超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業

高さ212mと高さ390m「東京駅前常盤橋プロジェクト」の建設状況(2018.4.8)

東京駅前常盤橋プロジェクト
 東京駅日本橋口前の大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)」の完成予想図です。現地看板を撮影しました。

 中央が地上61階、高さ390mとなるB棟で日本一の高さの超高層ビルとなります。その左が地上40階、高さ212mとなるA棟で2018年2月20日に起工式が行われ着工しています。

 この完成予想図を見るとA棟はそれほど大きな超高層ビルに見えませんが、現在の東京駅周辺の超高層ビルで最も高いのは高さ205mで、実はこれでもかなり大きな超高層ビルです。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 現在の「東京駅前常盤橋プロジェクト」の建設地の様子です。この角地には「大和呉服橋ビル」が建っており、その隣には「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)が建っていましたが両棟とも解体されA棟の建設が始まっています。

 左端の「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)と中央奥の「日本ビル」が建っている場所が地上61階、高さ390mとなるB棟の建設地です。B棟の着工は2023年度とまだまだ先です。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 東京駅周辺や大手町の超高層ビル群が見えますが、既存ビルが解体された今だけしか見れない光景です。

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
 中央の超高層ビルは「サピアタワー」でそれなりの高さがあるように見えますが地上35階、高さ166.1mで、右隣に建設されるB棟の半分以下の高さです。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 日本橋側から撮影。

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
 北側から撮影。地上部の建設が始まるまではしばらく同じ景色が続きます。見た目の変化はしばらくなさそうですが、日本一のプロジェクトなので月1目標で撮影に来ようと思っています。

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
 仮囲いの中をカメラを持ってバンザイして撮影するとこのような感じでした。

東京駅前常盤橋プロジェクト D棟
 部分解体された「日本ビル」と地上9階、高さ65mのD棟の建設地です。

東京駅前常盤橋プロジェクト D棟
 D棟の地下では下水ポンプ所が建設中で、完成すると「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能が移転され、その移転が終わると「日本ビル」の解体工事が始まりB棟の着工となります。

東京駅前常盤橋プロジェクト B棟
 3月23日に開通した「竜閑さくら橋」から見た「東京駅前常盤橋プロジェクト」方面です。地上部の建設が始まると良い観察スポットの一つとなりそうです。

東京駅前常盤橋プロジェクト建築計画のお知らせ

東京駅前常盤橋プロジェクト 開発事業のお知らせ

■物件概要(全体)■
名称:東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400
建築面積:約20,400
延床面積:約686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:約212m
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年4月末竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:約390m
建築面積:約13,200
延床面積:約490,000
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

高さ212mのA棟が着工した「東京駅前常盤橋プロジェクト」と「常盤橋ゴジラギャラリー」の様子(2018.2.24)

東京駅前常盤橋プロジェクト
 東京駅日本橋口前の大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)」の建設地です。地上40階、高さ212mとなるA棟が2018年2月20日に起工式が行われ着工したとの発表があったので早速撮りに行ってきました。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 角地に建っていた「大和呉服橋ビル」とその隣の「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)の跡地がA棟の建設地で、中央奥の「日本ビル」と左の「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)が建っている場所が地上61階、高さ390mとなるB棟の建設地となります。

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
 東京駅日本橋口前から見たA棟の建設地方面です。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 ゲートが開いていたので中も撮影しました。着工したことになっていますが見えた範囲は地下部の解体工事を行っているようでした。解体と建設が同時進行の現場はどうなったら着工なんでしょうね。いつもわかりません。

常盤橋ゴジラギャラリー
 「東京駅前常盤橋プロジェクト」のA棟着工と同時に、賑わい創出のためにA棟仮囲いに「常盤橋ゴジラギャラリー」の公開が発表されていました。

常盤橋ゴジラギャラリー
 このように歴代ゴジラのポスターと説明がありました。

常盤橋ゴジラギャラリー
 ゴジラシリーズってこんなにあったんですね。

常盤橋ゴジラギャラリー

常盤橋ゴジラギャラリー
 何気にちゃんと見たことがあるのはこの「シン・ゴジラ」だけです(^^;)見た理由もこの「東京駅前常盤橋プロジェクト」が出ると聞いたからでした(^^;)

常盤橋ゴジラギャラリー
 ギャラリー前の歩道にはゴジラの足跡もありました…

常盤橋ゴジラギャラリー
 が、実寸大だと小さい気がしますね。ゴジラには色々なシリーズがあるのでこのサイズでいいのかもしれませんね。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 「常盤橋ゴジラギャラリー」には常盤橋の歴史も紹介されていました。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 こうゆう昔の写真はいいですね〜。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 これは「マンダリン・オリエンタル東京」からの眺めでしょうか?この真ん中に高さ390mの超高層ビルが建設されます。高さ390mはこの写真に入り切らないような気がします。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 完成予想図です。「シンゴジラ」のことも書いてありました。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 今回着工したA棟の完成予想図です。

東京駅前常盤橋プロジェクト
 「東京駅前常盤橋プロジェクト」全体が竣工するのは2027年。その頃の超高層ビル群はどのような感じになっているんでしょうね?9年あればまだ発表されていない超高層ビルもたくさん増えていそうです。

東京駅前常盤橋プロジェクト D棟
 一足先に着工している「東京駅前常盤橋プロジェクト」のD棟の建設地です。建設地は部分解体された「日本ビル」の跡地で地上9階、高さ65mとなります。D棟の地下には下水ポンプ所が建設され、現在「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能が移転されます。

東京駅前常盤橋プロジェクト B棟
 下水ポンプ所の移転が終わると、その「日本ビル」と隣の「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)を解体して、地上61階、高さ390mのB棟の建設が始まります。

東京駅前常盤橋プロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

東京駅前常盤橋プロジェクト 開発事業のお知らせ
 開発事業のお知らせです。

■物件概要(全体)■
名称:東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400
建築面積:約20,400
延床面積:約686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:約212m
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年4月末竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:約390m
建築面積:約13,200
延床面積:約490,000
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

高さ212m「東京駅前常盤橋プロジェクト」A棟が着工!高さ390mのB棟も含む全体竣工は2027年度予定

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
A棟鳥瞰イメージパース[出典:三菱地所]

 昨日、2018年2月20日に三菱地所より東京駅日本橋口前の大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)」の起工式を行い着工したと発表がありました。

 A棟は呉服橋交差点に面した地上40階、高さ212m、延床面積約146,000屬離フィス・店舗からなる複合ビルで、東京メトロ東西線「大手町」駅コンコースと直結となります。2021年4月末の竣工予定です。

 また、この鳥瞰イメージパースには描かれていませんが、A棟の背後には地上61階、高さ約390mとなるB棟が2027年度に竣工予定となっています。

▼三菱地所:ニュースリリース(2018年2月20日)
大手町・丸の内・八重洲・日本橋の結節点における敷地面積3.1haの大規模再開発
「東京駅前常盤橋プロジェクト」A棟新築工事着工
-「働く」ことは「人が動き、交わる」こと。これからの「働く」を発信するシンボルタワーへ-



東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
A棟外装イメージパース[出典:三菱地所]

 A棟の完成予想図が以前のガラスカーテンウォールから大幅に変更になっています。ニュースリリースでは『未来を拓く「刀」、歴史や伝統の奥深さを感じさせる「重ね」を表現した、シンボリックなデザインとしました。』となっています。


東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
A棟外装イメージパース[出典:三菱地所]

 ところでこのイメージパースに描かれている白い車はランボルギーニのガヤルドですね。以前CGをやっている方に聞いた話しですが、こういったCGに描かれる車はメーカーによってOKやNGがあるそうです。


東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
A棟フロア構成断面図[出典:三菱地所]

 A棟は地上40階となりますが、フロア構成断面図を見るとオフィスフロアは9階〜37階のため38階〜40階は機械室等になるようです。当初、A棟は地上37階、高さ230mで発表されていましたが、階数は実質変わってないことになりそうです。オフィス有効面積は約23,400坪、フロア面積は約780坪で無柱空間となります。


東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
A棟低層部・先行整備広場イメージパース[出典:三菱地所]

 A棟の低層部とその目の前に整備される広場です。街区全体では約7,000屬梁腟模広場が整備されますがそのうち約3,000屬先行整備されます。


東京駅前常盤橋プロジェクト
全体開業時の大規模広場イメージパース[出典:三菱地所]

 開業時にはA棟とB棟の間にはこのような大規模な広場が整備されます。


東京駅前常盤橋プロジェクト 配置図
配置図[出典:三菱地所]

 A棟竣工時の配置図です。日本ビルヂング、朝日生命大手町ビルがある場所に地上61階、高さ約390mのB棟が建設されます。


東京駅前常盤橋プロジェクト 案内図
案内図[出典:三菱地所]

 建設地はこのように東京駅の北側で山手線外側となります。


東京駅前常盤橋プロジェクト 段階開発STEP図
段階開発ステップ図[出典:三菱地所]

 「東京駅前常盤橋プロジェクト」は下水ポンプ所の移転新築工事も行われており、それが終わってからB棟の建設工事が始まります。

 この図を見るとA棟が小さく感じますが、現時点の東京駅周辺ではA棟より高い超高層ビルはありません。ただ、すぐ隣の八重洲地区には245m前後の超高層ビルが3棟計画されており、また、日本橋の「日本橋一丁目中地区」では地上51階、高さ287mの超高層ビルも計画されています。


東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
 昨年末に撮影した「東京駅前常盤橋プロジェクト A棟」の建設地です。

東京駅前常盤橋プロジェクト A棟
 周辺に建つ超高層ビルよりも大きな超高層ビルとなります。

東京駅前常盤橋プロジェクト
全体開業時の街区全体イメージパース[出典:三菱地所]

 東京駅前から見た全体開業時の街区全体イメージパースです。完成が待ち遠しいですね。

 ところでシン・ゴジラのヤシオリ作戦で「東京駅前常盤橋プロジェクト B棟」が登場しますが、その縁なのかA棟の仮囲いが長さ約140mの「常盤橋 ゴジラ ギャラリー」となります。「シン・ゴジラ」の劇中カットもあるそうです。

■物件概要(全体)■
名称:東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400
建築面積:約20,400
延床面積:約686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:約212m
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年4月末竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:約390m
建築面積:約13,200
延床面積:約490,000
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

A棟高さ212m、B棟高さ390m「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.12.23)

 明けましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いします。さて、新年一発目は高さ390mの超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」です。高さ390mとなるB棟は2023年度着工とまだまだ先ですが、高さ212mとなるA棟が今月着工予定です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:東京都]

 この完成予想図の真ん中の大きな超高層ビルが地上61階、高さ390mとなるB棟で、その左側の小さい方が地上40階、高さ212mとなるA棟です。小さいと言っても隣あ大きすぎるから小さく見えるだけで、現在の東京駅周辺で高さ212mを超える超高層ビルはなくそれなりに大きな超高層ビルです。


大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 そんなA棟の建設地です。角地にあった「大和呉服橋ビル」の地上部の解体が進み今まで見えなかった光景が見えるようになっていました。この方向から見る東京駅周辺の超高層ビル群もいいですね。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 既存ビルが解体されたときにだけ見える景色もいいですよね。この中央のビルと左の超高層ビルが解体されるとそこに高さ390mのB棟が建設されます。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 呉服橋交差点から見た「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。今だけ空が広いです。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 日本橋側から首都高超しに撮影。左側に高さ212mのA棟、中央に高さ390mのB棟が建設されます。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 北側から見たA棟の建設地です。「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)が解体されたため景色がガラッと変わりました。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 東京駅前からの眺めも大きく変わっています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟
 地上61階、高さ390mのB棟の建設地方面です。左が「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)で右が「日本ビル」です。2021年度から解体され、2023年度にはB棟の着工予定となっています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 「日本ビル」は部分解体が行われ、跡地では地上9階、高さ65mのD棟が建設中です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 D棟の地下には下水ポンプ所が建設され、現在「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能が移転されます。それを待って解体工事が始まるのでB棟の着工は他よりも遅くなっています。

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。A棟からB棟まですべて含まれているので工期は10年と長いです。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 A棟は当初は高さ230mでしたが高さ212mに縮んでいます。B棟はそういったことがないことを祈るのみです。逆に規模拡大で高さ400m超えとかは大歓迎です。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,400
延床面積:686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:A棟は戸田建設、BC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:212m
建築面積:4,000
延床面積:146,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

A棟は地上40階、高さ212mに変更!B棟は高さ390m「大手町二丁目常盤橋地区」の建設地の様子(2017.11.19)

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
 日本一の高さ390mとなる超高層ビルが建設される「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。手前で解体中のビルは「大和呉服橋ビル」と「JXビル」(地上20階、最高高さ84m)で、ここには「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上40階、高さ212m)が建設されます。高さ390mとなるB棟はその背後となりますがまだ何年かの間はオフィスビルとして稼働します。

大和呉服橋ビル
 解体中の「大和呉服橋ビル」です。随分と解体が進み見える景色も変わってきました。解体されて地上部の建設が始まるまでの間にだけ見える景色は貴重です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 別角度から。タワークレーンで解体中のビルは「JXビルです。

JXビル
 もう少し近くから。この方向の景色も今まで見ることができなかった景色です。

JXビル
 ところであのタワークレーンはこうしてチョコンと乗っています。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟
 東京駅日本橋口前から見た「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟」の建設地方面です。当初は地上37階、高さ230mで計画されていましたが、現在は地上40階、高さ212mとなっています。高さは減りましたが階数は増えています。

日本ビル
 部分解体工事が行われて独特の壁となった「日本ビル」です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟
 現在はこの解体された場所で「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 D棟」(地上9階、高さ65m)が建設中です。地下には下水ポンプ所が建設され、現在「日本ビル」の地下にある下水ポンプ所の機能を移転し、その後「日本ビル」の残りの部分と隣の「朝日生命大手町ビル」を解体して、高さ390mとなるB棟を建設します。このためB棟は2023年度着工、2027年度竣工予定となっています。

日本ビル
 東京駅日本橋口前から見た「日本ビル」です。

朝日生命大手町ビル
 こちらの「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)は2021年度から解体工事が行われる予定です。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業
大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図
常盤橋街区再開発プロジェクト 段階STEP図[出典:三菱地所]

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。A棟、C棟鬼は戸田建設によって施工されることとなりました。

大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 開発事業のお知らせ
 開発事業のお知らせです。A棟は地上37階から40階、高さ230mから212m、建築面積3,900屬ら4,000屐延床面積140,000屬ら146,000屬吠儿垢砲覆辰討い泙后9發気聾困蠅泙靴燭規模拡大です。そのため上に載せた建築計画の数値も若干変わっています。

■大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 物件概要(全体)■
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:31,400
建築面積:20,400
延床面積:686,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:A棟は戸田建設、BC棟未定、D棟は三井住友建設
工期:2017年4月上旬着工〜2027年9月下旬竣工予定

■A棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上40階、地下5階
高さ:212m
建築面積:4,000
延床面積:146,000
工期:2018年1月着工〜2021年度上期竣工予定

■B棟の物件概要■
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上61階、地下5階
高さ:390m
建築面積:13,200
延床面積:490,000
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。