超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

旧六本木プリンスホテル

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの建設状況(2015年9月13日)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京都庁の展望室から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」(地上43階、高さ230.76m)です。中央のタワークレーン4基で建設中の超高層ビルで、建築計画の名称は「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区」です。現時点でかなり高くなっていますが、右側に見えている東京タワーや東京ミッドタウンと比べると低く感じます。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 こちらは翌日の2015年9月13日に六本木ヒルズから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。右側の「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)とほぼ同じ高さまで高くなっています。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 「泉ガーデンタワー」の前から見上げた「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 反対側から見上げた「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。こちら側はビルとしては裏側かもしれませんが、個人的にはここから見上げる姿が、シャトルエレベーター部分も含めて全体が見えて好きです。

 1〜3階が店舗、4階が4層吹き抜けのアトリウムロビー、8階、9階がカンファレンスセンター、10〜27階がオフィスフロア、28階が免震フロア、29階がスカイロビー、30階が機械室、そして31階〜43階がオフィスフロアとなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 少し移動した場所から上部を見上げてみました。飛び出た部分が斜めに上へ向かっていますが、塔屋も含めた最上部でこの部分がぶつかります。ということでまだ伸びます。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 六本木ヒルズから見た最上部です。まだ六本木ヒルズから現時点の最上部の床が見えました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 低層部です。4層吹き抜けのアトリウムロビーとなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京ミッドタウンに隣接した公園から見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。いい感じにそびえ立っています。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上40階、塔屋2階、地下5階(呼称は地上43階、地下2階)
高さ:230.76m(公式サイトでは226.95m ※4FLより)
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:SRC造・RC造・S造
基礎工法:直接基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 業務棟の隣で建設中の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。住友不動産による賃貸のタワーマンションとなります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 タワーマンションらしい高さまで伸びてきました。現地工程表を見ると26,27階部分の積層躯体構築工事となっていたので、最上階まで達しているかもしれません。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 反対側から見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」です。こちら側がマンションとしては裏となるようです。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ:109.05m
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:RC造・免震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの建設状況(2015年8月8日)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 六本木ヒルズから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。計画名称は「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区」です。その中で業務棟は地上40階、高さ230.76mとなります。右側の「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)と同じくらいの高さまで伸びてきました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 「泉ガーデンタワー」前から見上げた「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 反対側から見たげた「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。こちら側には90人乗りの大型のシャトルエレーベーターの鉄骨を見ることが出来ます。今まではこのシャトルエレベーターを説明するときに26階のスカイロビーまでとしていましたが、公式サイトが更新されて地上40階、地下5階から地上43階、地下2階表記になり、それに合わせてスカイロビーは29階表記となりました。傾斜地に建っているビルは建築基準法上の階数と、実際の表記が異なることがあります。これはどこを1階とするかで変わります。

 よって1階が六本木一丁目駅直結となるフロア、1〜3階が店舗、4階が4層吹き抜けのアトリウムロビー、8階、9階がカンファレンスセンター、10〜27階がオフィスフロア、28階が免震フロア、29階がスカイロビー、30階が機械室、そして31階〜43階がオフィスフロアとなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 シャトルエレーベーターにもガラスカーテンウォールの取り付けが始まりました。泉ガーデンタワーのガラスカーテンウォールとそっくりの色です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 少し離れた場所から見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。まだ伸びます。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京ミッドタウンから撮影。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 最後にもう一度六本木ヒルズから見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 ズームすると作業員がいっぱいいるのが見えました。こういった場所で仕事をする人になりたかったです。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上40階、塔屋2階、地下5階(公式では地上43階、地下2階)
高さ:230.76m(公式サイトでは226.95m ※4FLより)
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:SRC造・RC造・S造
基礎工法:直接基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 六本木ヒルズから見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。右側の住宅棟が「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 近くから見上げた「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 随分と建設が進んできました。ここは住友不動産の賃貸のタワーマンションとなります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 反対側は業務棟とお見合いとなるので部屋は角部屋以外はなく随分と雰囲気が変わります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 最後にもう一度六本木ヒルズから最上部にズームです。こちらは業務棟よりは作業員が少なめです。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ:109.05m
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:RC造・免震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの建設状況(2015年7月12日)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 六本木ヒルズから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.76m)とも呼ばれている超高層オフィスビルで随分と高くなってきました。右側の「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)よりも高くなるのでまだ伸びます。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 近くから見上げた「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。ビルの壁面に組まれている鉄骨部分には90人乗りの大型のシャトルエレーベータが設置されます。26階がスカイロビーとなるのでシャトルエレーベータの先の部分が26階となります。27階は機械室で高層部のオフィスフロアは28階〜40階となります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 別角度からもう1枚。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 飛び出ている部分にズームです。日本のビルは純粋な箱型ばかりなのでこうした出っ張りがあるのは珍しいです。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 低層部です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 随分と高くなってきたこともあり、撮影スポットとは考えていなかった場所からも目立つようになってきました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 高層部にズームです。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京ミッドタウンからも目立つようになっています。何フロアを占めるのかはわかりませんが、このオフィスビルにはテレビ東京の入居が予定されています。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ:230.76m(公式サイトでは226.95m)
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:SRC造・RC造・S造
基礎工法:直接基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 業務棟の隣で建設中の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。撮影時点で16階くらいでしょうか。こちらもグングン伸びています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 ここは住友不動産による賃貸マンションとなります。間違いなくお金持ちしか住めません。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 坂の下から撮影。業務棟側には角部屋以外はなさそうです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 六本木ヒルズから見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」です。家賃はどれくらいになるんでしょうね?近くに建つ住友不動産の賃貸マンション「泉ガーデンレジデンス」(地上32階、高さ116m)の家賃は広い部屋だと100万円を超えてきます。新築ということも考えるとそこよりも少し高めの家賃設定になるのかなと思っています。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ:109.05m
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:RC造・免震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの建設状況(2015年6月13日)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 六本木ヒルズから撮影した「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.76m)の「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。随分と高くなりガラスカーテンウォールを使った斜めのデザインも目立つようになってきました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 近くから見上げた「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。左で組んでいる鉄骨部分には90人乗りの大型のシャトルエレーベータが設置されます。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「泉ガーデンタワー」の隣から撮影。現地工程表によると22〜25階の躯体工事、26〜28階の鉄骨工事となっていました。その25階は免震フロアとなり、26階はスカイロビー、そして27階が機械室で28階〜40階が高層階のオフィスフロアとなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 少し飛び出た部分にズーム。この飛び出た部分は左上の方に向かって平らになっていき、最上部で飛び出た部分がなくなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の低層部です。1階は4層吹き抜けのエントランスとなるので、現時点でこういった大空間を見ることが出来ます。その空間に向こうに見えるのは住宅棟です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 その住宅棟の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。住友不動産による賃貸マンションとなりますが、現時点で超高さそうな雰囲気が漂っています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 反対側の坂の下から撮影。オフィス棟とお見合い部屋になる向きに部屋はほとんどなさそうです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 六本木ヒルズから撮影した「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京ミッドタウンから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。随分と高くなってきましたがまだまだ高くなります。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.76m(公式サイトでは226.95m)
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,500.74
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの建設状況(2015年5月10日)

六本木ヒルズからの眺め
 リニューアルオープンした六本木ヒルズの展望台から見た東京都心方面の超高層ビル群です。中央で建設中の超高層ビルが今回の主役「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」(地上40階、高さ230.76m)にズームです。

 1階が4層吹き抜けのエントランス、5階、6階がカンファレンスセンター、7〜24階がオフィスフロア、25階が免震フロア、26階がスカイロビー、27階が機械室、28〜40階がオフィスフロアとなります。地下部は店舗や駐車場となり、地下3階では東京メトロ南北線の六本木一丁目駅に直結となります。また、入居企業としてはテレビ東京が決定しています。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 高層部にズームです。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 低層部にズームです。ガラスがない部分が4層吹き抜けのエントランスホールかと思います。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 たぶんこの部分は26階のスカイロビーに直行するエレベーター部分だと思います。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 地上から見るとこんな感じです。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 地上からビル全体を見上げてみました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 春になり再び一般開放された「アークヒルズ サウスタワー」(地上20階、最高高さ109.9m)の屋上庭園スカイパークから見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 こうして東京ミッドタウンから見るとかなり大きな超高層ビルに見えます。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟
 業務棟の隣で建設中の「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。これは六本木ヒルズからの撮影です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟
 目の前から撮影。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟
 「アークヒルズ サウスタワー」から見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟」です。住友不動産による賃貸マンションとなりますが、かなりのお金持ちしか住めない家賃になるかと思います。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 建築計画
 建築計画のお知らせです。高さが230.06mから230.76mに変更になっていました。何度目の高さ修正でしょうか?コロコロ高さが変わります。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.76m(公式サイトでは226.95m)
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,500.74
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


 ところで久しぶりの六本木ヒルズからの眺めでしたがやっぱりいいですね。5月24日まで年間パスポートがキャンペーンで半額の3000円だったので購入しました。これから1年間は六本木ヒルズに気軽に行けるので嬉しいです。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク