超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

川崎

地上29階「川崎駅西口開発計画」と地上16階「ホテルメトロポリタン川崎」の建設状況(2019.11.17)

川崎駅西口開発計画
外観イメージ[出典:東日本旅客鉄道]

 JR川崎駅とペデストリアンデッキで直結となる「川崎駅西口開発計画」の完成予想図です。建築主は東日本旅客鉄道で左が地上29階、高さ128.25mのオフィス高層棟、右が地上16階、高さ約59mのホテル棟でJR東日本グループの日本ホテルが運営する「ホテルメトロポリタン川崎」で2020年5月18日に開業します。



川崎駅西口開発計画
外観イメージ[出典:公式HP]

 「ホテルメトロポリタン川崎」の公式サイトに掲載されている完成予想図です。1階と2階には飲食店が4店舗入り、3階〜16階が総客室数304室の客室となります。客室は一番多いのが23〜31屬離瀬屮襯襦璽爐202室、次は30〜31屬離張ぅ鵐襦璽爐97室となっています。他に30〜31屬離罐縫弌璽汽襯張ぅ鵐襦璽爐4室、60屬離好ぁ璽肇襦璽爐1室あります。



川崎駅西口開発計画
断面図[出典:東日本旅客鉄道]

 このように2階レベルでオフィス棟もホテル棟も接続されます。このデッキはJR川崎駅まで続いており、距離はありますがそのままJR川崎駅を通り抜けて地下街を経由すると、京急川崎駅まで道路を渡ることなく行くこともできます。



川崎駅西口開発計画
位置図・配置図[出典:東日本旅客鉄道]

 場所はJR川崎駅の南西側で徒歩2分の距離で、JRの線路に面した部分に高層棟とホテル棟が並びます。



川崎駅西口開発計画

 オフィス高層棟の建設現場です。この幅で地上29階、高さ128.25mとなると思っていた以上に壁のようなオフィスビルとなりそうです。



川崎駅西口開発計画

 この手前にはフィットネス&スパなどが入る5階建てのオフィス低層棟が建設されます。



川崎駅西口開発計画

 撮影時は3階部分までしか鉄骨が組まれていましたが、これからグングン伸びて行くかと思います。



ホテルメトロポリタン川崎

 地上16階、高さ約59mの「ホテルメトロポリタン川崎」です。こちらは建物の外観は既に完成していました。



川崎駅西口開発計画

 今はこうしてホテル棟が見えていますがすぐに見えなくなりそうです。



川崎駅西口開発計画

 左のビルは「ミューザ川崎セントラルタワー」(地上27階、高さ128.34m)で、オフィス高層棟はこれとほぼ同じ高さとなります。



川崎駅西口開発計画

 少しだけ離れた場所から撮影。左が「ブリリアタワー川崎」(地上34階、高さ117.5m)、右が「NTTドコモ川崎ビル」(地上19階、高さ130m)です。この線路沿いの超高層の並びに「川崎駅西口開発計画」が加わります。



ホテルメトロポリタン川崎

 JR川崎駅と繋がるペデストリアンデッキから見た「ホテルメトロポリタン川崎」です。駅のすぐ近くなので利便性の高さそうなホテルとなりそうです。

■物件概要■
名称:川崎駅西口開発計画
所在地:神奈川県川崎市幸区大宮町1番5外
用途:業務、宿泊施設、商業
創客室数:304室
階数(オフィス棟):地上29階、地下2階
高さ(オフィス棟):128.25m
階数(ホテル棟):地上16階
高さ(ホテル棟):高さ約59m
構造:S造、一部SRC造
敷地面積:12,429.60
建築面積:11,050.75
延床面積:136,468.85
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本設計事務所
施工者:大成建設
工期:2018年5月1日着工〜2021年4月30日竣工予定
開業:2020年5月18日(ホテルメトロポリタン 川崎)

地上16階ホテル棟は「ホテルメトロポリタン 川崎」に決定!地上29階「川崎駅西口開発計画」の建設状況(2019.5.26)

川崎駅西口開発計画
外観イメージ[出典:東日本旅客鉄道]

 JR川崎駅の南西側で建設中の「川崎駅西口開発計画」(地上29階、高さ128.25m)の完成予想図です。

 左が地上29階、高さ128.25mのオフィス高層棟、右が地上16階、高さ約59m、304室のホテル棟です。ホテルはJR東日本グループの日本ホテルが運営する「ホテルメトロポリタン 川崎」となり2020年5月に開業することが発表されています。



ホテルメトロポリタン 川崎
外観イメージ[出典:日本ホテル]

 その日本ホテルのHPに掲載された「ホテルメトロポリタン 川崎」の最新イメージです。ホテル以外は薄くなっていますがより現実的なイメージとなっています。東海道線の車両にグリーン車が描かれたところにJR東日本のこだわりを感じます。



川崎駅西口開発計画
断面図[出典:東日本旅客鉄道]

 完成予想図には描かれていませんでしたが、オフィス高層棟の裏には地上5階、高さ約27mのオフィス低層棟があり、商業施設、フィットネス&スパとなります。また、各棟は2階レベルの歩行者デッキで接続されそのままJR川崎駅まで繋がります。



川崎駅西口開発計画
位置図・配置図[出典:東日本旅客鉄道]

 この図からはわかりにくいかもしれませんがJR川崎駅に近い側がホテル棟となります。また、配置図の左側に描かれていますが、歩行者専用道路が新しく新設されます。これにより「ブリリアタワー川崎」(地上34階、高さ117.5m)あたりは少しだけ川崎駅に近くなりそうです。



川崎駅西口開発計画

 その「ブリリアタワー川崎」前にあるペデストリアンデッキから見た「川崎駅西口開発計画」の建設地です。奥のタワークレーンがある場所が地上16階、高さ約59mとなる「ホテルメトロポリタン 川崎」です。右側の線路の目の前が地上29階、高さ128.25mとなるオフィス高層棟で、左のビルが地上27階、高さ128.34mの「ミューザ川崎セントラルタワー」です。これとほぼ同じ高さの超高層ビルが建設されることになります。



川崎駅西口開発計画

 この辺りはペデストリアンデッキが駅からずっと続いているのでこうして上から撮ることができます。



川崎駅西口開発計画

 「ホテルメトロポリタン 川崎」はオフィス棟より1年先に開業するため既に鉄骨が組まれ始めています。



川崎駅西口開発計画

 川崎駅側から見上げてみました。川崎駅周辺には大きなホテルがほとんどなく川崎エリアでは最大級規模となるようです。



川崎駅西口開発計画

 「ミューザ川崎セントラルタワー」の2階部分から見た「川崎駅西口開発計画」のオフィス棟の建設地です。奥が高層棟で手前が低層棟となります。



川崎駅西口開発計画

 高層棟もそろそろ鉄骨が組まれて始める頃かもしれませんね。



川崎駅西口開発計画

 川崎駅前から見た様子です。左側のタワークレーンが「ホテルメトロポリタン 川崎」です。川崎駅からは徒歩2分の距離です。



川崎駅西口開発計画

 このように駅前からペデストリアンデッキで接続されます。



川崎駅西口開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:川崎駅西口開発計画
所在地:神奈川県川崎市幸区大宮町1番5外
用途:業務、宿泊施設、商業
創客室数:304室
階数(オフィス棟):地上29階、地下2階
高さ(オフィス棟):128.25m
階数(ホテル棟):地上16階
高さ(ホテル棟):高さ約59m
構造:S造、一部SRC造
敷地面積:12,429.60
建築面積:11,050.75
延床面積:136,468.85
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本設計事務所
施工者:大成建設
工期:2018年5月1日着工〜2021年4月30日竣工予定
開業:2020年5月(ホテルメトロポリタン 川崎)

高さ約128m「川崎駅西口開発計画」の建設状況(2018.7.21)

川崎駅西口開発計画
外観イメージ[出典:東日本旅客鉄道]

 JR川崎駅の南西側の再開発「川崎駅西口開発計画」(地上29階、高さ128.25m)の完成予想図です。左がオフィス高層棟で地上29階、高さ128.25m、右が約300室のホテル棟で地上16階、高さ約59m、そして裏には地上5階、高さ約27mのオフィス低層棟があります。


川崎駅西口開発計画
断面図[出典:東日本旅客鉄道]

 オフィス低層棟は商業施設、フィットネス&スパでオフィスフロアはないようです。各棟は2階レベルの歩行者デッキで接続され、このままJR川崎駅まで繋がります。もっと言えば地下街を通ることで京急川崎駅まで信号や道路を渡ることなく行くことも出来ます。


川崎駅西口開発計画
位置図・配置図[出典:東日本旅客鉄道]

 JR川崎駅に近い側がホテル棟となります。ホテルの運営は日本ホテルで「ホテルメトロポリタン川崎(仮称)」となります。たぶん仮称が取れてそのまま「ホテルメトロポリタン川崎」になるかと思います。


川崎駅西口開発計画
 「川崎駅西口開発計画」の建設地です。手前がホテル棟、中央がオフィス高層棟、右奥がオフィス低層棟となります。

 先が特徴的なビルは「NTTドコモ川崎ビル」(地上19階、高さ130m)、その右側のタワーマンションは「ブリリアタワー川崎」(地上34階、高さ117.5m)です。

川崎駅西口開発計画

川崎駅西口開発計画

川崎駅西口開発計画

川崎駅西口開発計画
 反対側から見た「川崎駅西口開発計画」の建設地です。左の超高層ビルは「ミューザ川崎セントラルタワー」(地上27階、高さ128.34m)で、オフィス高層棟は地上29階、高さ128.25mでほぼ同じ高さとなります。JR川崎駅は中央奥にあります。

川崎駅西口開発計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。全体完成は2021年春の予定ですがホテルは2020年春の開業予定となっています。

■物件概要■
名称:川崎駅西口開発計画
所在地:神奈川県川崎市幸区大宮町1番5外
用途:業務、宿泊施設、商業
創客室数:約300室
階数(オフィス棟):地上29階、地下2階
高さ(オフィス棟):128.25m
階数(ホテル棟):地上16階
高さ(ホテル棟):高さ約59m
構造:S造、一部SRC造
敷地面積:12,429.60
建築面積:11,050.75
延床面積:136,468.85
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:ジェイアール東日本設計事務所
施工者:大成建設
工期:2018年5月1日着工〜2021年4月30日竣工予定

事業計画の構想概要設置!高さ約116m「川崎市新本庁舎整備事業」の現庁舎解体状況(2017.6.10)

新本庁舎全体パース
新本庁舎全体パース[出典:川崎市]

 川崎市の本庁舎の建て替え「川崎市新本庁舎整備事業」の全体パースです。庁舎の老朽化、構造上の制約から耐震補強工事の実施が困難、本庁機能が分庁舎や周辺の民間ビルに分散しているといった理由から、建て替えが行われることになりました。

 建替え後の規模は地上25階、地下2階、高さ約116m、延べ63,900屬嚢埓機能の他に議会機能なども入る庁舎となります。平成27年4月時点での総事業費は430億円となっています。


新本庁舎 完成予想図
新本庁舎 完成予想図[出典:川崎市]

 川崎市役所新本庁舎基本・実施設計業務委託に関する公募型プロポーザルで最優秀者に久米設計が決定されていますが、そのときの資料で公表された新本庁舎の完成予想図です。左下の広場は現在の川崎市役所第二庁舎がある場所です。


24階、屋上階平面図
24階、屋上階平面図[出典:川崎市]

 その資料で公開された平面図です。24階に展望ロビー、25階部分にあたる屋上部分にスカイデッキが設置される計画となっています。


川崎市新本庁舎整備事業
 2017年6月10日撮影した川崎市役所本庁舎です。現在は解体工事が行われています。

川崎市新本庁舎整備事業
 かなり解体工事が進んでいました。

川崎市新本庁舎整備事業
 解体中の川崎市役所本庁舎をグルっと一周してみました。

川崎市新本庁舎整備事業

川崎市新本庁舎整備事業
 まだ一番外側の外壁が残っていましたが、中はかなり解体が進んでいるようでした。解体工期は2017年7月31日までとなっています。

川崎市新本庁舎整備事業
 「川崎駅前タワー・リバーク」(地上22階、最高高さ97.2m)からの眺めです。右側の最頂部にパラボナアンテナのようなものが見えるビルが「川崎市役所第3庁舎」(地上18階、高さ80m)で、その左側、写真中央あたりに「川崎市新本庁舎」が建設されます。

川崎市新本庁舎整備事業 土地利用の計画図
 現地に掲示されていた事業計画の構想の概要から土地利用の計画図です。

川崎市新本庁舎整備事業 事業計画の構想の概要
 事業計画の構想の概要です。

■川崎市新本庁舎整備事業の物件概要■
名称:川崎市新本庁舎
計画名称:川崎市新本庁舎整備事業
所在地:神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地 ほか5筆の一部
用途:庁舎
階数:地上25階、地下2階
高さ:約116m
構造:免震構造
敷地面積:約7,830
延床面積:63,900
建築主:川崎市長
設計者:久米設計
工期:2019年10月頃着工〜2024年3月頃竣工予定
※ 新本庁舎は2022年度完成予定

川崎駅西口大宮町地区にJR東日本が地上28階、最高高さ約143mのオフィスビルなどを建設へ!

川崎駅西口開発計画
 川崎駅の南西側、ミューザ川崎の南側にある駐車場と空き地です。ここは「川崎駅西口大宮町地区」と呼ばれている場所ですが、本日。JR東日本が「条例環境影響評価方法書」を川崎市に提出し、「川崎駅西口開発計画」に係る環境影響評価手続きに着手したとプレスリリースが出ました。

▼東日本旅客鉄道:プレスリリース(2017年1月12日)
川崎駅西口開発計画に係る環境影響評価手続きの着手について [PDF]


川崎駅西口開発計画 計画建物配置図
川崎駅西口開発計画 計画建物配置図[出典:東日本旅客鉄道]

 建設地はミューザ川崎とJRの線路に挟まれた一帯で、地上28階、地下2階、高さ約131m、最高高さ約143mのオフィス棟と、地上18階、高さ約60mのホテル棟が建設されます。


川崎駅西口開発計画 計画建物断面図
川崎駅西口開発計画 計画建物断面図[出典:東日本旅客鉄道]

 両棟とも1階は駐車場等となり、基本的には2階のデッキレベルで移動することとなりそうです。そして低層部は商業施設等となります。


川崎駅西口開発計画 計画建物断面図
川崎駅西口開発計画 計画建物断面図[出典:東日本旅客鉄道]

 プレスリリースに隠れていた断面図です。これを見ると店舗部分はあまりないのかもしれません。


川崎駅西口開発計画
 川崎駅側から見た「川崎駅西口大宮町地区」です。背後の3つのアンテナがあるビルが「NTTドコモ川崎ビル」(地上19階、高さ130m)です。これが現在の川崎駅周辺で最も高いビルなので、「川崎駅西口開発計画」はこれを抜くこととなります。

■川崎駅西口開発計画の物件概要■
事業名称:川崎駅西口開発計画
所在地:神奈川県川崎市幸区大宮町1 番5 外
用途:業務、宿泊、商業施設
階数(オフィス棟):地上28階、地下2階
高さ(オフィス棟):131m(最高高さ約143m)
階数(ホテル棟):地上18階
高さ(ホテル棟):高さ60m
敷地面積:約12,400
延床面積:約138,900
事業主体:東日本旅客鉄道株式会社
工期:2018年2月着工〜2022年4月竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク