と勝どき駅の間の隅田川寄りの場所で、約約850億円の総事業費をかけて地上58階、高さ約199mのタワーマンションなどを建設します。2021年度の権利変換計画認可を経て、2022年度に着工、2025年度の竣工を予定しています。事業協力者として五洋建設と首都圏不燃建築公社、参加組合員として住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社が参画しています。

▼東京都:報道発表資料(2020年8月6日)
月島三丁目北地区市街地再開発組合の設立を認可します

※2020.08.07:建設通信新聞に参加組合員の情報が掲載されたため一部修正しています。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」はA街区とB-1街区、B-2街区に分かれており、A街区は地上58階、地下2階、高さ約199m、延べ面積約14万6210屬竜模で低層部に店舗、保育所等が入る総戸数1317戸のタワーマンションとなります。

 B-1街区は地上6階、高さ約23m、延べ面積約1,740屬竜模で障害者グループホームとなり、B-2街は地上7階、高さ約25m、延べ面積約3,210峙模で住宅等となります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図兼1階平面図
配置図兼1階平面図[出典:東京都]

 敷地の隅田川に面した部分がB-1街区とB-2街区となり、A街区はもんじゃストリートに面した場所となります。もんじゃストリートに面した部分は店舗と広場となり、少し中に入った部分までが店舗となります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 2階平面図
2階平面図[出典:東京都]

 2階部分も一部が店舗となるようです。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所はこの通り月島駅と勝どき駅のほぼ中間となります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 上空から見ると計画地は赤い網掛けをした部分となります。隅田川沿いの範囲は間違っているかもしれませんが、隅田川沿いの再開発に参加していない建物の超高層化はないと思うので、隅田川に面した部屋は人気も価格も高い部屋となりそうです。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 カレッタ汐留から撮影した月島、勝どき、晴海方面です。矢印を付けたあたりが「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 その建設地方面の夜景です。この夜景に高さ約199mのタワーマンションが加わることになりますが、ここの高層階からの夜景はどんな感じになるんでしょうね。宝くじが当たったら住んでみたい場所です。

■物件概要(A街区)■
計画名:月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区月島3丁目107の1ほか
用途:共同住宅、店舗、保育所、デイサービス
総戸数:1317戸
階数:地上58階、地下2階
高さ:約199m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
区域面積:1.5ha
延床面積:146,210
建築主:月島三丁目地区再開発準備組合
参加組合員:住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社
事業協力者:五洋建設、首都圏不燃建築公社
工期:2022年1月解体工事着工〜2025年12月竣工予定

地上50階、高さ約187m「月島三丁目南地区再開発」の概要が明らかに!2022年12月に着工予定!

月島三丁目南地区再開発
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 月島三丁目で計画されている「月島三丁目南地区再開発」について概要が明らかになったと2020年6月15日の日刊建設工業新聞の紙面に掲載されました。

 記事によるとA敷地(5640屐砲B敷地(935屐砲吠けられており以下の規模で計画されています。

・A敷地:地上50階、地下1階、高さ187m、延べ8万0384屐共同住宅(総戸数723戸)、災害時には一時避難できる1460屬旅場
・B敷地:地上2階、延べ1197屐店舗(1階)、子育て支援施設(2階)、子供の遊び場となる200屬硫鮎綛場

 事業費は411億7000万円で準備組合には事業協力者として三井不動産レジデンシャル、野村不動産が参画しています。また、特定業務代行者は大成建設が務めています。計画では2022年12月着工、2027年1月の完成を目指します。

 ちょうどこの背後あたりが先週のブログに載せた「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上58階、高さ約199m)の計画地で、こちらは事業協力者として住友不動産が参画しており2025年12月の竣工を目指しています。

 両棟共に計画通りに進むと先に北地区の住友不動産のタワーマンションが完成しますが、住友不動産は完成後もゆっくり分譲するので、こちらの南地区と分譲時期が被りそうですね。最寄り駅となる「勝どき」駅に近いのは南地区ですが、眺望面では隅田川沿いの北地区が勝っています。マンションブロガーではないので価格予想はできませんが、北街区の方が坪単価は高いのかなと思っています。ちなみに分譲だと勝手に決めつけているだけで、元記事には分譲なのか賃貸なのかの記載はありません。

▼日刊建設工業新聞(2020年6月15日)
https://www.decn.co.jp/
※当面の間、当日の紙面がPDFで公開されており昨日の紙面に掲載されていました。



月島三丁目南地区再開発

 2019年11月30日にヘリから撮影した月島方面です。ギリギリ計画地が写り込んでいる写真があったので「月島三丁目南地区再開発」の計画地に赤い網掛けをしました。写真右端あたりが月島駅で、写真左の方に少し行くと勝どき駅があります。

 計画地の背後の黄色の建物は有料老人ホームの「サンシティ銀座EAST」(地上31階、高さ119m)で、こことはお見合い部屋にならないように、月島駅側に地上50階建てのタワーマンションが配置されます。



月島三丁目南地区再開発

 少し古くて2016年10月に撮影した逆方向からの空撮です。矢印を付けたあたりが「月島三丁目南地区再開発」の計画地です。



月島三丁目南地区再開発

 googleMapに北街区と南街区の完成予想図を無理やりはめ込んでみました。縮尺は感覚でやっているのでかなり適当です。この北街区と南街区は結局どーなったんだろう?とずっと思っていましたが立て続けに情報が出てきてビックリしました。水面下ではちゃんと計画は進んでいるものなんですね。

■物件概要(A敷地)■
計画名:月島三丁目南地区再開発
所在地:東京都中央区月島3丁目27ほか
用途:共同住宅
総戸数:723戸
階数:地上50階、塔屋1階、地下1階
高さ:約187m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
区域面積:5,640
延床面積:80,384
建築主:月島三丁目南地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産レジデンシャル、野村不動産
特定業務代行者:大成建設
工期:2022年12月着工〜2027年1月竣工予定

地上58階、高さ約199m「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」の特定業務代行者の募集開始!

月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 月島三丁目で計画されている「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」について、月島三丁目地区再開発準備組合が施工や保留床の処分などを担う特定業務代行者の募集を開始すると、本日の日刊建設工業新聞に掲載されました。この計画は今はどうなっているんだろうと思っていましたが着々と計画は進行していたようです。

 計画地はA街区、B-1街区、B-2街区に分けられ各街区の以下の規模で計画されています。

・A街区:地上58階、地下2階、高さ約199m、延床面積14万6210屐共同住宅(1317戸)、デイサービス、店舗
・B-1街区:地上6階、延床面積1740屐▲哀襦璽廛曄璽爐篥絞
・B-2街区:地上7階、延床面積3210屐共同住宅(67戸)

 スケジュールとしては2022年1月から解体工事着手、2025年12月の竣工を目指します。事業協力者として住友不動産、五洋建設、首都圏不燃建築公社が参画しており、総事業費は844億89000万円で計画されています。

▼日刊建設工業新聞(2020年6月9日)
月島三丁目北地区再開発(東京都中央区)/特定業務代行者募集/準備組合



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東京都]

 敷地の中央に58階建てのタワーマンションが配置され、隅田川沿いの左側がグループホーム、右側が住宅棟となります。そして足元の低層の建物が商業施設が入る店舗となります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 計画地は月島駅と勝どき駅の中間あたりで、隅田川ともんじゃストリートに挟まれた地区ですが、隅田川沿いの数棟と、大きめのマンションが再開発には参加していないためいびつな形の敷地となっています。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 これは2019年12月14日にヘリから撮影した月島方面です。矢印を付けたあたりが「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 計画地の境界線に赤色の網掛けをしてみましたが、間違っている可能性があるのでだいたいこんな感じだと思ってみてください。隅田川沿いの範囲があまり自信がありません。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 2019年11月30日に晴海側から撮影した月島の空撮です。矢印を付けたあたりに地上58階、高さ約199mのタワーマンションが建設されます。また、矢印の右下あたりでもタワーマンションが計画がありますが今はどうなっているのかは追えていません。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 2019年12月15日にカレッタ汐留から撮影した月島、勝どき、晴海方面です。計画地あたりに矢印を入れてみました。

 手前の広大な空き地は築地市場跡地です。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。左のスマートなタワーマンションは月島駅直結の「キャピタルゲートプレイス」(地上53階、最高高さ187m)で、計画ではこれよりも高いタワーマンションとなります。

 勝どきでは「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)と「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.85m)が建設中ですが、こちらの「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上58階、高さ約199m)を待つ人も出てきそうですね。

■物件概要(A街区)■
計画名:月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区月島3丁目107の1ほか
用途:共同住宅、デイサービス、店舗
総戸数:1317戸
階数:地上58階、地下2階
高さ:約199m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
区域面積:1.5ha
延床面積:146,210
建築主:月島三丁目地区再開発準備組合
参加組合員:住友不動産、五洋建設、首都圏不燃建築公社
工期:2022年1月解体工事着工〜2025年12月竣工予定

月島のタワマン!地上32階「MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)」の建設状況(2020.5.30)

ミッドタワーグランド

 月島駅のすぐ近くで建設中のタワーマンション「MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)」(地上32階、最高高さ122.15m)です。ここから見ると既に完成しているようにも見えますが竣工予定は2020年10月下旬となっています。



ミッドタワーグランド

 最近のタワーマンションとしては珍しく地名もマンションブランド名も入らない名称になっています。売主は三井不動産レジデンシャル、丸紅、大成建設の3社ですが、名称からは売主がわからないパターンとなっています。

 というか、この近くのタワーマンションは「キャピタルゲートプレイス」(地上53階、最高高さ187m)、「アイマークタワー」(地上32階、高さ110.9m)、「ムーンアイランドタワー」(地上38階、高さ133.75m)と、知らなければ名称から場所も売主もわからないタワーマンションが揃っていますね。ムーンアイランドは月島を無理やり英語にしているのでギリギリ地名と言えるかもしれませんが。



ミッドタワーグランド

 この低層の建物は店舗棟ですかね。



ミッドタワーグランド

 建設地は「月島西仲通り 二番街」に面しており店舗29戸が入ります。



ミッドタワーグランド

 同じ場所から見上げた様子です。



ミッドタワーグランド

 都心向きとなる北西側は中央が凹んだデザインとなっています。



ミッドタワーグランド

 この「月島西仲通り」は「月島もんじゃストリート」とも呼ばれており、低層部に入る店舗の多くはもんじゃ屋さんになるかと思います。また、建設地には元々パチンコ屋があったため店舗部に再びパチンコ屋ができる予定となっています。



ミッドタワーグランド

 建設地は大きな通りには面していないため標準レンズだと低層部が少し欠けてしまいます。



月島

 朝潮運河に架かる「朝潮大橋」から見た月島駅前のタワーマンション群です。



ミッドタワーグランド

 少し移動して「MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)」にズームです。



ミッドタワーグランド

 セットバックした最上階の32階部分はスカイラウンジやフィットネススタジオなどがある共用施設専用フロアとなっています。



ミッドタワーグランド

 最後は豊洲から見た月島方面です。「ミッドタワーグランド」は低いタワーマンションではありませんが、月島駅直結の「キャピタルゲートプレイス」(地上53階、最高高さ187m)があるのでちょっと低く感じてしまいます。



ミッドタワーグランド 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。低層部の工事もかなり進んで来たのでそろそろ撤去されてもおかしくない頃かなと思っています。

■物件概要■
名称:MID TOWER GRAND(ミッドタワーグランド)
計画名:月島一丁目西仲通り地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物
所在地:東京都中央区月島1丁目5000番 他(地番)
用途:共同住宅、店舗、ぱちんこ屋 他
総戸数:503戸(販売総戸数387戸、事業協力者戸数116戸含む、他に 店舗29戸)
階数:地上32階、地下1階
高さ:121.00m(最高高さ122.15m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:5,883.19
建築面積:3,407.76
延床面積:53,676.25
建築主:月島一丁目西仲通り地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、丸紅、大成建設
設計者:佐藤総合計画
施工者:大成建設
工期:2017年3月1日着工〜2020年10月下旬竣工予定
入居:2021年1月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク