超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

日本橋

地上32階「日本橋二丁目地区(C街区)」の建設状況(2017.6.17)

文京シビックセンターからの眺め
 文京シビックセンターの25階無料展望室からの眺めです。建設中の超高層ビルが何棟が見えますが、中央で建設中のビルが「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)」(地上32階、高さ174.666m)で、右が「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上35階、最高高さ182m&地上32階、高さ約163m)です。その中で今回は日本橋二丁目地区のC街区が主役です。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 近くから見た「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)」です。板状の超高層ビルで低層部は隣の眦膕案本橋店と一体となった商業施設となります。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 路地を入った場所から撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 永代通りと昭和通りが交差する江戸橋一丁目交差点から撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 昭和通りから撮影。右側に見切れている超高層ビルは「東京日本橋タワー」(地上35階、高さ180m)で、左側で見切れているのが「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上27階、高さ144.935m)です。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 隣の眦膕案本橋店超しに撮影。その眦膕阿箸話浪爾閥中通路で繋がり、さらには両棟の間にあった道路は歩行者専用道路となり一体化した空間となります。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)の物件概要■
名称:(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(C街区)
所在地:東京都中央区日本橋二丁目17番3
用途:百貨店・事務所・店舗・駐車場
階数:地上32階、塔屋1階、地下5階
高さ:174.666m
構造:S造、SRC造、RC造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:6,023.84
建築面積:5,300.72
延床面積:147,762.17
建築主:日本橋二丁目地区市街地再開発組合
設計者:日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同体
施工者:鹿島建設
工期:2014年12月22日着工〜2018年12月下旬竣工予定

地上27階「日本橋二丁目地区(A街区)」の建設状況(2017.6.17)

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
 永代通りと昭和通りが交差する江戸橋一丁目交差点から撮影した日本橋二丁目地区の再開発です。この中で左で建設中の超高層ビルが「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上27階、高さ144.935m)です。建設中と言っても外観はかなり完成に近づいています。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 ズームです。まだタワークレーンは残っていますが塔屋部分のガラスカーテンウォールの取り付けも終わっているようです。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 さらに近くから撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 新橋側から撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 低層部の外観もかなり見えてきました。1階部分以外の外観が完成するのは時間の問題です。撮影から一週間経っているのでもう1階以外の外観は見えるようになっているのかもしれません。この低層階はエネルギーセンターや機械室などとなり店舗スペースはありません。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 路地を入ったところから撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 隣の高島屋日本橋店と繋がる空中通路の外観も見えるようになっています。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の物件概要■
名称:(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋二丁目17番1号
用途:事務所・駐車場
階数:地上27階、塔屋2階、地下5階
高さ:144.935m
構造:S造、SRC造、RC造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:2,991.31
建築面積:2,717.90
延床面積:60,142.88
建築主:日本橋二丁目地区市街地再開発組合
設計者:日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同企業体
施工者:大林組
工期:2014年11月7日着工〜2018年7月下旬竣工予定

高さ142m「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2017.6.11)

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース[出典:東京都]

 東京メトロ銀座線「三越前」駅、JR総武本線「新日本橋」駅のすぐ近くに建設される「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」(地上26階、高さ142m)の完成予想パースです。駅名だけだと場所はピンと来ないかもしれませんが、左後ろに描かれている「日本橋三井タワー」(地上39階、最高高さ194.69m)の隣が建設地です。


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 このように街区はA街区とB街区に分かれています。ただ、B街区は見ての通り狭い場所で5階建ての教育施設が建設されます。


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 6月11日撮影の「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 地上部の鉄骨が組まれ始めています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 室町三丁目交差点から撮影。11,483.91屬箸い広大な敷地が建設地です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
 北西側から撮影。超高層化が進む大手町・丸の内は三菱村とも呼ばれていますが、この日本橋の三井村も超高層化が進み出しています。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区 建築計画
 A地区の建築計画のお知らせです。

■日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区の物件概要■
計画名称:日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区
所在地:東京都中央区日本橋室町三丁目10番
用途:事務所、店舗等
階数:地上26階、地下3階
高さ:142m
敷地面積:11,483.91
建築面積:8,600
延床面積:168,000
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
建築主:日本橋室町三丁目地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産
設計者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
施工者:鹿島・清水・佐藤工業 特定業務代行共同企業体(代表:鹿島建設)
工期:2015年12月1日着工〜2019年3月31日竣工予定


日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業B地区
 B街区です。こちらは既存ビルの解体工事です。

日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業B地区 建築計画
 跡地にはこの建築計画のお知らせの通り、地上5階、高さ30m、延べ3,100屬龍軌藥楡澆建設されます。

武田薬品の東京本社ビルとなる「(仮称)新東京武田ビル」の建設状況(2017.5.21)

(仮称)新東京武田ビル
 建設中の武田薬品の東京本社ビル「(仮称)新東京武田ビル」(地上24階、最高高さ123.79m)です。東京スカイツリーの天望回廊から5月22日に撮影しました。

(仮称)新東京武田ビル
 その前日の5月21日に撮影した「(仮称)新東京武田ビル」です。「福徳神社」の隣接地で建設中です。

(仮称)新東京武田ビル
 目の前には賃貸マンションの「パンテオン日本橋三越前」(地上13階)も建っています。

(仮称)新東京武田ビル
 1,2階は一般にも開放する共用スペースが設けられ、地下1階には店舗が入る予定となっています。

(仮称)新東京武田ビル
 大通りには面していない細い道に囲まれた場所のため、良い撮影スポットがあまりないオフィスビルです。

(仮称)新東京武田ビル 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。10月末には竣工予定です。

■(仮称)新東京武田ビルの物件概要■
名称:(仮称)新東京武田ビル
所在地:東京都中央区日本橋本町2丁目9番1,3-7,13-16,20
用途:事務所・店舗・博物館・集会所・駐車場・駐輪場
階数:地上24階、地下4階
高さ:123.29m(最高高さ123.79m)
敷地面積:2,741.31
建築面積:2,215.01
延床面積:45,116.29
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎方式
建築主:武田薬品不動産
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2015年3月着工〜2017年10月末竣工予定

地上27階「日本橋二丁目地区(A街区)」の建設状況(2017.4.15)

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
 江戸橋一丁目交差点から撮影した日本橋二丁目地区の再開発です。この中で左で建設中の超高層ビルが「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上27階、高さ144.935m)です。中央が今朝のブログで載せた地上32階、高さ174.666mとなるC街区です。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 塔屋部分でもガラスカーテンウォールの取り付けが始まっていました。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 近くから撮影。これくらいの規模の超高層オフィスビルには1階部分などに店舗が入ることが多いですが、低層階はエネルギーセンターや機械室などで店舗スペースなどはないそうです。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 少し移動して撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 路地を入ったところから撮影。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 上記の通り店舗は入らないビルですが、隣の高島屋日本橋店とは空中通路で繋がります。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 今朝のブログにも載せたカレッタ汐留から撮影した日本橋方面です。この中で右側の超高層ビルが「(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」です。

(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の物件概要■
名称:(仮称)日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋二丁目17番1号
用途:事務所・駐車場
階数:地上27階、塔屋2階、地下5階
高さ:144.935m
構造:S造、SRC造、RC造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:2,991.31
建築面積:2,717.90
延床面積:60,142.88
建築主:日本橋二丁目地区市街地再開発組合
設計者:日本橋二丁目再開発事業 日本設計・プランテック設計共同企業体
施工者:大林組
工期:2014年11月7日着工〜2018年7月下旬竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。