超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

晴海客船ターミナル

2020東京五輪選手村の特定建築者予定者が決定!三井不レジを代表にした11社のグループに

晴海五丁目西地区 2020東京五輪選手村 完成予想図
晴海五丁目西地区 2020東京五輪選手村 完成予想図[出典:東京都]

 昨日、2016年7月28日に東京都より2020年の東京五輪の選手村の建物などを建築する「晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業」の特定建築者予定者を決定したと発表がありました。1者の民間事業者グループからの応募ということで名だたる企業が名を連ねています。

 選定時の評価のポイントとして上げられている項目をいくつか抜き出すと次の通りです。
・多世代居住が実現する持続可能なまちづくりを目指し、幅広い住戸バリエーションを設けるとともに、高齢者住宅やシェアハウスの具体的な運営計画が提案されている。
・水辺や緑地空間の魅力を最大限に生かして、水辺空間への視線の抜けや動線を意識した計画が提案されている。
・アクセシビリティに配慮した建築計画とするとともに、住戸内の通路幅についても十分な幅員を確保するなど、東京2020大会後のレガシーとなるユニバーサルな住空間が提案されている。

▼グループ構成員
三井不動産レジデンシャル株式会社(代表会社)
エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
新日鉄興和不動産株式会社
住友商事株式会社
住友不動産株式会社
大和ハウス工業株式会社
東急不動産株式会社
東京建物株式会社
野村不動産株式会社
三井不動産株式会社
三菱地所レジデンス株式会社

▼スケジュール
平成28年9月 特定建築者の決定
平成29年1月 建築工事に着手
平成31年12月(目途) 大会時に必要な部分の整備完了
平成32年7月〜 東京2020大会
大会後改修工事
平成36年度 事業完了

▼東京都:報道発表資料(2016年7月28日)
晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業の特定建築者予定者を決定しました


晴海五丁目西地区 2020東京五輪選手村 建設地の空撮
 約6年前の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地です。これより前にはアミューズメント施設の東京レジャーランドや中古車販売店、カー用品店などがありました。

晴海五丁目西地区 2020東京五輪選手村 建設予定地
 以前載せた写真と同じですが、半年くらい前に撮影した選手村の計画地です。最初に載せた完成予想図にある地上50階のタワー棟以外のマンションが2020年東京五輪までに建設されます。

晴海五丁目西地区 2020東京五輪選手村 建設予定地
 広大な敷地で同時に建設工事が行われる様子は豊洲新市場で見ましたがかなり迫力がありました。ここも凄いことになるのは確実なので着工したら一度は見に行った方が良い現場となりそうです。

晴海五丁目西地区 2020東京五輪選手村 建設予定地
 上の2枚は晴海客船ターミナルから撮影で、これは中央清掃工場から撮影です。上から撮影できるスポットがこの2箇所あるので着工したらたびたび通うことになりそうです。

東京2020大会後の選手村のイメージ図やまちづくりの概要発表

東京2020大会後の選手村のイメージ図
東京2020大会後の選手村のイメージ図[出典:東京都]

 昨日、東京都より東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会後の選手村のまちづくりについての概要をとりまとめたものが発表されました。選手の宿泊施設として一時使用する住宅棟などについては、市街地再開発事業として今年の4月に着手(基盤整備工事)し、大会時に必要な施設は2019年末を目途に整備されます。また、エネルギー計画や交通計画、晴海ふ頭公園の再整備についても一体的に取り組み整備していくことになっています。

 計画されている住宅は14〜18階の板状棟と地上50階の高層棟で住宅戸数は約5650戸(分譲・賃貸)を予定しています。50階建ての高層棟は東京五輪2020の後に建設される予定です。また、サービス付き高齢者向け住宅、シェアハウス、外国人向けサービスアパートメントも導入される計画で、分譲棟各住戸に家庭用燃料電池(エネファーム)を設置することとなっています。交通計画としてはBRTの発着ターミナル、カーシェア・シェアサイクルの共通ポート、船着場の併設が計画されています。特に記載はありませんでしたが、イメージ図を見ると晴海客船ターミナルがある部分は晴海ふ頭公園として再整備される計画のようです。

▼今後のスケジュール
2016年4月:市街地再開発事業に着手(基盤整備工事に着手)
2016年5月:特定建築者(住宅棟等の建築の実施者)の公募
2016年7月:特定建築者の選定
2017年1月:建築工事に着手
2019年12月(目途):大会時に必要な部分の整備完了
2020年7月〜:東京2020大会
大会後改修工事
2024年度:事業完了

▼東京都:報道発表資料(2016年4月1日)
東京2020大会後の選手村におけるまちづくりの整備計画について

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 2月6日に晴海客船ターミナルから撮影した2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地です。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 何やら工事が始まっていました。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 近づいてみると土手が出来ていました。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 工事内容は防潮堤建設工事で「平成27度晴海五丁目陸上防潮堤建設故事」と名称が付いていました。発注者は東京都港湾局 東京港建設事務所 オリンピック・パラリンピック施設整備課 施設工事係です。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 別方向の選手村計画地です。「(仮称)晴海五丁目西地区開発計画」として整備されます。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 中央清掃工場から見た選手村計画地です。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 ここでは地質調査のボーリングが行われていました。着実に整備が進んでいます。

 ところで今日は4月1日なので日付が変わった頃に記事を1本載せています。良かったらそちらもご覧ください→東京タワーと東京スカイツリー入れ替え計画

晴海に建設される選手村「(仮称)晴海五丁目西地区開発計画」の事業協力者公募と環境影響評価書案の提出

住宅棟のモデルプラン(大会終了後のイメージ)
住宅棟のモデルプラン(大会終了後のイメージ)[出典:東京都]

 本日、東京都が2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村の整備に向けて、東京都と共同して具体的な検討を行う事業協力者の公募を行うと発表されました。

 事業協力者の主な役割としては以下の5点があげらています。
  • 地域特性を踏まえた魅力あるまちづくりに関すること。
  • 子育て、高齢者世帯、外国人対応など多様な住まいの実現に関すること。
  • 生活利便施設、医療福祉施設の導入など建築計画等に関すること。
  • 水素エネルギーや太陽光発電の導入策など環境・エネルギーに関すること。
  • その他事業協力に関すること。
 募集要領など詳細は東京都のHPをご覧ください。3月下旬には事業協力者が決定する予定となっています。

▼東京都(2015年1月23日)
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会選手村及びレガシー検討に係る事業協力者の公募について

選手村の建設地
 本日は事業協力者の公募の他に、選手村の整備を行う「(仮称)晴海五丁目西地区開発計画」について、東京都環境影響評価条例に基づき、東京都知事(環境局)に環境影響評価書案を提出したと発表がありました。

 これにより選手村の計画名称が「(仮称)晴海五丁目西地区開発計画」だと判明しました。また、五輪後に建設される地上50階建ての超高層ツインタワーマンションの高さが約180mということも判明しました。その超高層ツインタワーはこの写真に写っているグランドの右側あたりに建設されます。

 工事予定期間は選手村を建設する1期工事期間が平成28年度(2016年度)〜平成31年度(2019年度)、50階建ての超高層タワーマンションなどを建設する2期工事期間が平成32年度(2020年度)〜平成35年度(2023年度)となっています。供用予定年度は平成36年度(2024年度)となっています。

▼東京都(2015年1月23日)
(仮称)晴海五丁目西地区開発計画の環境影響評価書案を提出しました

選手村の建設地
 この辺りも選手村の建設予定地です。運河沿いに5棟、左奥に5棟を建設する予定となっています。左側にアスファルト部分がチラッと見えると思いますが、ここは学校建設予定地となっています。

選手村の建設地
 どこまでが敷地なのかはわかりませんが、その学校建設予定地です。

フジテレビから見た選手村の建設地
 フジテレビの展望室から撮影した選手村建設地方面です。選手村宿泊施設として使用する14階〜17階建ての住宅棟(板状)22棟の建設が2016年度から始まります。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)を11個所から見る!

フジテレビから見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 晴海で建設中のツインタワー「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)です。これはフジテレビの球体展望室から12月7日に撮影しました。

フジテレビからの眺め
 せっかくなので引きでもう1枚。随分と超高層空白地帯が埋まってきました。

横浜ランドマークタワーから見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 こちらは横浜ランドマークタワーから12月6日に撮影。この写真には映っていませんが左側に東京スカイツリーが建っています。「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」を探すときはスカイツリーを目印にしてみてください。

昭和大学江東豊洲病院前から見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 昭和大学江東豊洲病院前から12月21日に撮影。

晴海客船ターミナルから見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 晴海客船ターミナルの展望台から12月21日に撮影。巨大な壁が出来上がりました。左端は晴海の中央清掃工場の煙突です。

中央清掃工場から見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 そんな中央清掃工場から撮影。ここからしばらくは12月30日の撮影です。

豊洲公園から見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 豊洲公園から撮影。

晴海大橋から見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 晴海大橋から撮影。

補助第315号線から見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 豊洲新市場を貫く補助第315号線から撮影。

豊洲大橋とドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 豊洲大橋の先に見える「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」
 ここは建設中の環状2号線となります。

勝どき東地区とドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 勝どき東地区と「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」です。この場所には地上56階、最高高さ約195mのタワーマンションの建設が予定されています。そしてこの左の方も勝どき東地区で地上44階、高さ約165m、地上29階、高さ約106mのタワーマンションの建設が予定されています。

東京スカイツリーから見たドゥ・トゥール(DEUX TOURS)
 11個所目は元旦に東京スカイツリーから撮影。
 「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」はそろそろ上棟ですね。

東京スカイツリーからの眺め
 最後はリバーシティ21のタワーマンション群と一緒に撮影。キレイに晴れなかったの残念。
 以上、「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」特集でした!

■DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)の物件概要■
名称:DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)
計画名:(仮称)晴海三丁目西地区A2・A3街区計画
所在地:東京都中央区晴海三丁目102番
用途:共同住宅、事務所、物販店舗、診療所、自動車車庫、自転車駐車場
総戸数:1450戸、SOHO216区画、その他店舗2区画
階数:地上52階、塔屋1階、地下1階
高さ:177.30m
敷地面積:15,222.35
建築面積:10,073.63
延床面積:174,801.03
構造:鉄筋コンクリート造
建築主(売主):住友不動産
設計:三井住友建設
施工:三井住友建設
販売予定:2014年7月下旬販売開始予定
完成予定:2015年9月下旬予定
入居予定:2016年3月上旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

7階部分の建設が始まった「勝どき ザ・タワー」の建設状況(2014年12月21日)

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 勝どきで建設中のタワーマンション「勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)」(地上53階、最高高さ178.78m)です。トライスター型の1420戸にもなるタワーマンションで、まだ7階部分の建設が始まったところでしたが現時点で相当大きく感じました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 トライスター型とはスターハウスとも呼ばれるY字型のマンションで、主に公団の団地として建設されました。団地のスターハウスは4,5階くらいの小さなものでしたが、最近はこうした巨大なタワーマンションも建設されるようになってきています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 この「勝どき ザ・タワー」はこの写真を見てわかる通り、それぞれの辺の長さが違う変形型となっています。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 上の写真から少しだけ移動したもう1枚。角部分にガラスが入っていました。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 近くの橋を渡ったところから撮影した「勝どき ザ・タワー」です。今はこのように全体が見えていますがこの交差点の上に環状2号線が建設されます。

THE TOKYO TOWERS
 晴海客船ターミナルから見た日本最大のツインタワーのタワーマンション「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)です。左側にタワークレーンが見えている場所が「勝どき ザ・タワー」の建設地で、巨大なタワーマンションが3棟が建ち並ぶことになります。

勝どき ザ・タワー(KACHIDOKI THE TOWER)
 「勝どき ザ・タワー」にズームです。まだ建物本体は見ませんでしたが、年明けには見えるようになっていそうです。

■勝どき ザ・タワーの物件概要■
名称:勝どき ザ・タワー
計画名:勝どき五丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事(B-1街区)
所在地:東京都中央区勝どき5丁目1400番
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設等
総戸数:1420戸(事業協力者戸数102戸を含む)
階数:地上53階、地下2階
高さ:175.13m(最高高さ178.78m)
敷地面積:10,878.09
建築面積:5,915.90
延床面積:161,697.33
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
建築主:勝どき五丁目地区市街地再開発組合
売主:鹿島建設、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友商事、野村不動産
設計:鹿島建設
施工:鹿島建設
工期:2013年9月1日着工予定〜2016年12月31日竣工予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。