超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

川口

野村不動産が川口に新規タワマン「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 完成イメージ
川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 完成イメージ[出典:野村不動産]

 昨日、2017年5月24日に野村不動産より5月1日に「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の都市計画決定の告示がなされたとプレスリリースが出ました。

 計画建物の主要用途は住宅(約480戸)、商業、業務施設で延べ約67,300屬如高さや階数は不明ですが計画地の最高限度は100mとなっています。完成イメージの階数を数えたところ住宅は25フロアあったので27,28階建てでしょうか。高さも限度ギリギリの約100mになるかと思います。

 同再開発は野村不動産の他に清水建設も事業協力者となっており、今後のスケジュールおして2018年に本組合設立、2020年に着工、2022年竣工予定です。


▼野村不動産:プレスリリース(2017年5月24日)
「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」都市計画決定のお知らせ


川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 完成イメージ
川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 完成イメージ[出典:野村不動産]

 商業施設部分です。計画地の南側にはイトーヨーカドーが運営するディスカウントストアのザ・プライス川口店があるので、再びイトーヨーカドーグループの店舗が入るのかもしれません。


川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 位置図
川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 位置図[出典:野村不動産]

 計画地はJR川口駅東口から東へ約300mに位置しており、周辺には商店街などがあり普段の買い物には困らなさそうな場所です。


川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建設地の空撮
 2015年1月の川口駅周辺の空撮です。名称を入れた場所が「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。計画地の南側には「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)が建っています。そのため南側の眺望はほとんどなさそうですが、それ以外の方向は中層階以上ならば眺望も楽しめそうです。

川口駅周辺のタワーマンション群の空撮
 同方向を広角で撮影。久しぶりに川口にタワーマンションが増えることとなります。

川口駅周辺のタワーマンション群の空撮
 方向を変えてもう1枚。川口駅周辺は多数のタワーマンションが建っています。

川口駅周辺のタワーマンション群の空撮
 最後に荒川越しにもう1枚。なかなかのタワーマンション群に育っています。ただ、高さ100m規制が出来てしまったので30階前後くらいまでしか建てられないのが残念です。

■川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名称:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県川口市栄町3丁目13番地および14番地の一部
用途:住宅、商業、業務施設
総戸数:480戸
階数:27階?28階?
高さ:100m(最高限度)
区域面積:約1.1ha
建築面積:約5,400
延床面積:約67,300
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発準備組合
事業推進コンサルタント:パシフィック総合開発研究所
事業協力者:野村不動産、清水建設
工期:2020年着工〜2022年竣工予定

19階に規模縮小「(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画」の建設地(2015年7月10日)

(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画
 川口元郷駅から北側に行ったところの「(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画」の計画地です。元々は「川口工業総合病院」が建っていましたが、右側に写っている新病院が建設され移転しています。ここはその跡地です。最寄駅は川口元郷駅ですが川口駅もちょっと距離はありますが徒歩で行けます。

(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画
 仮囲いの中はこのように草原となっています。この場所に川口工業総合病院と東急不動産を建築主とした地上19階、高さ59.37m、総戸数119戸、延床面積12,185.77屬離泪鵐轡腑鵑計画されています。着工は2015年10月上旬予定で、竣工は2018年3月下旬予定です。

 この計画の当初は地上30階、最高高さ99.95mとなっていたのですが、それが地上25階、最高高さ84.45mに縮小され、そしてさらに今の19階に縮小されています。

(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画_建築計画
 現在の建築予定についてのお知らせです。

■(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画の物件概要■
名称:(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画
所在地:埼玉県川口市青木1丁目448-86
用途:共同住宅、診療所1室
総戸数:119戸
階数:地上19階、地下1階
高さ:59.37m(最高高さ60.48m)
敷地面積:2,994.66
延床面積:12,185.77
建築主:川口工業総合病院・東急不動産
設計者:GA建築設計社
施工者:未定
工期:2015年10月上旬着工〜2018年3月下旬竣工予定

ブランズ川口幸町の建設状況(2015年7月10日)

ブランズ川口幸町
ブランズ川口幸町の完成予想図[出典:公式HP]

 川口駅から北側へ徒歩6分、アリオ川口の手前、京浜東北線沿いに建設される「ブランズ川口幸町」(地上16階、高さ49.95m)です。名称からわかる通り東急不動産の分譲マンションで総戸数は143戸、間取りはファミリー向けの2LDK〜4LDKとなっています。

ブランズ川口幸町
 16階建てのマンションだと撮影していても、このブログは超高層専門なので取り上げることはほぼないのですが、このように川口陸橋からキレイに建設現場が見えたの載せることにしました。

ブランズ川口幸町
 これだけキレイに上から見られる建設現場はなかなかありません。敷地面積は3,409屬廼地率は約53%とゆとりある配置となっています。

ブランズ川口幸町
 「ブランズ川口幸町」に地下はないようなので現在は基礎の工事中でしょうか。基礎工事の中では一番いい時期に工事現場を見ることが出来たと思います。

川口
 川口陸橋から見た川口駅方面の眺めです。「ブランズ川口幸町」からも同じような景色を見ることが出来るかと思います。

ブランズ川口幸町 建築計画のお知らせ
 「ブランズ川口幸町」の建築計画のお知らせです。

■ブランズ川口幸町の物件概要■
名称:ブランズ川口幸町
計画名:(仮称)川口幸町三丁目2番計画
所在地:埼玉県川口市幸町三丁目30番1他(地番)
用途:共同住宅
総戸数:143戸(非分譲区画2戸含む)
階数:地上16階
高さ:49.95m
敷地面積:3409.66m2
建築面積:990.00
延床面積:13,751.07
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:東急不動産
設計者:GA建築設計社
施行者;埼玉建興
工期:2014年12月着工〜2017年1月下旬竣工予定
入居:2017年2月下旬予定

川口のタワーマンション群の空撮(2015年1月25日撮影)

川口のタワーマンション群の空撮
 川口のタワーマンション群の空撮です。2015年1月25日に撮影しました。ご覧の通り多数のタワーマンションが建っていて多過ぎるので解説はなしです。気にあるタワーマンションがあれば自サイトの超高層ビル地図検索で川口で検索した結果をご覧ください。

 一応、空撮写真の中央が川口駅あたりです。

川口のタワーマンション群の空撮
 川口元郷方面から撮影した川口のタワーマンション群の空撮です。

川口のタワーマンション群の空撮
 解説はなしと最初に言いましたが、右側の「エルザタワー55」だけはほんの少し書きます。

 「エルザタワー55」はその名の通り地上55階建てのタワーマンションで高さは185mあります。建設されてから数年間は日本一高いタワーマンションでした。また、この写真だとわかりにくいかもしれませんが、屋上がHマークなのでヘリが着陸出来るヘリポートとなっています。タワーマンションのほとんどがRマークでホバーリングスペースとなっているので、Hマークのマンションはかなりレアです。ちなみに超高層オフィスビルでもHマークは滅多にありません。

川口のタワーマンション群の空撮
 最後にもう1枚。川口には高さ100m規制が出来てしまったので、規制緩和や撤廃がない限り「エルザタワー55」の高さが抜かれることはありません。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

埼玉県川口市に地上25階「(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画」

エルザタワー55からの眺め
 約6年前の撮影ですが「エルザタワー55」(地上55階、高さ185m)の55階ビューラウンジからの眺めです。

 写真中央下に見えるロータリーの地下あたりが埼玉高速鉄道線の川口元郷駅です。そこから左(西)に行ったところに建つタワーマンションが「シティデュオタワー川口」(地上31階、高さ99.95m)です。

 そして川口元郷駅から北側に行ったところに「川口工業総合病院」があります。現在は文字の右側の敷地に新病院が建設され移転しており、この写真にも写っている元の病院は解体されています。その解体後の跡地に「(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画」としてタワーマンションの建設が予定されています。

(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画
 現地で撮影した「(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画」です。この場所に地上25階、最高高さ84.45m、総戸数135戸の川口工業総合病院と東急不動産を建築主としたタワーマンションが計画されています。

 この計画はメールにて教えて頂いたのですが、当初は地上30階、最高高さ99.95m、総戸数137戸で2014年3月着工予定だったようです。それが少し計画縮小されて2015年1月着工予定に変更になっていました。

川口工業総合病院
 新しく建設された「川口工業総合病院」です。地上7階、最高高さ26.50mで2013年10月末に完成し、11月24日から新病棟へ引越ししています。

(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画
 「(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画」の計画地を覗いてみました。かなり広い敷地です。

(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画 建築計画
 「(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画」の建築計画です。

■(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画の物件概要■
名称:(仮称)川口工業総合病院地区住宅棟計画
所在地:埼玉県川口市青木1丁目448-86
用途:共同住宅、診療所・店舗
総戸数:135戸
階数:地上25階、地下1階
高さ:高さ83.7m(最高高さ84.45m)
敷地面積:2,994.66
延床面積:14,332.88
建築主:川口工業総合病院・東急不動産
設計者:GA建築設計社
施工者:未定
工期:2015年1月上旬着工〜2017年7月下旬竣工予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。エルザタワー55も載っている超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。