(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画の完成予想図[出典:積水ハウス]

 名古屋の伏見駅近くの「御園座」の跡地に建設される「(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画」(地上40階、高さ150m)です。

 1階は商業施設、2階〜4階が「御園座」となり、5階〜40階が積水ハウスの「グランドメゾン」シリーズの分譲マンションとなります。総戸数は304戸で30階以上には100岼幣紂39階、40階には200岼幣紊離廛薀鵑設けられます。名古屋駅から1駅で伏見駅からは徒歩1分という立地を考えると100岼幣紊良屋は億ションは確実そうですね。

(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
 GWに撮影した「(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画」の建設地です。既存ビルの解体は終わっており、積水ハウスのニュースリリースでは4月1日から着工しています。

(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
 もう少し近くから撮影。御園通の門があります。

(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
 別角度からもう1枚。奥の灰色のビルは「NTTデータ伏見ビル」(地上18階、高さ79m)で、この倍近くとなる制震構造のタワーマンションが建つことになります。

(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画 建築計画の概要
 これは去年の10月に撮影した「(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画」の建築計画の概要です。当時は施行者が未定となっていましたが、設計と同じく鹿島建設が施工を担当しています。

■(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画の物件概要■
計画名:(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
所在地:愛知県名古屋市中区栄一丁目602番3他8筆、608番、609番
用途:共同住宅、劇場、店舗、駐車場
総戸数:304戸
階数:地上40階、地下1階
高さ:150m
敷地面積:4,831.90
建築面積:3,641.04
延床面積:56,128.96
構造:鉄筋コンクリート造(制震構造、一部鉄骨造)
基礎工法:直接基礎
建築主:積水ハウス
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2015年4月1日着工〜2017年12月竣工予定
入居:2018年1月予定