超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

明治屋京橋ビル

京橋エドグランの建設状況(2016.3.2)

京橋エドグラン
 東京の京橋駅直結となる再開発ビル「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)です。以前は「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」と呼ばれていた再開発ですが約2ヶ月前に名称が決定しています。

京橋エドグラン
 この「明治屋京橋ビル」も同再開発の一部でしたが、見るからに古くて趣のあるビルが改修工事でキレイになってしまいました。左の青いネットで覆われている部分も同再開発で「明治屋京橋ビル」と同じ高さで揃います。

京橋エドグラン
 正面から撮影。この低層の中央は高さ約31mのガレリア空間などが整備されて通り抜けられるようになります。

京橋エドグラン
 今秋開業予定なのでもう数ヶ月もすればこの低層部の外観も完成するかと思います。今はそこそこ目立つ超高層ビルですが、八重洲の再開発ビルが出来ればこの規模でも存在感は薄まってしまいそうです。

■京橋エドグランの物件概要■
名称:京橋エドグラン
計画名称:京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建設物(再開発棟)
所在地:東京都中央区京橋二丁目2番27
用途:事務所・店舗
階数:地上32階、地下2階
高さ:167.40m(最後部高さ170.25m)
構造:SRC・S造(中間層免震構造)
敷地面積:7,994.44
建築面積:5,182.84
延床面積:113,553.53
建築主:京橋二丁目西地区市街地再開発組合
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2013年10月1日着工〜2016年10月末竣工予定
開業:2016 年秋予定

京橋二丁目西地区の名称が京橋エドグランに決定!

京橋エドグラン
 東京駅から徒歩5分の位置で建設中の「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上32階、最高高さ170.41m)の名称が「京橋エドグラン」に決定したと、昨日、京橋二丁目西地区市街地再開発組合と日本土地建物から発表されました。

 この「京橋エドグラン」という名称には「江戸時代から連綿と続く壮大なまちづくりの歴史と粋や人情を受け継いで、ここ京橋から新たなビジネスと文化を創造し、日本の未来のグランドデザインを描きたい」という想いが込められています。

▼日本土地建物:ニュースリリース(2016年1月19日)
「KYOBASHI EDOGRAND(京橋エドグラン)」に名称決定(PDF)

京橋エドグラン
 少し移動した場所からもう1枚。手前のビルは同再開発で改修工事が行われた歴史的建築物棟の「明治屋京橋ビル」(地上8階、高さ30.32m)です。

京橋エドグラン
 これは1月17日の撮影ですが低層部の工事も始まっていました。この部分は隣の「明治屋京橋ビル」と高さを合わせて景観への配慮を行っています。

京橋エドグラン
 低層部の店舗エリアにはパティシィエの鎧塚俊彦さんによる「ToshiYoroizuka(トシ ヨロイヅカ)」の旗艦店などが入居予定となっています。

京橋エドグラン
 ここからは京橋エドグランPR事務局提供の完成予想図と写真です。なぜか報道関係者として登録されているようで情報や画像データが送られてきています。

 「京橋エドグラン」は現在建設中の再開発棟と歴史的建築物棟の明治屋京橋ビルの2棟構成となっています。再開発棟低層部は明治屋京橋ビルと高さや大きさを揃えていますが、近代的デザインにすることによって明治屋京橋ビルとの対比を強調し、お互いの存在を引き立て合うようにしています。

京橋エドグラン
 右の明治屋京橋ビルに東京メトロのマークが見えると思いますが、東京メトロ銀座線の京橋駅と直結です。

京橋エドグラン
 低層部の店舗部分です。

京橋エドグラン
 高さ約31mのガレリア空間や大階段など開放的なオープンスペースが設置されます。

京橋エドグラン
 「京橋エドグラン」全体の完成予想図です。

京橋エドグランかがの眺め
 29階のオフィススペースからの眺めです。こういったオフィスで仕事をしてみたいですね。

■京橋エドグランの物件概要■
名称:京橋エドグラン
計画名称:京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建設物(再開発棟)
所在地:東京都中央区京橋二丁目2番27
用途:事務所・店舗
階数:地上32階、地下2階
高さ:167.40m(最後部高さ170.25m)
構造:SRC・S造(中間層免震構造)
敷地面積:7,994.44
建築面積:5,182.84
延床面積:113,553.53
建築主:京橋二丁目西地区市街地再開発組合
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2013年10月1日着工〜2016年10月末竣工予定
開業:2016 年秋予定

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業の建設状況(2015.11.21)

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 東京の京橋で建設中の「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上32階、最高高さ170.41m)です。東京メトロ銀座線の京橋駅直結ですが、東京駅までは徒歩5分という立地です。その東京駅との間では八重洲の再開発がこれから始まるので、大きく街が変わって行く場所でもあります。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 少し移動した場所からもう1枚。撮影した11月21日時点で最上階の32階の鉄骨を組んでいるところでした。もう2週間近く経っているので塔屋の鉄骨を組んでいる頃かと思います。

明治屋京橋ビル
 同再開発の一部で改修工事が行われた「明治屋京橋ビル」(地上8階、高さ30.32m)です。古くて趣のあるビルでしたがキレイになってしまいました。

明治屋京橋ビル
 MEIDI-YAは既にオープンしておりこの日はボジョレーヌーボーを大々的に売っていました。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」の低層部です。低層部には商業施設などが入り、そして高さ約31mのガレリア空間が配置されます。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 日本橋から見た「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」です。28階の一部まで外壁が取り付けられていました。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 世界貿易センタービルから見た「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」です。汐留の超高層ビル群に隠れて見えないかと思ったのですが、大門側に移動したら一部だけですがこうして見えました。

■京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建設物(再開発棟)
所在地:東京都中央区京橋二丁目2番27
用途:事務所・店舗
階数:地上32階、地下2階
高さ:167.40m(最後部高さ170.25m)
構造:SRC・S造(中間層免震構造)
敷地面積:7,994.44
建築面積:5,182.84
延床面積:113,553.53
建築主:京橋二丁目西地区市街地再開発組合
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2013年10月1日着工〜2016年8月31日竣工予定

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業の空撮(2015.10.3)と建設状況(2015.10.12)

東京駅周辺の超高層ビル群の空撮
 2015年10月3日の東京駅周辺の超高層ビル群の空撮です。途切れることなく超高層ビルの建設が続き年々超高層ビル群が拡大していますが、今後は八重洲(東京駅の手前)の再開発や常盤橋街区(写真右上)の高さ390mの超高層ビルなどなどまだまだ超高層ビル群は拡大していきます。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業の空撮
 そんな東京駅周辺の超高層ビル群の中で東京メトロ銀座線の京橋駅のすぐ上で建設中の「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上32階、最高高さ170.41m)です。空撮した時点で25階まで達しており随分と目立つようになってきました。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 これは10月12日に地上から撮影した「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」です。26階〜28階部分の鉄骨を組んでいました。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 手前の「明治屋京橋ビル」(地上8階、高さ30.32m)も同再開発の一部で改修工事が行われました。今は既に稼働しているようです。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 低層部です。そのまま奥まで見えていますがここには貫通通路が整備され、巨大なガレリア空間となります。また、低層部には店舗・公益施設が入ります。

東京駅と超高層ビル
 新丸ビルから見た東京駅方面です。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」にズームです。まだもう少し高くなります。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 日本橋から東京駅に向かっているときに道路の先に「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」が見えました。こういった光景は結構好きです。

■京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建設物(再開発棟)
所在地:東京都中央区京橋二丁目2番27
用途:事務所・店舗
階数:地上32階、地下2階
高さ:167.40m(最後部高さ170.25m)
構造:SRC・S造(中間層免震構造)
敷地面積:7,994.44
建築面積:5,182.84
延床面積:113,553.53
建築主:京橋二丁目西地区市街地再開発組合
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2013年10月1日着工〜2016年8月31日竣工予定

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業の建設状況(2015年8月22日)

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 東京メトロ銀座線の京橋駅直結となるオフィスビル「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上32階、最高高さ170.41m)です。低層部は店舗・公益施設部分となり、中間免震層より上がオフィスフロアとなります。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 中央通りに面した外壁にガラスが入りはじめていました。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 反対側もガラスの取り付けが始まっていました。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 メインの通りに面している側とそうではない側では外壁が異なります。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 新丸ビルから見た東京駅方面です。東京駅と京橋の間には八重洲があり、その八重洲では大規模な再開発が計画されているのでこの景色は大きく変わります。

京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
 「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業」にズームです。撮影時点で隣の「京橋トラストタワー」(地上21階、高さ108.7m)と同じくらいの高さでした。まだまだ高くなります。

■京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業施設建設物(再開発棟)
所在地:東京都中央区京橋二丁目2番27
用途:事務所・店舗
階数:地上32階、地下2階
高さ:167.40m(最後部高さ170.25m)
構造:SRC・S造(中間層免震構造)
敷地面積:7,994.44
建築面積:5,182.84
延床面積:113,553.53
建築主:京橋二丁目西地区市街地再開発組合
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2013年10月1日着工〜2016年8月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。