超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

幕張新都心

地上48階「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」の建設状況(2019.1.12)

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
 幕張で建設中のタワーマンション「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」(地上48階、高さ172.40m)です。躯体工事が始まっており仮囲い越しにマンション本体が見えるようになっていました。

 左後ろのタワーマンションは数日前に載せた隣の街区の「幕張ベイパーク クロスタワー」(地上37階、高さ132.89m)です。

幕張ベイパーク
 現地看板を撮影した完成予想図です。左が「幕張ベイパーク」で一番最初に完成した「幕張ベイパーク クロスタワー」で右が地上部の建設が始まった「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」です。

 楕円形の緑地は「若葉3丁目公園」で「幕張ベイパーク」はその公園を中心として配置されます。

幕張ベイパーク
 これもまた現地看板を撮影したものですが、将来的にはこのように6棟のタワーマンションが建ち並ぶ計画となっています。

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
 「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」の地上48階は千葉県のタワーマンションでは最高層で、高さ172.40mという高さも千葉県のタワーマンションでは最も高いです。

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
 かなり広い敷地ですが歩道ギリギリの配置となっています。

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
 現地作業工程を見るとこのときは免震階躯体工事となっていました。

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
 「若葉3丁目公園」から撮影した「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」です。

 背後のタワーマンションは「セントラルパークウエスト・シータワー」(地上32階、高さ108m)と「セントラルパークイースト・幕張パークタワー」(地上33階、高さ110.342m)で幕張のタワマンと言えばこの2棟をイメージする人が多かったと思いますが、これからは幕張のタワマンと言えば「幕張ベイパーク」となりそうです。

幕張ベイパーク スカイグランドタワーとB-3街区
 引きで撮影。「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」の左の仮囲いで囲われている場所は隣のB-3街区です。まだ建築計画のお知らせは見当たりませんでしたが次はこのB-3街区の整備が予定されています。過去の資料ではスカイグランドタワーと同程度の高さとなりそうです。

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
完成予想図[出展:公式HP]

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
完成予想図[出展:公式HP]

幕張ベイパーク スカイグランドタワー
配置図[出展:公式HP]

 ,砲魯▲蝓璽壁佞スポーツ施設、△砲魯好檗璽張弌次Ε譽好肇薀鵝↓にはクリニックモールが整備されます。新しい街が完成して行く様子はなかなか見れないので楽しみです。


幕張ベイパーク スカイグランドタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:幕張ベイパーク スカイグランドタワー
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-1(地番)
用途:共同住宅、店舗、駐車場
総戸数:826戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:172.40m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、免震構造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:24,726.00
建築面積:10,041.90
延床面積:95,689.86
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年1月15日着工〜2020年12月下旬竣工予定
入居:2021年3月下旬入居予定

躯体工事中!高さ約172m「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」の建設状況(2018.9.22)

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 幕張で建設中のタワーマンション「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」(地上48階、高さ172.40m)です。仮囲いにある小さな丸い穴からスマホを使って撮影しました。鉄筋コンクリートの鉄筋型枠が組まれているのが見えました。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 こちらは開いていたゲートから撮影。完成すると昨日載せた「幕張ベイパーク クロスタワー」(地上37階、高さ132.89m)を抜いて幕張で最高層のタワーマンションとなります。さらに言うと千葉県で最も高いタワーマンションになります。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 現時点ではこのように仮囲いの中を覗かないと重機が見えるだけの状態です。次回幕張訪問時には地上部が見えるようになっていそうです。

 左のタワーマンションが「幕張ベイパーク クロスタワー」で、将来的には「若葉3丁目公園」のを囲むように6棟のタワーマンションが建ち並びます。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 その「若葉3丁目公園」から見た「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」の建設地方面です。マンションや商業施設が完成して人が増えるとどうなるかわかりませんが、現時点は静かな環境です。

b01
幕張新都心若葉住宅地区の完成予想図[出典:内閣府地方創生推進事務局]

 これは国家戦略特区関係で以前公開された「幕張新都心若葉住宅地区」の完成予想図です。2029年までに6棟のタワーマンションが建ち並びます。B-2街区は中央の上半分だけ見えている場所です。


(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-1(地番)
用途:共同住宅、店舗、駐車場
総戸数:826戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:172.40m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:24,726.00
建築面積:10,041.90
延床面積:95,689.86
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年1月15日着工〜2021年2月28日竣工予定


■お知らせ■
 10月上旬に発売となる超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』がAmazonで予約できます!よろしくお願いします!

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス(地上37階、高さ約133m)の建設状況(2018.1.13)

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 幕張で建設中のタワーマンション「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(地上37階、高さ132.89m)です。三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社による総戸数503戸の分譲マンションで、開発面積約17.5haの「幕張ベイパーク」の第一弾です。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 「幕張ベイパーク」の中心には「若葉3丁目公園」があり、その周辺にタワーマンション6棟が建設されます。左奥には第二弾の「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」(地上48階、高さ172.40m)が建設されます。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 撮影時は18階部分の建設が始まっていました。4ヶ月前に来たときはまだ2階程度だったので伸びるのが早いです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 撮影している間にもこうしてプレキャストコンクリートがどんどん運ばれて行っていました。次に幕張に行くときにはかなり高くなっていそうです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 近くから撮影。幕張はどこもゆとりある配置なのでビルマニアとしては撮影しやすい場所です。ただ、その代わり街を歩き回るのは距離があって大変です(^^;)

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 目の前に公園という立地は眺望的にも良さそうです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」の建設地越しに見た「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」です。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 海浜幕張駅側から撮影。この道路の両側は商業街区でイオンがプロデュースします。左画は専門店、飲食店ゾーン、右はイオンのスーパーマーケットゾーンとなります。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 現地看板を撮影。このように「若葉3丁目公園」を中心とした広大な土地が「幕張ベイパーク」となります。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」の完成予想図です。全部の開発が終わるとこの完成予想図並の人で賑わうのかもしれません。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。有料老人ホームが加わり数値も変更となっていました。下記、物件概要は公式HPの値を優先して載せているので有料老人ホームの数値は入っていません。

■物件概要■
名称:幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
仮称:(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-7街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-18,1-19(地番)
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設、有料老人ホーム、駐車場
総戸数:497戸
階数:地上37階
高さ:132.89m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:17,118.71
建築面積:6,612.42
延床面積:60,154.79
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2016年7月1日着工〜2018年12月中旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

地上48階「幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」の建設地の様子(2017.9.9)

b01
幕張新都心若葉住宅地区の完成予想図[出典:内閣府地方創生推進事務局]

 幕張で計画されている「幕張新都心若葉住宅地区」の完成予想図です。6棟のタワーマンションや中低層のレジデンス、商業施設など10年以上の期間をかけて順次建設される計画となっています。

 この完成予想図の右奥のタワーマンションが今朝のブログに載せた「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(地上37階、高さ132.89m)で第一弾として建設が進められています。そして中央奥がB-2街区で第二弾として地上48階、高さ172.40mのタワーマンションが計画されています。


(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 現在の「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」(地上48階、高さ172.40m)の建設地です。着工予定は2017年10月1日です。計画地は仮囲いで囲まれていますが、隙間から中を覗いたところ中はまだ草原のままでした。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 「幕張ベイパーク」の真ん中にある「若葉3丁目公園」から撮影。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
 今朝のブログと同じ写真ですが、左奥に見える白の低い壁が「(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)」の仮囲いです。この場所に地上48階、高さ172.40mのタワーマンションが建設されます。

 全てが完成するとこの公園の周りには6棟のタワーマンションと中低層のレジデンスが建ち並びます。

(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。掲示された当初と比べて完了予定が1年遅くなっています。その他にも細かい数値が変更されています。また、建築主は「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」と同じ7社となっています。

■(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)の物件概要■
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-2街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-1(地番)
用途:共同住宅、店舗、駐車場
総戸数:835戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:172.40m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:24,726.00
建築面積:10,167.34
延床面積:96,718.31
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2017年10月1日着工〜2021年4月30日竣工予定

地上37階「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」の建設状況(2017.9.9)

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 幕張で建設中のタワーマンション「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」(地上37階、高さ132.89m)です。タワークレーン2基で地上部の建設が始まっていました。三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業の7社による総戸数503戸の分譲マンションとなります。2017年11月下旬より販売開始予定となっています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 敷地が広いからでしょうか。プレキャストコンクリートを採用しているようでした。次に撮影に行くときには建設がそれなりに進んでいそうです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 現地看板を撮影した完成予想概念イラストです。建設地は大規模住宅地区「幕張新都心若葉住宅地区」で海浜幕張駅から見て南東側です。赤枠で囲われた全街区全体は「幕張ベイパーク」と呼ばれており、「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」はその中で第一弾の開発となります。

 水色で囲われたCOMMUNITY ZONEは「若葉3丁目公園」で、この公園を囲むように10年以上かけて6棟のタワーマンションが建設予定となっています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 そんな「若葉3丁目公園」を移動しながら撮影しています。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 公園の南東側にある小さな山から撮影。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 広角で幕張の超高層ビル群と一緒に撮影。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 そんな幕張の超高層ビル群側から撮影。この直線が結構な長さがあり海浜幕張駅から徒歩15分の距離です。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
 現地看板を撮影した外観完成予想CGです。目の前に公園、先程の長い直線の場所には商業施設が計画されており、駅から距離があるというところ以外は将来的には良い環境となりそうです。

幕張ベイパーク マンションミュージアム
 「幕張ベイパーク マンションミュージアム」です。「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」以外でも「幕張ベイパーク」のタワーマンションのモデルルームとして使うのかもしれません。

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD
 その隣には「MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD」が出来ていました。

MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD
 コーヒーやパイなどがあるようです。

幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンスの物件概要■
名称:幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス
仮称:(仮称)幕張B-7街区タワー&レジデンス
計画名:(仮称)幕張新都心若葉住宅地区計画(B-7街区)
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉3丁目1-18,1-19(地番)
用途:共同住宅、店舗、児童福祉施設、駐車場
総戸数:503戸(タワー棟454戸、レジデンス棟49戸)
階数:地上37階
高さ:132.89m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭、既成コンクリート杭
敷地面積:17,118.71
建築面積:6,756.07
延床面積:59,608.73
建築主:三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンス、伊藤忠都市開発、東方地所、富士見地所、袖ヶ浦興業
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2016年7月1日着工〜2018年12月中旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク