新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
再開発ビルイメージ[出典:横浜市]

 建設中の東急新横浜線の新綱島駅(仮称)前に建設されるタワーマンション「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上29階、高さ99.90m)の完成予想イラストです。建築主は新綱島駅前地区市街地再開発組合で参加組合員として東急が参画、総戸数は252戸で2023年9月中旬竣工予定となっています。

 東急新横浜線は新横浜駅(仮称)から日吉駅までを結ぶ新線で、新横浜駅(仮称)からは相鉄新横浜線も建設中で羽沢横浜国大駅まで繋がります。簡単に言うと二俣川方面から東京都心に行くのに横浜駅を経由しないで行ける路線となります。

 新綱島駅(仮称)の近くには東急東横線の綱島駅もあり横浜駅と武蔵小杉駅の間にあります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
施設構成図[出典:横浜市]

 「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の低層部は商業・業務施設となり低層棟部には区民文化センターも入ります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
施設建築物配置図[出典:横浜市]

 左側の道路が綱島街道で北側には区民文化センターが入る低層棟が配置され、南側にタワーマンションとなる高層棟が配置されます。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:横浜市]

 場所は東急東横線の綱島駅の南東側で、建設中の新綱島駅の目の前となります。南側には鶴見川がありますが川沿いにはマンションが建ち並んでいます。ただ、そこまで大きなマンションではないので中層階くらいからはリバービューの部屋となりそうです。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 2013年1月にセスナから撮影した綱島方面です。赤い網掛けをした場所が「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。綱島は写真上の西側の方が発展しておりお店も多数あります。東側は少し取り残された感じでしたが新駅や同再開発を契機に発展していくといいですね。綱島にはこの空撮の右端辺りに4年間住んでいたので個人的な思い入れがあります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 2020年6月27日に撮影した「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上29階、高さ99.90m)の建設地です。日刊建設工業新聞の紙面に同再開発の記事が掲載されたので、建築計画のお知らせが設置されたのでは?と思い現地に行ってみました。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 現地には建築計画のお知らせが設置されていましたが、着工は8月中旬のため一部しか仮囲いがなく、このように建設予定を普通に見ることができました。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 次回訪問時には仮囲いで中を見ることは出来ないかもしれません。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 敷地のほぼ角地に「リビオ綱島」(地上10階)がありますが、ここは再開発には参加していないのでこのまま残ります。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 本当の角地は再開発に含まれていますが、配置図を見た感じと公開空地ですかね。。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業

 この辺りに区民文化センターが入る低層棟が建設されます。ちなみに写真撮影しているこの綱島街道の渡った側でもタワーマンションが計画されています。



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
地名地番:神奈川県横浜市港北区綱島東一丁目813番1ほか18筆(地名地番)
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設(区民文化センター)
総戸数:252戸
階数:地上29階、地下2階
高さ:99.90m
敷地面積:3,889.59
建築面積:2,712.77
延べ面積:37,562.36
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:新綱島駅前地区市街地再開発組合
参加組合員:東急
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:未定
特定業務代行者:東急建設
工期:2020年8月中旬着工〜2023年9月中旬竣工予定