超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

小杉町3丁目東地区第一種再開発事業

地上38階、高さ約142m「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」の建設状況(2018.5.12)

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス
 武蔵小杉駅近くで建設中の「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス(Kosugi 3rd Avenue The Residence)」(地上38階、最高高さ142m)です。三井不動産レジデンシャルと東急不動産が売主の総戸数519戸のタワーマンションとなります。

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス
 元々は地上44階、最高高さ約160mという規模で計画されていましたが、地上38階(建築基準法上では地上39階)、最高高さ約142mに規模縮小となっています。

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス
 JR南武線「武蔵小杉」駅に近い側から撮影。徒歩1分の距離です。横須賀線の「武蔵小杉」駅までは連絡通路を使ってさらに徒歩6分となります。また、東急の「武蔵小杉」駅は徒歩2分の距離です。

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス
 反対側から撮影。自分が初めて武蔵小杉に来た2000年頃の駅前は左の「武蔵小杉タワープレイス」(地上23階、高さ100m、1995年竣工)しかありませんでした。

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス
 現地作業工程を見ると現在は解体工事と掘削工事となっていました。

武蔵小杉
 少し離れた場所から見た建設地方面です。左が武蔵小杉駅直結の「エクラスタワー武蔵小杉」(地上39階、高さ149m)です。「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」はこれと同じくらいの高さとなります。中央が「パークシティ武蔵小杉 ミッドスカイタワー」(地上59階、最高高さ203.5m)で川崎市で最も高い建物です。

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス
 現地看板を撮影した完成予想図です。低層棟の1階〜3階が商業施設、4階が公共公益施設、高層棟の1階〜3階が業務公共公益施設、そして4階〜38階が住宅フロアとなります。

 ちなみに施設名称が「Kosugi 3rd Avenue」で住宅棟部分の名称が「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」です。

■物件概要■
名称:コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目600番地(地番)
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:519戸(販売総戸数465戸、事業協力者戸数54戸含む)その他、店舗・事務所等
階数:地上38階、地下2階(建築基準法上、地上39階、地下2階)
高さ:約142m
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
敷地面積:8,347.32
建築面積:5,007.82
延床面積:68,871.92
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
売主:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2017年3月1日着工〜2020年3月竣工予定
入居:2020年8月下旬予定

高さ約160m「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の建設地の様子(2017.10.9)

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図[出典:川崎市]

 武蔵小杉駅近くに建設される「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の完成予想図です。規模は地上44階、地下2階、最高高さ約160m、延床面積約72,900屬濃旭翩堝飴坤譽献妊鵐轡礇襦東急不動産が参画する総戸数約520戸のタワーマンションとなります。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図[出典:川崎市]

 タワーマンションと書きましたが低層棟と高層棟の低層部は業務・商業・公益施設が配置されます。完成予想図からわかる通り商業施設部はそれなりの大きさとなるようです。武蔵小杉駅前には「グランツリー武蔵小杉」など大型商業施設が増えましたがさらに商業施設が増えることとなります。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の建設地です。現在は既存ビルの解体工事が行われています。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 作業工程ではSMW工事、杭抜き工事、解体工事となっていました。

 このSMW工事について現地に説明が貼ってあったので書き写しておきます。SMW工事とは「地下を掘った時に周辺の地盤が崩れてこないように壁を造る山留工事です。S(ソイル)M(ミキシング)W(ウォール)といいます。地上30m(ビル10階分!)の杭打機で水とセメントを混ぜたセメントミクルを噴射しながら穴を掘り、そこに鉄の柱(H型鋼)をクレーンで入れて行く工事です。」

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 別角度からもう1枚。自分が初めて武蔵小杉に来たのは約17年前ですが、そのときの武蔵小杉駅前の超高層ビルは背後に見えている「武蔵小杉タワープレイス」(地上23階、高さ100m)しかありませんでした。それが今は日本を代表するタワーマンション群。変わりましたね。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 武蔵小杉駅に近い側から撮影。以前はマルエツがあったあたりです。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 仮囲いの中を見てもこの通り跡形もなく解体されています。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 周辺にはタワーマンションが多数建っているのでどこから見てもタワーマンションが写り込みます。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 そのため遮るものがない開けた視界!という部屋はなさそうですが、目の前にタワーマンションが複数建っているのも迫力ある光景となります。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 再開発地にはTSUTAYAがあったのですが隣に店舗が出来て移動していました。敷地の端の方は広場となるのですがちょうど広場部分なのかもしれません。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 閉鎖されたTSUTAYAです。ここもそろそろ解体工事が始まるかと思います。

■小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の物件概要■
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:川崎市中原区小杉町3丁目414番地ほか
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:約520戸
階数:地上44階、地下2階
高さ:約160m
構造:RC・S造
敷地面積:約8,350
建築面積:約5,200
延床面積:約72,900
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
事業協力者:大成建設
事業コンサルタント:協同組合都市設計連合
基本設計:日本設計
工期:2017年3月着工〜2020年3月竣工予定
※ 着工予定を過ぎているので工期は変更になるかと思います

高さ約160m「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の建設地の様子(2017.7.15)

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図[出典:川崎市]

 武蔵小杉駅の西側に建設される「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」(地上44階、最高高さ約160m)の完成予想図です。低層部には商業施設が入る三井不動産レジデンシャル、東急不動産が参画するタワーマンションとなります。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図[出典:川崎市]

 高層棟部と低層棟部に分かれており、高層棟の4階〜44階が総戸数約520戸の住宅となります。武蔵小杉駅周辺の再開発によって商業施設がどんどん増えていますがまだまだ増えることとなります。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の建設地です。これは低層棟部分あたりですが、現地では既存ビルの解体工事が行われています。また、左に大和リースの旗が見えますが、この辺りに仮設店舗が建設されるようでした。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 高層棟の建設地方面です。背後に見えるタワーマンションは「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズ」(地上53階、高さ178.90m)です。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 少し移動して撮影。今の武蔵小杉はどこを見てもタワーマンションが見えるくらい乱立しています。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 敷地内です。武蔵小杉は現在進行系でどんどん進化しています。

■小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の物件概要■
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:川崎市中原区小杉町3丁目414番地ほか
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:約520戸
階数:地上44階、地下2階
高さ:約160m
構造:RC・S造
敷地面積:約8,350
建築面積:約5,200
延床面積:約72,900
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
事業協力者:大成建設
事業コンサルタント:協同組合都市設計連合
基本設計:日本設計
工期:2017年3月着工〜2020年3月竣工予定

高さ約160m「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」建設地の既存ビル解体状況(2017.4.16)

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図[出典:川崎市]

 武蔵小杉駅近く建設される「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の完成予想図です。規模は地上44階、地下2階、最高高さ約160m、延床面積約72,900屬任后2016年度着工、2019年度竣工予定ですが既に着工予定は過ぎているので若干予定よりは遅れているかと思います。また、参加組合員として三井不動産レジデンシャル、東急不動産が参画しています。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図[出典:川崎市]

 配置図です。大きく高層棟と低層棟に分かれており、低層部には業務・商業・公益施設が配置されます。そしてタワー棟の4階〜44階が総戸数約520戸の住宅となります。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図
 現地では既存ビルの解体工事が行われており、そこに設置されている既存ビルの配置図です。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 これはΔ琉銘屬妊泪襯┘弔入っていたビルです。解体工事が進められています。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 これは欧琉銘屬TYUTAYAが入るビルです。まだ営業を続けていました。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 その隣のあたりです。ここは解体工事が行われていました。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 低層棟とタワー棟の間あたりです。以前は小杉町20号線がありましたが閉鎖されています。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 既存ビルの配置図では上、小杉町19号線沿いから撮影。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 ´イ△燭蠅任海海浪鯊旅事がかなり進んでいました。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 中を覗くとこのような感じです。これから一気に更地部分が増えて行くかと思います。

■小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の物件概要■
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:川崎市中原区小杉町3丁目414番地ほか
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:約520戸
階数:地上44階、地下2階
高さ:約160m
構造:RC・S造
敷地面積:約8,350
建築面積:約5,200
延床面積:約72,900
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
事業協力者:大成建設
事業コンサルタント:協同組合都市設計連合
基本設計:日本設計
工期:2017年3月着工〜2020年3月竣工予定

既存ビル解体作業が始まっている高さ約160m「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の様子(2017.1.1)

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 完成予想図[出典:川崎市]

 武蔵小杉駅近くで計画されている「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の完成予想図です。計画規模は地上44階、地下2階、最高高さ約160m、延床面積約72,900屬把秡愕には業務・商業・公益施設を配置し、タワー部分の4階〜44階が総戸数約520戸の住宅という計画になっています。参加組合員として三井不動産レジデンシャル、東急不動産計画が参画しており、2016年度着工、2019年度竣工予定となっています。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図
小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図[出典:川崎市]

 配置図です。商業施設部分はそこそこ大きな規模となりそうです。武蔵小杉駅周辺にはグランツリー武蔵小杉をはじめてとして、様々な商業施設がありますが、ここが完成するとさらに賑わいが増しそうです。


小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 そんな「小杉町3丁目東地区市街地再開発事業」の現地です。以前はマルエツが入っていた建物ですが解体に向けて既に閉店しています。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 計画地内ではこのように仮囲いが設置されている場所もあります。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 武蔵小杉駅からは遠い側の大部分が仮囲いが設置されていました。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 この建物は足場を組んでいました。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 このみずほ銀行がある場所までが計画地です。この右側にはイトーヨーカドー武蔵小杉店がありますが、そこは含まれていません。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 みずほ銀行裏の道路は閉鎖されていました。そろそろ一気に解体工事が始まりそうな感じでした。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業
 武蔵小杉駅側です。この辺りも計画範囲です。少し写っていますがこの並びにはツタヤ小杉店などがあります。

小杉町3丁目東地区市街地再開発事業 配置図
 解体される既存ビルの配置図です。次に武蔵小杉に行くときにはこの配置図のあちこちで解体工事が行われていそうです。

■小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の物件概要■
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:川崎市中原区小杉町3丁目414番地ほか
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:約520戸
階数:地上44階、地下2階
高さ:約160m
構造:RC・S造
敷地面積:約8,350
建築面積:約5,200
延床面積:約72,900
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
事業協力者:大成建設
事業コンサルタント:協同組合都市設計連合
基本設計:日本設計
工期:2017年3月着工〜2020年3月竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。