超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

天望回廊

東京スカイツリーとタワマンから見た雲海写真24枚!東京が雲海に包まれました(2019.10.30)

 2019年10月30日早朝、関東に雲海が広がりました。2X階にある自宅マンションからも雲海を見ることができ、これはと思って出勤前に東京スカイツリーにも登って雲海を見てきました。そのときの写真24枚です。

雲海とタワーホール船堀

 まずは自宅から見た雲海とタワーホール船堀です。撮影時間は5時50分頃です。



雲海と鉄塔

 奥に見えた鉄塔もこのように雲海から突き抜けていました。今の自宅も含めてタワーマンションに10年以上住んでいますがこんな光景を見たのは初めてです。



雲海と東京スカイツリー

 東京スカイツリーも雲から突き抜けていました。後から望遠レンズで撮ろうと思っていたのですが、他を撮っている間にほぼ見えなくなってしまいました。



江戸川区の雲海

 このように家の前にも濃霧が流れてきて…



江戸川区の雲海

 徐々に景色が白くなっていき…



雲海とタワーホール船堀

 タワーホール船堀の下の方は見なくなりました。最終的には上の方も含めてほぼ見えなくなっていました。



東京スカイツリー

 そして場所は変わって東京スカイツリーです。到着したときはこうして薄っすら見えるときもあればほぼ見えなくなるときもありました。



東京スカイツリー

 スカイツリーの足元です。周りに濃霧が立ち込めているのがわかります。



雲海と東京スカイツリーの影

 ということで東京スカイツリーの展望台から見た雲海です。天望デッキと天望回廊の写真が混ざっています。こうして雲海にスカイツリーの影が写っていました。



雲海と東京と富士山

 東京都心には雲海はなく富士山も見えていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 浅草、上野まで雲海が広がっていました。もっと早い時間だと広範囲に雲海が広がっていたかもしれません。



東京スカイツリーから見た雲海

 手前が浅草、中央が上野、奥が池袋です。



東京スカイツリーから見た雲海と池袋

 雲海は池袋の超高層ビル群を避けるような形となっていました。



東京スカイツリーから見た雲海と池袋

 雲海は超高層があると避けたりするんですかね?練馬のタワーマンションあたりも雲海はなさそうでした。



東京スカイツリーから見た雲海と日暮里

 ただ、日暮里などはこのように雲海の中でした。



東京スカイツリーから見た雲海とエルザタワー55

 埼玉方面もこのように雲海に包まれていました。川口では「エルザタワー55」(地上55階、高さ185m)だけ頭を出していたのはさすがでした。左奥はさいたま新都心です。



東京スカイツリーから見た雲海と曳舟

 曳舟駅前には複数のタワマンがありますが「イーストコア曳舟二番館」(地上41階、最高高さ141.56m)だけ顔を出していました。



東京スカイツリーから見た雲海と錦糸町

 中央が錦糸町の「ブリリアタワー東京」(地上45階、高さ159m)、奥が「ザ・ガーデンタワーズ」(地上39階、高さ134.3m)です。



東京スカイツリーから見た雲海

 その隣には果てしない雲海が広がっていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 豊洲や東雲など湾岸方面は雲海と言うよりは濃霧といった感じでした。



東京スカイツリーから見た雲海

 8時半くらにはスカイツリー近くの雲海は随分と薄れてきていました。スカイツリーのオープン時間の8時に登れて良かったです。



東京スカイツリーから見た雲海と南千住

 南千住のタワーマンションです。



東京スカイツリーから見た雲海

 スカイツリーに登った直後はこの手前も雲海が広がっていましたが8時半過ぎにはこのように雲は減っていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 ただ、山に登らずこうして雲海を見られるのは贅沢な時間でした。出勤前の寄り道だったので8時半過ぎには降りましたがもっと展望台にいたかったです。以上、雲海写真24枚でした!

東京スカイツリーから雲海を見てきた(2016.3.8)

東京スカイツリーから見た雲海
 本日、2016年3月8日の東京スカイツリーから見た雲海です。ツイッターに載せたら3700RTを超える反応があった雲海です。ただ、ツイッターに載せた写真は職場で編集したもので、このブログの写真は帰宅後編集したものなので全く同じ写真ではありません。

東京スカイツリー
 とりあえず今回の雲海について振り返ると昨晩から東京は物凄い濃霧でした。そしてその濃霧で六本木ヒルズからは雲海が見れたとの情報。朝になってもその濃霧は続いており、テレビを見ているとスカイツリーからの雲海が放送されていました。スカイツリーに行くつもりで早起きはしていたのですが、これは絶対に行かねばと出勤前にスカイツリーへ出発。スカイツリーに到着するとこの状態だったので不安になりましたが、入り口に行くとちょうどボードに「雲海」と書いている最中で一安心。ちょうど8時に着いたのでそのままチケットを買って展望へと行きました。

東京スカイツリーの天望デッキから見た雲海
 高さ350mの天望デッキに行くと目の前に雲海!もうちょっと見ていたかったのですがすぐに高さ450mの天望回廊へ。

東京スカイツリーの天望回廊から見た雲海
 ここからももちろん雲海!

東京スカイツリーの天望回廊から見た雲海
 完全に普段のスカイツリーの景色とは違った別世界です。

東京スカイツリーから見た雲海
 これなんかは飛行機に乗ったときに見る光景です。

東京スカイツリーから見た雲海
 うまく色を出せませんでしたが立体的な雲のいたりと本当に飛行機から見る景色と同じです。

東京スカイツリーから見た雲海
 そして富士山方面を見ると薄っすらと富士山が見えていました。

東京スカイツリーから見た雲海
 雲海の先に見える富士山にズームです。

東京スカイツリーから見た雲海
 そんな感じに撮っていると地上が見えるようになってきました。

東京スカイツリーから見た雲海
 1枚目に載せた雲海に浮かぶスカイツリーの影と同じ場所から撮影。このときは薄い雲にスカイツリーの影が映って少し幻想的です。

東京スカイツリーの天望回廊から見た雲海
 そうこうしているうちに出社時間が近づいてきたのでソラカラポイントで雲海を撮影。

東京スカイツリーの天望回廊から見た雲海
 天望回廊に1時間いませんでしたが雲がだいぶ上昇してきていました。このあと高さ350mの天望デッキに降りると視界は真っ白で何も見えませんでした。

 滅多にお目にかかれない東京での雲海を光景を見ることが出来て本当に良かったです。ちなみにスカイツリーを地上から見て諦めた人が多かったのか展望台はガラガラでした。もったいない!

東京スカイツリーの天望回廊から見た富士山など雪化粧した山々!(2016.2.7)

東京スカイツリーから見た富士山
 今朝、かなり久しぶりに東京スカイツリーに行ってきました。これは高さ450mにある天望回廊から見た富士山です。富士山は真っ白。そして手前の山々も雪化粧していました。

東京スカイツリーから見た富士山
 少し引きで見るとこのような感じです。手前中央の超高層ビル群は秋葉原、御茶ノ水周辺です。

東京スカイツリーから見た新宿
 これは新宿方面です。こうして見ると超高層ビルやタワーマンションが多数建っているのがわかります。

東京スカイツリーから見た池袋
 池袋方面です。本当は背後の山がもっと雪化粧したときに行きたかったのですが、大雪の翌日が視界の良い晴れという撮影に適した日がいつ来るかはわからなかったので今日行きました。雪は少なかったですが東京から見ているとは思えない山並みの景色で良かったです。

大江戸タワーレジデンスの建設状況(2014年12月13日)

大江戸タワーレジデンス
 蔵前駅近くで建設中のタワーマンション「大江戸タワーレジデンス」(地上26階、最高高さ96.15m)です。住友不動産のタワーマンションとしては珍しいタイプの外観で既に上棟しています。撮影した12月13日時点でタワークレーンが最終段階の小さいクレーンになっていたので今はもうクレーンは撤去済みかもしれません。

大江戸タワーレジデンスとホタルナ
 すぐ近くの厩橋を渡りだしたときにホタルナが通りかかったので撮影。ところで「大江戸タワーレジデンス」のエレベーターや廊下は北側で、その北側は隅田川の花火やスカイツリーがあります。北側もメインにしてもいいような立地ですが、やっぱり日本は日当たりの良い南向き信仰が強いんですかね。ただ、ここは南、西は都心の景色、北はスカイツリー、東は隅田川とどの方向も眺めが良さそうです。そして屋上テラスもあるタワーマンションなので色々な景色を楽しめそうです。

大江戸タワーレジデンス
 近くから見上げた「大江戸タワーレジデンス」です。

東京スカイツリーから見た大江戸タワーレジデンス
 11月4日に東京スカイツリーから撮影した「大江戸タワーレジデンス」です。

東京スカイツリーから見た大江戸タワーレジデンス
 少し引きで見るとこのような感じです。隅田川にも大きな通りにも面していないちょっと中に入った場所に建っています。

■大江戸タワーレジデンスの物件概要■
名称:大江戸タワーレジデンス
計画名:(仮称)蔵前2丁目計画
所在地:東京都台東区蔵前二丁目11番1,2,3
用途:共同住宅
総戸数:124戸
階数:地上26階、地下1階
高さ:90.00m(最高高さ96.15m)
敷地面積:1,605.24
建築面積:616.67
延床面積:10,638.65
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)(制震構造)
基礎工法:場所打ち鉄管コンクリート杭
建築主(売主):住友不動産
設計:銭高組
施工:錢高組
工期:2013年3月15日着工〜2015年1月下旬予定
入居:2015年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

「富久クロス」の建設状況(2014年7月上旬)

富久クロス(Tomihisa Cross) コンフォートタワー
 昨日、久しぶりに天気が良かったので出勤前に「富久クロス(Tomihisa Cross)」(地上55階、最高高さ191m)を撮りに行って来ました。山手線内側では最高層となるタワーマンションです。複合ビルに入る住居フロアの高さだけで比較するならば「虎ノ門ヒルズレジデンス」の方が高いかもしれません。

富久クロス(Tomihisa Cross) コンフォートタワー
 上部にズームです。「40F」の表示から数えた感じだと現在は48階くらいでしょうか?55階まではまだもう少しあります。

富久クロス(Tomihisa Cross) コンフォートタワー
 低層部です。「THANKS」の看板は総戸数1093戸のうち分譲された992戸の完売御礼です。今回は撮影していませんが賃貸住宅棟も含めると全体の総戸数は1230戸となります。

富久クロス(Tomihisa Cross) コンフォートタワー
 まだ55階には達していませんが、さすがにこのクラスになるとかなり迫力があります。手前のフェンスで囲まれた場所は一建設による「(仮称)プレシス新宿御苑郷恵杞事」(地上18階、高さ57.0m)の建設地です。

六本木ヒルズから見た富久クロス(Tomihisa Cross)
 6月中旬に六本木ヒルズの展望台の屋上スカイデッキから撮影した「富久クロス(Tomihisa Cross)」です。周辺のタワーマンションがかなり低く見えてしまいますが、右側の板状のタワーマンション「ライオンズ四谷タワーゲート」で地上29階、最高高さ97.28mの大きさがあります。

東京スカイツリーから見た富久クロス(Tomihisa Cross)方面
 6月中旬に東京スカイツリーの天望回廊から撮影した「富久クロス(Tomihisa Cross)」方面です。新宿の超高層ビル群と一緒に見るとそこまで大きい感じはしませんね。新宿は過去の超高層ビル群のイメージがありますが、未だに日本で一番高さ200m以上の超高層ビルが密集している場所だけのことはあります。

■富久クロスの物件概要■
名称:富久クロス(Tomihisa Cross)
計画名:西富久地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区富久町118番1他
用途:共同住宅、物販店舗、飲食店舗、事務所 他
総戸数:1093戸(非分譲住戸含む)
階数:地上55階、地下2階
高さ:高さ179.95m(最高高さ191.00m)
敷地面積:16,246.97
建築面積:11,321.07
延床面積:138,964.01
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
建築主:西富久地区市街地再開発組合
売主:野村不動産、三井不動産レジデンシャル、積水ハウス、阪急不動産
設計:久米設計
施工:戸田建設・五洋建設共同体
工期:2012年5月初旬着工〜2015年5月中旬竣工予定
入居:2015年9月下旬予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。新宿の超高層ビルももちろん掲載!超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク