超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

春日・後楽園駅前地区

地上40階タワマン等「春日・後楽園駅前地区再開発事業」の建設状況(2018.6.9)

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 「文京シビックセンター」の北側「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。建築主は春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合、参加組合員として三井不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産が参画している大規模再開発です。

春日・後楽園駅前地区市街地再開発の完成予想図
完成予想図[出典:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合]

 右側の一番高い棟が地上40階、最高高さ148.45mのNX棟で、敷地左端には地上23階、最高高さ110.70mのSA棟などが建設されます。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の配置図
配置図[出典:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合]

 このように区画全体とはいかず虫食い状態となりますが、計画地中央を貫く広場「グリーンバレー」なども整備されます。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の断面図
断面図[出典:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合]

 このように低層部には商業施設が入ります。


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区」(地上40階、最高高さ148.45m)の建設地です。この地域では最も高いタワーマンションとなります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 地上から撮影。中央のビルは「住友不動産後楽園ビル」(地上20階、高さ88.9m)で今回の再開発には含まれていません。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 仮囲いに貼られていた完成予想イラストです。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 建築計画のお知らせです。

■北街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 北街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目102番1、102番2、102番3
用途:共同住宅、事務所、店舗
階数:地上40階、地下2階
高さ:140.40m(最高高さ148.45m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:現場造成杭、直接基礎
敷地面積:6,208.60
建築面積:4,004.84
延床面積:84,326.08
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:清水建設
工期:2016年3月31日着工〜2021年7月15日竣工予定



春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区」(地上23階、最高高さ110.70m)の建設地です。左にオフィス棟、右の狭い敷地に住宅棟が建設されます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 地上から撮影。茶色のビルなど立ち並んでいる箇所は残ります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 完成予想イラストです。先程のイラストとこのイラストを見る限りだと低層部全体が商業施設になりそうな雰囲気です。そうなると広域に渡って店舗が連なることとなります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 建築計画のお知らせです。

■南街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 南街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所
総戸数:157戸(うちワンルーム43戸)
階数:地上23階、地下2階
高さ:104.49m(最高高さ110.70m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:9,315.59
建築面積:5,237.21
延床面積:94,728.34
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:大成建設
工期:2015年9月末日着工〜2021年11月30日竣工予定



春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区」(地上13階、最高高さ50.36m)の建設地です。こちらは地権者用のビルとなります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 建築計画のお知らせです。超高層ではないので詳細の転機は省略します。

40階建てタワマンなど建設「春日・後楽園駅前地区再開発事業」の建設状況(2018.2.10)

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 文京シビックセンターの北側の大規模再開発「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。文京シビックセンターの25階無料展望台から撮影しました。現在は既存ビルが解体され杭工事などが行わていました。建築主は春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産が参画しています。

春日・後楽園駅前地区市街地再開発の完成予想図
完成予想図[出典:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合]

 計画地は北街区、南街区、西街区に分けられ、タワーマンションやオフィスビルが建設されます。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の配置図
配置図[出典:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合]

 このように虫食い状態の街区となりますが、計画地中央を通り抜けるグリーンバレーなども整備されます。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の断面図
断面図[出典:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合]

 一番大きNX棟で地上40階、最高高さ148.45mのタワーマンションとなります。次に大きいのがSA棟で地上23階、最高高さ110.70mのオフィスビルとなります。隣のSB棟やSC棟とは一体となる建物となるようです。小さなW棟は地権者用のビルで地上13階、高さ50.36mとなります。

 全体的に低層部には商業施設が入る計画となっているので新たな賑わいが生まれそうです。


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 板状のタワーマンションとなる「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区」(地上40階、最高高さ148.45m)の建設地です。この辺りでは最も高いタワーマンションとなります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 地上から撮影。中央の「住友不動産後楽園ビル」(地上20階、高さ88.9m)は残ります。、

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 右奥に見えるのは「アトラスタワー小石川」(地上28階、最高高さ92.9m)です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。数値が変わったり工期が伸びたりしています。

■北街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 北街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目102番1、102番2、102番3
用途:共同住宅、事務所、店舗
階数:地上40階、地下2階
高さ:140.40m(最高高さ148.45m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:現場造成杭、直接基礎
敷地面積:6,208.60
建築面積:4,004.84
延床面積:84,326.08
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:清水建設
工期:2016年3月31日着工〜2021年7月15日竣工予定


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区」(地上23階、最高高さ110.70m)の建設地です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 こちらの細い敷地も南街区となります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 地上から撮影。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 東京都民銀行が入るビルなどは残ります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。こちらも細かい数値が変わっています。

■南街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 南街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所
総戸数:157戸(うちワンルーム43戸)
階数:地上23階、地下2階
高さ:104.49m(最高高さ110.70m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:9,316.06
建築面積:5,237.21
延床面積:94,728.34
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:大成建設
工期:2015年9月末日着工〜2021年11月30日竣工予定


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区」(地上13階、最高高さ50.36m)の建設地です。こちらは一足先に建設が工事が進んでいます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 地上から撮影。ここは地権者向けの建物となるようです。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。詳細の転機は省略します。

地上40階タワマン等「春日・後楽園駅前地区再開発事業」の建設状況(2017.6.17)

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区市街地再開発の完成予想図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:再開発組合]

 文京シビックセンターの北側の大規模再開発「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。広大な敷地にタワーマンションやオフィスビルなどが建設されます。建築主は春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産が参画しています。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の配置図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の配置図[出典:再開発組合]

 このように北街区、南街区、西街区の3つの街区に分かれています。また再開発に参加しないビルが何棟もあるので複雑な境界線となっています。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の断面図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の断面図[出典:再開発組合]

 一番大きいのが住宅が主体となるNX棟で地上40階、最高高さ148.45mとなります。次に大きいのが事務所が主体となるSA棟で地上23階、最高高さ109.08mとなります。SB棟はこのSA棟と一体となるようで階数や高さなどは不明です。一番小さいのが事務所と住宅からなるW棟で地上13階、高さ50.36mとなります。ここは地権者用のビルとなるようです。

 また、どの棟も低層部には商業施設が入るため賑やかな再開発となりそうです。


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 2017年6月17日に文京シビックセンターの25階無料展望室から見た「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」です。かなり部分の既存ビルの解体工事が終わっていますがまだいくつか建物が残っています。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 これはアスベスト調査の図ですが、まだ解体されていない建物と再開発に参加せずに残る建物がこの図からわかります。



春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 文京シビックセンターから見た「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区」です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 この辺りには住宅が主体となるSB棟が建設されます。白い低層のビルも解体されるはずですが、見た感じでは解体される気配はありませんでした。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 こちら側には事務所が主体となる地上23階、最高高さ109.08mのSA棟が建設されます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 地上から見た様子です。SB棟方面です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 こちらはSA棟方面です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 SA棟方面をもう1枚。見える範囲はオフィスビルの壁になるかと思います。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 建築計画のお知らせです。

■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 南街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所
総戸数:157戸(うちワンルーム43戸)
階数:地上23階、地下2階
高さ:100.23m(最高高さ109.08m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:9,315.59
建築面積:5,113.21
延床面積:94,166.32
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:大成建設
工期:2016年3月末日着工〜2021年11月30日竣工予定



春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 同再開発では一番小さな「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区」です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 事務所と住宅からなる地上13階、高さ50.36mのW棟が建設中で既に型枠工事が行われていました。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 建築計画のお知らせです。超高層ではないので物件概要は省略します。



春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 文京シビックセンターから見た「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区」です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 住宅が主体となる地上40階、最高高さ148.45mのNX棟が建設されます。同再開発では一番高い建物となります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 地上から撮影。再開発には参加しない中央の「住友不動産後楽園ビル」(地上20階、高さ88.9m)が今は目立っていますが、同再開発が進むと存在感は薄くなりそうです。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 建築計画のお知らせです。

■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 北街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗
階数:地上40階、地下2階
高さ:140.83m(最高高さ148.45m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:現場造成杭、直接基礎
敷地面積:6,208.90
建築面積:4,053.06
延床面積:84,313.87
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:清水建設
工期:2016年3月31日着工〜2020年3月31日竣工予定

地上40階タワマン等が建設される「春日・後楽園駅前地区再開発事業」の既存ビル解体状況(2017.2.26)

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 文京シビックセンターから撮影した「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。その名の通り春日駅と後楽園駅前の再開発で現在は既存ビルの解体工事が行われています。

春日・後楽園駅前地区市街地再開発の完成予想図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:再開発組合]

 解体後の跡地にはこのようにタワーマンションやオフィスビルが建設されます。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の断面図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の断面図[出典:再開発組合]

 このように低層部には商業施設が入る複合ビルとなります。再開発組合のHPの記載されている内容をそのまま書き写すと

南街区(S-A,B,C)
・S-Aでは、中〜高層部において、区内有数の規模となる大型事務所を計画します。
・S-Bでは、中〜高層部には30〜60m2の多様なタイプの住戸を計画します。
・低層部には、拠点商業地の形成に資する商業施設を計画します。

西街区(W)
・中層部には小型の事務所を、中〜高層部には比較的小型の住戸を計画し、権利者の多様なニーズに対応した施設計画とします。
・低層部には、にぎわいを連続させる小規模な店舗を計画します。

北街区(N-X,Y)
・N-Xでは、中層部に中〜小型事務所を配置します。また、中〜超高層部には主に60〜80m2を中心としたファミリータイプの住戸を計画します。
・低層部には、生活利便性を高める商業施設を計画します。

全体
・子育て支援施設の誘致を進めます。
・災害時の一時避難場所としての必要資材等を保管する防災備蓄倉庫や、高層住戸での生活を維持するための備蓄倉庫の設置を検討します。

となっています。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の配置図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の配置図[出典:再開発組合]


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 地上40階、最高高さ148.45mのタワーマンションが建設される北街区方面です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 文京シビックセンターに近い側の南街区です。こちらには地上23階、最高高さ109.08mのオフィスビルとタワーマンションが建設されます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 地上から撮影した南街区です。この角地に最高高さ109.08mのオフィスビルが建設されます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 こちらの角地も南街区で三菱東京UFJ銀行が入るビルも解体され、跡地にはタワーマンションが建設されます。東京都民銀行が入るビルなどは再開発には参加していないためそのまま残ります。

春日・後楽園駅前地区再開発事業 南街区 建築計画のお知らせ
 南街区の建築計画のお知らせです。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 こちらの角地が北街区です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 少し文京シビックセンター側に移動して撮影。中央の「住友不動産後楽園ビル」(地上20階、高さ88.9m)は再開発には参加しておらずそのまま残ります。こうしてこの角度から撮れるのは今だけです。

アトラスタワー小石川
 上の写真で見切れていた「アトラスタワー小石川」(地上28階、最高高さ92.9m)もこうして撮れるのは今だけです。なかなかいい撮影スポットがないマンションなのでいい感じに撮れて良かったです。

春日・後楽園駅前地区再開発事業 北街区 建築計画のお知らせ
 話は少し逸れましたが北街区の建築計画のお知らせです。


■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 北街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗
階数:地上40階、地下2階
高さ:140.83m(最高高さ148.45m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:現場造成杭、直接基礎
敷地面積:6,208.90
建築面積:4,053.06
延床面積:84,313.87
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:清水建設
工期:2016年3月31日着工〜2020年3月31日竣工予定

■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 南街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所
総戸数:157戸(うちワンルーム43戸)
階数:地上23階、地下2階
高さ:100.23m(最高高さ109.08m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:9,315.59
建築面積:5,113.21
延床面積:94,166.32
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:大成建設
工期:2016年3月末日着工〜2021年11月30日竣工予定

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の既存ビル解体状況(2016.7.23)

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 春日・後楽園駅前の大規模再開発「春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。文京シビックセンターから撮影しました。現在は計画地のあちこちで既存ビルの解体工事が行われています。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の配置図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の配置図[出典:再開発組合]

 最初の写真はこの配置図だと左側から見た様子となります。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の完成予想図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:再開発組合]

 こちらは完成予想図ですが、右側の一番高い建物が北街区のN-X棟で地上40階、最高高さ148.45mとなります。中層部が中〜小型事務所、中〜超高層部が主に60〜80屬鮹羶瓦箸靴織侫.潺蝓璽織ぅ廚僚燦佑配置される計画となっています。

 左側が南街区でS-A棟は中〜高層部が大型事務所、S-B棟は中〜高層部が30〜60屬僚燦佑計画されています。S-A棟とS-B棟は1棟扱いのようで地上23階、最高高さ109.08mという情報しかなく、S-B棟の高さは不明です。階数もどちらの階数のことかは不明です。

 西街区は地上13階、高さ50.36mの規模で、中層部には小型の事務所、中〜高層部には比較的小型の住戸が計画されており権利者住宅となるようです。

 また、それぞれの街区低層部には商業施設が入ります。建築主は春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合で、参加組合員として三井不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、新日鉄興和不動産が参画しています。


春日・後楽園駅前地区市街地再開発の断面図
春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業の断面図[出典:再開発組合]

 断面図です。複数の建物が建設されるかなり大規模な再開発となります。


春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 ここらは既存ビル解体状況を適当にズラズラと載せていきます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 屋上に池とボードらしきものがある謎のビルです。そう見えるだけで違うのかもしれません。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 ここからは地上から見た様子です。1枚目の写真の左下から時計回りに載せていきます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 右端に見えるのが文京シビックセンターです。25階に無料展望台があります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業
 1枚目の右上あたりから見た様子です。この角地に地上40階、最高高さ148.45mのタワーマンションが建設されます。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

住友不動産後楽園ビル
 この「住友不動産後楽園ビル」(地上20階、高さ88.9m)は再開発には含まれていません。配置図を見てもらうとわかると思いますが、再開発に参加していないビルは複数あります。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区
 北街区の建築計画のお知らせです。施工者は清水建設です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区
 北街区の建築計画のお知らせです。こちらの施工者は大成建設です。

春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 西街区
 西街区の建築計画のお知らせです。こちらの施工者は東洋建設です。

■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 北街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 北街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗
階数:地上40階、地下2階
高さ:140.83m(最高高さ148.45m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:現場造成杭、直接基礎
敷地面積:6,208.90
建築面積:4,053.06
延床面積:84,313.87
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:清水建設
工期:2016年3月31日着工〜2020年3月31日竣工予定

■春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業 南街区の物件概要■
計画名:春日・後楽園駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物 南街区
所在地:東京都文京区小石川1丁目地内
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所
総戸数:157戸(うちワンルーム43戸)
階数:地上23階、地下2階
高さ:100.23m(最高高さ109.08m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:9,315.59
建築面積:5,113.21
延床面積:94,166.32
建築主:春日・後楽園駅前地区市街地再開発組合
設計者:日本設計
施工者:大成建設
工期:2016年3月末日着工〜2021年11月30日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。