超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

新宿

地上29階「西新宿8丁目 三和計画 新築工事」の建設地の様子!三和不動産によるタワーマンションです(2020.9.27)

西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 西新宿8丁目で新規のタワーマンション「西新宿8丁目 三和計画 新築工事」が建設されることになりました。規模は地上29階、高さ121.40m、敷地面積3,864.19屬紡个靴瞳築面積3,283.19屐延床面積40,222.67屬之築主は三和不動産、設計はアトリエOHとなっています。

 場所は新宿駅の北側で「セントラルレジデンス新宿シティタワー」(地上31階、高さ105m)の西側です。2010年の空撮でちょっと古いですが赤い網掛けをしました。当時はまだ建物がありましたが今は「飛鳥ホテル」などの既存建物は全て解体され駐車場となっています。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 同じく2010年の空撮です。この通り新宿の超高層ビル群からは少し離れた場所が建設地です。ここまで来ると最寄り駅は新宿駅ではなくJR総武線の大久保駅となりますが新宿駅も徒歩圏です。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 2015年の空撮です。このときには既に既存建物は解体されていたようです。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 そして2020年9月27日に現地から撮影した「西新宿8丁目 三和計画 新築工事」の建設地です。左のタワーマンションが「セントラルレジデンス新宿シティタワー」(地上31階、高さ105m)で、ここにはそれよりも高い地上29階、高さ121.40mのタワーマンションが建設されます。

 建築主の三和不動産は当ブログでは初登場だと思いますが、HPを見た感じだと基本的には不動産の賃貸がメインのようですね。そのためここも賃貸のタワーマンションとなるのかもしれません。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 この辺りから見る新宿の超高層ビル群はどんな感じなんでしょうね?超高層ビル群の北側が見える位置となるため窓がちょっと少ないのが気になります。夜景にも影響してきますし。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 現在、敷地は大規模な駐車場として使用されています。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 着工予定は2021年3月30日予定ですが、その頃にはここの駐車場を使っている車はどこに行くんでしょうね?大規模な駐車場が再開発で消えるたびにそんなことを考えてしまいます。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事

 敷地に接している路地はこの通りかなり狭いですが、こういった路地の先に見える超高層ビル群は好きなロケーションです。



西新宿8丁目 三和計画 新築工事 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。最高高さの方が低くなっているのは書く位置を間違えただけだと思いますので、以下の物件概要では逆に書いておきます。

■物件概要(共同住宅)■
計画名:西新宿8丁目 三和計画 新築工事
所在地:東京都新宿区西新宿8丁目129-1・他
用途:共同住宅・店舗・駐車場
階数:地上29階、地下0階
高さ:112.50m(最高121.40m)
敷地面積:3,864.19
建築面積:3,283.19
延床面積:40,222.67
構造:鉄骨造・鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:三和不動産
設計者:アトリエOH 一級建築士事務所
施工者:未定
工期:2021年3月30日着工〜2024年3月30日竣工予定

新宿ミラノ座跡地!高さ225m「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画」の建設状況(2020.8.30)

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:新宿区]

 歌舞伎町の新宿ミラノ座跡地で建設中の「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」(地上48階、高さ225m)の完成予想図です。建築主は東急レクリエーション、東急の2社で2022年8月31日の竣工予定です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:東急]

 最初の完成予想図よりも新しい完成予想図です。高層部に違いがありそうですがそこまで大きな変更はなさそうです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 建築計画概要
建築計画概要[出典:東急]

 フロア構成は地下1階〜地下4階に約1500人収容可能な約3200屬離薀ぅ屮曄璽襦低層部に店舗等を挟んで8階〜11階に約3300屐¬850席のプロセニアム形式の劇場、地上12階〜15階には約5800屐¬8スクリーンの映画館(運営;東急レクリエーション)となり、そして17階〜47階が東急ホテルズのホテルとなります。

 ホテルは高さ100mを超える位置に配置され、高層階にはアートや音楽といった街の文化を織り込んだ客室も整備される予定とのことですが、どういった部屋になるのでしょうね。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 映画イベントイメージ
映画イベントイメージ[出典:東急]

 同再開発では屋外ステージや屋外ビジョンも整備されますが、隣接地にある「シネシティ広場」と連携した映画イベントも計画されています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 地域連携音楽イベントイメージ
地域連携音楽イベントイメージ[出典:東急]

 映画イベントだけでなく地域連携音楽イベントも計画されています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 位置図
位置図[出典:出典:新宿区]

 建設地は新宿ミラノ座跡地で西武新宿線「西武新宿」駅の東側です。もちろんJR新宿駅や小田急、メトロ、都営の各駅からも徒歩圏です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 2020年8月30日に「シネシティ広場」から撮影した「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」(地上48階、高さ225m)の建設地です。タワークレーンが設置されていますが今はまだ地下部の建設中のようです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「シネシティ広場」から時計回りに建設地を載せていきます。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 背後に見える茶色の建物は「アパホテル<新宿 歌舞伎町タワー>」(地上28階、高さ90.5m)です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 アポホテルの右側にチラッと見える黒いビルは「新宿東宝ビル(ホテルグレイスリー新宿)」(地上30階、高さ130.25m)です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 奥に見える赤茶色の板状のビルは「新宿プリンスホテル」(地上25階、高さ94m)です。このようにここも含めて周辺には超高層ホテルが4棟建ち並ぶ地域となります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 ところでプレハブ事務所に設置されていたこれってビルの外壁の一部でしょうか?謎です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 奥には西新宿の超高層ビル群が見えていますが、ここのホテルから見る西新宿の超高層ビル群はどんな感じに見えるんでしょうね?見てみたいです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事
計画名称:新宿 TOKYU MILANO 再開発計画
所在地:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番番3
用途:ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:225m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,603.74
建築面積:3,170.96
延床面積:87,871.50
建築主:東急レクリエーション、東急
設計者:久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
施工者:清水・東急建設共同企業体
工期:2019年8月1日着工〜2022年8月31日竣工予定

地上48階、高さ約260m「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の都市計画(素案)が公開されました!

(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 8月17日に環境影響評価書案が公開された小田急電鉄と東京地下鉄による新宿の大規模再開発「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」ですが、都市再生特別地区(新宿駅西口地区)として都市計画(素案)の概要が国家戦略特区の第18回 東京都都市再生分科会の資料として公開されました。

 既報の通り規模は地上48階、地下5階、高さ約260m、延床面積約281,700屬脳Χ函業務、駅施設等で構成されます。2022年度着工、2029年度竣工予定となっています。

▼内閣府:国家戦略特区(2020年9月4日)
第18回 東京都都市再生分科会 配布資料
資料1 都市再生特別地区(新宿駅西口地)都市計画(素案)の概要




(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 今回、公開された資料には初公開の完成予想図も掲載されており、完成後の姿がよりイメージしやくなっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 配置図
配置図[出典:内閣府]

 計画地は小田急百貨店、新宿ミロード、小田急新宿駅があるJR新宿駅に隣接する西側一帯で南北に細長い敷地となっています。高さ260mの超高層ビルが建設される場所は「計画地」と書かれている場所で小田急百貨店新宿店本館がある辺りです。

 この配置図に描かれている西口駅前広場は見慣れない形になっていますが、これは新宿駅の駅前広場、駅ビル等を一体的に再編する「新宿グランドターミナル」の実現に向けた基盤整備の一つです。将来的には線路上空東西デッキも計画されています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 高さ260mの超高層ビルの建設地です。現在は小田急百貨店新宿店本館があります。手前のバスターミナルがある辺りも整備される計画となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 位置図
位置図[出典:内閣府]

 計画地はJR新宿駅に隣接した西側一帯で、新宿駅にはJR、小田急、京王、東京メトロ、都営地下鉄があり、ターミナルと呼ぶのに相応しい数の路線が乗り入れています。その中でも「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」はどの駅にも行きやすい場所に位置しています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画の計画地の空撮

 位置図とは反対側から見た計画地の空撮です。JR新宿駅を挟んだ写真下の「ルミネエスト新宿」がある場所でも高さ260mの超高層ビル構想があります。将来的に新宿駅は高さ260mの超高層ビルで挟まれるこになるかもしれません。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 西新宿の超高層ビル群へと続く四号街路から見た完成予想図です。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 南北断面図
南北断面図[出典:東京都]

 同じ方向から見た断面図です。フロア構成は低層部に商業施設、中高層部に業務施設、そして最上部に機械室等を挟んで商業施設となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 西武新宿駅側から見た完成予想図です。板状の超高層ビルのため見る角度によっては随分と印象は変わるかもしれません。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 都市再生への貢献
都市再生への貢献[出典:内閣府]

 情報量が多過ぎですが都市再生への貢献として掲載されているページです。ここでの当ブログとしての注目は左下の断面イメージでスカイコリドーと呼ばれている部分です。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
スカイコリドー[出典:内閣府]

 右側に描かれている建物内が見える場所とその上層フロアがスカイコリドーで9階〜14階に位置しています。名古屋の駅ビル「JRセントラルタワーズ」の15階にある「スカイストリート」に似た雰囲気があります。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
スカイコリドー[出典:内閣府]

 スカイコリドーは眺望の良い多層の滞留空間となります。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
ビジネス創発機能と動線・滞留空間[出典:内閣府]

 スカイコリドーと同じフロアには約5000屬離咼献優港枠機能も整備され、来街者を誘う導入空間が確保されます。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
ビューテラス[出典:内閣府]

 スカイコリドーの北側にはビューテラスも設置される計画となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 新宿グランドターミナル
新宿グランドターミナルの実現に向けた基盤整備[出典:内閣府]

 また情報量が多い1枚ですが新宿グランドターミナルの実現に向けた基盤整備として掲載されているページです。ポイントは小田急新宿駅に新たな改札が設置されることと、地下、地上、デッキレベルで各方面へと繋がるところです。

 これからの整備によって便利になるとは思いますが…待ち合わせをするときに「どこの改札???」「地下?地上?どこにいるの?」といった会話があちこちで聞こえてくる気がしています。ただ、合流してしまえば楽に移動ができるようになりそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
超高層棟の東側低層部[出典:内閣府]

 超高層棟の東側低層部を西口駅前広場側から見た完成予想図です。スカイコリドー以外にもこういったデッキも整備されます。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
交流広場[出典:内閣府]

 小田急新宿駅側の上部の3階、4階には約1340屬慮鯲広場が整備されます。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
歩行者ネットワーク[出典:内閣府]

 小田急新宿駅の西口方面から既設のみロードデッキを経由してサザンテラスまで各方面を繋ぐ歩行者ネットワークが整備されます。

 また、将来的に隣接街区との接続を見据えて東西方向の歩行者動線も確保されます。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 イメージパース
新設改札[出典:内閣府]

 2階には小田急新宿駅の改札が新設されます。駅機能を維持したままの工事となるので、完成するまでは駅までの動線が頻繁に変わったりしそうですね。

■物件概要■
計画名:(仮称)新宿駅西口地区開発計画
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目1番の一部
用途:商業・業務・駅施設 等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:約260m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約15,720
延床面積:約281,700
建築主:小田急電鉄、東京地下鉄
工期:2022年度着工〜2029年度竣工予定
供用開始:2029年度予定

地上48階、高さ約260m「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の環境影響評価書案が公開されました!

(仮称)新宿駅西口地区開発計画
完成予想図[出典:東京都]

 小田急電鉄と東京地下鉄による新宿の大規模再開発「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」の環境影響評価書案が公開されました。規模は地上48階、塔屋1階、地下5階、高さ約260m、敷地面積約15,720屬紡个靴同箴果明冖281,700屬脳Χ函業務、駅施設で構成されます。工期は2022年度〜2029年度で2029年度の供用開始予定となっています。

▼東京都:環境アセスメント(2020年8月17日)
「(仮称)新宿駅西口地区開発計画」 評価書案
※閲覧はInternet Explorerのみで8月17日〜9月15日まで



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 南北断面図
南北断面図[出典:東京都]

 このようにフロア構成は低層部に商業施設、中高層部に業務施設、そして最上部が商業施設となっています。最上部の商業施設に展望室スペースがあると嬉しいのですがどーなるんでしょうね?



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 東西断面図
東西断面図[出典:東京都]

 板状の超高層ビルのため見る角度によってはかなり細く見えそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 配置図
配置図[出典:東京都]

 敷地の南側は小田急線の新宿駅上部のためこのように南北に細長い敷地となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都]

 敷地北側は小田急百貨店がある場所となります。数日前に新宿メトロ食堂街の閉館(9月30日)が話題になっていましたが同再開発に伴う閉館のようです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都]

 計画地はJR新宿駅に隣接した西側です。新宿駅にはJR、小田急、京王、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れていますがどの駅からも行きやすい場所となっています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 計画地の空撮です。赤い網掛けをした部分の右側あたりに地上48階、高さ約260mの超高層棟が建設されます。

 また、JR新宿駅を挟んだ写真下にある「ルミネエスト新宿」がある場所でも高さ260mの超高層ビル構想もあります。新宿区は駅、駅前広場、駅ビル等を一体的に再編する「新宿グランドターミナル」を進めており、これら再開発もその実現に向けた計画となっており、将来的には新宿駅上空に歩行者デッキの新設なども計画されています。同作開発では小田急線の新改札の設置が計画されています。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 空撮をもう1枚。新宿で最も高い超高層ビルは左端の「東京都庁第一本庁舎」(地上48階、最高高さ243.4m、1990年竣工)ですが、ついに都庁の高さを抜く超高層ビルが出現することになります。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 地上48階、高さ約260mの超高層ビルが建設される小田急百貨店です。地上14階で高さは約60mです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 同再開発によって解体されますが、計画地内にある小田急「新宿」駅、東京メトロ丸の内地線「新宿」駅の駅機能は維持したまま工事が行われます。そのため完成するまでは駅構内の通路などはコロコロと変わることになりそうです。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画

 小田急の隣には京王がありますが、こちらは今のところ再開発計画は耳にしていません。ただ、新宿駅前の一等地のため何か水面下では計画しているのかもしれませんね。



(仮称)新宿駅西口地区開発計画 工事工程表
工事工程表[出典:東京都]

 工程表です。解体も含めて約7年の工期が見込まれています。

■物件概要■
計画名:(仮称)新宿駅西口地区開発計画
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目1番の一部
用途:商業・業務・駅施設 等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:約260m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約15,720
延床面積:約281,700
建築主:小田急電鉄、東京地下鉄
工期:2022年度着工〜2029年度竣工予定
供用開始:2029年度予定

高さ159m、131m「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設状況!住友不動産によるタワマンとオフィスビルが建設中(2020.7.19)

西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 西新宿の大規模再開発「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の完成予想図です。

 右がA棟で地上35階、高さ158.85m、延べ90,823.78屬播絞沺▲フィスフロア、SOHO向けマンションで構成されます。左がB棟で地上35階、最高高さ131.57m、44,555.42屬竜模で店舗、SOHO向けマンション、共同住宅で構成されます。当初の計画ではA棟もタワーマンションでしたがオフィス中心のビルに大きく計画変更となっています。

 同再開発の建築主は西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合で参加組合員として住友不動産が参画しています。後半に載せていますが現地では既存建物の解体が終わり建設工事が始まっています。竣工予定は2023年3月下旬です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 低層部の完成予想図です。両棟とも十二社通り沿いの1、2階には店舗が入ります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 両棟の間には道路が整備されますが、どこに抜ける道ではなく左側のB棟をグルっと一周する道路となります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 上空から見た完成予想図です。「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)の完成予想図にCGを重ねているのかタワー60の方が目立つ仕様になっていますが、その左側が「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」です。ちなみにタワー60の右側に描かれているタワーマンションはまだ既存建物の解体工事すら始まっていない「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
イメージパース[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 真上近くから見た完成予想図です。敷地南側には親水公園が整備されることもわかります。また、敷地の南端はC地区となっており権利者向けの建物が建設されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 断面図です。左からC地区、B地区、A地区となっており、B地区の共同住宅部はC地区よりも全て高い位置となるようです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟はこのように下半分がオフィス、上半分がSOHOとなります。SOHO住宅は約94戸で計画されています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
断面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 B地区に建設されるB棟は404戸で計画されています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
配置図兼1階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 配置図兼1階平面図です。神田川側には広場など緑地が整備されます。また、十二社通り沿いには路面店が並びます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
2階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 2階部分も十二社通り沿いには店舗が入ります。また、B棟の2階には保育所も計画されています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
3階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟は3階からがオフィスフロアとなります。B棟の3階にはSOHO住宅と共用施設が配置されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
A地区:3〜17階、B地区:5〜20階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 B棟は4階に駐輪場と免震層を挟んで5階からが住宅フロアとなります。北側のオフィスビルとのお見合い部屋は狭い部屋ばかりとなっています。ちなみにオフィス側はエレベータなど配置され住宅を覗けないような壁となります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
A地区:19〜22階、32〜34階、B地区:21〜35階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟は19階からがSOHO住宅となります。1戸1戸がかなりの広さとなっています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業
A地区:35階、B地区:21〜35階平面図[出典:新宿区景観まちづくり審議会]

 A棟の最上階となる35階は外側に柱があるため形状が他のフロアとは変わっています。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 青梅街道と十二社通りがぶつかる成子坂下のT字路から撮影した「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の計画地です。この角地に地上35階、高さ158.85mのA棟、その背後にで地上35階、最高高さ131.57mのB棟が建設されます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 青梅街道沿いから撮影。青梅街道沿いには10階建て程度のオフィスビルが建ち並んでいましたが解体され視界が広くなっています。目立つタワーマンションは「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)です。60階は現時点でマンションとしては日本最高階数です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 既存ビルが解体されたことにより今まで見れなかった西新宿の超高層ビル群が広がっています。地上部の建設が始まるとこの景色は見られなくなるので今だけの光景です。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 神田川沿いから撮影。左にA棟、右にB棟が建設されますが、地上から見ても両棟の境目はよくわかりません。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 そのためどこが何地区かはあまり考えず、既存ビルが解体された今だけの景色を楽しんで歩きました。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 地上部の建設が始まるのはまだ先だと思うので、もうしばらくはこの景色が楽しめます。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 権利者向けの建物が建設されるC地区あたりです。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 フェンスで区切っている箇所が各権利者の土地との境目かと思います。



AEA56

 一部ではもう既に基礎工事が始まっていました。ここには地上6階、最高高さ19.210m、延床面積549.14屬療絞沺共同住宅の建築計画のお知らせが出ていました。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 十二社通りにある横断歩道から撮影。この正面がB地区となります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 その信号から少しC地区側によって撮影。地上部の建設が始まるとこの景色も大きく変わります。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 A棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
階数:地上35階、地下2階
高さ:158.85m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90.823.78
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)
工期:2019年5月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 B棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:404戸(ワンルーム36戸)
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.15
建築面積:2,072.25
延床面積:44.555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク