(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト
 「(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト」の建設地です。渋谷区庁舎と渋谷公会堂の建て替えで、現在は三井不動産レジデンシャルによるタワーマンション「(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟」(地上39階、最高高さ143.08m)と「渋谷区新庁舎」(地上15階、高さ71.24m)、そして「新渋谷公会堂」が建設されます。

 住宅棟は三井不動産レジデンシャルによる70年の定期借地権が設定された分譲マンションとなります。その定期借地権の権利金を渋谷区に支払う代わりに渋谷区新庁舎と新渋谷公会堂を無償で建設・譲渡する契約となっているため区役所やタワーマンションが同時に建設されています。低層部が「豊島区役所」でその上が「ブリリアタワー池袋」となっている「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)と同じような感じです。

渋谷新公会堂
 敷地内では渋谷駅に近い側の「新渋谷公会堂」です。

渋谷新公会堂
 地上部の鉄骨を組みはじめています。

渋谷区新庁舎
 「新渋谷公会堂」の奥では「渋谷区新庁舎」(地上15階、高さ71.24m)が建設中です。

渋谷区新庁舎
 NHK側から撮影。「渋谷区新庁舎」の最上階である15階には区民交流ゾーンが設置され展望スペースも設けられます。15階と言ってもここは高台のため眺めは良さそうです。

(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟
 「渋谷区新庁舎」の手前が「(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟」(地上39階、最高高さ143.08m)の建設地となります。「渋谷区新庁舎」や「新渋谷公会堂」よりも1年遅れの2020年5月下旬の竣工予定です。

(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト
(仮称)渋谷区役所建替プロジェクトの配置図[出典:渋谷区]

(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト
(仮称)渋谷区役所建替プロジェクトの完成予想図[出典:渋谷区]

新庁舎、新公会堂断面図
新庁舎、新公会堂断面図[出典:渋谷区]

渋谷区新庁舎 15階【区民交流ゾーン】
渋谷区新庁舎 15階【区民交流ゾーン】[出典:渋谷区]

■(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟の物件概要■
計画名:(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト 住宅棟
所在地:東京都渋谷区宇田川町28番49,28番79,96番3
用途:共同住宅
階数:地上39階、地下3階
高さ:136.50m(最高高さ143.08m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,565.00
建築面積:1,690
延床面積:60,420
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:日本設計
施工者:未定
工期:2016年6月上旬着工〜2020年5月下旬竣工予定

■(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト新庁舎棟(庁舎・公会堂)の物件概要■
計画名:(仮称)渋谷区役所建替プロジェクト新庁舎棟(庁舎・公会堂)
所在地:東京都渋谷区宇田川町28番20,28番80,96番1,96番2
用途:区役所、公会堂
階数:地上15階、地下2階
高さ:71.24m
構造:鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:7,853
建築面積:4,486.10
延床面積:42,000.49
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:日本設計
施工者:東急建設
工期:2016年9月1日着工〜2019年5月末竣工予定