超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

日本橋川

高さ約233m「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」の都市計画決定!

(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:内閣府]

 東京駅近くの日本橋側沿いエリアの大規模再開発「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ約233m)について東京ガス不動産からプレスリリース、東京建物から都市計画決定とのニュースリリースが出ました。

 東京建物のニュースリリースは以下の一文のみのシンプルなニュースリリースでした。
『日本橋川沿いエリアに大規模施設等を整備 「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」 都市計画決定 2025 年度本体工事着工予定』

 東京ガス不動産はエネルギー供給についてなど、詳しい内容のプレスリリースとなっています。詳細は下記にリンクを載せておくのでそちらをご覧ください。

▼東京ガス不動産:プレスリリース(2019年10月11日)
日本橋川沿いエリアに大規模施設等を整備
「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」
都市計画決定 2025年度本体工事着工予定




(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
平面・断面イメージ[出展:内閣府]

 以前に載せたブログ内容とほぼ変わりませんが当ブログでは超高層専門ブログらしく再開発ビルの概要について載せていきます。

 「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」は八重洲の一番北側の八重洲一丁目の日本橋側沿いが計画地で、その南街区には低層部には店舗や宿泊施設が入り、中高層部はオフィスフロア地上45階、地下5階、高さ約233mの超高層ビル、北街区の日本橋川の目の前には地上2階、地下1階の店舗棟が建設されます。

 北街区と南街区の間の地下には地下化される首都高が通り、北街区側は日本橋川沿いエリアの連続的な水辺空間と歩行者ネットワークの整備が行われます。また、南街区は東京メトロ「日本橋」駅に地下で直結し、東京駅、大手町駅とも接続する地下通路も整備する構想があります。

 首都高地下が前提の再開発のため工期は2025年度着工〜2035年度竣工と10年も工期がありますが、南街区は一足はやく2030年度の竣工予定となっています。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:内閣府]

 その東京駅側から見た完成予想図です。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:内閣府]

 低層部の斜めのラインが特徴的な超高層ビルとなります。その部分の灰色の3層の部分がホテル部かと思います。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:内閣府]

 北街区と南街区の間でこの道路の地下に首都高が通ります。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:内閣府]

 北街区と南街区は2階レベルでデッキで接続され、日本橋川を望むことができるようになります。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:内閣府]

 個人的には首都高地下化はお金の無駄遣いと思っていましたが、こういった首都高が地下化されてからのイメージパースを見るとワクワクして今は楽しみになっています。首都高地下化される頃には日本橋川がキレイになっていると最高ですね。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:内閣府]

 周辺では他にも再開発が行われていたり計画されています。首都高地下化が完了する頃には日本橋や東京駅周辺の景色は一変していそうです。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業

 ちょっと古いですが「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」の計画地の空撮です。赤い網掛けをした部分が計画地です。超高層ビルがある側が南街区で首都高沿いの板状のビルがある場所が北街区となります。



新呉服橋ビル

 同再開発のため解体される「新呉服橋ビル」(地上21階、高さ112.48m、1977年竣工)です。まだまだ現役でも大丈夫そうなビルですが倍以上の高さの超高層ビルへ生まれ変わります。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業

 永代通り沿いから見た計画地方面です。



(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業

 将来的は地下化のため撤去される首都高と同再開発方面です。この首都高が撤去されたときの景色はどんな感じなんでしょうね。実際に見る景色は完成予想図で見る景色を超えていることに期待です。



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟

 左の白い超高層ビルがある場所が「(仮称)八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」の計画地で、その隣では「東京駅前常盤橋プロジェクト」の「東京駅前常盤橋プロジェクト A棟」(地上40階、高さ212m)が建設中です。この右側には高さ390mの超高層ビルも建設されるため、日本一と言っていい超高層ビル街が誕生することになります。

■物件概要(南街区)■
計画名:八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業 南街区
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目20番5,22番
用途:事務所、店舗、宿泊施設等
階数:地上45階、地下5階
高さ:約233m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
敷地面積:約7,560
延床面積:約180,500
建築主:八重洲一丁目北地区再開発準備組合
事業協力者:東京建物、大成建設
工期:2023年度着工〜2030年度竣工予定

日本橋一丁目中地区市街地再開発組合が設立認可!地上49階、高さ約287mの複合ビル建設!

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:東京都]

 本日、2018年12月14日に「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」を計画する「日本橋一丁目中地区市街地再開発組合」の設立が東京都より認可されます。参加組合員として三井不動産、野村不動産、野村ホールディングスが参画しています。

 総事業費は約3167億円、規模は地上49階、地下5階、高さ約287m、延べ約362,600屬如∈8紊2019年度の権利変換計画認可を経て、2020年度の着工、2025年度の竣工を予定しています。以前発表されていた計画では地上51階、高さ約287m、延べ約395,000屬世辰燭里如高さは変わらずですが少し規模が縮小されています。

▼東京都:報道発表資料(2018年12月13日)
日本橋一丁目中地区市街地再開発組合の設立を認可します

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
断面図[出展:東京都]

 「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」はA街区、B街区、C街区がありC街区が地上49階、高さ約287mとなり日本橋地区で最大の超高層ビルとなります。

 低層部には店舗、会議室(カンファレンス施設)、ビジネス支援施設、中層部にオフィスフロア、高層部にサービスアパートメントとホテルといったフロア構成となります。


日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:東京都]

 地下化が計画されている首都高が通る日本橋川側がA街区(地上5階、高さ約38m)とB街区(地上7階、高さ約31m)で昭和通り側がC街区となります。

 この配置図の左下は「日本橋一丁目三井ビル(コレド日本橋)」でD街区としてC街区と繋がる連絡通路を整備するなど改修されます。


日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:東京都]

 場所は「日本橋」駅のすぐ近くでこの図の左側の徒歩圏に「東京」駅があります。以前に載せましたが「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」の周辺では複数の再開発計画(規模不明)があります。

日本橋の高さ287m超高層ビル「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の環境影響評価書の縦覧開始


日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
 毎回載せている計画地の空撮です。「日本橋一丁目三井ビル(コレド日本橋)」も赤色を付けていますが、このビルは改修されるだけで解体されることはありません。

IMG_3324_日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
 昭和通り沿いから見たC街区の建設地方面です。

日鉄日本橋ビル
 隣の角地は「日鉄日本橋ビル」(地上18階、最高高さ91.66m)が建設中です。小さなビルではありませんが「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」が建設されると普通のビルのように感じるかもしれません。

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
 中央通り側から見た様子です。

日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
 この左側に日本橋川と首都高があります。日本橋川沿いでは親水広場の整備や護岸改良による川沿いのプロムナードの整備が行われます。A街区となる「日本橋野村ビル旧館」は歴史的建築物の保全活用により改修されます。

■物件概要(C街区)■
事業名:(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
所在地:東京都中央区日本橋1丁目地内
用途:店舗、事務所、住宅、ホテル、サービスアパートメント、カンファレンス施設 等
階数:地上49階、地下5階
高さ:約287m
敷地面積:約15,600
延床面積:約362,600
事業主:日本橋一丁目中地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産、野村不動産、野村ホールディングス
設計:日建設計
工期:2020年度着工(解体)〜2025年度竣工予定
総事業費:約3,167億円


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中からソウルの63ビルから見たロッテワールドタワー方面の夜景です。この規模にもなるとやっぱりかなり目立ちます。

日本橋の高さ287m超高層ビル「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の環境影響評価書の縦覧開始

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
イメージパース[出典:内閣府]

 昨日、7月31日から8月14日までの期間で「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」に係る環境影響評価書の縦覧が開始されました。日刊建設工業新聞や建設通信新聞でも記事が掲載されましたが、記事を見る限りでは昨年、国家戦略特区として内閣府で公開された内容と変わりはないようです。

 昨年載せたブログ記事とほぼ同じ内容になりますが、ここからは「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の概要について載せていきます。

 「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」はA街区からD街区の4つの街区に分かれており、C街区は地上51階、地下5階、高さ約287m、約395,000屬猟狭眩悒咼襪箸覆蠅泙后D街区は「COREDO日本橋」が入る「日本橋一丁目三井ビル」で既に建設済みですが、C街区とは地下と地上で繋がる通路が整備されます。B街区とC街区は日本橋側沿いにある低層の2棟です。

▼日刊建設工業新聞:2018年8月1日
日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/アセス書作成、20年度着工へ/準備組合

▼建設通信新聞:2018年8月1日
延40万屐工期65ヵ月/日本橋一丁目中再開発/準備組合


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
イメージパース[出典:内閣府]

 日本橋から見たらイメージパースです。現在は日本橋川の上に首都高があるので完成してもこの角度から見ることは出来ませんが、その首都高は約3200億円かけて地下化が計画されている区間となっています。正直、そこまでお金をかけて地下化する必要があるのかなと思っています。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
断面図[出典:内閣府]

 C街区の大部分は事務所ですが高層部は国際級ホテルとなり、低層部には大規模カンファレンスも整備されます。用途に住宅も入っているのですがサービスアパートメントのような住宅になるものと思われます。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
配置図[出典:内閣府]

 C街区の超高層部は昭和通り側となります。A街区とB街区は日本橋川に面しており親水広場、船着場の増設も行われます。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
位置図[出典:内閣府]

 計画地は東京メトロと都営地下鉄の日本橋駅近くで、地下接続通路や新設改札口等の整備により駅に接続されることとなります。また、東京駅も徒歩圏です。

 日本橋川周辺では複数の再開発が計画されています。本当に首都高の地下化を行うのかわかりませんが、日本橋の再開発はしばらく続くこととなりそうです。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 約1年前の撮影ですが「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の建設地方面です。現在、この角地では「(仮称)日鐵日本橋ビル建替計画」(地上18階、最高高さ91.66m)が建設中で既に鉄骨が組まれています。

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 反対側から見た計画地です。左の低層のビルがA街区となる「日本橋野村ビル旧館」で耐震補強をして保存されることとなっています。

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 このビルも解体されC街区となりますが、超高層となるのはこの奥です。

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 以前も載せた「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の計画地の空撮です。左側の「日本橋一丁目三井ビル」も赤く色を付けていますが、同再開発では改修工事が行われますが建て替えなどはありません。

■物件概要(C街区)■
事業名:(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、商業店舗、ホテル、住宅、カンファレンス施設、ビジネス支援施設、駐車場等
階数:地上51階、地下5階
高さ:約287m
敷地面積:約15,600
延床面積:約395,000
事業主:日本橋一丁目中地区再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、野村不動産
コンサルタント:日建設計
工期:2020年度着工(解体)〜2025年度竣工予定

地上51階、高さ約287m!「都市再生特別地区(日本橋一丁目中地)都市計画(素案)の概要」が公開!

日本橋一丁目中地区 イメージパース
日本橋一丁目中地区 イメージパース[出典:内閣府]

 三井不動産と野村不動産による大規模再開発「日本橋一丁目中地区」の概要が『都市再生特別地区(日本橋一丁目中地区)都市計画(素案)の概要』として内閣府の国家戦略特区のHPにて公開されました。

 A街区からD街区の4つの街区に分かれており、C街区が地上51階、地下5階、高さ約287mという日本橋地区では最大の超高層ビルとなります。D街区は建設済みの「COREDO日本橋」が入る「日本橋一丁目三井ビル」です。

▼内閣府:国家戦略特区(2017年8月14日)
第12回 東京都都市再生分科会 配布資料


日本橋一丁目中地区 配置図
日本橋一丁目中地区 配置図[出典:内閣府]

 各街区の配置はこのようになり、D街区の「日本橋一丁目三井ビル」は改修されC街区と接続されます。A街区とB街区は日本橋川に面しており親水広場の広場、船着場の増設も行われます。


日本橋一丁目中地区 断面図
日本橋一丁目中地区 断面図[出典:内閣府]

 地上51階、地下5階、高さ約287mとなるC街区の大部分は事務所ですが、高層部は国際級ホテルとなり、低層部には大規模カンファレンスも整備されます。配布資料の物件概要を見ると主要用途に住宅(サービスアパートメント等)との記載もあるので、ホテルの一部がサービスアパートメントになるものと思われます。


日本橋一丁目中地区 位置図
日本橋一丁目中地区 位置図[出典:内閣府]

 計画地は東京メトロと都営地下鉄の日本橋駅近くで、地下接続通路や新設改札口等の整備により接続されます。

 日本橋川沿いでは同地区も含めて5地区で再開発が計画されており、これらが全て超高層ビルとなれば東京駅周辺の超高層ビル群と日本橋の超高層ビル群が一帯化し、巨大な超高層ビル群がさらに拡大することとなります。


日本橋一丁目中地区 イメージパース
日本橋一丁目中地区 イメージパース[出典:内閣府]

 日本橋川に架かる橋「日本橋」から見たイメージパースです。


日本橋一丁目中地区 イメージパース
日本橋一丁目中地区 イメージパース[出典:内閣府]

 日本橋川沿いのイメージパースです。線で描かれている通り日本橋川の上には首都高が通っていますが、このあたりの首都高は地下化が計画されています。首都高地下化と周辺の再開発が進むと日本橋川周辺の光景は大きく変わります。


日本橋一丁目中地区 計画地の空撮
 以前にも載せましたが「日本橋一丁目中地区」の空撮です。

■日本橋一丁目中地区 C街区の物件概要■
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、ホテル、住宅(サービスアパートメント等)、カンファレンス施設、ビジネス支援施設、駐車場等
階数:地上51階、地下5階
高さ:約287m
敷地面積:約15,600
延床面積:約395,000
事業主:日本橋一丁目中地区再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、野村不動産
コンサルタント:日建設計
工期:2020年度着工(解体)〜2025年度竣工予定


日本橋兜町7地区(A-1街区) 位置図
日本橋兜町7地区(A-1街区) 位置図[出典:内閣府]

 今回、公開された「第12回 東京都都市再生分科会 配布資料」では「日本橋一丁目中地区」からも近い「日本橋兜町7地区(A-1街区)」についても同時に概要が公開されました。

日本橋兜町7地区(A-1街区) イメージパース
日本橋兜町7地区(A-1街区) イメージパース[出典:内閣府]

 同地区は平和不動産による地上15階、地下2階、高さ約90m、約38,000屬離フィスビルとなります。2018年度着工、2020年度竣工予定となっており、「日本橋一丁目中地区」よりも一足先に完成予定となっています。

地上51階、高さ287m「日本橋一丁目中地区」に超高層複合ビル建設へ!

日本橋一丁目中地区 完成予想図
日本橋一丁目中地区 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 東京都中央区日本橋の「日本橋一丁目中地区」について本日の建設通信新聞や日刊建設工業新聞に掲載され概要が判明しました。A〜D街区まであり3棟が新たに建設され1棟は改修されます。事業協力者として地権者の三井不動産と野村不動産が参画しており、コンサルタントは日建設計が担当しています。

●C街区は地上51階、地下5階、高さ287m、延べ39万5000屬把秡愽瑤望Χ箸筌ンファレンス、中層部にオフィス、上層部にホテルとサービスアパートメントが入る超高層複合ビルとなります。
●A街区は地上5階、地下1階、高さ38m、延べ5000屬播絞泙篁務所が入るビルとなります。安井武雄が設計した日本橋野村ビル旧館は保存されます。
●B街区は地上7階、地下2階、高さ28m、延べ6000屬播絞泙隼務所が入る施設となります。
●D街区は「COREDO日本橋」が入る「日本橋一丁目三井ビル」で改修されC街区と接続されます。

 今後のスケジュールとしては2018年1月の都市計画決定を経て、2021年度着工、2025年度の完成を目指すこととなっています。

▼建設通信新聞:2017年7月24日
延べ40万屐高さ287m/21年度着工、25年度完成/日本橋一丁目中地区再開発

▼日刊建設工業新聞:2017年7月24日
日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/総延べ49・9万平米施設群に/準備組合


日本橋一丁目中地区の建設地の空撮
 2015年10月にヘリから撮影した「日本橋一丁目中地区」です。このように「日本橋一丁目三井ビル」と首都高に挟まれた場所が計画地となっています。この首都高の下には首都高地下化で話題となった日本橋川があり、その日本橋川沿いにはオープンスペースやプロムナード、店舗など、にぎわいと交流を創出する機能を配置する方針で、船着き場の増設なども計画されています。

 日本橋川周辺では「日本橋一丁目東地区」「日本橋一丁目1・2番街区」「八重洲一丁目北地区」「日本橋室町一丁目地区」と複数の再開発計画があり、首都高の地下化も含めて日本橋は大きく変化しそうです。

日本橋・丸の内・大手町の空撮
 日本橋・丸の内・大手町方面の空撮です。2年近く前の空撮なので今は既に建ち上がっている超高層ビルもあり、そして建設中の超高層ビルや、これから建設が始まる超高層ビルも多数あります。常盤橋地区の高さ390mの超高層ビルが2027年の竣工予定です。

 それまでにはこの「日本橋一丁目中地区」の高さ287mの超高層ビルも既に竣工している予定で、他にも八重洲の高さ250m前後の超高層ビルも完成しているはずなので、高さも棟数も含めて日本一の超高層ビル群となっていそうです。まだ表に出ていない再開発計画もあると思うので今後も超高層ビル群はどんどん成長しそうですね。

■日本橋一丁目中地区 C街区の物件概要■
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、カンファレンス、ホテル、サービスアパートメント
階数:地上51階、地下5階
高さ:高さ287m
敷地面積:1万5600
延床面積:39万5000
事業主:日本橋一丁目中地区再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、野村不動産
コンサルタント:日建設計
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク