大崎ガーデンレジデンス
 「大崎ガーデンシティ」で建設中の大規模マンション「大崎ガーデンレジデンス」(地上23階、高さ82.59m)です。

 一時期は住友不動産の分譲マンション「(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト」として公式HPがオープンしたこともあったのですがHPは閉鎖。そして現在は住友不動産の賃貸マンション「大崎ガーデンレジデンス」として公式HPがオープンしています。

 総戸数423戸という大規模マンションですが、以前の情報だと非分譲住戸262戸となっていました。これは地権者住宅のことだと思うので、実際に住友不動産の賃貸となるのは全体の半分以下かもしれません。間取りは1R〜4LDKで専有面積は25屐101屬箸覆辰討い泙垢賃料などは未定となっています。

大崎ガーデンレジデンス
 建設地は傾斜地ですが、その一番上から見た「大崎ガーデンレジデンス」です。建築確認申請上は地上22階、地下2階となっていますが運用上は地上23階、地下1階となります。

大崎ガーデンレジデンス
 幅があるマンションなので近くから全体は撮れません。

大崎ガーデンレジデンス
 こちら側は南側となります。最初の写真が北側です。

大崎ガーデンレジデンス
 こうして撮ると全体は入りますが、横幅を表現しきれません。。

大崎ガーデンレジデンス
 ただ、こうして撮った方がタワーマンションらしい外観ですね。

大崎ガーデンシティ
 品川区役所前から撮影。背後のオフィスビルは同じ「大崎ガーデンシティ」内に建つ「住友不動産大崎ガーデンタワー」(地上24階、高さ114.12m)です。

大崎ガーデンシティ
 ちなみに「大崎ガーデンシティ」の広場部分は一部開放されています。最初の写真もこの広場内から撮影しています。

大崎
 大崎駅のペデストリアンデッキから見た大崎の超高層ビル群の一部です。

大崎ガーデンレジデンス
 この隙間から見えるのが「大崎ガーデンレジデンス」です。都心側となる北側には巨大なオフィスビルが多数建っているので都心側の眺望はほぼなさそうです。ただ、南側は住宅街がメインなので開けた眺望となりそうです。

■物件概要■
名称:大崎ガーデンレジデンス
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(B街区)
所在地:東京都品川区西品川1丁目2-1
用途:共同住宅、駐車場、その他
総戸数:423戸
階数:地上23階、地下1階(建築確認申請上は地上22階、塔屋1階、地下2階)
高さ:82.59m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、免震構造
基礎工法:場所打鉄筋コンクリート杭
敷地面積:10,153.09
建築面積:2,799.99
延床面積:41,429.90
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:前田建設工業(住宅工区)、大成建設(事業所工区)
工期:2016年1月5日着工〜2018年8月31日竣工予定